【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 昭和30年代ブームに騙されるな! | メイン | 世論調査=世論誘導? »


2007年04月26日

日本人、3年連続最下位!

『猿の惑星』

 人気blogランキング ←ランキング投票をお願いします!

 (「時事通信」より転載、2007-04-17)

日本人のセックス回数、3年連続最下位=最多はギリシャ人-英会社調査
 日本人の1年間のセックス回数は平均48回と3年連続最下位で、満足度も低い-。英国のコンドームメーカー、エスエスエルインターナショナルが17日発表した調査で、性に消極的な日本人の姿が明らかになった。
 記者会見に出席した女優の杉本彩さんは、「魂のこもったセックスをしないで死ぬのは残念なこと」「カップルが罪悪感を持たず、快楽を求める努力をすることが必要」と語った。
 調査は世界26カ国、約2万6000人を対象に実施し、日本からは1090人が参加した。
 1年間のセックス回数は平均103回で、トップはギリシャの164回。「毎週セックスする」と答えた人の割合もギリシャの87%が最高で、日本は最も低い34%だった。

「う~む」と唸《うな》ってしまう調査結果です。大袈裟な言い方をするなら、これこそ「国恥」ではありませぬか?!(笑)

ただし、調査を行なったのが「英会社」である点には留意しておいたほうがいいかもしれませんね。私(喜八)の経験から言うと、イギリス人はおおむね「日本人が嫌い」ですから。

※逆に日本人には「英国贔屓《ひいき》」の傾向があるようですが、あれって「片思い」ではないかと思います

映画『猿の惑星(原題:Planet of The Apes)』はご存知でしょうか? 1960年代から70年代にかけて6本製作されたSF映画シリーズです。未来の地球が、知能をもったチンパンジー、オラウータン、ゴリラなどの「猿」によって支配され人間は「家畜」になりさがっているという奇抜な設定で、世界的な大ヒットとなりました(TVシリーズも製作されました)。

この『猿の惑星』の原作者は英国人ピエール・ブール。第2次世界大戦中は、特務機関員として中国・ビルマ・仏領インドシナの対独・対日ゲリラ戦を支援した人物です。

そして『猿の惑星』はブールが日本軍の捕虜となった経験を基にして書かれました。つまり小説・映画の中の「猿」は日本人の比喩なのです! で、「人間」は白人。本来は支配者であるべき白人種が「劣等な」黄色人種によって支配される、という寓話だったのですね。『猿の惑星』は。

小中学生のころ、私(喜八)は『猿の惑星』シリーズの熱狂的ファンだったのですが、後に「猿=日本人」説を知ってガックリきました・・・。

※ピエール・ブールは名画として知られる『戦場にかける橋(原題:The Bridge on The River Kwai)』の原作者でもあります

話が大幅に横道に逸れました。本筋(?)の「セックス回数」に戻ります。

日本人の1年間の「回数」は調査対象となった「世界26カ国」中最下位。それも3年連続! まったくもって意気消沈する結果です。これには上でも書いたように英国人の「日本人嫌い」からくる悪意もまじっているのかもしれませんが・・・。「最下位、たしかにそうかもしれない」と納得してしまうところもあるのです。

これまで色々な国の人たち、主に男性と話していて「一般に日本人男性はヨワイ」と感じることが多かったからです。「ヨワイ」と言ってしまうと語弊があるやもしれませんね。「淡白」と言い換えましょう。白人と比べれば明らかに「淡白」だし、おなじ東洋人の中でも中国や朝鮮の人より「淡白」ではないでしょうか。

そういえば、アジア某国の男性から「日本人男性はヨワイね」とあからさまに侮蔑されたこともあります(これがきっかけで2国間紛争に発展するといけないので国名は非公開とします)。さらに彼は「ヨワイ」上に「ソーロー」だとも付け加えるのです。その男性とは親しい友人関係にありましたが、さすがに腹に据えかねたので「その根拠はなんだ?!」と詰問しました。

すると彼(アジア某国男性)によると・・・。日本人男性が「パック・ツアー」で外国旅行に行き、現地で「旅の恥は掻き捨て」とばかりに「集団買春」を行なう。それら買春客の多くが「ヨワイ」上に「ソーロー」。したがって一般的日本人男性は「ヨワ」くて「ソーロー」というのが世界の常識、だなんて言うのです。

正直に言って私(喜八)は集団でも個人でも「買春」したことはありませんし、弱くも早くもありません(笑)。だからアジア某国男性に対しては「君の言うことは間違っておる。単なる偏見であり、一般の日本人男性には当てはまらないぞ!」と、少々大袈裟に反論しておきましたが・・・。「旅の恥は掻き捨て」諸兄の振る舞いによって「国益」が大いに損なわれているのを感じざるを得ませんでしたね。

ところで、冒頭に引用した「調査結果」では回数のみが問題にされていますが・・・。回数だけでなくて、1回1回にかける「時間」においても、日本人の平均値は他国を大きく下回るのではないかという懸念が私にはあります。

よその国の男性は「強い」ことが多いみたいですよ。見栄や法螺《ほら》も混じっているのかもしれませんが、1回に1時間以上かけるなんてのは「普通」なようです。そしてギリシャ人の場合だと、それが年間「164回」。 「回数×時間」で比較したら、ますます大きな差が生じ、「日本は圧倒的最下位!」となる可能性も高いというわけです。これはやっぱり「国恥」ではないでしょうか?!

3年連続最下位」「満足度も低い」。はたして、これは如何《いか》なる訳なのか? 虚心坦懐に結果を受け止めて、「満足度」を高めてゆく必要がありますね。こういう部分で「ヨワイ」じゃなかった「淡白」であるというのは、人間としての本質的な部分で「不幸」だと思うのです。麗《うるわ》しの杉本彩さまの「魂のこもったセックスをしないで死ぬのは残念なこと」というご意見に、私(喜八)も諸手を上げて賛成しますです。


人気blogランキング ←ランキング投票をお願いします!

応援ありがとうございます


関連ページ

杉本彩の Beauty ブログ

投稿者 kihachin : 2007年04月26日 12:38

« 昭和30年代ブームに騙されるな! | メイン | 世論調査=世論誘導? »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/1342

このリストは、次のエントリーを参照しています: 日本人、3年連続最下位!:

» 敗北の翼 トロント映画祭 from とむ丸の夢
朝のニュースから引用。 カナダのトロントでは、毎年、ドキュメンタリー作品の映画祭が開かれ、ことしは1700点余りの応募作品から選ばれた129点が11日間にわたっ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年04月26日 17:17

» 「親学」だって。 from 酔語酔吟 夢がたり
可笑しな内閣。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年04月26日 20:46

» 近況報告 いいわけ お願い ブログの力 from とくらBlog
 おはようございます。  統一地方選の後半戦が始まってから更新できずにいましたが、長い間、書かないでいると、何から書いていいのかわからなくなります。TBいただ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年04月27日 10:53

» 民主党候補についての誹謗中傷 組織的か  from とむ丸の夢
都知事選と参院沖縄補選で、それぞれ8日と22日の投票日数日前から民主党や同党が支援した書き込みがインターネットの掲示板に、計延べ10万件が集中的に貼り付けられ、... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年04月27日 11:49

» 偉くならず、のんびりと from 非国民通信
日本の高校生「偉くならず、のんびりと」 日米中韓調査(朝日新聞)  「偉くなりたい」と思っている割合は他国の3分の1程度の8%。むしろ「のんびりと暮らしていき... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年04月27日 23:21

» 日本人のセックス回数、3年連続最下位 from 思い付くまま雑感文
少し前の記事ですが、比較することにどのような意味があるのでしょうね。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年04月29日 16:23

» 街宣車と「昭和の日」 from オギノフの肖像
いわゆる国旗国歌法成立前まではNHKの「君が代斉唱」も相当気持ち悪い蛮行だったが、今日の「祝日」もそれに勝るとも劣らないインパクトだ。 本日4月29日は今年... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年04月29日 23:02