【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« すべての人間は、マイノリティである | メイン | ブラウンノーズ・ジャパニーズ »


2007年05月19日

【海渡雄一】戦争のできる国づくり、人づくり

海渡雄一さん:丸激トークオンディマンド

ブログ「情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士」さんから海渡雄一弁護士の論文を転載させていただきます。


 人気blogランキング ランキング投票をお願いします


★引用開始★

戦争のできる国づくり、人づくり目指す悪法ラッシュの波
  
                             海渡 雄一(弁護士)

1 終わりのないテロとの闘い

 9.11の同時テロとされる事件の深層には未だに闇に包まれている部分もあるが、この事件をきっかけとしてアメリカ・ブッシュ政権がテロとの闘いという大規模な戦争を始めた。この闘いは現象的にはアフガン戦争、イラク戦争という形態をとっているが、全体としてテロとの戦争という、相手方も戦闘範囲も不明確で、したがって、明確な形で終わらせることが困難な非常に特殊な持続性の戦争である。

 日本は、このアメリカ主導のテロとの闘いに実質的には参戦しているといっていい。しかし自衛隊のこの戦争における役割は、イラクでの復興支援、インド洋での燃料補給など、実戦には参加する一歩手前までに一応限定されている。

 外交政策の上では、小泉・安部政権はブレア政権以上にアメリカ・ブッシュ政権の戦争政策と一体である。アメリカでブッシュ政権が支持を失い、イギリスでもブレアの戦争政策が見直されようとしている、このときに至っても、ここ日本では5月15日イラク特措法の2年延長が衆議院本会議で可決されている。

 このように日本の自衛隊が実際の戦闘行為に参加せず、自衛隊から戦死者がでていない唯一の理由は日本国憲法の存在にある。つまり、日米の共同軍事作戦には、国の交戦権を否定している日本国憲法が最後の足かせとなっている。このくびきを断ち切り、文字通りの共同戦闘を可能にすることこそがアメリカからの押しつけ憲法を改正すると標榜する安部政権の唱える憲法改正の真の目的であり、そのような国づくりへの道を切り開くものが、これらの悪法の群れなのである。


2 米軍基地再編と日米共同軍事作戦

 米軍基地再編は、アジア地域の安全保障の責任を日本に負わせようとするものである。金だけではなく、人も命も差し出せと言うのが米軍の正確な意図である。米軍基地再編によって自衛隊はアメリカの世界戦略の一環を担い、戦略に即応して出撃できる米軍の一部となる。神奈川のキャンプ座間に米陸軍第一軍団司令部を改変した拠点司令部が設けられる。基地再編に答えて、自衛隊の中に、防衛庁長官直結の「中央即応集団司令部」をキャンプ座間に移転することとなっている。キャンプ座間こそが日米両軍の司令部を併置し、先に述べた日米共同戦闘の連携作戦本部となるのである。空軍についても、航空自衛隊航空総隊司令部が府中から横田に移転し、米第五空軍司令部と併置される。軍事的に、日米両軍の一体行動が可能な体制が着々と作られている。


3 アメリカ国防総省と防衛省のパートナーシップ

 昨年の臨時国会では防衛庁を防衛省に昇格させる防衛庁設置法等改正法案が成立した。この法案には国際平和協力活動を本来任務化する問題も含まれている。この改正も、アメリカ国防総省と日本の防衛省間で直接の連携をはかることが直接の目的となっている。


4 有事概念をあいまい化し、日常的動員図る国民保護法制

 2003年武力攻撃事態3法、2004年国民保護関連7法によって、我が国の有事法制が一応完成したとされる。国民保護法においては、武力攻撃事態の一歩手前の「緊急対処事態」という概念が作られ、テロや武装ゲリラの上陸、不審船事件などを指すとされており、これらの場合にも、武力攻撃事態に準じて、私権の制限、様々な動員が可能な仕組みが作られようとしている。

 これらの有事法制は、いま日本がイラク戦争に荷担し、テロにおびえる国になっていることを逆に梃子として、有事の概念をきわめてあいまいなものとすることで、いま、ここで使える、戦争総動員法としての性格を強めている。

 国民保護法制では、武力攻撃事態が発生した場合に政府がつくる「対処基本方針」とは別に、平時から「国民の保護に関する基本方針」を策定することとなった。指定行政機関、指定地方行政機関、指定公共機関、指定地方公共機関などにおいては、この「基本指針」に基づいて、「基本計画」つまり有事に対応したマニュアルづくりが強制されている。このように、既に「国民保護」の名の下に、戦時動員が市民に強制されようとしている。


5 愛国兵士をつくる改正教育基本法と教育三法案

 昨年の教育基本法改正の核は愛国心の強調である。しかし、この教育基本法の下では、日本を愛し、戦争をやめさせたいという愛国心は認められないのである。教育基本法改正は憲法改正のための地ならしであったが、この法律を受けて、現在の国会には教育三法が提案され会期末までに成立させようとする策動が強められている。この法律のもとで国を愛する態度を養うことが教育の目標として明記され、教員免許の更新性と、副校長、指導、主幹教諭など管理ポストの増員、文部科学大臣の教育委員会に対する指示権など、まさしく市民は教育の主体ではなく、国家教育の客体とされようとしている。

 そして、国のために戦争で命を投げ出せる国民を作りだすことこそが愛国心教育の目的であり、なりふりかまわずこのような教育を強制するシステムが作られようとしているのである。教育基本法が成立したからとあきらめるのではなく、この教育三法の成立を阻止する闘いを強めなければならない。


6 国民投票運動の自由を否定する改憲手続き法案可決成立

5月14日改憲手続き法案が参議院で可決成立した。強行採決ですらなく、与野党合意での採決であるところに、問題の深刻さが改めて浮かび上がっている。

 この法案には、最低投票率の定めがなく、改正議決のため、全投票の過半数が要件とされていない。改正議決のためには無効票を除いた有効投票の過半数で足りるとされているのである。また、テレビでのスポット広告が禁止されなかったことなどの問題も指摘されている。さらに、公務員と教育者による地位利用の運動の禁止規定が盛り込まれていることが極めて重大である。

 安部政権は、自治労と日教組の組合員の運動を押さえ込み、金力にものを言わせてテレビスポットを流せば「憲法9条を改正するのはいやだ」と考えている多数の国民の改正反対の声も「憲法改正は当然」という居丈高で津波のような情報工作によって踏みつぶしてしまえると考えているのだろう。


7 市民活動を萎縮させる共謀罪

 共謀罪とは究極の人間不信の刑法である。国民を敵と味方に区別し、敵には人権を認めない。犯罪の実行はおろか、準備行為もしなくても犯罪として訴追できる。合意した犯罪を取りやめても犯罪はなくならない。刑を免れるには警察に密告するしかないのである。

 このような刑事法を認めてしまうと、市民の表現活動を萎縮させ、市民の活動によって、政府の政策を変えられる社会でなくなっていく。

 また、この法案には、マネーロンダリングの規制強化、サイバー犯罪条約の国内法化のための法案も含まれている。メールの履歴の保全命令、一つのコンピューターに対する令状でLANで接続されている複数のコンピューターの捜索を可能にするように改正も予定されている。


8 立憲体制・平和主義を否定した自民党憲法草案

 自民党新憲法制定推進本部(本部長・小泉純一郎)の新憲法起草委員会(委員長・森喜朗)は、2005年11月22日の結党50周年党大会で、「新憲法草案」を正式に発表した。現行憲法が制定されてから、主要政党が条文の形で改憲案をまとめたのは初めてのことである。

 この草案では戦後の戦争放棄の初心を刻んだ前文は全面削除され、著しく格調の低いものとなった。愛国心の強調はナショナリスティックな、「自由と活力のある」などは新自由主義を標榜するものといえるだろう。

 9条は平和主義の理念は維持するとはしているが、「自衛軍」の保持を明記し、自衛軍は「国際的に協調して行われる活動」にも参加できるとして、海外での武力行使を伴う活動にも加われる内容となっている。 第2章のタイトルは「戦争の放棄」から「安全保障」に改められ、「戦争その他の武力の行使又は武力による威嚇を永久に行わない」とする一方、現行憲法にある「戦力の不保持」と「交戦権の否認」を削除した。新たに「自衛軍の統制」という項目を立て、自衛軍の活動は事前か事後に「国会の承認を受けなければならない」としている。「集団的自衛権」は明示されていないが、起草委の舛添要一事務局次長は8月1日、「自衛には個別も集団も含まれる。その議論は終わった」と述べ、憲法解釈で行使も認められるとの立場を明確にしている。

 また、司法の章には軍事裁判所を設置することが明記されており、司法の分野においても軍事を聖域化するもくろみがある。宗教団体への公金支出の禁止は「社会的儀礼の範囲内にある場合」を除くとして規制を緩和しており、靖国神社への公的援助にも道を開くものとなっている。


9 結論

 このように書いてくると、まさに状況は絶望的だ。しかし、希望は残されている。憲法9条を改訂することに反対の市民はむしろ増えている。共謀罪も市民の強い反対で未だに成立していない。次の選挙で自民党に歯止めを掛けることができれば、このような悪法ラッシュにストップを掛けることも可能なのだ。あきらめるな!政府・与党の暴走の危険性をわかりやすい言葉と表現で、ひとりひとりに広めていこう。

★引用終了★


以下ふたたび喜八

日米同盟の強化」ということを与党政治家や主要マスコミが矢鱈《やたら》に喧伝していますが・・・。
その内実は「対米隷従の強化」としか思えません。

与党政治家・財界人・官僚・マスコミ人ら、いわゆる「勝ち組ジャパニーズ」たち。
彼ら彼女らが自《みずか》らの「美味しい生活」を守るため「対米隷従」に励む。
その挙句に同胞である自衛官(若者たち)を「人身御供」として「アメリカ様」にささげる。

これって言葉の真の意味での「売国」ではないでしょうか?


人気blogランキング ランキング投票をお願いします

皆様のご協力に感謝します


当ブログの共謀罪関連ページ


投稿者 kihachin : 2007年05月19日 12:22

« すべての人間は、マイノリティである | メイン | ブラウンノーズ・ジャパニーズ »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/1400

このリストは、次のエントリーを参照しています: 【海渡雄一】戦争のできる国づくり、人づくり:

» 安倍晋三氏は「権力」をコントロールしていけるのか? from ちょっと一言
 愛知県長久手町の立てこもり事件が昨夜9時頃に漸く解決した。交番から駆けつけた警官が撃たれたまま5時間以上も放置されていたり、SAT隊員が [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年05月19日 14:58

» 中道なんてないと思う。 from お玉おばさんでもわかる政治のお話
昨日書いた安倍さんの集団的自衛権行使の解釈改憲についての記事・・お玉は心配しすぎなのでしょうか・・・・その話について意見がもらえると嬉しいんですが、なにやらコメ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年05月19日 15:29

» 本来の定義 from 無期懲役刑に関する誤解の蔓延を防止するためのブログ
日本においては誤った定義が多用されていますが、本来、終身刑と無期刑は全くの同義です。いずれも、満期が無く、刑期が終生にわたるものをいい、その刑期途中での仮釈放... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年05月19日 16:43

» 無期懲役刑の現状 from 無期懲役刑に関する誤解の蔓延を防止するためのブログ
無期懲役刑の現状New! ○無期懲役  無期懲役は世間で思われているほど甘くなく、90年代に再犯事件が相次いだこともあり、特に2000年以降においては、基本的... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年05月19日 16:44

» 世界の終身刑の仮釈放の有無および仮釈放要件 from 無期懲役刑に関する誤解の蔓延を防止するためのブログ
世界の終身刑 世界の終身刑の最低服役年数と運用 ロシア 絶対的終身刑(仮釈放のない終身刑)は置かれていない。終身刑の受刑者に対しては、25年を経過した後、仮釈... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年05月19日 16:45

» 歴史は繰返す〜日本共産党の党内二重支配体制(9) from うみおくれクラブ
 引き続き、分派星雲の衝突モデルを、宮地健一ホームページ内不破分派星雲と志位分派星雲の発生と衝突?より、抜粋紹介。  2、志位分派星雲による不破追放・排除と民... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年05月19日 16:56

» 歴史は繰返す〜日本共産党の党内二重支配体制(10) from うみおくれクラブ
 引き続き、宮地氏の分派星雲の衝突?から第3のモデル紹介。 3、中間派による不破追放→志位も追放をする2段階党改革クーデター  中間派といっても、3つがばらばら... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年05月19日 16:57

» 歴史は繰返す〜日本共産党の党内二重支配体制(11) from うみおくれクラブ
宮地氏による分派星雲の衝突?より、最後のモデル。以下抜粋。  4、民主集中制・レーニン理論を全面廃棄した民主的左翼政党への大転換  ヨーロッパでは、ポルトガル共... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年05月19日 18:00

» 「いいのですか?ジュゴンの未来は、あなた達の未来かも、」バナーです。色々なアプローチで色々な人とつながりたいですね。 from 雑談日記(徒然なるままに、。)
 こんなことくらいしかできないSOBAです。でも、政治ブログと言うのは言葉や情報 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年05月19日 19:15

» 陸貞洙(ユク・ジョンス)に”あなたの目は曇っているで賞”を授与する。 from 在日本 自由北朝鮮政府布告
 自由北朝鮮政府は、下に示す論説を書いた陸貞洙(ユク・ジョンス)に”あなたの目は曇っているで賞”を授与する。 [オピニオン]「豊かな北朝鮮」 MAY 12... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年05月19日 19:48

» 次は共謀罪か,被害者参加制度か? from 人工樂園
 レイバーネット日本HPから「共謀罪〜来週の法務委員会に注目を!」を転載します。本文中「角田」とあるのは民主党の角田義一議員でしょうか(記事はこちらで教えていた... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年05月19日 20:10

» 大当り、まぐれ当り、一獲千金。 from 酔語酔吟 夢がたり
サッカーくじの人気が沸騰しているらしい。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年05月19日 20:19

» 嫌な世の中になりました。 from 酔語酔吟 夢がたり
爽やかな出来事がないものか。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年05月19日 20:20

» 集団的自衛権は、違憲の声が次々と。+与党の参院選対策は国民をバカにしている from 日本がアブナイ!
 18日、教育関連3法案が、与党多数の賛成で衆院を通過した。<*1>  この法案に関しては、来週から参院で審議されるので、また改めて取り上げたいと 考えてい... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年05月19日 20:34

» 辺野古の海と東国原知事 from 権力に迎合したマスコミ人を忘れるな!
あいかわらず辺野古の状況は殆ど報道されません。ワイドショーをよく見ている妻に尋ね [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年05月19日 20:55

» 無視される教訓 from 反戦老年委員会
 それは前例のない戦争、最前線のない戦争となり、簡単に識別できる敵、簡単に説明で [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年05月19日 21:18

» 9条を語れ 憲法は今+集団的自衛権 ・有識者懇談会はアベシの影武者ばかり! from 晴天とら日和
憲法を変えて戦争へ 行こうという世の中 にしないための18人      の発言。 出版社: 岩波書店 (2005/8/3)   価格:  ¥ ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年05月19日 23:46

» [辺野古]海自導入ほんとうの目的は?(追記あり) from ミクロネシアの小さな島・ヤップより
辺野古に海上自衛隊が導入されることになったと聞いたときから、ずーっと考え続けていることがある。それは、なぜ、海自?という、単純な疑問だ。 もちろん、最高司... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年05月20日 00:22

» 日本真理教の信者たち from A Tree at ease
 先日来、大企業が軒並最高益を更新したなど、景気のいい話が聞こえて来る一方で、過労原因の自殺(06年度)は57%増の66人、うつなどの精神疾患認定が61.4%増... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年05月20日 08:56

» 基地調査に自衛隊? from 瀬戸智子の枕草子
多くのブログでこの間取り上げられている話題の一つが「沖縄新基地調査に自衛隊」とい [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年05月20日 09:00

» 架空対談2×4〔その1〕 from ◆書く/読む/喋る/考える◆
出演:大葉花梨(21) ‐徳島在住、学生    砂糖秀俊(28) ‐大阪在住、派遣社員    化膿武司(31) ‐東京在住、フリーター        林田捨楽(... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年05月20日 10:19

» 普天間飛行場移設問題とマスコミ from 華氏451度
◇◇◇沖縄の新聞から◇◇◇  辺野古の問題――米軍普天間飛行場移設のために、住民の反対を押し切って事前調査を強行。海上自衛隊がそれに協力したという問題――。全... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年05月21日 00:21

» 「ブラックブック」■戦争という愚かな行為! from 映画と出会う・世界が変わる
「ブラックブック」を見て感じたことは戦争というものは、味方対敵とか、侵略者対レジスタンスという単純なものではないということだ。そんな中で戦争下において恐ろしいの... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年05月21日 01:57

» ククーシュカ ラップランドの妖精 を観て from 瀬戸智子の枕草子
ククーシュカ ラップランドの妖精と言う映画、ご存知ですか? 実は私は知りませんで [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年05月22日 20:32

» 薬害肝炎訴訟・・・救済法が成立するまで市民の声を止めるな! from わんばらんす
        メリークリスマ〜ス  よろしければ、ランキングクリックのご協力をお願いしま〜す! らんきーなお玉と喜八がアブナイから・・・ 玲奈... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年12月27日 22:27

» 「電子投票」 反対! 投票はアナログがいい!・・・ 民主党へ from わんばらんす
      平和を願う人々の思いを全国へ届けたいと頑張ってます。 よろしければ、ランキングクリックのご協力をお願いしま〜す! らんきーなお玉と喜八がア... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年12月27日 22:29