【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 石原関連ニュース | メイン | 中松氏 テレ朝の放送法違反を指摘 »


2007年04月03日

民主と自民

このところ「民主党を応援するのは危険では?」とか「自分で自分の首を絞める結果になるのでは?」という意見が私(喜八)のところにも寄せられるようになりました。

たしかに「一理」ありますね。

正直なところ、政党として「自民」も「民主」も本質的にはそれほどの変わりはないでしょう。
「自民」が格別に悪い政党だとは思わないし、「民主」がとびきり良い政党だとも思いません。
だから「民主党」が政権をとったら「すべてはバラ色」になるなんていう「幻想」はいっさい抱いていません(笑)。

 人気blogランキング ←ランキング投票をお願いします

政党に限らず、あらゆる組織には「完成」ということがない。
こう確信しています。
仮に「理想的」と見えるような組織ができあがったとして、次の瞬間から「組織の腐敗」は始まるし、時間の経過とともに腐敗は猛烈な勢いで広がってゆく・・・。

だからこそ「政権交代」が絶対的に必要なのだと考えます。
「流れる水は濁らない」といいますが、政権交代が生じることなく、特定勢力が権力を握りつづけると・・・。
権力機構のまわりには「ドブ」のように澱《よど》んだ汚水や水垢《みずあか》が溜まりに溜まってゆく。
汚れが酷くなると、終いには社会全体に腐敗が広がり、社会の存続も危なくなる!

これらの「汚水や水垢」を浄化するには、定期的に政権交代がおきるようなシステムを構築する以外に手はないでしょう。
でも日本における「小選挙区制度」は上手く機能してはいないようですね。
少なくとも今までのところは・・・。

日本では1955年(昭和30年)に日本民主党と自由党が合流した、いわゆる「55年体制」以後、政権交代があったのは実質的に1回だけです。
長期間にわたって政権交代のない国というのは、世界的に見たら、結構恥ずかしい存在ではないでしょうか?(汗)

今年(2007)の参院選で「野党」勢力が優勢になれば、政界は流動的になり、「自民」「民主」両党は(少なくとも)部分的解党を余儀なくされる。
そして、もっと分かりやすい基準で再集合することになる。
たとえば憲法に対する姿勢の違いなどにより。

こうして統一地方選と参院選を経て、政界が再編成されることを私は期待しています(甘い期待に過ぎないかもしれませんが・・・)。

少なくとも、小泉純一郎氏のグループ(自民)と前原誠司氏のグループ(民主)などは、それぞれ所属政党を離脱して、合流していただきたいものだとつねづね思っています。
そのほうが「政治が分かりやすく」なりますからね。


人気blogランキング ←ランキング投票をお願いします

皆様のご支援に感謝します!


関連ページ

庶民も立ち上がるぞ!勝手連

投稿者 kihachin : 2007年04月03日 12:08

« 石原関連ニュース | メイン | 中松氏 テレ朝の放送法違反を指摘 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/1258

このリストは、次のエントリーを参照しています: 民主と自民:

» 美しい国づくりの国民運動&「?」のCMにアブナさが漂う?+上田・東国原の問題発言に怒! from 日本がアブナイ!
<また二つの記事をまとめてアップするので長いのですけど、お許しを。m(__)m>  2日のニュースで、一番イヤ??な気分にさせられたのは、この件だった。 ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年04月03日 14:53

» 庶民までが国家財政の破綻に怯えているのはマンガの世界 from 晴耕雨読
【NJさん】 「郵貯・簡保を民営化することは、(郵貯の資金が民間に逃げるのと、全ての国債を郵貯に引き受けさせることができなくなることで)現行の国債引受手を民間... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年04月03日 22:19

» 向きを変えないから選択肢は増えない、民主党は「踏み台」でいい! @季節はずれのサクラ満開、八百長安倍政治のままでいいですか? from ぬぬぬ?
サクラ、サクラ、いま咲き誇る〜 ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年04月04日 00:26

» 奪われる背景 from とむ丸の夢
「我が社のポリシーは、プロの国際的な専門技能と優秀なローカルスタッフの現場の経験をミックスさせた質の高いサービスです」 こんなうたい文句を聞くと、一見ごくありふ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年04月04日 11:30