【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 安倍政権の「体制変革」に反対します | メイン | 日本人、3年連続最下位! »


2007年04月25日

昭和30年代ブームに騙されるな!

『写説昭和30年代 ニッポンが最も輝いていた』

謎の憂国者「」さんのメッセージです。

 人気blogランキング ←ランキング投票をお願いします


★引用開始★

昭和30年代ブームに騙されるな!

結論から言います。

「『昭和30年代ブーム』は新自由主義政策から生じる『経済格差』を正当化するために作為的に演出されたブームである!」

昭和30年代が本当に素晴らしかったか。
私「r」は親類知人友人縁者に片っ端から伺《うかが》いました。
その結果判った事は…

「正直言って生活するので一杯一杯であった」

という事です。
でも、結果として親類知人友人縁者は昭和30年代を生き延びてきました。
皆、「立派な家を建て」「息子娘に十分な教育を受けさせ結婚させ」「立派に定年退職をし」、それほど裕福ではないが充実した老後を送っています。

何故、私の親類知人友人縁者たちは昭和30年代を乗り切れたか。
それは…

「古き良き日本の共同体が生きていた」

からに他なりません。
要するに…

近所の商店では「ツケ(売り掛け)」がききました。
現金が手元になくとも「月末」或いは「年末」に纏《まと》めて支払う事ができた。
それも「無利子」「無利息」どころか「端数切捨」で、です。

「米など食料品」「プロパンガス」その他の生活に必要な物資を「ツケ」で何とかできる。
これは「共同体」の信用なくしては成り立たない日本独自のシステムではないでしょうか?

そして「近所の助け合い」です。
子供の洋服や学校の制服、学生カバン、ランドセル、参考書など各種書籍、自転車、三輪車、オモチャなどなどは近所や親類などの「お下がり」で賄《まかな》う事ができた。
これは非常に助かった筈です。
そして「米」「調味料」の貸し借り…
ある時払いの催促なしで、踏み倒しオッケー。
そして「お裾分け」…
特に「子供の多い家庭」では大変に有難いシステムだった筈です。

そして「町医者の先生」の思いやり…
「国民健康保険」や「社会保険」などのシステムを「上手く活用」し、子供の多い貧しい家庭やその他「経済的に困っているが諸事情で生活保護を受けられない家庭」の医療費を事実上、「無料」にした。
場合によっては「米」とか「野菜」とかの「物々交換」みたいなもので治療してくれた。
或いは「ある時払いの催促なし」「踏み倒しオッケー」…
現代ならば「詐欺」「詐欺幇助」などで町医者の先生は刑事罰の対象になったかも知れません。
でも、それで助かった人はいたでしょう。
正に「昭和30年代の赤ひげ先生」です。
そういった「医は仁術」的な先生が結構いたそうです。

※ネオリベ尖兵たる「ネット工作員」なら「だから医療費が赤字になったんだ!」と言いそうですね。笑

他にも沢山、そういった「古き良き日本独自の相互扶助システム」があったそうです。

翻《ひるがえ》って現代日本はどうか。
ロッキード事件田中角栄氏が失脚して以降、古き良き日本の相互扶助システムが徐々に破壊されて、中曽根康弘内閣以降「日本の新自由主義化」が徐々に加速し、「年次改革要望書」に準拠した改革と称する「売国政策」が加速し始め「小泉純一郎政権誕生」によって「ほぼ完全に」トドメがさされてしまい、「日本の共同体」が完全に崩壊してしまいました。

日本の古き良き共同体…
「インテリ」も「ヤクザ屋さん」も「怪しい人」も「一般庶民」も、それなりに仲良く共存できた「共同体」はもう、一部の「田舎」を除いて存在しないのです。

そんな状況で「昭和30年代」を美化してどうするのか。

新聞テレビと政府の「世論誘導」はまだまだ続きます。
「確率統計」「心理学」を応用した「世論誘導」は続きます。
ナチスドイツ「ヨーゼフ・ゲッベルス宣伝大臣」の理論を発展昇華させた「世論誘導」は続きます。

皆さん、「昭和30年代ブーム」に騙されてはいけません!

★引用終了★


人気blogランキング ←ランキング投票をお願いします

皆様のご支援に深謝します!


関連ページ



投稿者 kihachin : 2007年04月25日 17:08

« 安倍政権の「体制変革」に反対します | メイン | 日本人、3年連続最下位! »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/1339

このリストは、次のエントリーを参照しています: 昭和30年代ブームに騙されるな!:

» アベ氏と法的措置 from とむ丸の夢
報道によると、昨日24日の夜、アベ総理が週刊朝日の記事にカンカンだとか。「私や私の秘書が犯人や暴力団と関係があるのであれば、直ちに首相も衆院議員も辞める考えだ」... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年04月25日 17:07

» 鈍感の勧めは徒労だった。 from 酔語酔吟 夢がたり
 慈雨が欲しい。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年04月25日 20:34

» 長崎市長選・久間参入で故・伊藤一長市長が浮かばれまいぞ! from 晴天とら日和
告発超大スクープ:<辞任した佐田玄一郎前行革大臣より悪質だ!!> 「雀荘」と「元秘書の自宅」が久間章生防衛大臣の「政治団体事務所」だった! 前代... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年04月25日 23:24

» これが私たちの宰相です。 from 権力に迎合したマスコミ人を忘れるな!
先日の日曜日、いつもありがたい雑用を仰せつかる妻が友達と外出していましたので、 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年04月26日 08:05

» 日本の金融資産を収奪する(支配)方法は? from 晴耕雨読
>自国の国民経済を守護すべき中央銀行が、このようなトンデモナイ政策をなぜ、実行したんでしょうか。 >そもそも、「国民経済とは、一般庶民のための国民経済」「中央... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年04月26日 10:04

» 「めぐみさん参院選直前帰国の演出で自民圧勝、謀略の筋書き」警戒せよ、先回り予告バナー貼りまくりで茶番演出を無効化しよう! from 雑談日記(徒然なるままに、。)
今日のお勧めエントリー「安倍が改憲を急ぐわけ」「疲弊する米軍 」【田中宇の国際ニ [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年04月26日 16:40

» なんだ,これは!(笑) from Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 今回はしょっぱなから,腰砕けになった人も多いと思います.たまたま山口に出張で出掛けた知り合いが,山陽新幹線の小郡駅 (あ,今は新山口駅に改竄されたんだな) ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年04月26日 22:14

» ナンミョー票に勝て! from 嗚呼、負け犬の遠吠え日記(新館)
 4月22日に行われた地方選挙後半と参議院議員補欠選挙について。  ちょっと遅くなってしまったが。  さて、地方選挙は前半のとおり「自民退潮」「民主伸長... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年04月27日 00:43