【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 「右」も「左」もない、オレは「下」や | メイン | 続・「TVタックル」常連の民主党代議士たちへ »


2007年02月04日

「現時点での憲法改正には反対」小林よしのり

わしズム Vol.21(2007冬) 特集パトリなき「美しい国」を愛せますか?
主体性を完全に喪失した
今の日本、
日米同盟・絶対主義、
アメリカ追従の日本では、
憲法改正は
米英と共に侵略戦争にも
加担する「醜い国」をつくる
契機になりかねない。
憲法改正が「自主独立」のためでなく、
「日米同盟の強化」のものであり、
米国の属国化を進めるものならば、
わしは「護憲派」にはならないが、
「現時点での憲法改正に反対」の
立場に回らねばならない!

雑誌『SAPIO』(2007年02月14日号)小林よしのり氏の連載「ゴー宣・暫《しばらく》」からの引用です(同誌67-68頁、一部太字化は喜八による)。

上の小林よしのりさんの意見は「きわめてスジが通った、常識的な憲法観」であると私(喜八)は思います。

小林氏は同じ連載記事の中で次のようにも述べています。

(1)侵略戦争をアメリカと共にやるのか?
(2)日本列島をアメリカ本土の防衛の楯として利用するのか?
この二問に明確な回答が得られぬ限り、わしは憲法改正には慎重な姿勢をとらざるを得ないだろう。

これまた「もっとも至極」な指摘です。

小林よしのり氏といえば・・・。
リベラル派の方々からは「蛇蝎のごとく」嫌われることが少なくないようですね(笑)。
けれども、某巨大掲示板を覗いてみれば明らかなように、小林氏は「ネットウヨク」から熾烈な攻撃を受け続けている人物でもあるのです。

「左」からも「右」からも叩かれる小林よしのり氏。
「反米保守」というソンな立場を選択した小林よしのり氏(日本のマジョリティである「アメリカ追従」勢力から目の敵にされるし、経済的にもわりに合わない。ヘタをすれば「国策捜査」の対象にされる)。

2004年04月、イラクで3人の日本人が武装勢力の人質になった際、日本国内で凄まじいバッシングが吹き荒れました。小林よしのりさんは、バッシングの嵐に抗《あらが》って人質だったTさんたちを擁護する論陣を真正面から張った、数少ない言論人のひとりでした(『ゴー外!!〈1〉』)。

小林氏が彼なりに「誠実」な人物であることは否定できないでしょう・・・。

この際ですから、「護憲派」は小林よしのりさんを自陣営に引っ張り込んでしまう、くらいの権謀術数を駆使してもよいのではないでしょうか?
細かい(?)意見の違いはひとまず置いておいて、「現時点での憲法改正に反対」の人も味方につけてゆく「狡猾さ」、いや「懐《ふところ》の深さ」は必要だと思うのです。


関連ページ



投稿者 kihachin : 2007年02月04日 14:03

« 「右」も「左」もない、オレは「下」や | メイン | 続・「TVタックル」常連の民主党代議士たちへ »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/1022

このリストは、次のエントリーを参照しています: 「現時点での憲法改正には反対」小林よしのり:

» 民主党幹部名簿を強化、更新しました。(2007年2月3日) from 村野瀬玲奈の秘書課広報室
これから民主党にはたくさん言うことがありそうですので、民主党幹部名簿を強化、更新しました。下のリンクからどうぞ。レイアウトは整ってなくて申し訳ありませんが、内容... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年02月04日 17:57

» 産業資本的利益成育から金融資本的利益収穫へ 前編 from 晴耕雨読
経済的支配層に属さない人々は、80年代以降、きわめて苛酷な経済システムのなかで生存している。 とは言っても、目に見えやすい日々の生活の苛酷さではなく、目には見... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年02月04日 18:49

» 挨拶はコミュニケーションの基本です! from 前を向いて歩こう!
ども! 生徒から「Com先生」とほとんど呼ばれなくなったCombattler-Vでございます(^^;; いえね、マジメモード(教員モード)全開の時は、きち... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年02月04日 20:34

» 父ちゃん、あんな from アッテンボローの雑記帳
 「父ちゃん父ちゃん、勇樹な(仮名)小泉やっつけるエエ方法考えた」 「何?何?  [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年02月04日 23:55

» 「反レイシズム」で闘う人は「反日」か/大阪府警が滋賀朝鮮初級学校へ不当な強制捜索 from 多文化・多民族・多国籍社会で「人として」
2007.2.4.09:15ころ この事件、わが家に配達された京都新聞にも詳しい [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年02月05日 07:29

» 今、政治がおもしろい from お玉おばさんでもわかる政治のお話
北九州市長選も愛知知事選も・・その前の宮崎県知事選も申し訳ないくらいお玉は詳しいことを知らない。すべて結果を見ての後付けの意見なモンで、後出しジャンケンの様なず... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年02月05日 11:34

» 「藤田君の理想は『保守』」−「省三こもごも 1」 from いわいわブレーク
どういう経路か忘れたけど、「日刊ベリタ」 というサイトに行き、そこで「つくる会」顛末記  という記事を見かけた。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年02月05日 21:53

» まったけ日記144―小林よしのりを疑え!まったけをも疑え!− from 『京都亀岡国際秘宝館』たいったん・さんせえ日記続編
 漫画家・小林よしのり氏による『新ゴーマニズム宣言SPECIAl 戦争論(以下:戦争論)』は、1998年の出版だから8年が経過しているが、未だにオンライン書店等... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年06月22日 16:30