【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 自民党の「都知事候補」って誰よ? | メイン | 朝日新聞解説委員に物申す »


2007年03月04日

ムネオ氏と慎太郎氏

鈴木宗男さん
2007年3月3日(土)  鈴 木 宗 男
 「石原慎太郎都知事は2日の定例会見で、都知事選出馬をめぐり前宮城県知事の浅野史郎氏について感想を問われ、『(宮城県知事時代は)3期12年でだいぶ(県の)借金増えているね。その間の財政がどうなったか』などと語った」(産経新聞3面)。石原知事の発言を聞いて思うのだが、石原知事は宮城県議会の実態を良くわかっていないのではないか。圧倒的自民党の宮城県議会である。予算は県議会議員の協力なくして作れない。宮城県議会の会派構成を良く知っていれば、この様な発言にはならない。もし知っていて言ったとなれば、人間的に狭い人だと思う。「一方で堂々と政策論争をしたいと言いながら、重箱の隅をつつく様な話をするのはいやらしい」と言った声が寄せられる。ここは石原vs浅野で、自分の考え、信念をしっかり訴えて戴きたい。


衆議院議員・鈴木宗男さんの「ムネオ日記」より一部引用させていただきました。国政ばかりでなく地方行政をも知り尽くしたムネオ氏ならではの怜悧な意見です。「一方で堂々と政策論争をしたいと言いながら、重箱の隅をつつく様な話をするのはいやらしい」。まったくもって同感です!

ところで佐高信さんの新著『石原慎太郎の老残』毎日新聞社(2007)を読んでいたら、石原慎太郎・鈴木宗男両氏に関する記述がでてきました。故・中川一郎衆議院議員の秘書であった頃のムネオ氏が石原慎太郎氏を呼び捨てにして頭を下げさせたという、にわかには信じられないようなエピソードもあります。当該部分を原著の『田中角栄になりそこねた男大下英治、講談社(2002)から引用します(41頁)。

 政界情報新聞を発行している国会タイムズ会長の五味武《ごみたけし》は、昭和五十七(一九八二)年七月、中川派の幹部である石原慎太郎について、国会タイムズで攻撃した。
 その記事が出た直後、中川一郎から、五味に電話がかかってきた。
「秘書の鈴木宗男が、これから石原慎太郎を連れてそちらに行くから、会ってやってくれ」
 石原は、当時赤坂二丁目にあった国会タイムズの事務所に顔を出した。五味は、鈴木宗男と会うのは、このときが初めてであった。
 石原と鈴木の二人がソファーに座るなり、鈴木が、石原に命令口調でいい放った。
「慎太郎! 五味社長に、頭を下げろ!」
 石原は、鈴木にいわれるままに、五味に頭を下げた。五味は、さすがに面食らった。石原が頭を下げたことよりも、一介の秘書にすぎない鈴木が、天下に名高い作家でもある石原慎太郎を「慎太郎」呼ばわりしたことに対してである。

このとき石原慎太郎氏は49歳。1968年からの国会議員歴は足掛け15年目。一方、鈴木宗男氏は34歳。翌1983年には初当選を果たすものの、当時はまだ「一介の秘書」。石原慎太郎議員は「中川派」の「幹部」であったことを考慮すると「ありえそうもない」話ではありますね。機会があったら、関係者の皆様にはぜひ「真実」をお聞かせいただきたいところです(笑)。

ちなみに1983年中川一郎氏が死去した後、「中川派」は「石原派」となり石原慎太郎氏は派閥の領袖となりました。が、どうやら石原氏はリーダーの資質を欠いていたようです。「石原派」はまもなく自然解消してしまいました。また、中川一郎が遺した政治資金をめぐって、石原慎太郎・鈴木宗男両氏のあいだで裁判が行なわれました。これについては詳しいことを知らないので、ここでは割愛します。

前述、佐高信著『石原慎太郎の老残』でも紹介されていますが、石原慎太郎氏は鈴木宗男氏のことがお気に召さないようではあります。石原氏の著書『息子たちと私』幻冬社(2005)には「少林寺拳法の四段」をもつ長男・石原伸晃氏に「Sという議員」を議会の中で殴ってしまえとアドバイスしたという記述があります(230-232頁)。この「」とは鈴木宗男議員。そう明確に分かる書き方をしています。

ところで、私(喜八)はここで「なにがあっても暴力はいけない!」というようなマジメ発言をするつもりはありません(笑)。正直なところ、石原慎太郎氏の「親心」にも一理あると思います。「いかにもインテリ」風な容貌をもつ石原伸晃氏が「実は少林寺拳法四段の猛者《もさ》であり、必要とあらば実力行使も辞さない男だった!」ということになれば、政界という「お猿の山」では確実にプラス作用として働くはずですから。

父親のそそのかしに対して、伸晃氏は「いえいえ、決していたしません。私はかねがね父上を反面教師にしておりますから」と答えて「実力行使」をあくまで拒否します。良識があります。感心しました。と、同時にここが石原伸晃氏の「弱さ」でもある(保守政治家としては)と思いました。これをやっておけば「石原伸晃総理」実現の可能性はグンと高まったのではないでしょうか。

なんて、どっちの味方か分からないようなことを書いていますが・・・。私はあくまで鈴木宗男氏の味方です! 政治家としての石原慎太郎氏はまったく支持しませんし、石原伸晃氏のことは「あまり」支持しません(少しだけ支持する、とは言えるかも?)。なお、この「そそのかし」事件、かつての「慎太郎! 頭を下げろ!」が遠因となっているのかどうか? よくは分かりませんが、石原慎太郎氏は「根に持つタイプ」であるようには見えますね・・・。

とはいえ、『息子たちと私』はそれなりに「面白い」本ではありました。石原慎太郎氏にはどことなく「品のいい」部分があると思います。たしかに傲慢きわまる人なのでしょうけれど、意外なことに自分自身を笑い飛ばすことも平気でするのです。上記の「伸晃氏そそのかし事件」を記述する際も、かつて息子と喧嘩して少林寺拳法の技を決められたことをあわせて書いています。

以上とりとめもなく書いてきましたが、いちおう結論らしきものを・・・。

鈴木宗男氏。今後も政治家としてバリバリ活躍して欲しい。アメリカ式「弱肉強食・超放任・市場原理主義・カルト経済思想」によって疲弊しきった日本を救うことができるのは、「不可能を可能にする男」ムネオだ!

石原慎太郎氏。今後はタレント・プロデューサー・作家として活躍して欲しい。タレントとしての石原慎太郎氏は、ビートたけし氏やみのもんた氏をも凌《しの》ぐ「天才」ではないでしょうか(けっして皮肉ではありません)。ただし、政治家としてはムネオ氏より遥かに劣ります(小泉チルドレン並み?)。そんな石原氏には一刻も早く政治の世界から抜け出して、本来の才能を活かしていただきたいものです。


関連ページ


投稿者 kihachin : 2007年03月04日 16:36

« 自民党の「都知事候補」って誰よ? | メイン | 朝日新聞解説委員に物申す »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/1136

このリストは、次のエントリーを参照しています: ムネオ氏と慎太郎氏:

» 貿易収支赤字の日本 from 晴耕雨読
>『デフレはすでに世界的な傾向になりつつある』とすれば、自国産業保護のために、ユーロ圏内やドル圏内はそれぞれブロック化しようとする動きが加速しないでしょうか?ま... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年03月04日 19:38

» 【従軍慰安婦問題】元皇軍兵士は語る from Blogger難民キャンプ
安倍晋三首相は1日夜、従軍慰安婦問題を謝罪した1993年の河野洋平官房長官談話について「当初定義されていた強制性を裏付ける証拠がなかったのは事実だ」と述べ、旧日... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年03月04日 20:06

» 河野談話否定は自分の顔にツバ吐く行為 from 薫のハムニダ日記
コメント欄が盛り上がっているときにこんなネタをすると、もっと盛り上がるかしらん。それにしても、日本人って一般的に「きれい好きな国民性」とかって言われている(うぬ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年03月04日 22:37

» 今宵の一曲「岬めぐり」 from うみおくれクラブ
山本コータロー「岬めぐり」 替え歌「ブログめぐり」  賢そうな人々たちの  ブログを廻る ひとりで私は  砕ける脳の あの激しさで  あなたをもっと わかりた... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年03月05日 00:25

» 一人一人が応援団長!・・・浅野史郎氏応援プロジェクト from わんばらんす
■サンデープロジェクト / 浅野氏生出演 浅野史郎氏・・・ 「スタートラインが見えている」「一日も早く正式表明したい」と述べた。 ひぃ〜♪ 嬉しい... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年03月05日 00:48

» 平成19年度「日本国人権侵害問題啓発週間」 from 多文化・多民族・多国籍社会で「人として」
2007.3.4.20:00ころ 本日3月4日から3月10日までの1週間、 平成 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年03月05日 01:24

» 「当面の戦略」も万年続ければ万年野党ならぬ万年自民政権が続く from どこへ行く、日本。(安倍とマスゴミの動向に要注意!)
もうちょっと情報を収集してからでも遅くはありませんよ。/「当面の戦略」をいつ打破するのかという問題 http://www.asyura2.com/07/dis... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年03月05日 05:14

» 安倍晋三・石原慎太郎関係の落穂拾い from きまぐれな日々
このところ手抜きの記事が多いが、今日も日曜日だし、落穂拾いの記事でお茶を濁すことにする。 まず、都知事選に絡んだ黒川紀章氏の出馬に関する件。 一番最... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年03月06日 02:20

» <河野洋平は腹を切って死ぬべきである> from 右派社民党公式ブログ
<河野洋平は腹を切って死ぬべきである>占領地(日本)の女性を慰安婦にした米国。自国の女性を慰安婦にした日本(H19.3.28)3-1 http://www.yo... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年03月31日 12:50