【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 尾辻かな子さん、京都へ | メイン | 早くも崩れた財部誠一氏の「大嘘」 »


2007年06月28日

ネット工作員(2)

国民に圧力。米軍に活力。


もし、私(喜八)が「敵側のネット工作員」であったら? という「お話」を続けます。

 「ネット工作員(1)」(前回の記事)

敵対勢力を沈黙させるためには「レッテル貼り付け」「コメントスクラム」「敵対的トラックバック」などの直接攻撃も効果的ですが、さらに攻撃力を増すために「諜報活動」を行なうことも考えましょう(あくまで「仮」の話ですよ!)。

たとえば「安倍晋三氏の政策を批判し、護憲を主張する者たち」のグループがあるとします。
言うまでもなく、彼ら彼女らは「アメリカ様」の敵です。
「反米分子」を放置しておくことはできません!(くどいようですが、「仮」の話です)

「安倍晋三氏の政策を批判し、護憲を主張する者たち」をよくよく観察していると、どうも「奴ら」は「会員制掲示板」を利用して、連絡を取り合っているようだ。
この「会員制掲示板」に「スパイ」を潜入させることはできないだろうか?

もし、この「会員制掲示板」に浸透することができたら、敵側メンバーの「個人情報」がごっそり入手できるだろう。
それらの個人情報を解析していけば「どこに住む誰」という個人まで確定できるケースもでてくるかもしれん。

そうなったら「やりたい放題」だ!
「反米分子」を叩き潰せ!(「仮」の話です・・・)

さて、ここで「ソーシャル・エンジニアリング」という手法を紹介しましょう。
以下はインターネット百科事典「Wikipedia」の記述です。

ソーシャル・エンジニアリングは、人間の心理的な隙をついて、個人が持つ秘密情報を聞き出す方法のこと。ソーシャル・ワークとも呼称される。

もし私(喜八)が「敵側のネット工作員」であったら、「会員制掲示板」に侵入するため、次のような作戦を試みるでしょう。

(1)複数の仲間でいっせいに「敵側の中心人物」攻撃を行なう。自分たちのブログで個人批判記事を次々とアップする。攻撃対象のコメント欄に陰湿なコメントを次々と書き込む(微妙な線を狙って削除されないようにする)。

(2)同時にメンバーの1人が「敵側の中心人物」への接近を図る。相手のブログに同情的なコメントを書きこむ。メールで「あんな馬鹿ども(じつは仲間なのだが)なんて相手にするのはやめましょう」と「アドバイス」をする。相手が男性であったら、こちらは「若い女性」という設定にする(本当は男性であっても)。

(3)そのうち「○○さんに影響されてブログを始めました」とニセ「安倍批判、護憲派」ブログを立ち上げる。記事の内容は本物の「安倍批判、護憲派」ブログからパクる。自分のブログで「敵側の中心人物」をさりげなく「ヨイショ」し続ける(ただし、あくまで自然に)。

(4)こうやって「敵側の中心人物」の信頼と友情を獲得してゆく。そして「会員制掲示板」へのお誘いがかかるのを待つ。あせると失敗する危険も高まるので、こちらから催促するようなことは避ける。

どうでしょうか?

私のボンクラ頭で考えてみた「ソーシャル・エンジニアリング」です。
パスワードを無理やり突破したり盗むのはれっきとした犯罪ですが、このような手法を使って「敵」の「会員制掲示板」に侵入するのに違法性はありません(たぶん)。
だから安心して(?)試みることができますね。

(※頭のいい方なら「喜八案」よりスマートな作戦をいくらでも考え出せるでしょう・・・)

ところで、以上を読まれた方の中には「そこまでする人間がいるかなあ?」と疑問を持たれた方もいらっしゃるかもしれません。
「そこまでする人間」は確実に存在するだろう、と私(喜八)は思っています。

こんなことは人間社会には「よくある話」ではないでしょうか。

振り込め詐欺」なども一種の「ソーシャル・エンジニアリング」ですね。
新聞テレビの「振り込め詐欺」報道に接すると、たいていの人は「こんなものに自分はひっかからないぞ。笑」と軽く考える。
けれども、実際に「振り込め詐欺」グループから電話がかかってくると、あっさり騙されてしまう人が後を絶たない・・・。

「自分だけは大丈夫」と考えず、「もし不正な攻撃を受けたら、どう対応するか」と常に「心の準備」をしておくことが必要だと私は思うのです。

私(喜八)をよく知っている方々は「ああ、また喜八の『陰謀論』が始まった」とお思いでしょうが(笑)、「もしかしたら自分も『ネット工作』の対象になるかもしれない」と、心の片隅に留めていただければ幸いです。

(※トップのパロディ・ポスターは「とりあえずガスパーチョ」さんの作品です。素晴らしい!)


関連ページ


投稿者 kihachin : 2007年06月28日 07:43

« 尾辻かな子さん、京都へ | メイン | 早くも崩れた財部誠一氏の「大嘘」 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/1512

このリストは、次のエントリーを参照しています: ネット工作員(2):

» 国民の手に政治を取りもどす from とむ丸の夢
人気blogランキングへ ← 参院選まで頑張ります。  ご協力をお願いいたします。               ありがとうございました。 m(_... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年06月28日 14:31

» 小林よしのり、ネットカフェ難民を語る。 from あんち・アンチエイジング・メロディ
最近の検索を見ていると、「憲法・生存権」「教育権」と「ネットカフェ難民」についてが増えている。実は、昨日美容院に行った。いつもお願いする美容師さんは、ネットカフ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年06月28日 17:35

» 年金記録を一億人に知らせる from お玉おばさんでもわかる政治のお話
昨日に登録して、今朝見たらニュース・政治部門6位でした〜〜みんなありがと!!  のほうもみなさん頑張ってらっしゃいますよ〜〜〜らんきーブログさん、日本がアブナ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年06月28日 19:20

» 歯止めとしての憲法9条~内橋克人さんの『試される憲法』2 from はじめの一歩
 とてもじゃないけど,憲法9条の理想なんて実現していない,と言われます.確かにそ [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年06月28日 22:03

» 選挙区では民主党に! 比例区では社民党・9条ネットに! from Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 上に掲げた通り,私は社民党も新社会党(9条ネット)も民主党と共に支持しています.こういうと何を言ってるんだ,などと突っ込むネットゴキが必ずいるのですけど,日... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年06月28日 22:14

» 城山三郎より結城昌治 from 華氏451度
 しばらく休みだった「愚樵空論」が再開された(教えてくれたdr.stoneflyさん、ありがとう)。かすかにでも繋がり続けているのはむろん嬉しいことなのだが... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年06月28日 23:20

» 住民税増税の欺瞞と、怒りの広がり from 平和のために小さな声を集めよう
(庶民増税にノーを!消費税増税を許すな!参院選には投票に行こう!!) 昨日の、年金問題に関するエントリーには、はてなブックマークが複数着き、私のブログとして... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年06月29日 02:00

» 渡る世界にバカばかり! from どーゆーこっちゃ! 私は絶対にだまされないゾ
またしても、 訳のわからない論理が世界を席巻しています。 26日午後(日本時間27日未明)、 米下院外交委員会で 旧日本軍の「従軍慰安婦問題」に... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年06月29日 18:32

» 悪魔とは誰のことか…? from どーゆーこっちゃ! 私は絶対にだまされないゾ
いま日本は、 アメリカの‘忠犬ポチ’などと揶揄されていますが、 残念ながら今の日本は、 愛玩犬のようにかわいい存在などではありません。 ‘忠犬ポ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年06月30日 19:34

» ワーキングプア  日本を蝕む病 from コールセンタートレーナー読書日記
こんにちは、情熱のコールセンタートレーナーこと、藤木健です。最近仕事が立て込んでいて、少々疲れ気味です。締め切りを過ぎた仕事がひとつ、締め切りが迫ってきている仕... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月29日 17:20