【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 沖縄から熱風を | メイン | 「障害者自立支援法」に関する浅野史郎氏の見解 »


2007年04月05日

慎太郎知事 「うるさい、黙ってろ!」

選挙に行こう!

★引用開始★

慎太郎知事 ヤジにブチッ「うるさい、黙ってろ!」…8日都知事選

 石原慎太郎都知事(74)が4日、ついに爆発した。再開発計画を巡って物議を醸している下北沢の駅前で街頭に立ったが、開発反対派からの猛烈なヤジにヒートアップ。当初は柄にもなく?謙虚な姿勢を見せていたが、我慢も限界だったようだ。

 下北沢の駅前で「安心と安全」をテーマに「ここも救急車や消防車が入れるような開発をしないといけません」と再開発の必要を訴えていた石原氏。最初はヤジにも「黙って聞きなさいよ」といなしていたが、聴衆から「住民感情を排除している」などの声を浴びてついにキレた。

 「うるさい、黙ってろ!」と一喝。「(再開発について)いろんな意見を出してもらいたい。それを区長に取り次いでですね、当たり前の手順を踏んで、民主的にやるんだよ! 物事は多数決なんだから!」と怒りまくった。

 陣営ヒヤヒヤ 今回の選挙では、選対本部長の佐々淳行元内閣安全保障室長が「失言ブレーキ係」を自任。告示日の3月22日には「皆さんのお力を貸してください」と殊勝に訴えたり、同30日の会見では「説明不足だった」「謙虚にならざるを得ない」などと“らしからぬ”休火山ぶりをアピールしていた。

 しかし選挙戦が進むにつれ徐々に本領を発揮。同31日には、銀座の街頭で、ヤジを飛ばす男性を「静かにしなさい」と一喝している。ここにきて陣営では過去にあった数々の失言が街頭でも飛び出すのではないかとヒヤヒヤしているという。

 この日は演説が進むうちに雨が本降りに。石原氏が噴火すると、頭上では雷鳴がとどろいた。下北沢をめぐっては、対立候補の浅野史郎氏(59)が、告示前の3月10日に、再開発反対派の住民の案内で視察。それもあってか、400人以上の聴衆を前に、SPもピリピリムードだった。

 演説後は、開発反対派と石原氏に同調する人たちが入り交じって一触即発に。土砂降りの中で「石原帰れ!」コールがこだましていた。

(2007年4月5日06時04分 スポーツ報知)

★引用終了★


 喜八のボヤキ「とうとう《地》がでましたね(笑)。石原先生、あなたにはブチ切れスタイルのほうがお似合いですよ。猫なで声は似合いませ~ん。次は築地でブチ切れてください!」

人気blogランキング ←ランキング投票をお願いします

応援ありがとうございます!


投稿者 kihachin : 2007年04月05日 08:49

« 沖縄から熱風を | メイン | 「障害者自立支援法」に関する浅野史郎氏の見解 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/1266

このリストは、次のエントリーを参照しています: 慎太郎知事 「うるさい、黙ってろ!」:

» 西武裏金問題+アベシ、やっぱりお風呂の釜の中(湯だけ=言うだけ)ダニャ〜♪ from 晴天とら日和
●:日テレ (04/04 20:03) 西武裏金 新たにアマ5選手に6160万円  裏金問題で独自の調査委員会を設置しているプロ野球・西武ライオンズは... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年04月05日 20:26