【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 中松氏 テレ朝の放送法違反を指摘 | メイン | 沖縄から熱風を »


2007年04月04日

3日戦争

選挙に行こう!

沖縄には「3日戦争」という言葉があります。
選挙戦では「最後の3日間の踏ん張り」が勝敗の分かれ目になる、という意味だそうです。

おそらく、これは沖縄だけでなく、日本の多くの地方選挙(あるいは国政選挙)に当てはまることなのでしょうね。

 人気blogランキング ←ランキング投票をお願いします

支持する政党をもたない、いわゆる「無党派層」が増大している現在。
その無党派層は最後の最後になって、投票行動を決定する傾向があります。

これを候補者の側から見れば、「最後の3日間の踏ん張り」によって、いかに多くの「無党派層」の支持を取りつけるかという課題となって立ち上がってきます。

つまり、選挙戦における「最後の3日間の踏ん張り」は、いよいよ重みを増しているのです。

無党派層が「動く」ことによって、「絶対に勝てそうもない」候補が「奇跡の勝利」を得る。
こんなケースも近年たびたび生じています。
たとえば、知事選に限っても・・・。

  • 1993年宮城県知事選における浅野史郎の勝利(以下、敬称略)。
  • 2001年千葉県知事選における堂本暁子の勝利。
  • 2006年滋賀県知事選における嘉田由紀子の勝利。
  • 2007年宮崎県知事選における東国原英夫の勝利。

彼ら彼女らが「従来の常識では考えられないような」当選を果たしたのは、多くの無党派層の支持を得ることができたからです。
そして、それらの選挙戦における最大の「推進力」となったのが「勝手連」でした。

ある意味では「無党派」「勝手連」こそが未来の日本の命運を握る層だということもできそうです。
ただし、これは「無党派」「勝手連」だけが重要で、各政党の支持層は重要ではないという話ではないですよ。
「どちらも必要不可欠の存在」だと私(喜八)は思います。

今回の統一地方選、多くの候補者が明日(04-05)から「3日戦争=3日間の踏ん張り」に入ります。
厳しい選挙戦を戦ってきて、最後の最後に駆け上がる「胸突き八丁」は、さぞかしキツイことでしょう。

各候補の健闘を祈ります!

そして私たち有権者もじっくりと考えた上で一票を投じましょう。
子供たちや孫の世代のために、未来の日本人のために。
よりよい日本を私たち自身の手で築くために。


人気blogランキング ←ランキング投票をお願いします

皆様のご支援に感謝します!


関連ページ

庶民も立ち上がるぞ!勝手連

投稿者 kihachin : 2007年04月04日 12:06

« 中松氏 テレ朝の放送法違反を指摘 | メイン | 沖縄から熱風を »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/1263

このリストは、次のエントリーを参照しています: 3日戦争:

» 原子力発電所 本当に安全なのか?(2) from 関係性
  副題:知ることからはじめよう   (beyond the nuclear age)  朝日新聞の声の欄に「原発に頼らぬ社会を作ろう」(小森千治さん4月2日付... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年04月04日 14:37

» あまりにも情けないブッシュへの電話・・・ハンパな安倍には首相としての資質はない! from 日本がアブナイ!
[続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年04月04日 15:44

» 浅野選挙事務所からの返事がきたよ from うみおくれクラブ
浅野史郎氏「みんなのちから」にメールで送ったゆみちゃんの質問、再掲。 『吉田万三氏を押す日本共産党の「日本共産党全都患者・障害者後援会」の部内資料が郵送されてき... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年04月04日 15:55

» 敵情報告 from うみおくれクラブ
 4・2(月)新宿駅西口での吉田陣営の演説の記事が、3日赤旗に出ています。  ドン、ドン、ドンと、志位、吉田、井上ひさしの写真が並んでいます。  志位氏の演説記... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年04月04日 15:55