【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« TVタックル「春の3時間スペシャル!」を監視しよう! | メイン | 政治家「極右」と呼ぶ基準は何か »


2007年03月31日

清美とムネオ

辻元清美氏と鈴木宗男氏


因縁の2人、あわや鉢合わせ 新党大地・鈴木代表、社民・辻元衆院議員 荒井氏応援で

 【函館】新党大地の鈴木宗男代表と社民党の辻元清美衆院議員がともに、函館市で二十六日夜に開かれた道知事候補の荒井聡氏(60)の街頭集会で応援演説を行った。二人は鈴木代表の疑惑をめぐって激しく対峙(たいじ)した「因縁の仲」。民主党側の配慮で約二十分差で鉢合わせは避けられたものの、「まさに呉越同舟」と聴衆が注目した。
 辻元氏は二○○二年三月、証人喚問された鈴木代表を「疑惑の総合商社だ」と厳しく追及した経緯がある。両氏が同じ集会に参加したのは、荒井氏が社民党、新党大地の双方の推薦を受けているため。
 鈴木代表は報道陣から辻元氏が演説することを聞き、「彼女は私をうそつき呼ばわりし、その後に逮捕された。よく北海道の土を踏めたと思う」と興奮気味。その上で「同じく荒井さんを支持しているのだから、一緒に応援するのは問題ない」と話した。
 一方、辻元氏は「びっくりしている。あくまで偶然」と説明。荒井氏は演説で「私も二人が並ぶのを見てみたかった」と話し、会場の笑いを誘った。
2007/03/27 07:31

 (「北海道新聞」より引用 )


辻元清美さんと鈴木宗男さんの「宗清《むねきよ》同盟」を提案します。

辻元清美・鈴木宗男同盟」これはインパクトがありますよ。永田町・霞ヶ関に激震をもたらすだけでなく、日本中の方々が「なんだなんだ!」と目を剥くでしょうね。

辻元清美さんと鈴木宗男さんは「犬猿の仲」「天敵」といわれています。2002年03月、国会証人喚問で辻元議員が鈴木議員を「疑惑の総合商社」と呼んで以来、両者のあいだに「わだかまり」が残っているのは明らかです。日頃、鈴木宗男さんの発言をチェックしている私(喜八)も「ムネオ氏にはまだ恨みが残っているなあ」と感じることもたびたびです。

そんな2人の「同盟」とは、唐突なようではあります・・・。

けれども、現在の辻元清美さんと鈴木宗男さんは政策もそれほど変わりません。「小泉」以来の「強者に優しく、弱者に厳しい政治」に「NO」をつきつけ、アメリカ式の「ジャングル(弱肉強食)資本主義」へと向かう流れに断固抵抗する。この点では「そっくり」と言っていいくらいです。

また、鈴木宗男さんが代表を務める「新党大地」が2005年の衆院選いわゆる「郵政民営化選挙」にうってでたときの比例名簿第2位はアイヌ民族出身の民族問題研究者・多原香里(たはらかおり)さん、第3位が母子家庭に育ち不登校体験を持つ大学院生田中いづみさんでした。

もしも辻元清美さんが北海道で「地域政党」を立ち上げるとしたら、おなじような仲間を集うのではないでしょうか?

そのほかにも清美氏とムネオ氏には共通点が多いのです。
以下に列挙してみましょう。

  • 親が他人の「借金保証人」になって苦労した経験がある。
  • 徒手空拳の境遇から、自力で道を切り開いてきた。
  • 誰もが「絶対に不可能」と思うようなことを成し遂げるパワーがある。
  • 日本中からの総バッシングにあったが、くじけなかった。
  • 取り調べ・裁判では責任を「下」の人間に押し付けず自分ですべてをかぶった。
  • 逮捕・有罪判決後も変わらず支持する人が多い。
  • 「ゾンビのように」と形容されるくらいシブトク復活してきた。
  • 全国的な知名度・人気があり、各界の友人知人に恵まれている。
  • 「小泉」を共通の敵としている。

なんだか「とっても似たもの同士」のような気がするのですが・・・。

「宗清《むねきよ》同盟」締結の前に、まず関係修復をしなければなりませんね。その点についても提案があります。

辻元清美さんは国会の証人喚問で鈴木宗男さんに質問した際「鈴木証人のお母さんも、私と同じ、きよみというお名前だと承っておりますが、お母さんに答えるように、正直に、包み隠さずお答えください」と発言しました。はっきり言って心無い発言です。「これはダメでしょう!」と辻元議員を支持する私でさえ、そう思います。

鈴木宗男さんの母・きよみさんが45歳のとき、夫(宗男氏の父親)が54歳で他界。その後、長男(宗男氏の兄)も早世されています。次男の宗男氏だけが孤軍奮闘して自民党代議士となり、40代で大臣になり、首相の座さえうかがえるポジションについた。さぞかし「自慢の息子」だったでしょう。それが突如として巻き起こった「ムネオ・バッシング」で「悪の象徴」とされてしまった。

鈴木宗男氏が証人喚問されたとき、もっとも辛い思いをしたのはお母さんであったことは間違いありません。テレビ中継も見ていたことでしょう。藁にもすがる思いで・・・。そこに「鈴木証人のお母さんも、私と同じ、きよみというお名前だと承っておりますが、お母さんに答えるように、正直に、包み隠さずお答えください」発言は、やっぱりダメです。人間としてどうかな? と思わざるを得ません。

ただし、ここで私は辻元清美さんを弾劾しようというわけではありません。辻元さんにしても「舞い上がっていて」ついつい余計なことを口にしてしまったのだろうと考えています。たしかに心無い発言ではありますが、人間だから「うっかり」の失敗はよくあることです。

間違いがあったなら「謝罪」すればよいのです。政治家同士としてではなくて、人間同士として謝罪する。あの場面でお母さんのことを持ち出したのは明白な誤りであったと認め、鈴木宗男氏に謝る。素直に「ごめんなさい」と。鈴木さんの側も、それ以外のこと(「疑惑の総合商社」発言など)は不問にする。

どうでしょうか?

「辻元清美・鈴木宗男同盟」は、日本を今よりよい国にするために、非常に大きな働きをする同盟になる。こう私は確信しています。思えば、明治維新の原動力となった「薩長同盟」も、当時の人々にとっては「腰を抜かす」ほどの衝撃があったでしょう。と、同時に「俺たちは本気だ。本気で倒幕を考えている」という強烈なメッセージとなったに違いないのです。

辻元清美さん、鈴木宗男さんへ。

我々の祖国日本を根底から荒廃させかねない「強者に優しく、弱者に厳しい政治」に対抗するために「宗清《むねきよ》同盟」締結を考慮してください! 「敵」は強大、「味方」は寡少のいま、強力な戦士である清美・ムネオがいがみあっているのは、あまりに痛い損失でしかありません。ぜひとも関係修復をお願いします!


関連ページ


投稿者 kihachin : 2007年03月31日 09:28

« TVタックル「春の3時間スペシャル!」を監視しよう! | メイン | 政治家「極右」と呼ぶ基準は何か »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/1243

このリストは、次のエントリーを参照しています: 清美とムネオ:

» 追憶、責任、未来基金 from とむ丸の夢
 こぶしの花がそろそろ終わり、気の早い人たちが夜桜の下で宴会をしていた昨日、友人といっしょにガードレールとして設置されていたステンレス・チェーンがきれいに盗まれ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年03月31日 14:31

» 審議不十分!原案通り!:いらない教育再生会議! from kimera25
道徳を教科に格上げするという「教育再生会議」に関する記事を読んでいて疑問をもった。東京新聞から部分引用※ 本日4/2からの機構改編のため手当のない休日出勤。夜は... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年03月31日 14:39

» 呉越同舟 その舟の名は「共闘丸」 from らんきーブログ
衆院事務局は「ごく普通の部屋」と言っている赤坂の議員宿舎。「豪華で格安」の宿舎は3LDKで相場は50万を越えるところを議員特権で家賃は約9万ちょっと。 安倍晋... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年03月31日 15:01

» 「敗戦責任」と天皇 [その2] from 晴耕雨読
『「敗戦責任」と天皇  [その1]』の続きです。 「● 近代天皇制と前近代の天皇制」の予定でしたが、[その1]でいただいたレスを踏まえ、[その1]の補足的な説... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年03月31日 18:12

» お粗末な話 from ぶらりせいちゃんの社会ななめ読み日記
ぶらりせいちゃん歩いてみると・・・その昔「おそ松くん}という漫画があったが・・・いやはや昨今の政治家は国も地方もお粗末だらけ。埼玉県の上田清司知事が昨日の県庁入... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年04月03日 18:59

» 『境界』&政治経済学の復権・ゾク 改訂版 from いわいわブレーク
ちょっとながめの副題。 「辻元清美」を軸に日本を世界を見れば、よ~く分かります、 『小泉劇場』の『シナリオ』 しっかも現在も進行中? ある意味『あ!大阪?』続々... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年10月27日 11:31