【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 「台風の目」多原かおり | メイン | 財部誠一氏の「虚偽発言」問題 »


2007年06月26日

ネット工作員(1)

もし私(喜八)が「ネット工作員」だったら? ということを考えてみました。
それも「敵」側のネット工作員であったら? という「お話」です。

まずは「敵」の定義を簡単にしておきますね。
現状では「対米隷従派」日本人が「主敵」だと私は考えています。

「右・左」「保守・革新」といった従来型の対立軸を私は重視しません。
冷戦終了後の世界、特に日本においてはこれらの対立軸は「なくなった」とは言いませんが、以前に比べて重要度を劇的に低下させていると考えます。

現在、日本では「対米隷従派」と「祖国独立派」が激しく対峙している。
ここが「最前線」なのです。
実態はなかなか見えてきませんが、「対米隷従派 vs 祖国独立派」の争いは文字通りの「死闘」です。

『アメリカ様』に従ってさえいればすべては上手くいく」と声高に主張する「対米隷従派」日本人エージェントたち。
彼ら彼女らは口では「日本のため」と言いながら、実際にはおのれの利益を最優先させている。
そのためには同胞である日本国民を「売る」ことさえしかねない(実際にしている)。

それに対して祖国日本を「米国の属国」状態から解き放つこと「真の独立」を目指す日本人がいる。
これが「祖国独立派」です。
「祖国独立派」には「右」も「左」も「ノンポリ」もいます。
「右・左」「保守・革新」という従来型の対立軸は「祖国独立」とは無関係なのです。

言うまでもなく私は「祖国独立派」です。
そして「敵」は「対米隷従派」。

近い将来は「対中隷従派」も増加していくかもしれません。
その可能性は高いと思います。
そうなれば「対米隷従派」だけでなく「対中隷従派」とも戦わなければならないでしょう。

前置きが長くなりました。
以下、「ネット工作」の話です。

もし私(喜八)が「対米隷従派」の「ネット工作員」だったら?(実際にはそんなものには死んでもなりませんが、あくまで「仮定」の話です)

「アメリカ様」にまつろわぬ者どもを沈黙させる。
これが「対米隷従派ネット工作員」である私の使命です(あくまで「仮の話」ですよ!)。

「アメリカ様」はきわめて貪欲《どんよく》です。
日本国民の富「国富」を「美味しい獲物」として虎視眈々《こしたんたん》と狙っている。
そのため、まずは日本政府に「年次改革要望書」を突きつけ、日本社会を「アメリカにとって都合のよい」ものに改造させる。
なかでも「郵政民営化」は「アメリカ様」に捧げるための政策である。
日本人が汗水たらして溜め込んだ「虎の子」を「アメリカ様」にそっくり献上する。
これが「郵政民営化」と称されているものの本質だ。

したがって「郵政民営化」に反対するようなヤカラは「アメリカ様」の敵だ!
「郵政民営化」を推進する「日本人エージェント」小泉純一郎殿・竹中平蔵殿を批判するような奴らも「アメリカ様」の敵だ!

公然と小泉・竹中批判を行なうようなブロガーは、「アメリカ様」にまつろわぬ者どもだ!
奴らに「反日非国民」のレッテルを貼り付けろ!
コメントスクラムをかけろ!
敵対的トラックバックを飛ばせ!

なにがなんでも奴らを沈黙させろ!

しかし、我々が「アメリカ様」の僕《しもべ》であることを悟られるのは好ましくない。
それでは「ネット工作」が上手くいかなくなる可能性がある。
とりあえずは「中立」もしくは「保守」を偽装しておこう。
「アメリカ様」に隷従する自分たちこそが「愛国派」であると主張しよう。
「対米隷従 vs 祖国独立」という対立軸の存在に気づかれないように、「ウヨク・サヨク」ということをことさらに声高に叫ぶべし。

と、まあ以上のようなスタンスで「ネット工作」を繰り広げたいと思います。
・・・というのは、あくまで「仮の話」ですよ!(笑)
私(喜八)は死んでも「外国勢力の手先」などにはなりません。
そこまで下劣な人間に成り下がることは絶対にできない(「ネット工作員(2)」に続く)。


関連ページ


投稿者 kihachin : 2007年06月26日 12:25

« 「台風の目」多原かおり | メイン | 財部誠一氏の「虚偽発言」問題 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/1506

このリストは、次のエントリーを参照しています: ネット工作員(1):

» 首都高速を走る地対空ミサイル from ファンキーブラボー
いやぁ、驚きました。 自衛隊車が3列車列を組んで首都高速道路3号線を走行しておりました。 良く見かける隊員を運ぶ為だけのトラックではなさそうで。かなり仰々し... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年06月26日 14:50

» まり子、良き思い出の友よ〜日本の福祉は今(5) from うみおくれクラブ
 ゆみの頭のなかでは、スウェーデンは、理想的な資本主義国家として、今尚、憧れの存在だ。  スウェーデン国民の多くは、所得の半分近くを税金に取られても、全国民に教... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年06月26日 15:50

» 景気回復!小売業は立地がすべて from Empire of the Sun太陽の帝国
 拙者は15・6年前まで祭事屋(さいじや)という職業でゼリー販売をやっていた。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年06月26日 16:01

» ”彼ら”自身は、日本の「国債サイクル」の維持を当面は望んでいると考えてよいでしょうか? from 晴耕雨読
bakaさん: 知的執事の内にも加えられない禿鷹連中は、あっしらサンが想定されるような企みを考えて実行に移すのかもしれませんが、”彼ら”自身は、日本の「国債サイ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年06月26日 19:05

» 政治ブログの運営を怖がらないで from お玉おばさんでもわかる政治のお話
  この頃、お玉やらんきーブログや日本がアブナイに刺激を受けて、政治部門のランキング参加が一気に増えてきました。特にブログを始める前からのお玉のコメ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年06月26日 19:34

» 神奈川県の「最低賃金」より from オギ☆ノフの肖像
神奈川県の最低賃金は717円(2007年6月現在)。 賃労働者の一日平均労働時間8時間。 労働現場に週休二日が適用されたと仮定する。 一ヶ月の稼動日数、約21日... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年06月26日 22:40

» アベ氏パフォーマンスにうんざり 改革にもうんざり from とむ丸の夢
人気blogランキングへ ← 参院選まで頑張ります。  ご協力をお願いいたします。               ありがとうございました。 m(_ _... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年06月26日 23:05

» 恒久減税廃止と憲法9条~内橋克人さんの『試される憲法』1 from はじめの一歩
(エラーで書きかけの記事が消えてしまったので,思い出しつつ,でもグッと短くして) [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年06月26日 23:19

» 【200回記念記事】私が反安倍ブログを始めたわけ。 from 平和のために小さな声を集めよう
今日の記事は、昨年の9月半ばに、このブログを始めてから、200回目の記事になります。 記念として、今日は私事も交えながら、私が何故安倍政権批判ブログを始めた... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年06月27日 01:34

» 国益派って何?~国民新党 from Trend Review
「右・左」「保守・革新」といった従来型の対立軸を私は重視しません。 (中略)現在... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月03日 21:17

» 労働時間の取り扱い from 社労士による学生と社会人1年生のための労働法講座
まずは労働基準法で労働時間というものがどのように扱われているか、原則の部分をおさらいしておこう。・1日8時間(休憩時間を除く)・1週40時間世間の実情とはかけ離... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月24日 15:59