【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 「ブログの影響力」を測定 | メイン | 中川幹事長と世耕補佐官 »


2007年06月19日

卑劣な新聞テレビと御用評論家

『アメリカの言いなりでいいのか!?』関岡英之 『主権在米経済』小林興起

謎の憂国者「」さんからのメッセージです。

 人気blogランキング ランキング投票をお願いします


★引用開始★

労働組合に責任転嫁する卑劣な新聞テレビと御用評論家

新聞テレビと自公連立与党、そして御用評論家は野党、即ち民主党代表代行・菅直人氏に年金問題の責任を転嫁しようとして完全に失敗しました。

それは当然でしょう。
元厚生大臣である菅直人氏に責任転嫁するならば、その責任は元厚生大臣である小泉純一郎氏にも飛び火します。
それどころか「年金安心100年プラン」なる壮大なインチキ改革を強行した時の内閣総理大臣「小泉純一郎氏」と同じく時の厚生労働大臣「坂口力氏」、即ち自公連立与党が炎上し、小泉政権の重臣であり後継者である今の内閣総理大臣「安倍晋三氏」も炎上するからです。

そこで何としてでも「自公連立与党」を守りたい「新聞テレビ」や「御用評論家」たちは小泉純一郎氏たちを守る為に「責任は野党にもある」「年金を政争の具にするな、与党も与党なら野党も野党である」などと言った「小泉政権下」で使い古された手をまたもや使おうとしたが、これもうまくいかない。

そこで郵便局員に「諸悪の根源」のレッテルを貼り、日本国民の半分を騙した「郵政解散総選挙」の手法を再び使おうとしています。
即ちそれは「国鉄分割民営化」において中曽根康弘政権が使った手の再現でもありますね。

『年金問題の責任を「労働組合」に転嫁して、歴代社会保険庁長官と共に抱き合わせで「心中」させ、ドサクサで民営化して米国資本に売り払ってウヤムヤにして誤魔化す』

要するにドサクサの「民営化詐欺」を行おうとしていると思うのです。

ところで「国鉄民営化」で何か良い事ありましたか?
地方の過疎化の問題がありますが、国鉄民営化によってローカル線が廃止され、過疎化が加速され農業人口が減って食料自給率低下の遠因になったと私は思っています。
そして広くて歩きやすかった駅の構内には訳のわからない土産屋や売店、食堂などが所狭しと立ち並び、歩くのが不便になりました。
これを市場原理主義者・ネオリベは「スペースの有効活用」とか言うのでしょうね。
それと不思議なのですが…
私鉄では最新車両の導入スパンは結構長いのですが、JRはスパンが非常に短いですね。
赤字だから民営化したってのに何故?
本当に不思議ですね。

まあ、国鉄民営化の理由は「国鉄資産」を時の政財官界の連中が食い潰す為に行ったのでしょうが、結局バブルの崩壊で美味しい所は全て「アメリカ様」に持ってかれたのが真実なのでしょうが。

大体にして「公共交通機関」はインフラなのですから赤字になって当然なのです。
赤字になった場合、何故赤字になったのか?
そして赤字のアナを埋める為に正当な理由を見出さなければならない。

コレが本当でしょう。

「赤字だから民営化する」

この言葉は「東から太陽が昇るのは駄目だから西から昇らせよう。でも物理的に不可能だから東を西と言い換える」以上にムチャクチャな論理ですよ。
赤字ローカル線が廃止され、代替交通としてバス路線が敷かれる。
しかしそれも赤字。
で結局、交通機関も何もない。
過疎化が加速。

ふざけてますね。

はっきり言います。
新自由主義者は「嘘つき」「詐欺師」「売国奴」です!
18世紀前後の剥き出しの資本主義の亡霊を現代に蘇らせ、日本国民の生命と財産をアメリカに捧げる「吸血鬼」以外の何物でもない!
ルールも何もない無法者が跋扈《ばっこ》する新自由主義。
これらの駆逐・殲滅《せんめつ》なくして日本国民が生き残る道はないでしょう。

脱線しました。

新聞テレビと御用評論家は「労働組合」に責任転嫁する為に昔むかーし当局と労組が交わした「覚書」を槍玉に上げています。
その覚書の槍玉に上げられた内容は簡単に説明すると…

「45分ごとに休憩」「入力は1日5000文字まで」

ですね。特に小泉純一郎氏を礼賛しまくった「屋山太郎氏」(年金記録問題検証委員・政治評論家)はいろんな場所で騒いでいます。

社会保険庁の年金オンライン化は1972年(昭和47年)にまで遡《さかのぼ》ります。
そして1977年(昭和52年)以降実施されたようです。
当時の電算機(オフコンなどコンピュータ)システムは現代から見れば信じられない程、低性能で不安定なシステムでした。
記憶媒体の容量も非常に少なく、信頼性も低かった。
ですから「データ入力」に関しても物凄く手間がかかりました。
それまで経験のなかった組織としての社会保険庁、管理職、現場の職員にとっては未知の領域。
当局側も組合側も慎重にならざるを得なかったのは容易に推察できますね。

ましてや「電磁波汚染」の実態もよくわからなかった時代ですから…

当時の銀行でも担当者は土日祝日返上で銀行に泊り込み24時間休みなしで維持管理に勤めたらしいです。
作家で博物学者の「荒俣宏氏」は当時電算システムの技術者で、何ヶ月も自宅に帰れなかったそうです。
風呂は勿論、食事でさえロクに取れない生活を余儀なくなされたそうです。
同僚はバタバタ倒れる中、不思議にも荒俣宏氏だけは倒れなかった。
でも、起床時は柱にしがみ付いて歯を食いしばって必死に起き上がったそうです。
如何《いか》に過酷な状態だったか想像を絶します。

さて、ザッと当時の「電算システム」を軽く振り返ってみます。

※パソコン関係が中心になりますが、オフコン、そして当時のスパコンと言えども今の普及機に遠く及ばない性能だったのは言うまでもないでしょう。

★パソコン関係の歴史
1971年インテル社「4004」(CPU)開発
  72年「8008」
  74年「8080」
  76年ザイログ社「Z80」開発
     東芝「EX-0」
     アップル「appleⅠ」
     NEC「TK-80」
  77年富士通「Lkit-8」
     アップル「appleⅡ」
     シャープ「ワープロ試作機」
  78年東芝ワープロ「トスワードJW-10」(約600万円)
  79年シャープワープロ「書院WD-3000」(約300万円)

当時のパソコンは全て8ビット機しかなく、実用性は極めて低かった。
記録媒体も貧弱で信頼性が低く、殆ど実験用、趣味の世界と言っても過言ではありません。

当然ながら官公庁や銀行などが使用するシステムは実用レベルに達した当時の高性能システムを使用していたのでしょうが、使い勝手や信頼性は今と比較すれば極めて低いものだったのではないでしょうか?
容易に想像できますね。
当然ながら性能の割りには価格が非常に高かった。
東芝ワープロ「トスワード」が600万円、シャープの書院が300万円もしたのです。
そう考えると官公庁や銀行などが使うオフコンは…

そういった訳で新聞テレビと御用評論家に言いたい。

「当時のシステムを説明せずに今のシステムと技術を元に当時の覚書を批判するのはフェアじゃない!」

新聞テレビと御用評論家の仕事とは「対米売国推進」の為に国民を騙《だま》す事なのでしょうか?
そういった疑惑を持たれない為にも…

「フェアに行きましょうよ」

★引用終了★


人気blogランキング ランキング投票をお願いします

応援ありがとうございます(r)


関連ページ

雑談日記(徒然なるままに、。)

(※バナーはSOBA さん製作のものをお借りしました)


投稿者 kihachin : 2007年06月19日 07:34

« 「ブログの影響力」を測定 | メイン | 中川幹事長と世耕補佐官 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/1482

このリストは、次のエントリーを参照しています: 卑劣な新聞テレビと御用評論家:

» 自衛隊は「国民」を一番には守ってくれない from お玉おばさんでもわかる政治のお話
何ですか、選挙の日程がずれるかも知れないのですか?年金問題の逆風が少しでも和らぐように国会の会期を12日も延長するって??何考えてるのでしょうか・・・・そもそも... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年06月19日 08:33

» 何故 嫌中、韓を恐れるか from Dendrodium
韓国中国が日本の事を悪し様に、言っているのに、日本だけが、言ってはいけないというのは、おかしいとのご指摘を受けましたので、私の考えを書きました。(書きましたコメ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年06月19日 09:43

» 日本の戦争責任と戦後責任を国際世論の前でただす機会が訪れた from 村野瀬玲奈の秘書課広報室
2007年6月14日のワシントンポスト紙への「従軍慰安婦(性奴隷)への強制性を否定する全面意見広告」はブログ界で反響を呼び、私が急いで作った名簿も多くのブロガー... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年06月19日 12:29

» 連邦準備銀行と日銀の違い:ドル紙幣は貨幣ではなく「利子がつかない小額の国債」 from 晴耕雨読
>わたしが知りたいというかよく分からないのは、日銀とは何か、です。 >米国の連邦準備制度理事会(FRB)と何がどう違うのか、です。 米国の連邦準備制度(連邦準... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年06月19日 12:51

» 外交の嘘  メディアの劣化 from とむ丸の夢
米国大使館の「借地料滞納問題」を取り上げている喜八ログさんのエントリーを読んで、すぐさま国連分担金の滞納を思い出してしまいました。*もっともこの国連分担金につい... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年06月19日 13:02

» 『私の内閣』 from 酔語酔吟 夢がたり
「私の内閣」でしょうが、私物化しないように。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年06月19日 18:04

» 被害者参加訴訟のあり方(2) from 天下の大悪法・裁判員制度徹底糾弾!!高野善通の雑記帳
 そういえば、昨日整理回収機構(RCC)が朝鮮総連に対して627億の返済を求めて起こしていた訴訟の判決が言い渡されました。元日弁連会長や元公安調査庁長官までが不... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年06月19日 20:10

» 公務員改革?議員改革&撲滅の間違いではないのか! from kimera25
無く子も黙る全逓を崩壊させ諸悪の根源といわれた日教組を骨抜きにし行動力抜群の自治労をタタキ民主の支持基盤を壊滅させて笑うはずの安倍政権!甘いよ、kimeraは反... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年06月20日 00:24

» 安倍改憲路線を甦らせないためにも、参院選で与党大敗北を from 平和のために小さな声を集めよう
今日の記事は、いささか当たり前すぎて面白くないかと思う。 周知の通り、7月参院選は、自民党の卑劣な策謀により、7月29日投票となった。年金問題を少しでも風化... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年06月20日 03:39

» 【消された年金】fukamasamune様のご質問に答える from poppoのブログ
poppo様。もし年金から抜けることが出来たなら、民間の個人年金で老後の備えをするのでしょうか。それだと契約時に決まっている金額しかもらえません。予想以上に長生... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年06月20日 08:14

» あきれた責任転嫁の実態 from そいつは帽子だ!
「ザ・のじじズム」さまのとこで 「あきれた社会保険庁の実態」https://youth.jimin.or.jp/iken/ というのを見つけちゃいました びっ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年06月21日 22:11

» ミス防止の措置がない不十分な作業環境で完璧な端末入力作業を何時間も連続してできる者だけが社会保険庁の現場職員と自治労に石を投げよ from 村野瀬玲奈の秘書課広報室
社会保険庁と自治労が1979年5月に交わした労働条件に関する覚え書きの条項を読んでみました。 引用開始 オンライン端末機導入に伴い、覚書別紙7項により次... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年06月21日 23:25

» 【動画】屋山太郎が語る年金問題の原因 from YouTubeだけじゃない!興味深い動画を紹介するブログ
年金記録問題検証委員会の屋山太郎(政治評論家)委員が語る社会保険庁が抱える問題とは?06月14日放送 社保庁・自治労歪んだ関係 ふざけた覚書の内容とはhttp:... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年06月23日 09:45

» 消えた年金記録「発覚」の発端は与党側? from ペガサス・ブログ版
社会保険庁の,杜撰という言葉でも表現できないようなでたらめな仕事ぶりには言葉もないが,このニュースが突然出てきた背景には,多くのブロガーが指摘するように,やは... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年06月23日 21:36

» 小泉内閣社会保険庁改革から2年半以上、なんで今、また社保庁改革? from billabong

年金問題は事務手続きとお金の流れを別々に
考えないといけないが、でてくるでてくる

厚生省や社会保険庁職員の...

[続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月17日 18:52

» 年金記録問題相談員1600人増加・・・のうちのひとりになりそう from 期間工から資格取得、社労士開業
年金記録問題、相談員1600人増員・政府、戸別訪問など追加策  政府が24日の年金記録問題関係閣僚会議で決定する追加対策が明らかになった。社会保険事務所の対応... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年01月24日 11:24