【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 久間防衛相の引責辞任 | メイン | 「とくらたかこさんは日本の本当のお母さん」 »


2007年07月04日

安倍晋三氏よ、起死回生の一手はコレだ!

安倍晋三首相


謎の憂国者「」さんのメッセージです。

 人気blogランキング ランキング投票をお願いします


★引用開始★

安倍晋三氏よ、起死回生の一手はコレだ!

誤解しないで最後までお読みください

「私『r』は日本人です。日本人として母国であり祖国である日本が『アメリカ』を始めとする『外国勢力』とそれに加担して『対米売国』に勤しむ『衆参両院』に巣食う『対米売国推進勢力』と新聞テレビ『全国紙とその配下のテレビキー局』を許す事が出来ません。


私は『小泉純一郎』『竹中平蔵』両氏と『新聞テレビ』を未来永劫許すつもりはありません。

しかし残念ながら今現在、少なくとも半数の日本国民は『対米売国』の現実を知らなさ過ぎます。
アメリカ政府は現実として対米売国指令書『年次改革要望書』を日本政府に突き付け、政府与党と新聞テレビは『民営化』と称する『対米売国』に他ならない政策を『錦の御旗』の如く振りかざし、強引に推し進めています。

本来ならばそういった現状を『民主党』を中心とした『野党各党』が一致団結して立ち向かわねばなりません。
しかし残念ながら『民主党』の中に巣食う『対米売国推進勢力急進派』が新聞テレビとタッグを組んでありとあらゆる方法で『野党各党』の団結を妨害します。

その例として『テレビ朝日』の各種『報道・情報番組』をご覧ください。
(特に『サンデープロジェクト』『TVタックル』『朝まで生テレビ』など)
番組出演者の過半数以上を『御用評論家』と『民主党内対米売国推進勢力急進派』及び『自民党ネオリベ・グループ』が占め、事実上の『生贄』として捧げられたとしか考えられない『森永卓郎』氏などを徹底的に痛め付けて、とにかく『小泉改革』と称する『対米売国路線』を必死になって守っています。

『サンデープロジェクト』などは本当に悪質で、『財部誠一』氏は民主党代表『小沢一郎』氏に対して『大嘘』をついて『誹謗中傷・罵詈雑言』としか思えない不当な攻撃を仕掛けてきました。
これが日本の現状です。

安倍晋三』氏を私『r』はこれまで『完全否定』してきました。
恐らく今後も、いや、『未来永劫』完全否定する事でしょう。
されど、『安倍晋三』氏が本気で『対米売国推進勢力』を切り捨てて『宗主国・アメリカ合衆国』と事を構える覚悟があるのであれば、話は変わります。
これまでの『完全否定』を凍結して『対米売国推進勢力』の排除、糾弾、総括に全面協力する次第です。

確かに『安倍晋三』氏の背景にある、と噂される数々の『闇』には納得出来ません。
されど、今は『緊急事態』なのです。
安倍晋三氏が『対米売国推進勢力』と『宗主国・アメリカ合衆国』と本気で戦うのであれば、『思想信条の垣根』を越えて『共闘』したいと思います。
そして私たちの母国・祖国『日本』が本当の意味で独立してから、私は『安倍晋三』氏の思想信条と戦いたいと思っているのです。
その前提が『安倍晋三』氏が「対米売国推進勢力」「アメリカ政府」「新聞テレビ」と戦う事なのです。
それが、下記の文章です。」


安倍晋三氏よ、このままでは「亡国の宰相」として歴史に名を刻むことになりますよ。
それでいいのですか?
お爺様の「安倍寛氏」「岸信介氏」その弟「佐藤栄作氏」そしてお父様の「安倍晋太郎氏」の名誉(?)に泥を塗る事になりますよ。

いいんですか?

安倍晋三氏よ、あなたは「従軍慰安婦の存在」「南京大虐殺の存在」「日本軍による沖縄県民に対する集団自殺強要の存在」などなどあらゆる「歴史的なもの」に対してその存在自体を「否定」し続けてきました。そして「村山談話の否定」「河野談話の否定」などなど…
まあ、それはそれで公人と言えども「思想・信条の自由」がありますから「よし」としましょう。
(とりあえず前述の「存在」とその「事実」の検証は「保留」させていただきます。)

安倍晋三氏よ、そんなあなたは「ぶれない男」として自分を売ってきたわけですね。
ところが…
宗主国「アメリカ合衆国政府」と「アメリカ合衆国議会」そして「アメリカ合衆国民主党」が前述のそれらを「認めろ」と命令されたら自分自身の「思想信条」をかなぐり捨てて今まで主張してきた事をすべて翻《ひるがえ》して事実上の「全面降伏」即ち「土下座謝罪」をしてしまった!

何ということでしょう!

良かれ悪しかれそれらの強要は「米国による内政干渉」以外の何物でもないのではないでしょうか?
でも不思議なのですよね。

小泉純一郎氏と安倍晋三氏を狂信的とも言えるほど熱烈に支持してきた人々は殆ど沈黙を保つ、或いは開き直っています…

でも安倍晋三氏よ、少なくとも「左右両思想」イデオロギーを問わず多くの人々はあなたの内政は勿論、外交にも大きな疑問と憤りを持っているのは事実ですよ。

安倍晋三氏、あなたは小泉純一郎・竹中平蔵両氏による年次改革要望書に準拠した「対米売国推進」に深く携わり、そしてそれら「売国政策」を継承した。
即ちあなたは「純粋な売国奴」以外の何物でもない。
そして「狂信的支持者」の精神的支柱までをもアメリカの圧力であっさりと打ち砕いてしまった。

(私は「狂信的支持者」≒「自民党側工作員」と思っていますが)

もう、どうしようもなくなりましたよ。
このまま開き直って「公安・治安立法」を強行採決して言論弾圧を行い、北朝鮮同様の「警察国家」を作り上げても「売国奴」の謗《そし》りを払拭する事は無理でしょう。

いいんですか?このままで?

私「r」はあなたが復活する為の処方箋を提案します!
(私は小泉純一郎氏と安倍晋三氏、そして自民党清和会(清和政策研究会)とその周辺を完全否定していますが、あえて「塩」を送りますよ。)

その処方箋とは…

「NHKで生の緊急記者会見を行い、その席で全てをブチまけろ!」

全てとは…
「対米売国推進勢力の真実」
「年次改革要望書の真実」
「小泉純一郎の正体」
「日本社会の闇」
「新聞テレビの正体」
「自称愛国者の正体」
「親米保守、親米右翼の正体」
「新興宗教の正体」
などなどですね。

これらをブチまければ「日本全国」が「どパニック」になるでしょう!
しかし、それらをブチまけた後にあなたはこう言えばいいのです。

「真の抵抗勢力、そして日本国民全ての敵はコイツらです! 国民の皆さん、左右イデオロギーの枠を超えて私と一緒に戦いましょう! 全国紙の全て、テレビキー局の全ては敵です! NHKには全面協力をお願いします! 国民の皆さん! 私と一緒に立ち上がりましょう!」

こう言えば安倍晋三氏、あなたは「亡国宰相」から一転して「救国の英雄」に昇華します!

もしあなたがこの戦いに踏み切るのなら、私「r」と喜八さんはあなたとともに「日本国民の敵」と戦いますよ。命ある限り。

でもあなたには無理でしょうね…

★引用終了★


人気blogランキング ランキング投票をお願いします

応援ありがとうございます(r)


関連ページ


投稿者 kihachin : 2007年07月04日 12:26

« 久間防衛相の引責辞任 | メイン | 「とくらたかこさんは日本の本当のお母さん」 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/1533

このリストは、次のエントリーを参照しています: 安倍晋三氏よ、起死回生の一手はコレだ!:

» 何気ない日常〜昨日の出来事(久間辞任も含む) from うみおくれクラブ
 利用している信用金庫の「新しいICチップ機能付きのキャッシュカードが誕生。現在のカードから新カードへの変更は、9月までは手数料が無料になります!」というポスタ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月04日 12:51

» 疑惑はどうなったの? from とむ丸の夢
人気blogランキングへ ← 参院選まで頑張ります。  「サメの脳みそ」と「ノミの心臓」を持つ男、森喜朗首相(当時)の買春疑惑が報じられたの... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月04日 16:29

» 射程圏内に入ってきました from 美しい季節とは誰にも言わせまい・・・・
第65位 山○一太の「気○はいつも直○降」 参議院議員山本○太のブログ  ・  ・  ・ 第73位 美しい季節とは誰にも言わせまい・・・・ 誰のため... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月04日 20:57

» 軍備増強での安全確保を唱える人は、どこまで増強したら完璧なのか、誰一人として具体的に私たちを安心させてくれない(その2) [加筆しました] from 村野瀬玲奈の秘書課広報室
(人気blogランキング参加中。応援クリックお願いします。) 先日のエントリー、「軍備増強での安全確保を唱える人は、どこまで増強したら完璧なのか、誰一人と... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月04日 23:31

» アベ一座公演「うちゅくぴいくに」千秋楽にむけての演目を楽しもう! from 逍遥録 -衒学城奇譚-
あと一月ほどで公演を終了し、解散予定のアベ一座公演「うちゅくぴいくに」が千秋楽にむけて、ますます気合の入った演目を披露してくれている。 ヤラセタウンミィテ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月05日 00:51