【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 02-10~02-16の運動記録 | メイン | 偽りの愛国者「石原慎太郎」氏を完全否定する »


2007年02月17日

世襲のない職業

タイトルの「世襲のない職業」といえば、まず「漫画家」です。

漫画家には見事に「世襲」がありません。
超有名漫画家の子弟だからといって「跡を継いで」人気漫画家になれる、なんてことはありえない。
実力だけが物をいう過酷な世界、売上がすべての世界なのです。

以前、知り合いの漫画家さんが「たかが、漫画家風情が・・・」という侮蔑を受けて落ち込んでいたことがありました。
そのとき、こう激励しました。
「漫画家には『世襲』がない。つまり実力の世界ですね。あなたはそこで20年近くもサバイバルしてきた。それは普通の人にはまずできそうにない素晴らしいことなんですよ!」

「世襲」がないといえば「囲碁や将棋のプロ棋士」もそうです。
中には親子二代にわたっての棋士というケースもありますが、例外的少数といっていいでしょう。
囲碁や将棋も「勝敗だけが物をいう」実力の世界です。

意外なことに「流行歌手」にも「世襲」はあまりありません。
ときおり有名歌手の子弟がデビューすることはありますが、ほとんどの場合、一時の話題となるだけで後が続かない。
「俳優・女優」の世界で「世襲」が花盛り、親子二代にわたっての人気者が少なくないのと比べると、歌の世界の厳しさが分かります。

逆に「世襲」が多い職業といえば・・・。
「政治家・医者・教師」の「先生」と呼ばれる職種。
上にも挙げた「俳優・女優」業。
さらには「大企業・有名企業のサラリーマン」にも近頃は「世襲」が多いと聞きます。ホリエモンによる乗っ取り騒ぎの際、名前が挙げられた某メディア・グループなども親子二代勤務が珍しくないようです。

政治家なんかは本来「徹底的に実力の世界」であるべき職種であるように思えるのですが、どうでしょうか?
けれども現実は「世襲」の花盛り、「枯れ木も山」のやりたい放題。
現在の安倍内閣の顔ぶれを見ても「これでもか!」とばかりに二世・三世政治家のオンパレードです。

三世政治家・小泉純一郎氏の跡を継ぎ首相となったのが、やはり三世の安倍晋三氏。
「その次」に意欲満々な麻生太郎氏にいたってはなんと五世政治家です!
封建時代の「殿様《とのさま》」と、ほとんど区別がつかないようなありさまではありませんか!

以上の事実から、次のような図式が描けるように思います。

  • 「世襲」漫画家・「世襲」棋士・「世襲」歌手はほとんど存在しない=実力の世界。
  • 「世襲」政治家は山ほどいる=実力の世界ではない。

政治家は「選挙」という洗礼を受けなければなれない職種なのですから、本当だったら実力のない者は弾かれるはずなのです。
けれども実際にはそうなっていない。
この辺りに日本社会が停滞している主原因があるのではないでしょうか?
非常に疑わしい・・・。

俺(私)は生まれもってのエリート」と勘違いしまくりの世襲議員サマが、いっぱしの「タカ派」ぶって「改憲」を叫ぶ(しかもその「改憲」は米国によって押し付けられたもの)。
自分の身を絶対安全圏におきながら勇ましいことを言うなよ!
まったくもって「ヘドがでるような光景」というしかないのであります。


投稿者 kihachin : 2007年02月17日 11:10

« 02-10~02-16の運動記録 | メイン | 偽りの愛国者「石原慎太郎」氏を完全否定する »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/1078

このリストは、次のエントリーを参照しています: 世襲のない職業:

» 母子家庭の85%が生活は苦しいのに from お玉おばさんでもわかる政治のお話
厚生労働省はちゃんと仕事をしているようです。障害者や母子家庭がどのくらい一般家庭よりも生活が苦しいかちゃんと調べて統計まで取ってます。 平成18年度 &nbs... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年02月17日 22:24

» 格差社会のなかの「政治家の息子とプロ野球選手の息子」 from 花・髪切と思考の浮游空間
と、ちょっと変わったタイトルだが、格差社会をいまではだれも否定はしないだろう。そして、「格差の何が悪い」といい放ったのが小泉純一郎だというのも、多くの人が... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年02月17日 23:43

» 母子加算の廃止 反対 from 酔語酔吟 夢がたり
政府は母子加算の廃止を決めました。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年02月18日 04:58

» 現代世界の対立軸/お願い4たび from 多文化・多民族・多国籍社会で「人として」
2007.2.18.22:00ころ まずはお願いです。 ベトナム人一家の在留を支 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年02月19日 00:03

» なんつうかとほほ from tsurezure-diary
失言を産む機械が内閣で次々に爆走中でとほほ、なのはおいといて。 統一地方選が近いんで、最近家のポストにチラシがよく入っているんです。せっかくだからと見てたら、... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年02月27日 15:58