【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« テレビ朝日・朝日新聞よ、いい加減にしろ! | メイン | 石原”花粉症”ポスター »


2007年02月25日

ハムニダ犬

いきるものたちの叫び

タイトルは思いっきり省略されています。
ブログ『薫のハムニダ日記』で紹介されている、けなげな野良犬の話」が正式なエントリ名なのでした。
まずはハムニダ薫さんの記事を読んでみてください。

 いきるものたちの叫び

 人気blogランキング ランキング投票をお願いします。

泣けますねえ。
私(喜八)はこういう話に弱くって・・・。(T_T)
そういえばハムニダさんのブログには次のような記事もありました。

 お星様になったドゥンイ

最悪の国際カルト集団「統一協会」を真っ向から批判するなど、ハムニダ薫さんには「おっかないお嬢さん」というイメージがありますが(ハムニダさん、スミマセン!)、その実は心優しき女性なのです。

ところで話は変わりますが、「外務省のラスプーチン」こと佐藤優氏の『獄中記』岩波書店(2006)にも以下のような記述がありました(270頁、275頁)。

拘置所の中は猫たちにとっては天国で、楽しそうに暮らしている。公園や学校の庭ではいじめられたり、いたずらされる危険があり、路地では自動車の危険があるが、拘置所の中は猫にとっての危険は少ない。面会場への移動途中、野良猫や庭猫のみならず、飼い猫も遊びに来ているようだった。
なぜ「タマちゃん」は自由に生活できるのに、帷子《かたびら》川周辺のノラ猫たちは駆除されるのか? 少なくとも具体的に人間に危害を加えていない仔猫たちがなぜ毎日殺されないとならないのか?

佐藤優氏は自分が「ブタ箱」にぶち込まれているときも、野良猫のことを心配している!
「どこから見てもワル」風な佐藤氏の強面《こわもて》の下には「心優しき青年」が潜んでいる・・・。

泣けますねえ。

弊ブログはハムニダ薫さんとラスプーチン佐藤氏を今後も(勝手に)応援するぞー!


人気blogランキング ランキング投票をお願いします。


関連ページ



投稿者 kihachin : 2007年02月25日 12:18

« テレビ朝日・朝日新聞よ、いい加減にしろ! | メイン | 石原”花粉症”ポスター »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/1099

このリストは、次のエントリーを参照しています: ハムニダ犬:

» プアの上にふんぞり返る安倍晋三 + 高知県連のアホ! from わんばらんす
■プアの上にふんぞり返る安倍晋三坊ちゃまの図 ◆ BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」のヘンリーさんの記事  「実るほど頭を垂れる稲穂かな」 の極一部... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年02月25日 13:18

» 冷戦とは内ゲバだった ? from 晴耕雨読
>英米金融資本による右派グローバリズムが生まれた頃、マルクスによる左派グローバリズムが生まれた。このセクト内対立は、第2次大戦後、ソ連・中共が生まれたことで激化... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年02月25日 20:17

» 「個の尊厳」を守らず、全体主義化して行くと、あの国に近づいてしまうのだ。 from 日本がアブナイ!
  前記事の「愛する日本を北朝鮮みたいな国にしたくない!?? 国旗、国歌、愛国心 ・・・教育現場がアブナイ!??」にたくさんのコメントを頂いた。<有難うござい... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年02月26日 00:51