【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 「現時点での憲法改正には反対」小林よしのり | メイン | ありがとうございます »


2007年02月05日

続・「TVタックル」常連の民主党代議士たちへ

原口一博衆議院議員

謎の憂国者「」さんの寄稿です。


★引用開始★

「これからTVタックルは菅さんが出る事になりますので」-続・「TVタックル」常連の民主党代議士たちへ-(1月29日放送分)

 絶句しました。開いた口が塞がりませんでした。あなた方(安住淳渡辺周 両氏)はどうしてここまで酷いのですか? こんなんで国民の支持が本当に得られるとお考えなのですか? 「TVタックル」(テレビ朝日系)はどう考えても自民党の「土俵」としか考えられません。以前は公明党の方々も出演していたようですが、最近では殆ど出演していないようです。私「r」の想像ですが多分、支持者の方々から何か言われたのかも知れませんね。もしもそれが事実なら当然でしょう。

 人気blogランキング blogランキング投票をお願いします。

「TVタックル」はあまりにも酷い「政治バラエティ」ですから。
(以前は社民党議員もレギュラー出演していたようですが最近は見かけないですね。共産党・国民新党は忘れた頃に出演するようですが、どうも不自然ですね…意図的に「二大政党制」を「過剰演出」しているのでしょうか?)
 
 番組の作りは非常に巧妙です。確かに番組内VTRではそれなりに自民党に都合の悪い情報も流してはいます。(それでも本質を突く事だけは絶対にしませんね。例えば「年次改革要望書」を真正面から取り上げた事があったでしょうか? アリバイ的にチラ見せ位はしたかも知れませんが、関岡英之氏(ノンフィクション作家)本人をスタジオ出演させたり氏の著作を取り上げたりした事は無いはずです。

 そして「新自由主義」「市場原理主義」を解り易く解説したり、御用評論家・御用学者だけでなく公正中立の学者評論家を呼んで討論した事がこれまで何度あったでしょうか? たまたま私が知らないだけですか? 小泉竹中改革の本質についてキチンと議論した事があったでしょうか? 野党が本質を突くと必ず自民党サイドの「御用」な方々が妨害していましたよね?) しかし番組後半に進むにつれ民主党にとって不利、即ち「野党共闘」を阻害するような作りになってるように見受けられます。もしかして「野党分断」を画策しているのでは? と疑念を抱きます。(これはあくまでも私の主観であり、受け手によっては違った見方が出来るかも知れません。)

 問題は番組内VTR以外の部分です。要するにスタジオ出演者とVTR出演者にあります。自民党関係者と御用評論家・御用学者が自民党サイドに立って自民党に有利な、そして民主党に不利な言動を吐くのは本人の責任であり自由でしょう。(但し番組制作サイドと司会者は「放送法」の理念と己の良心に基づき「公平中立」に勤めるべきでしょう。)問題なのはそれと「対峙」する人、即ち「民主党議員の方々」にあります。

 民主党議員である出演者の方々、あなた達(安住淳・渡辺周 両氏)は一体何を考えているのですか? あなた方の所属する政党・民主党最高幹部である「小沢一郎氏」「菅直人氏」「鳩山由紀夫氏」が出演者に「呼び捨て」にされ「罵倒」されているのですよ。その発言者に対してあなた方は卑屈な態度をとるだけでなく「先生」と優しく呼びかけるとは何事ですか! 別にその発言者を呼び捨てろ、とか罵倒しろとかは言いません。それは社会通念上許されない蛮行であり社会人としての礼儀を欠く行動であります。ましてやあなた方は「選良たる国会議員」国民の模範とならなければなりません。

 その暴言を吐いた発言者に対しては年長者に対する敬意を払い、せめて「~さん」と呼ぶ事は出来ないのでしょうか? その発言者は「義理」と「人情」に篤い人物と聞きます。だったらそうすべきではないでしょうか? どこの世界に自分の上司を呼び捨てにして罵倒する相手に対して「先生」と呼ぶ者がいるのでしょうか?正直言って見ていて「この人たちは本当に民主党議員なのか?自民党議員の間違いじゃないだろうな?」と私は思ってしまいました。情けなすぎます…

(以前、「朝まで生テレビ!」において元民主党重鎮の平野貞夫氏が小泉前総理を痛烈に批判しました。口調はソフトで穏やかであり、総理大臣に対する敬意は払っていました。その時自民党参院議員である「山本一太氏」は「失礼な事を言うな!!撤回しろ!!!」と怒髪天を衝く勢いで反論・激怒しました。年長者に対する口の訊きかたではありませんし山本氏は言い過ぎだったとは思いますが、自分自身の上司を批判された時にとるある意味正当な態度であるかも知れません。ここまでしろ、とは言いませんが少なくとも自民党議員は小泉前総理が批判・侮辱された時に「卑屈にヘラヘラ」は絶対にしません。それが当たり前でしょう。出演者である民主党議員の皆さん、あなた方(安住淳・渡辺周 両氏)は何故に反論できないのですか?国会議員として、そして人間としてのあなた方(安住淳・渡辺周 両氏)の見識を疑います。)

 私が一番許せなかったのは「VTR出演」した民主党衆院代議士の「原口一博氏」です!!あなたは本当に「国会議員」なのですか?そして社会常識を兼ね備えた「大人」なのですか?(私は本当に怒っています!)

 以下は「TVタックル(1/29放送)」の書き起こしです。

民主党代議士会にて「菅直人代表代行」が「TVタックル」常連議員を批判したVTR+α
原口一博氏:「国会が始まった時の代議士会でTVタックルに出ている人(民主党議員)を(菅)代表代行が批判したんですよね。」
-ここで菅代表代行の代議士会発言のVTR-
原口一博氏:「そんな事する前にね、ちゃんと執行部がやるべき事をやれ、という事は言いたいですね。」
原口一博氏:「これからTVタックルは菅さんが出る事になりますので。」
※ここでスタジオの声「菅さんが出るそうです。」(恐らく民主党代議士、確証なし。)

 原口一博氏、あなたは一体「何様」なのですか?何ですかその「言い草」は!!!!! 本当に国会議員なのですか??? それ以前に最高学府を出た働き盛りの良識ある社会人なのですか???? あなたの非常識ぶりがとても信じられません。特にVTR最後のセリフ…

 「これからTVタックルは菅さんが出る事になりますので。」

 これは何ですか? 「不貞腐れたDQN中学生ヤンキーが吐くセリフ」と一緒じゃないですか!!!! まさか「TVタックルなんてB層相手の番組だからいいんだよ。」とでも思ってるのじゃないでしょうね?それとも「ムカつくんならタックル見んなよ。」とでも言うのですか? (流石にあの「小泉氏」でもこんな言い方はしませんよ。)

(この記事をご覧の皆さん、「TVタックル」は必ず「録画」してご覧下さい。)

 原口一博氏、「こういう事」は身内の会合(この場合は民主党代議士会)で発言すべき性格のものであって、外部、それもVTR出演とはいえテレビで発言する性格のものではないでしょう。身内の批判を他人にする事ほどみっともなく見苦しい事はないですよ。私が間違っているのですか?

 原口一博氏、あなたは選挙によって国民から国政を委ねられた「選良」たる国会議員なのですよ。あなたは私より年長なのですが、とてもじゃないがあなたを尊敬する事はできません。(まさか「別に尊敬しろ、と頼んだ覚えはないよ。」とは言いませんよね?)

 原口一博氏、あなたは自分と違う意見を持つ「執行部」を認めないのですか? 今現在の民主党執行部は党内代表選において民主的に選出された「小沢一郎氏」が任命し作り上げた「執行部」ですよ。それを「テレビといった公開の場」において侮辱・揶揄・罵倒するような言動を吐くとは何事ですか!(もし私が代表ならあなたを即刻除名処分にしますよ。)

渡部恒三氏が代表選出の際に「選挙」に拘った理由がよーくわかりました。)

 原口一博氏、あなたが吐いた言動は民主的な選挙によって国民から選出された「あなた(原口一博氏)」が民主的な選挙を否定するのと同じ意味になりませんか? まさか「それはお前の主観だ! 論理の飛躍だ!」などとは言わないでしょうね?

 原口一博氏、あなたは「松下政経塾」の出身だそうですが、その「塾」の創設者は礼節を重んじる「人格者」だったそうです。下積みで苦労を重ねて地道に努力し成功をおさめた人物です。当然「礼儀」には厳しかったでしょう。あなたはここで一体全体何を学んできたのですか? 「詭弁」ですか? 「開き直り」ですか? 「悪態」ですか? 「非常識」ですか? 「非礼」ですか? あなたの言動「これからTVタックルは菅さんが出る事になりますので」は創設者の精神とかけ離れたとんでもないものですよ。原口一博氏、あなたの言動は創設者の顔に泥を塗る事にはなりませんか? 創設者は草葉の陰でお嘆きでしょう…

 原口一博氏、やはりあなたは民主党にいるべき人ではありませんね。そんなに執行部が嫌いで協力できないのであれば、即刻「離党」して自民党へ行くなり「小泉新党(仮称)」に参加するなり「ネオリベ・ネオコン新党」作るなりすべきでしょう。まさか参院選で民主党が過半数取ったら「お友達」を沢山引き連れて自民党に行くのじゃないでしょうね? それとも何ですか? 今、民主党を離党したら「別働隊」としての活動に支障をきたすとか言うんじゃないでしょうね?

(私個人の考えとしては民主党の看板を使って当選したのですから「離党」するのなら「議員辞職」が筋だと思いますがね。)

 それとスタジオ収録組の「民主党代議士」の方々(安住淳・渡辺周 両氏)、何で原口一博氏の「非常識」を咎めないのですか? ひょっとしてあなた方(安住淳・渡辺周 両氏)も原口一博氏と同じ考えなのですか? テレビを見る限りあなた方(安住淳・渡辺周 両氏)は相も変わらず「卑屈にヘラヘラ」 …見識を疑います。

 これでは民主党の支持率が下がるのも当然でしょう。(新聞テレビの世論調査は信用できませんが)とにかく「民主党のTVタックル常連議員」の方々、何でもかんでも「執行部」の責任にするのはみっともないですよ。党内会議で言えばいいじゃないですか。

 繰り返しますが、「身内の悪口を他人に言う事ほどみっともない事はないですよ。」

 最後に民主党執行部の「小沢一郎氏」「菅直人氏」「鳩山由紀夫氏」へ。彼ら(安住淳・渡辺周 両氏と原口一博氏)を何とかしないと今年の「統一地方選」は勿論、「都知事選」も、そして本命である「参院選」も苦戦しますよ。(心中お察しします…)


補足資料 -TVタックル制作者及びテレビ朝日の皆様、お読み下さい。-

(放送法)
第一条  この法律は、左に掲げる原則に従つて、放送を公共の福祉に適合するように規律し、 その健全な発達を図ることを目的とする。
二  放送の不偏不党、真実及び自律を保障することによつて、放送による表現の自由を確保すること。

(国内放送の放送番組の編集等)
第三条の二  放送事業者は、国内放送の放送番組の編集に当たつては、次の各号 の定めるところによらなければならない。
二  政治的に公平であること。

★引用終了★


人気blogランキング blogランキング投票をお願いします。


関連ページ


投稿者 kihachin : 2007年02月05日 12:54

« 「現時点での憲法改正には反対」小林よしのり | メイン | ありがとうございます »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/1025

このリストは、次のエントリーを参照しています: 続・「TVタックル」常連の民主党代議士たちへ:

» 国民の国民による国民の為の選挙 from らんきーブログ
1勝1敗でしたね。昨日の選挙結果は。北九州市長選が北橋健治氏(民主・社民・国民新推薦)が初当選。愛知県知事選は、現職の神田真秋氏(無=自民・公明推薦)が僅差で勝... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年02月05日 15:21

» 今こそ総反撃! from BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」
愛知知事選の結果は共産党への投票により、結果として自公を勝たせた結果となった。ただ当初の予想よりは随分、善戦したようである。前にも書いたがいよいよ共産党に対する... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年02月05日 17:10

» 悪い奴ほどよく眠る!・その1とその2 from 晴天とら日和
悪い奴ほどよく眠る! その1 2007年02月05日13時25分 厚労相には引き続き国民の立場で責任を果たしてほしい [東京 5日 ロイター]... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年02月05日 18:31

» 「機」物破損? 思考の(政治)経済 from いわいわブレーク
副題??和づ??鷂澄Х??杞渋せ痢??拘??萢儼弉茵淵+ン?)。 または、猫の手も借りたい状況・・をどう見るか? エエと、最近のログを一覧表にして、少し読み... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年02月05日 21:31

» 地方選はドロ~で、与党内も与野党も泥仕合か?・・・今、国民の意思が求められている from 日本がアブナイ!
4日、民主党の小沢一郎代表が、東京都内で開いた「小沢一郎政治塾」で講演し、 このような発言をしていたという。<時事通信、毎日新聞4日より> 「安倍内... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年02月05日 23:57

» 「騙されていた」と言えば済む人達―2 from 弱い文明
 問題は、これが生活体験の足りない若い人たちだけの現象ならまだしも、年配の人たち、老人までもが一様にTVの言いなりになっているという現実である。一昔前なら、そん... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年02月06日 01:43

» 年次要望書、国家主導の詐欺 from 復活!三輪のレッドアラート!
東洋の魔笛 『年次改革要望書』2006年12月5日版−PART 3 流石ですよねぇ、ナルト様は。目の付け所が良い。 数日前から更新を再開しておられる様で... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年02月06日 02:57

» 国民投票の罠 + 国民蔑視体質の自民党 from わんばらんす
選挙権・・・誰しも成人式を迎え、選挙権をもらえた時は喜ぶ。でも、実際の選挙はというと、他のことに多くの興味があり、選挙なんて行かないことが多いに違いない。私もそ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年02月06日 13:04

» “ニセコの怪人”逢坂誠二代議士が来週月曜の「TVタックル」に出演する from 低気温のエクスタシーbyはなゆー
逢坂誠二代議士(民主党。ニセコ町の元町長) http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%A2%E5%9D%82%E8%AA%A0%... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年02月10日 20:13