【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« ネットの自由を守ることは民主主義を守ること | メイン | 「創価学会」が来ない! »


2007年07月19日

各候補者に声援を送ろう!

中田英寿 Take Action! 7.29」(大きな画面)

 人気blogランキング ランキング投票をお願いします

参院選を戦い続けている候補者の皆様に声援を送ろう! という記事です。

私(喜八)自身はいかなる選挙にも立候補したことはありませんが、傍《はた》から見ているだけで「候補者というのは本当にシンドイものだ」ということがよく分かります。

特に今回の参議院選挙のように「選挙期間」が長く、さらには実質的に数ヵ月前(数年前?)から戦いが始まっているような場合だと、相当にタフな人でも消耗しきってしまうのではないでしょうか。

そんな選挙戦もいよいよ後半です。運命の投票日(07-29)も刻一刻と近づいてきました。ここから先が本当の勝負。すべての候補者にとって苦しい「胸突き八丁」の坂を駈け上がれる者だけが、最後の勝利をつかめるのです。

くたくたに疲れていても笑顔を忘れず、大声を張り上げて政策を訴え、無数の人たちと握手をして、戦い続けなければならない。それらができないようであれば候補者失格だ。でも、人間だから疲れが溜まってくれば「気合」も低下してしまう・・・。

けれども、どんなに草臥《くたび》れていても、サポーターの声援があれば勇気百倍! 身と心が極限まで疲労しきっていても、熱いエールを耳にすれば、新たな力がどこからか湧いてくる。選挙候補者とサッカー選手とは「そういったもの」だろうと思います。

なんと言っても選挙には「気合」が必要です。候補者・スタッフ・サポーターが一丸となって燃え上がるとき、通常では想像もつかないような凄い力が働く。無印だった候補者が「奇跡の勝利」を得るのは、得てしてこんなときでしょう。

候補者の皆様に我々の声援を届けましょう。

駅前広場やスーパー駐車場で行なわれる立会い演説会、公民館で行なわれる集会などに参加して、声援を送りましょう。観客の反応がよければ弁士にも力が入ります。「恥ずかしい」という気持ちは忘れて、大きな声で応援しましょう。大声をだすのは健康にもいいですよ(笑)。

選挙カーや自転車での遊説に出会ったら、やはり大きな声で声援を送りましょう。手を振るだけの応援より、候補者の感動がぐんと大きくなります。感動があれば「最後の最後まで戦い抜くぞ!」という勇気も湧きあがるでしょう。

候補者がブログを開設していたら、トラックバックを送るのもいいですね。私(喜八)も応援する某候補のブログに毎日せっせとTBを送信しています。ただし、私の名前だけ目立つと逆効果な気もしてきたので、知り合いのブロガーさんたちにも呼びかけて、皆で「トラックバック作戦」を実行しています。

ハガキや手紙で声援を届けるのもいいですね。普段でもハガキ(手紙)を貰うと嬉しいものです。それが選挙運動でクタクタになっている候補者の場合なら、まさに「干天の慈雨《かんてんのじう》」のような効果があると思います。もし、私が候補者で真心のこもった応援手紙をいただいたら、天にも昇ったような気持ちになり「死ぬ気で戦い抜くぞ!」と発奮するに違いありません。

カンパを送ったり、後援会に入るのは手堅く現実的な応援になります。選挙はどんなに地味にやっても結構な費用がかかります。一般ピープルである我々が送るカンパは「金権」などとは無縁の純粋な支援です! それと、日本人は義理堅い方が多いので後援会に入会した大部分の方が投票してくれるそうです。選挙期間中に後援会員が増えるのは、なによりも候補者の力になるはずです。

我々サポーターの声を候補者に届けましょう。とてつもない困難な戦いを続けている彼ら彼女らに「勇気」を送りましょう。 真に「豊かな国」日本をつくるため、皆で力を合わせて戦いましょう。

マスメディアでは「野党有利」の声が上がっているようですが、そんなモノを信じてはいけません。「自公政権を有利にするための、新聞テレビによる謀略か?」くらいに思っていたほうがいい。2005年のいわゆる「郵政民営化総選挙」の際も全選挙期間を通じて「野党有利」と報道されていたのを私は覚えています。有利と言われて気が緩んで野党側が大敗したことを忘れてはいけません。

安倍政権が歴史的大敗を喫するその日まで、力を抜かず気を緩めず戦い抜きましょう!


人気blogランキング ランキング投票をお願いします

皆様の声援に勇気をいただいております


関連ページ

安倍内閣 問題点集


安倍政権は何をしてきたか? ~言行録1~


自分落とすな、自民を落とせ!!!


投稿者 kihachin : 2007年07月19日 20:25

« ネットの自由を守ることは民主主義を守ること | メイン | 「創価学会」が来ない! »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/1590

このリストは、次のエントリーを参照しています: 各候補者に声援を送ろう!:

» 雪崩は起きるか?! from 人工樂園
 白川勝彦氏「永田町徒然草」の本日付「自民党の深刻な広報戦略」から,朝日新聞の世論調査について述べた部分を引用します。元自民党の白川さんの分析なので,これはかな... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月19日 22:16

» 参院選挙戦も終盤、獲得議席はどうなる? from 平和のために小さな声を集めよう
選挙に行こう!明日の日本を変えるのはあなた。 しつこいですが、記事の前に、ネットビラをご覧ください。参院選まで続けます。  http:/... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月20日 02:54

» 良識のない閣僚&器の小さい首相はいらない。+宮本氏訃報コメントでの中曽根・安倍の差 from 日本がアブナイ!
【私が敬愛する中田ヒデが、You Tubeで「Take Action! 7.29」という投票推進をアピー ルしている。まずは、自分たちの一票で日本を変えるため... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月20日 05:34

» 紙の弾丸 from 権力に迎合したマスコミ人を忘れるな!
右や左の愛国者の皆さん、照準(ねらい)は定まりましたか? 弾丸(たま)はしっか [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月20日 07:52

» 選挙立候補者に我々の声援を届ける方法 from Loyal Opposition 金子洋一
 リベラルな観点から、今の政治情勢に警鐘を鳴らす活動を続けて... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月20日 08:39

» 麻生外相「アルツハイマーの人でもわかる・・・」 from お玉おばさんでもわかる政治のお話
本日二つ目のエントリー お玉がこのごろ、とっても下品になっているでしょう。 決して自民党のあげ足とりをやっているつもりはなくとも、そのように見えるかもねえ・... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月20日 10:01