【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 小泉純一郎、その逆説的「功績」 | メイン | 「客殺し」 »


2007年07月24日

自民党は手強い

安倍晋三ポスター

「改憲・核武装推進派ブロガー」に囲まれながらも奮闘する「お玉」が「アブナイ!」「らんきー」「喜八」の応援をお願いします!

 人気blogランキング ランキング投票を!

通信社・新聞社の調査によると「野党有利・自民不利」の傾向が顕著になっているのだとか・・・。

こんな報道を信じてはいけない!」と私(喜八)は思います。

小泉純一郎前首相が仕掛けた2005年のいわゆる「郵政解散総選挙」でも、インターネット以外のメディア(新聞・テレビ)では終始「野党優勢」と報じられていました。

ところが開けてみたら「小泉自民」の圧倒的勝利。
多くの日本人は「郵政民営化」の真の意味を知らされぬまま、小泉演出「女刺客劇場」に酔いしれ、「まともな議員」たちを落選させてしまった。

こうして我らが祖国日本は奈落への階段をいっきに数十段分は下り降りることとなりました。

日本人が汗水たらして溜め込んだ巨額の「簡易保険」資金を、そっくりそのまま米国金融資本に進上しようとしているのです。
なんと「お人好し」「ナイーブ」なことだろう!

」さんではありませんが、「新聞・テレビは日本国民の敵」と強く疑っておいたほうがよさそうです(言うまでもなく、個々の新聞記者やテレビ局員には「国民の味方」も少なくないでしょう。が、「企業」としての新聞社・テレビ局には疑惑の目を向けたほうがいい)。

とは言うものの、現実的には「自民衰退」の兆候が私にも感じられるようになりました。

たとえば「ポスター」です。
街角に張られる選挙ポスターが妙に減少しています。
それも自民党のポスターばかりが減っているのです。

「公明党」代表(ハンサムな)太田昭宏氏のポスターはよく見かけます。
「民主党」代表(無骨な)小沢一郎氏のポスターも少なくありません。
ところが「自民党」総裁(普通な)安倍晋三氏のポスターはほとんど見当たらないのです!

昨年(2006)09月、安倍氏が総理総裁に就任したころは、それこそ「ウルサイくらいに」安倍晋三特大アップポスターが貼られていました。
それが今回の選挙では数えるくらいしかない!

(※ちなみに私が住む地方は「保守王国」と言われる土地柄です)

ふと気づくと、地域の自治会長さんも「安倍ポスター」を貼っていません。
この方は熱心な自民党員で、これまでも選挙のたびに自民党のポスターを2枚ずつ自宅前に貼るのが慣わしでした。
ところが今回は1枚も貼っていないのです!

昨晩、偶然顔を合わせたので、自治会長さんに訊いてみました。
○○さん、なぜ選挙ポスターが貼ってないんですか?
すると、自治会長さんは複雑な顔をして「う~ん、ちょっと忙しくて忘れてた」なんて仰《おっしゃ》るのです。

忙しいのは、この方(自治会長さん)の「趣味」のようなもので、年がら年中いろいろな用事をつくって飛び回っています。
だから「忙しいというのはポスターを貼らない理由にはならない」とは思いましたが、そこは「武士の情け」で、それ以上の追求は控えました(笑)。

「安倍ポスターが見当たらない」現象は全国各地で見られるようです。

こういうときにインターネットは便利ですね。
ブロガーズ・ネットワークを通じて他県の様子も即座に伝わります。
たとえば安倍晋三首相の「お膝元」と呼ばれる山口県でも「自民党ポスターの減少」現象は観察されているのです。

これは一体どうしたわけでしょうね?
選挙を前に自民党後援組織がサボタージュをしている?
国民が安倍政権を見放している?
はたまた野党側を油断させるトリックか?

なんてことは私に分かるはずはありません(笑)。

ここは自民党の状況がどうあれ、全力をだして戦う以外に道はありません。
何度も書くようですが、ここで「勝った」と油断してしまえば、大敗北を喫するのはこちらの側でしょう。
最後の最後まで気を緩めずに戦闘を続けるしかない。

衰えたりとはいえ、自民党はまだまだ手強い。

これが嘘偽らざる私(喜八)の実感です。
たとえ、現状が「自民不利」のように見えても、最後にはしっかりと票を集めるのが自民党政治です。
だから勝負は蓋を開けるまで分からない。

たとえば、以下のようなこともありました。

とある国政選挙で「民主」候補と「自民」候補の一騎打ちとなりました。
どちらも、まだ若い「男前《おとこまえ》」の男性です(どちらかというと「民主」のほうがハンサム)。
どちらも「高学歴」(どちらかというと「民主」のほうが優秀)。
ただし、前評判は「『自民』候補の圧倒的有利」でした。
「自民」候補は父親も国会議員という「世襲二世」であったからです。

私(喜八)は両候補の演説会に足を運びました。

「自民」候補は「半分眠ったような、ぼおっとしたおじさん・おばさんが多い」という印象でした。
演説会自体もさほど盛り上がらないものでした。
揃いのブルゾンを着た後援会員ばかりが目立ちました。

それにくらべて「民主」候補の演説会は相当に熱の入ったものでした。
応援弁士も力のある者を揃えたという印象でした。中には「アジ演説のプロ」と呼びたくなるような方もいらっしゃいました。
観客は「動員」で来ている人は少ないようでした(「連合」らしき方もいましたが)。

両陣営の演説会を実際に聞いて、私は「両者は競っている。もしかしたら民主候補の『金星』もあるかも」と思いました。
そして民主候補に一票を投じました。ところが・・・。

選挙結果は「自民」候補の圧勝と言っていいものでした。
歴代の「民主」候補者の中では「善戦」と言えるけれど、「接戦」にはほど遠い結果だったのです。

「やっぱり、自民は手強い」。
あらためて、そう思いました。

後に友人知人の解説を聞くと、私が暮らす地方では公明党・創価学会が「強い」ため、「自民」候補のリード分はそっくりそのまま「学会票」ではないかという人もいました。
これが本当かどうかは私には分かりません。

いずれにせよ、結果として自民は手強いのです。
理屈はどうあれ、票を集める能力は持っているのです。
だから、今回の参議院選挙でもけっして油断はできないのです。

だからメディアが伝える「野党有利・自民不利」報道などは絶対に信じてはいけない!
選挙戦も今日を入れて、あと5日。
「ここが切所《せっしょ》」と見定めて、踏ん張っていきたいと思います。


人気blogランキング ランキング投票をお願いします

応援ありがとうございます!


関連ページ


日本の笑顔をまもりたい! とくらたかこ

みんな自分らしく! 尾辻かな子

女ムネオ 多原かおり

みんなで「真に豊かな国」日本を実現させましょう!


投稿者 kihachin : 2007年07月24日 20:36

« 小泉純一郎、その逆説的「功績」 | メイン | 「客殺し」 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/1614

このリストは、次のエントリーを参照しています: 自民党は手強い:

» ラベンダーの香りに乗せて~♪ from 黄昏石狩日記
←我が家のラベンダーが満開です(´∀`*) いい香りですよ??♪ 蜂や蝶々がよってきています。 もう少ししたら、切り取ってドライフラワーにするつもりです。{... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月24日 21:45

» 美しい国を夢見る from 人工樂園
 「美しい国」という表題を目にして,私の書くものに多少なりとも興味を持って下さっている酔狂な人々は,どこかのお坊ちゃまくん総理の顔を思い浮かべて"お前... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月24日 21:59

» 山口県選挙区に注目する! from 津久井進の弁護士ノート
 どういうわけか,一人区の中で,山口県選挙区だけは自民優位と報じられ続けている。  朝日新聞は「動向が注目される1人区(29選挙区)では、群馬、和歌山、山口で... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月24日 22:11

» アベ内閣の炸裂する反与党自爆選挙キャンペーン:防衛施設局辺野古ダイバー殺人未遂事件の証拠写真 from エクソダス2005《脱米救国》国民運動
アクセス急増中!483(22日)→774(23日)→5126(本日22:04現在) 政治ブログランキング ←(現在73位)ご協力お願いします. アベ内閣... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月24日 22:20

» アベチンゾー君「シートベルトの着用率は何故急激に上がったか?わかる?」 from ファンキーブラボー
現在のシートベルトの着用率は運転席では1995年のデータで93%を超えている。テストの100点満点で言えば93点という大変優秀な成績である。 でも、昭和61年... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月24日 22:35

» 無党派よ、選挙に行こう! from 美しい季節とは誰にも言わせまい・・・・
 ←(参議院選まで期間限定 お願いします) さて、報道各社の選挙戦序盤情勢の結果が出揃ったが、与党は苦戦を強いられているようだ。しかし、私は全く予断を許さない... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月24日 22:58

» 注意!勝敗予測報道は逆誘導ではないか。 from 日々の思い
勝敗予測報道に騙されるな!逆誘導の可能性がある。 衰えたりとはいえ、自民党はまだまだ手ごわい、と喜八ログさんが選挙報道における危険性を論じていますが、私もその... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月24日 23:24

» サンケイグループのあせり from kimera25
ここにきて焦っているのは自民広報部のサンケイグループ!新聞本体での記事に足りず大応援のサンスポ!さらにはZAKZAKでの自民大好きキャンペーン!ブログのiZAも... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月24日 23:51

» 参院選予想修正 from カナダde日本語
きっこ作第二弾 このところ、いろいろなブログやニュースで盛んに参院選予想が語られている。実際の情勢は私が少し前に立てた予想よりもずっと民主党に有利のようだ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月24日 23:53

» 欺瞞に満ちたグローバリゼーション from 現政権に「ノー」!!!
「グローバルスタンダードは、アメリカンスタンダードではあり得ない」 石原都知事は、2001年1月、ダボス(スイス)会議に出席した時に、斯様な発言をし、アメ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月24日 23:54

» 野党優勢なんて、ほんなコツね? from 逍遥録 -衒学城奇譚-
最近の報道では今回の選挙、どうも野党が優勢で、過半数を確保しそうな勢いって云われてますね。 週刊誌やネットの記事では、セージヒョーロンカや何チャラが、自民はヒ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月25日 00:16

» 皆の衆! 悲願の「政権交代」の為に気を抜かず最後まで頑張り抜きましょうぞ! from 晴天とら日和
●毎日新聞 2007年7月24日 19時30分 安倍首相:拉致問題は付け足し 参院選応援で 安倍晋三首相が連日の参院選応援で、最大の「安倍カラー」である... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月25日 00:36

» I love Takako from kimera25
”I love Takako”の背景よりつかれたよ・・!なきたいよ・・! もっと もっと 力があればこの人を喜ばせてあげるのにきっと!今 不安なんだろうなあ・... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月25日 01:44

» アフガン情勢&日本の自衛隊派遣などのあり方+舛添が麻生に怒+イラ立ちを募らせる格差拡大 from 日本がアブナイ!
【9条がアブナイ??♪ 年金がアブナイ??♪ という社民党のCMが流れると、つい 「日本がアブナイ??♪」と歌ってしまう今日このごろ。(^^♪・・・「平和で平... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月25日 05:20

» 「想定外」 from 酔語酔吟 夢がたり
 {%clover%} 投票しましょう。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月25日 06:28

» 山口選挙区→希望をうかがわせる期日前投票 from 津久井進の弁護士ノート
 山口選挙区は、最も注目すべきスポットだ、というのを昨日書いた。  首相のお膝下で、確実視された自民候補が敗北したときのカウンターパンチ的な影響は、相当なもの... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月25日 06:54

» 7月29日は投票にいこう!期日前投票もあるよ!在外投票はもう終わっちゃったけど。 from 薫のハムニダ日記
7月29日(日)は参議院選挙の投票日です。みなさん、せっかくの権利ですから行使しましょうね。でないと税金払いっぱなしで“MOTTAINAI”ですよ。年金も消えち... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月25日 17:04

» いよいよ終盤戦 from ベースケ日記
 いよいよ参院選も終盤ですね。時代遅れの公選法のせいでここのところ音楽記事に戻ってましたが、今回ばかりは時期的に触れずに [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月25日 22:15

» 売家と唐様で書く三代目。棄権は危険!とにかく投票を!! from あんち・アンチエイジング・メロディ
人気blogランキング←政治カテゴリーに参議院選まで移動しました。ちょっと落ち気味ではありますが、ぜひご支援のほど、よろしくお願いいたします。m(_ _)m  ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月26日 12:45

» 護憲候補者リストの最終アップデート:民主党候補の圧倒的多数(6割)は護憲派であることが判明した from エクソダス2005《脱米救国》国民運動
今回の参議院選挙は,「改憲・護憲」をテーマにするか否かに関わらず,その問題を避けて通ることはできない.なぜなら,参議院議員には6年間という安定した任期が保障され... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月27日 01:55