【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 『アメリカの日本改造計画』 | メイン | 大金運 »


2007年01月07日

『ちょっとヤバイんじゃない?ナショナリズム』

『ちょっとヤバイんじゃない?ナショナリズム』

姜尚中《かん・さんじゅん》東京大学大学院教授(政治学・政治思想史)の「従属的ナショナリズム」に関する発言を見つけたので以下に引用させていただきます(『ちょっとヤバイんじゃない?ナショナリズム』高橋哲哉・村井吉敬・姜尚中・辛淑玉・内海愛子・李省展・恵泉女学園大学大学院国際シンポジウム実行委員会編、解放出版社、2006、50頁。引用文中「僕」は姜尚中氏)。

 これは、僕の一つの結論なんですが、いまの日本のナショナリズムは、実は自立していない。つまり、アメリカという世界最大級のヘゲモニー(主導権)を握っている超大国への「従属」があって初めて、日本のナショナリズムというものが、あたかも自己完結しているかのように思われ、かつ、見せられるという状態なんです。これは一言で言うと従属的ナショナリズムだと思うんですね。ナショナリズムを自由と独立、そして領土の保全、そして自決権として考えるならば、ナショナリズムが従属的ナショナリズムであるとは、言ってみれば「黒い白鳥」と言っているようなもんで、形容矛盾なんですね。

姜尚中氏の「従属的ナショナリズム」論は「」さんや私(喜八)の「属国ナショナリズム」論と大変に近いように思います。それにしても「黒い白鳥」のたとえは絶妙ですね。すなわち「黒い白鳥」ナショナリズム・・・。

さらに姜尚中教授は次のように語ります。この段落には「反米を掲げられない日本のナショナリストたち」という小見出しがつけられています(同書51頁より引用)。

 ところが、いま最もナショナリストである人が、いわば最もアメリカン・ペイトリオット(アメリカ愛国主義者)であるという、非常に奇妙な現象が起きているわけです。でも、私から見ると、反米を掲げない右翼というのは、やっぱり右翼ではないと思うんですが。ところが、むしろ日本のナショナリストからすれば、反米は一番忌み嫌われるべきものということになります。これはまさしく自己矛盾なわけです。なぜ、こういうことが起きているんだろうか。つまり、日本でナショナリズムのボルテージが高まれば高まるほど従属が深まるという、この明確な自己矛盾が、いわば多くの国民には、必ずしもそのようなものとして意識されていないし、また、それをおもに力強く語っている方々もそういうふうには言わない。

つい先日(2007-01-05)、私(喜八)は「「米国が一番、日本は二番」保守」ということを書きました(『アメリカの日本改造計画』)。実際のところ日本のナショナリストの中にはアメリカに対して非常に強い一体感を抱いているとしか思えない人たちが相当数いる。雑誌『正論』や『諸君!』を読んでいると、そのことを強く感じます。

彼ら彼女ら「黒い白鳥」ナショナリストたちのアメリカに対する「献身」が報われることはあるのだろうか? きわめて疑わしいと思いますね。そもそも「滅私奉公をすればご主人様はきっと報いてくれる」というような思想(?)はアメリカ人にはまったく通用しないでしょう。いいように使われてあげくのはては弊履《へいり》のごとく打ち捨てられる。アメリカ人が特別に冷酷であるということではなく、「渡る世間は鬼ばかり」の国際社会では、それが「常識」ではないでしょうか。

ちょっとヤバイんじゃない?ナショナリズム』は2005年11月05日に恵泉女学園大学で開催されたシンポジウム「グローバル化の中の国家・国境・ナショナリズムそして人権」の記録を補正・再構成して単行本化したものです。姜尚中教授以外の方の発言にも啓発される点が多々ありました。特に辛淑玉《しん・すご》さんは光っています(って、単に私が「辛淑玉ファン」なだけなんですが(笑))。

(『ちょっとヤバイんじゃない?ナショナリズム』高橋哲哉・村井吉敬・姜尚中・辛淑玉・内海愛子・李省展・恵泉女学園大学大学院国際シンポジウム実行委員会編、解放出版社、2006)



人気blogランキング blogランキング投票をお願いします!


関連ページ



投稿者 kihachin : 2007年01月07日 20:29

« 『アメリカの日本改造計画』 | メイン | 大金運 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/967

このリストは、次のエントリーを参照しています: 『ちょっとヤバイんじゃない?ナショナリズム』:

» 「歪んだナショナリズム」再論 from 花・髪切と思考の浮游空間
喜八さんが「属国ナショナリズム」を公開されている。そこでは、まさにアメリカにひれ伏す、おかしなナショナリズムのことが書かれている。弊ブログではこれまで、そのこと... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年01月07日 21:19

» 政治屋三代目 安部晋3は国の身上を潰す from らんきーブログ
ホワイトカラー・エグゼンプションは簡単にいうと、ホワイトカラー(一般に事務職)の評価を労働時間ではなく成果で測るというもので、安部晋三がろれつも回らないくせに大... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年01月07日 22:15

» 新年の挨拶 from 関係性
  寒中お見舞い申し上げます  昨年は義母を亡くし、今日からブログを開始しようと思います。  義母との30年間の同居を通じて、70歳までの助産婦として歩き回る... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年01月07日 23:57

» 「国民投票」 響きはいいけど実は・・・???+少子化。 from わんばらんす
「わたしの内閣」・・・な〜んて言わせていていいんでしょうか? 国会の中だけなら内閣じゃないよ! 国民がいてこその内閣なんだよ〜! 「国民の内閣」を... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年01月08日 01:00

» 自民党とか、社会保険庁の改革とか from とむ丸の夢
 自民党の英語名はLiberal Democratic Party(LDP)です。  ああ、驚いた。  リベラル・デモクラティック・パーティ。  うそだあ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年01月08日 17:31

» 「共通の価値観」の危険 from 反戦老年委員会
 誰がいいだしたのか知らないが、「共通の価値観を持つ国」という表現がよく使われる [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年01月08日 18:14

» ノスタル爺の作る世界(4)ホワイトカラーエグゼンプションについておばさんも考えてみる from あんち・アンチエイジング・メロディ
ホワイトカラーエグゼンプション法案を通常国会に出すか出さないか揉めているようだ。安倍君の「少子化に役立つ」発言は、ボンボンぶりをさらけ出しちゃって、支持率を引き... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年01月08日 21:12

» 改憲元年か?(4) ~公明・太田代表が、安倍陣営の裏切りを批判~ from 日本がアブナイ!
安倍首相は、4日の年頭会見で、改憲への意欲や参院選での争点化の意向を示して から、まさに猪突猛進に「改憲への道」をひた走っているように見える。  たった... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年01月08日 23:42

» 危うい我らの「憲法」=1 from 競艇場から見た風景
「障害者自立支援法」のその後を書いているのですが、あれもこれもと考えて・・・文章が長くなるばかりで整理が付きません。 「障害者自立支援法」関連記事は、整理が付き... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年01月09日 02:38

» 新憲法草案が通ると住民投票ができなくなるよ。 from お玉おばさんでもわかる政治のお話
天の瞳 幼年編〈1〉 「子供に教えるとか、しつけるとか、そんな傲慢なことをいうなって。子供に添うてやれって教えてくれたの。20人の子がいたら20通りの添い方が... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年01月09日 12:31

» 怪しげな宗教にかぶれる人と、自称親米保守はよく似てる from Dogma_and_prejudice
 怪しげな宗教にかぶれて、家・屋敷まで寄付したり、周囲に対して布教活動を行っている人に、知り合いの人が、「目を覚ませ。お前は騙されているんだ」と忠告したところで... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年01月09日 21:04

» 右の翼左の翼(その1) from お玉おばさんでもわかる政治のお話
なんか・・ものすごく濃いネット生活を送った10日間でした。 右の翼の方も左の翼の方もた〜〜くさん来られている、今だから書くべき事を毎日考えているお玉です。 ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年01月11日 11:28