【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 松岡利勝農相に送る鈴木宗男さんの言葉 | メイン | 「尾辻かな子活動日記」から »


2007年05月30日

いわゆる「松岡農相問題」

弊ブログ「喜八ログ」では、いわゆる「松岡農相問題」に関して沈黙していました。

故・松岡利勝氏が「いい奴」なのか「悪い奴」なのか、判断がつかなかったからです。直感的には「それほど悪い人ではないのかもしれない」と思っていました。

 人気blogランキング ランキング投票をお願いします

そうこうしているうちに我が「盟友」である「謎の憂国者 r」 さんが「松岡利勝氏を「国策捜査」から守れ!」と題する文章を寄稿してくれました。

詳しくは本文を読んでいただければ幸いですが、大雑把に解説すれば「マスメディアが『松岡バッシング』を行なうのは『米国の国益』擁護を目的としている可能性が高い。『米国産牛肉解禁』を実施するために、松岡農相に圧力をかけているのではないか? 松岡利勝氏を『国策捜査』から守ることで、日本の『食の安全』を守ろう」という内容の記事です。

この「r」さんの文章を読んで、私は「なるほど!」と大いに納得しました。

そもそも日本のマスメディアが誰かしらを「悪の象徴」のようにクローズアップして、「ここに大悪人がいますよ。みんなで血祭りにしましょう」と呼びかけ始めたら、最大限の注意が必要です。その人物は「大悪人」どころか、社会にとってきわめて有用な存在であることがしばしばあるからです。

近くは、辻元清美鈴木宗男の両衆議院議員が「メディアスクラム」の対象となりました。2人は「唾棄すべき極悪人」「とてつもない卑劣漢」のように取り扱われ、逮捕・拘束され、いったんは政界から身を引くことになりました(しかし、その後、幸いなことに復活しました)。

私(喜八)の目から見た辻元・鈴木の両氏は言葉の本来の意味での「愛国派政治家」です。日本列島に暮らす人々の生活を守るため、日本の国を今より良くするため、常人では到底真似ができないほどの奮闘を日々重ねている。誇張でもなんでもなく「命を張って」政治活動をしているのが辻元清美さんと鈴木宗男さんです。

その2人を我々はマスコミの「そそのかし」に乗って葬り去ろうとした。まさに「自分で自分の首を締める」ような行為であったと私は思います。

古くは故・田中角栄元首相を「寄ってたかって」追い落としてしまった「前科」を我々日本人は持っています。田中角栄氏には確かに欠点も多かったが、総体として彼が不世出の天才政治家であり、人々の幸福を願って粉骨砕身したことは疑い得ない。その田中角栄を日本の法律には本来存在しない「嘱託尋問」という手法を使って強引に有罪としたのです。

田中角栄・辻元清美・鈴木宗男といった「愛国派・民権派政治家」を自らの手で葬り去ろうとする民衆とは何なのか? 何度おなじことをすれば気が済むのか? といった思いが私(喜八)にはあります。

故・松岡利勝氏は本当に「悪い奴」だったのでしょうか? みんなで寄ってたかって自殺に追い込まなくちゃいけないほどの「悪人」だったのでしょうか? 自死した後も「自業自得」とか「しかたない」とか言われなければならないほどのことを彼はしたのでしょうか?

はなはだ疑問だと思います。

松岡利勝氏が多額の政治資金を集めたのは事実ですが、そのカネで個人的な贅沢をしたのでしょうか? カネに物を言わせて、庶民を踏みにじるような所業をしたのでしょうか? そんなニュースは見たことも聞いたことがありません。

100パーセント「正しくて」「清潔な」人間なんているはずがない。人間は完璧ではない(完璧なら神サマである)。すべての人間は「必ず」間違えるし、罪を犯す。間違えた方向に行ってしまった人がいたら、社会の力で「矯正」し、正しい道に戻ってもらう。そして社会全体の幸福を増す方向で働いてもらう。人は「活かされる」べきだというのが私の根本姿勢です。

当エントリでは「政治とカネ」についても書こうと思っていましたが、長くなるので後日とします・・・。


人気blogランキング ランキング投票をお願いします

皆様の支援に心から感謝します


関連ページ

雑談日記(徒然なるままに、。)

(※バナーはSOBA さん製作のものをお借りしました)


投稿者 kihachin : 2007年05月30日 12:45

« 松岡利勝農相に送る鈴木宗男さんの言葉 | メイン | 「尾辻かな子活動日記」から »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/1432

このリストは、次のエントリーを参照しています: いわゆる「松岡農相問題」:

» 社保庁改革法案も強行採決? from Dendrodium
年金改革法案、昨夜のニュースでは、今回は見送ると言っていたのに、今朝の新聞では、一転して提出すると成っている。 此れで本当に、年金額を間違えられた人達全員が、... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年05月30日 16:37

» 「反戦ママ」引退宣言。 from 酔語酔吟 夢がたり
まじめに、こつこつ。 真面目に、こつこつ。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年05月30日 19:00

» 模擬選任手続インチキニュース from 高野 善通のブログアネックス
 本日、模擬裁判員選任手続から始まる模擬裁判が東京地裁で行われました。従来までは希望者を募集しての模擬裁判がほとんどでしたが、今回は裁判所が大手企業に依頼して従... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年05月30日 22:32

» 2チャンネルで見つけた松岡さんのエピソード from 「美しい国」幻想を捨てよう
180 : ソムリエ(東京都):2007/05/29(火) 03:12:44 ID:xVDg3lTQ0 松岡さんは神だと思っている。 3年ほど前の正月休み... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年05月30日 23:37

» オバマは希望の星になりえるか(4) from うみおくれクラブ
 海の向こうから、スーパーヒーローの名前が聞こえてきて、「オバマ、オバマ、ちゃっちゃっちゃっちゃっちゃっちゃっちゃ」と、三々七拍子で、応援したい気分のゆみちゃん... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年05月31日 00:18

» おー、この議論を待っていました from 晴耕雨読
まず、『日本に核兵器が本当に必要なのですか?』 をお読みいただけば幸いです。 米国や日本の支配層と違って憲法や条約を遵守することを前提としていますから、集団的... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年05月31日 01:46

» 松岡農水相が自殺図る from zara's voice recorder
松岡農相、首つり自殺図る…議員宿舎で発見 28日午後0時30分ごろ、東京都港区赤坂2の新衆議院議員宿舎1102号室で、同室に住む自民党衆院議員・松岡利勝農相... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年06月01日 21:21

» 激動の政局を笑うのは… from 能登雑記
- 現状での受益者はどんな勢力?  ほんの1・2週間ばかり前、新聞の社説などは憲 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年06月02日 07:00

» 由緒正しいB層に限りなく近かった自分への反省 from ファミリー メンタル クリニック
日本の911選挙以前と以降では大きな変化が起きているように思われます。実はアメリカよりも日本が911の影響が大きいように思われます。 話は6年程遡ります。 コ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年06月03日 11:46

» 少しは労働者の側に立った政策も… from オギノフの肖像
年金問題を主な争点に自民党と争う姿勢を見せている民主党の参院選政策リストとやらに「最低賃金1000円への引き上げ」も明記したとの記事が読売新聞(6/2)に掲... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年06月03日 12:06

» マスコミの政治家・官僚バッシングの背後にあるのは、アメリカの圧力 from Trend Review
なぜ、松岡農相は自殺に追い込まれたのか? 以下、「喜八ログ~松岡利勝農水大臣を『... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年06月07日 22:04