【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 01-27~02-02の運動記録 | メイン | 「現時点での憲法改正には反対」小林よしのり »


2007年02月03日

「右」も「左」もない、オレは「下」や

『マガジン9条』 この人に聞きたい 中川敬さんに聞いた
「右」も「左」もない。オレは「下」やけど(笑)。

ミュージシャン中川敬《なかがわ たかし》さんの発言です。
みんなの9条マガジン9条編集部編、集英社新書(2006)をパラパラめくっていたら、出会いました。

いや~、いい言葉ですね。名言です。
今後は私(喜八)も折にふれてこの言葉を使わせていただこうと思います。

「右」も「左」もない。オレ(喜八)は「下」や!

 人気blogランキング blogランキング投票をお願いします。

20年近くほど前になりますか、ニューエスト・モデルという尖がっていて格好いいロックバンドがありました。そのリーダーだったのが中川敬さんです。
さらには、メスカリン・ドライヴという、やっぱり尖がっていて格好いい女性ロックバンドがありました。
ニューエスト・モデルとメスカリン・ドライヴが合体して、できあがったのが、現在のソウル・フラワー・ユニオンです。

みんなの9条』から中川敬さんの発言の一部を引用します(同書186頁、一部太字化は喜八による)。

「右」も「左」もない。オレは「下」やけど(笑)。いくら自分を「在日関西人や」と思ってても、外から見りゃ、日本人やからね。だから責任もたなあかんことがあるね。めんどくさいけど。ええ酒飲んで楽しく生きるためにも、オッサン、オバハンこそ、言い続けなあかんことがあるね。「歴史」を見ない国は「歴史」にほろぼされるよ。

世の中にはいろいろな意見があるし、そのどれが正しいか決めることは難しい。
ときには嫌いな奴らと喧嘩をするのもいいけれど、虐殺だけはやめておこうぜ
これが喜八流「反虐殺思想」です。

「虐殺だけはやめておこうぜ」という視点に立つなら、「右」や「左」の違いはたいした問題になりません。
人間の歴史を振り返れば「右」の勢力も「左」の勢力も精力的に虐殺を行なってきたのは明白な事実ですから。

「右」だから「左」だから、虐殺を行なうわけではないのでしょう。
他の人間を「自分より劣った存在」と「見下す」ことこそが、虐殺に直結するのだと思う。
差別なくして虐殺なし。

その点、自らを「下」と規定するのは「反虐殺」と相性がいいようです。
「上から他者を見下す」ことなく、世界を「下」から眺めるなら、虐殺の馬鹿馬鹿しさが明らかになる。
「右」も「左」もない。オレは「下」や!

ついでですから「下下下《げげげ》の喜八」とでも名乗りましょうか(笑)。


人気blogランキング blogランキング投票をお願いします。


関連ページ



投稿者 kihachin : 2007年02月03日 14:30

« 01-27~02-02の運動記録 | メイン | 「現時点での憲法改正には反対」小林よしのり »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/1019

このリストは、次のエントリーを参照しています: 「右」も「左」もない、オレは「下」や:

» へぇ〜ぇ〜、コレ買う人いるの?国民はバカにされてるなぁ〜!&1行コメント from 晴天とら日和
娘の久々のチュー太・チュー子の力作です。(お時間のある方も、ない方も。御用とお急ぎのある方も、そうでない方も→)じっくり見てやって下さい。へへヘヘへ 今、... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年02月03日 21:50

» マグロ消費と環境(おわり−後) from 関係性
 (副題:文化や良心を捨てて       守るべき経済などない)  「文化や良心を捨てて守るべき経済などない」(C.ダグラス・ラミス(注))(月刊誌『Fole』... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年02月04日 00:03

» 自公打倒!!! + 応援とは何か??? from わんばらんす
マスコミは、いつものごとくだんだん民主党の審議拒否を批判し始めた。 そこで、ぶれちゃダメなのだ!!!やるならやる!!! ■応援! / ブログ共闘の立... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年02月04日 00:13

» 【コメント】頑張れ、中川敬! from オギノフの肖像
私の親友Sは中川敬の大ファンであった。 ソウルフラワーの「会報」を取っていた彼ほどファンではなかったが、私もよく彼らの唄う曲は聴いていたし、フリーコンサートやラ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年02月04日 00:19

» そのまんまの宮崎県政 from 人工樂園
 こちらで教えていただいたニュース。さんざん期待を持たせといてこれかよ……という感じですね。 東国原英夫知事が先の知事選で対立候補として無所属で自民・公明の推... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年02月04日 07:08

» 「愛知県知事選」(2)…こら柳沢、いらんこと言うなよ! from dr.stoneflyの戯れ言
 人が純粋な気持ち?で悩んでいるちゅーのに、ほんまに鬱陶しい暴言機械やな。  マジ、アホちゃうんけ。この失言野郎は!!  アホが「私の発言とは切り離して投票... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年02月04日 07:56

» STOP THE KOIZUMI ~ タガタメ from とくらBlog
 志士の夢を見るにはやや枯れた年になってはいる。 と始まる2日の世に倦む日日を読んだ時、感動して、涙がでてきてしまい、私は、たぶん、あの選挙の日の結果が出た夜8... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年02月04日 09:39

» 右も左もぶっとばせ! from kimera25
昔、「右も左もぶっとばせ!」と言って選挙をやった者がいた。今は「右も左もぶっ飛ばせ!     俺たちゃ下だ!!」と言うことを「喜八」さんから教えていただいた。(... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年02月04日 21:05

» 北九州市長選 from とむ丸の夢
民主、社民、国民新推薦の北橋健治(53)さんが、自民、公明推薦の元国土交通省局長柴田高博(57)さんと共産推薦の元北九州市立大教授三輪俊和(63)さん破り当選確... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年02月04日 22:39

» もし総てを無くしても。 from 音楽写真。音楽映像。photographer / Kaz tanaka
世界は否応無く繋がっていて 人の業までもが共通ならば その行く末まできっと同じだろう。 見え透いた未来。 「右も左も無い。俺は下やけど(笑)」 ソ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年02月06日 21:18

» 名も無き者 from 美しい季節とは誰にも言わせまい・・・・
チェ・ゲバラの若き日を描いた映画『モーターサイクルダイアリーズ』の白眉はハンセン病患者が隔離された孤島にチェが溺れかかりながらも泳ぎ着き、患者達と抱擁するシーン... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年02月12日 14:04

» チョット古い記事だけど・・・ from 迎春閣之風波
マガジン9条『この人に聞きたい』 中川敬さんに聞いた、その1「今、日本は“通りすぎなあかん道”に来たんや」 同、その2「出会いが世界を変えてゆく」 ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年04月29日 19:39