【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 『許される嘘、許されない嘘』浅野史郎 | メイン | アサノと勝とう! 女性勝手連 »


2007年03月19日

護憲こそ「愛国」

飛び交う怒号・罵声 国民投票法案 『問答無用の首相怖い』
 憲法改正手続きを定める国民投票法案で十五日、中央公聴会日程が二十二日と決まり、安倍首相が目指す憲法記念日までの法案成立が現実味を帯びてきた。
 この日午前十時半すぎ衆院憲法調査特別委員会は予定より一時間以上遅れて開会。法案に反対する市民など約三十人が傍聴席で見守る中、民主、社民、共産の議員が中山太郎委員長に詰め寄った。
 中山委員長が公聴会開催を決める提案を読み上げようとすると与野党から怒号や罵声(ばせい)が飛び交い、中山委員長の声はかき消された。終了後、中山委員長は「誠心誠意を尽くしたが…」と民主党が反対に回ったことに残念そうな表情を見せた。
 民主党の枝野幸男氏は「国民投票法は中立な法律でなければならない。安倍首相は基本が分かっていない。憲法が政局の道具に使われた」と首相を批判。社民党の辻元清美氏は「首相は憲法をおもちゃにしているような気がして憤りを感じる。イケイケの小泉さんより、問答無用の安倍さんの方が怖い」と訴えた。

(「東京新聞2007年03月15日朝刊」より転載)


太平洋戦争敗戦後60年以上にわたって日本は米国の「属国」でした。これは「見たくない現実」ですが、すべての日本人が「直視しなければならない現実」でもあります。

属国状態にあるいま日本国憲法を改正するのは「国家的自殺行為」だと私(喜八)は考えます。

世界中に軍隊を派遣し「世界の保安官」を自認する「アメリカ帝国」の覇権にも陰りが見えてきました。謎の憂国者 さんも指摘されているように、史上最強最大(とされる)米帝国もすでに衰亡期に入っています。が、一度手にした影響力を手放したくないのが覇権国家の「性《さが》」です。

弱りつつあるアメリカは”日本軍”を自軍の「下請け(あるいは「弾除け」)」として使いたい。そのために「属国・日本」の平和憲法破棄を強く望んでいます。改憲を主張する政治家の多くもアメリカからの圧力を受けていることが見え見えです。つまり改憲こそが「おしつけ」なのです。

「米国債購入」という形で国民の富を米国に「献上」してきた「日本・植民地エリート」たち。彼ら彼女らは「宗主国のボス」に命ぜられるままに、自国の若者たちの「血」まで捧げようとしている。いったい「反日」「売国奴」はどちらなのか?

安倍晋三首相を始めとした現在の政府与党に新しい憲法をつくるだけの器量はないでしょう(国民にもないと思う)。現行憲法を充分に使いこなし、その限界を見極め、国民的議論を徹底した上での「改正」というのなら分かります。けれども、いま拙速に改憲する必要など何処《どこ》にもありません。

少なくとも現時点では「護憲」こそが「愛国」なのだという確信を私は強めています。結果として米国への隷従を強めることになる「改憲」などに協力する気は毛頭ない。


関連ページ


投稿者 kihachin : 2007年03月19日 08:00

« 『許される嘘、許されない嘘』浅野史郎 | メイン | アサノと勝とう! 女性勝手連 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/1196

このリストは、次のエントリーを参照しています: 護憲こそ「愛国」:

» 医師会も相当怒ってるよな from お玉おばさんでもわかる政治のお話
年度末でいろいろ重なり、真剣に忙しいお玉です。 今週末に日本を脱出するのに、その準備もまだできてない・・・(T_T) などと愚痴りつつ・・今日の新聞の全面広... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年03月19日 09:45

» 「○か×か」で決めるがいい from そいつは帽子だ!
天下分け目の大一番を前にして 真田家は悩んでいた 豊臣か 徳川か 私はその逡巡が実際どのような経緯をたどったか知らない [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年03月19日 14:58

» 「華麗なる一族」最終回は「呪われた一族」? from うみおくれクラブ
原作問題箇所  写真が大ボケ。  ゆみちゃんのケータイは、AUの0円ケータイですが、ズームができないので、 ダメです。  以前のツーカーの機種のほうが良かった... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年03月19日 15:55

» アベ首相の日興CG疑惑 from とむ丸の夢
 アベ晋三は政治のことも経済のことも何も分かっていない。現代社会についても歴史についても理解していないんだろうな、とふと思う。 アベ氏を直に知っている... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年03月19日 21:36

» 吸血新聞を祓え from そいつは帽子だ!
『恐怖新聞』というのがある 真夜中に配達されてきて 一号読むと百日寿命が縮まるという 世にも恐ろしい新聞だ [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年03月20日 08:31

» 「国民投票法案」公聴会に応募しよう! from 競艇場から見た風景
■「平和への結集第2ブログ」 さんから頂いたTBを転載します。 =転 載 開 始= 公聴会に応募しよう! 国民投票法案(改憲手続き法案)に関する公聴会が4月5... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年03月27日 01:44

» やっぱり怪しい改憲(壊憲)手続き法案(国民投票法案) from ミクロネシアの小さな島・ヤップより
改憲(壊憲)手続き法案(国民投票法案)は、やっぱりおかしい!(声を大きく!) ここが、おかしい: 1)法案そのものがネット上で見つからない。衆議院のサイ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年03月27日 08:42

» 成立見通し強まる「国民投票法案」 from 競艇場から見た風景
憲法改正手続きを定める「国民投票法案」(改憲法案)は与党(利権家+いかがわしい宗教団体)が4月中旬に衆院を通過させることが確実な情勢となった。早期採決に抵抗して... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年03月28日 02:44