【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 憲兵隊の復活? | メイン | なるほど!エントリと安倍パロディ紹介 »


2007年06月09日

古舘伊知郎氏の「厚顔無恥」

『アメリカの言いなりでいいのか!?』関岡英之

謎の憂国者「」さんのマスメディア批判です。

 人気blogランキング ランキング投票をお願いします


★引用開始★

■テレビ朝日「報道ステーション」(2007年5月31日放送)

古舘伊知郎氏の発言(「消えた年金5000万件」に関して)

「本当に今聞いていてもわかるんですが『年金』 『天下り』この二つに関して、我々国民は『騙されて』きたんです。特にバブル弾けてこっち、本当に民間は様々な我慢を強いられてきた筈です。もう我慢の限界ではないでしょうか。」

以上は古舘伊知郎氏の「消えた年金問題」に関してのコメントです。
皆さん、これを聞いて(読んで)どう思いますか?
そして何を感じますか?
私「r」は「怒り」と「笑い(嘲笑)」が同時にこみ上げてきます。

古舘伊知郎氏は強く発言しました。
我々国民は『騙されて』きたんです

古舘伊知郎氏に問いたい。
郵政解散総選挙で私たち国民を騙したのは誰ですか?」

(騙してきたのは「小泉純一郎」「竹中平蔵」両氏ですが…)

古舘伊知郎さん、あなたも「我々国民を『騙して』きたんです。」
古舘伊知郎氏は2005年8月31日放送の「報道ステーション」において「小林興起」「市田忠義」両氏の「年次改革要望書」に関する正当な発言を不当に弾圧し、小泉純一郎氏率いる自民党を不当に偏向報道しました(詳しくは以下のページをご覧ください)。

 「本日の「報道ステーション」を監視しよう!

そういった「輩(やから)」が、よくもまあ、いけしゃあしゃあと「我々国民は『騙されて』きたんです。」なんて発言出来ますね。

古舘伊知郎氏は自分の事を完全に棚に上げていますよ。
重複しますが、私たち国民を騙してきたのは「テレビ朝日」と全ての新聞テレビ(地方紙を除く「全国紙とその配下のテレビキー局」)じゃないですか。
テレビ朝日に限定すれば「TVタックル」で不当に野党を罵倒し、正論を茶化し「スーパーモーニング」では不当に官僚と一般の国家公務員、地方公務員を諸悪の根源扱いをし、「報道ステーション」では一方的な偏向取材を行い卑しくも国会議員である野党議員の言論を弾圧してきましたね。

特に「サンデープロジェクト」では討論司会の田原総一朗氏と御用学者、御用評論家が束になって野党議員を人民裁判さながらに罵倒しまくった。
その光景はまるで「毛沢東政権の文化大革命」における紅衛兵による魔女狩りや言論弾圧、「アドルフ・ヒトラー政権下の裁判所」さながらの罵詈雑言大会。
あの時、一方的に攻撃された「亀井静香氏」を始めとする「造反議員」の方たちは必死に耐えた。
正論を言っても田原総一朗氏始め御用評論家、御用学者は聞く耳を持たない。
小泉政権下の「年金未納問題」では不当に「菅直人氏」を罵倒し、ムリヤリ辞任にまで追い込んだ。
菅直人氏の年金未納は時の社会保険庁と武蔵野市役所のミスだったのだが、テレビ朝日は菅直人氏に謝罪したのでしょうか?
そして小泉純一郎氏の年金疑惑を追及したのでしょうか?

テレビ朝日(に限らず全てのテレビ局)は小泉純一郎政権下において本当の事を殆ど伝えず「小泉劇場」なる虚構をデッチあげ「国民に人気の安倍官房長官」「拉致被害者家族の信頼篤い安倍官房長官」など歯の浮くような将軍様真っ青の美辞麗句を並べ立て「小泉ドラマ」「小泉アニメ」「安倍ドラマ」まで作った。
そういった数々の無数とも言えるプロパガンダ番組を作って悪質な世論誘導を行ったのはテレビ朝日を始めとするテレビ局ではなかったのか?
そして「郵政民営化」なる対米売国の象徴たる悪政に対して局を挙げて全面的にバックアップしたのは誰なのか?
テレビ朝日(と朝日新聞、全ての全国紙とその配下のテレビキー局)ではないのか!!

(国民に人気の…拉致被害者家族の信頼篤い…は私の記憶では「サンデープロジェクト」の宮田佳代子女史(当時)が最初に使ったと思う。今現在、宮田佳代子女史は「米国資本系保険会社のCM」にご出演中です。)

本当に国民を騙したのはテレビ朝日、特に「古舘伊知郎氏」よ、あなたではないのか?

(と言っても全ての新聞テレビも国民を騙しましたが。過去の録画記録、新聞のバックナンバーを読み返すとそうとしか思えませんね。)


※下記は古舘伊知郎氏が意識、無意識に関わらず多用する常套句です。「報道ステーション」はそういった点に注意して監視して下さい。

【古舘伊知郎氏の常套句】

与党も与党なら野党も野党
これは与党の瑕疵を野党にも転嫁し問題の本質を逸らす常套句。

反対ばかりではなくしっかりとした対案を…
民主党が苦労して対案を出しても政策に反映されるどころか無視されて否決廃案になるのを知ってて使ってるとしか思えない。
目的は民主党の分断と基礎体力を奪い、調査能力を削ぐ為ではないだろうか?


【テレビ朝日の報道・情報番組は全て録音・録画保存しましょう!】

★引用終了★


人気blogランキング ランキング投票をお願いします

応援ありがとうございます


関連ページ


投稿者 kihachin : 2007年06月09日 08:04

« 憲兵隊の復活? | メイン | なるほど!エントリと安倍パロディ紹介 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/1455

このリストは、次のエントリーを参照しています: 古舘伊知郎氏の「厚顔無恥」:

» 5/14の報ステで最低投票率、保岡興治が論破したように見えるのは、古館と加藤千洋(朝日新聞)が頭が悪いから、喜んで画像アップして保岡を持上げてる奴はさらに没論理の馬鹿。(笑) from 雑談日記(徒然なるままに、。)
 AbEndにTBがあった、下記で紹介されているのには笑いマスタ。(笑)http [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年06月09日 09:49

» ゲリラ戦を支援せよ from そいつは帽子だ!
私服の男と警官が二人の娘を引きずるように連行した。両親は立ちすくむだけだった。 韓国人の口調は穏やかだが、いい知れない悔しさが伝わる。 ハワイ東西センターで開か... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年06月09日 10:09

» ZAKI選対、動き出しました! from 野生化の時代
(転送歓迎) 28日に正式に9条ネットからの参院選全国比例区、立候補が報道機関に発表されました。 何しろ初めての選挙なので、選対の立ち上げと諸々の手続きや選挙... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年06月09日 10:27

» 報道側の態度 from お玉おばさんでもわかる政治のお話
総合ランキング139位です。みんな、ありがと!! 人気blogランキングへ (←ここをポチm(_ _)m)   最近、とみに安倍総理があまりにも... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年06月09日 15:39

» 社会保険庁不祥事と年金から騒ぎ from 珈琲ブレイク
最近、社会保険庁が扱う年金をめぐる不祥事が、連日メディアを賑わしている。5,000万件にのぼる帰属不明の年金記録が発覚し、さらにそれ以外にも多数のコンピューター... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年06月09日 20:30

» むき出しの資本主義の病理 from とむ丸の夢
6日、米通商代表部スーザン・シュワブ代表が、今秋に予定されている日本の郵政民営化について、「日本政府は公平な競争が促進されるように条件を整える必要がある」と述べ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年06月09日 21:11

» 安倍首相をひたすら信じてしまう心理について from 「美しい国」幻想を捨てよう
最近のことです。「非国際人養成講座」さんのブログを読んでいてハッと気づいたことがありました。 「捏造はなくならない」2006年1月10日 「〜更にお... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年06月10日 01:59

» 基本的人権への重大な制約と徴兵制の関係 from 平和のために小さな声を集めよう
改憲問題に関心があり、多少なりとも勉強された方には周知の事実だろうが、自民党改憲草案においては、現在の憲法11条による、基本的人権の保障の項目に、数語の言葉が... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年06月10日 03:31

» 第209号 ブログ村ランキングから…「応援団」だけじゃないよ、存... from 「ちょっと、寄ってけらっせん」−伊東勉のページ。
 今晩は。伊東です。今日一日、いかがお過ごしでしたでしょうか。びー:お晩です。びーいとうです。今日はいかがお過ごしでしたでしょうか。ベン:今晩は。ベンジャミン・... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年06月10日 19:28

» 朝日がアメリカべったりに転換したのは、なぜか? from Trend Review
朝日がかつての左翼路線から、アメリカべったりに転換したのはなぜなのか? 以下は... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年06月11日 11:08

» 言論統制列島:1 小泉フィーバーとマスコミ from とりあえずガスパーチョ
しかしこういう演出過多の傾向はニュース番組全般にも当てはまる。昔ならワイドショーでしか行なわれなかったような演出(バックにおどろおどろしいBGMを流すなど)も、... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月12日 17:48