【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 「財政赤字」報道を疑う | メイン | 素晴らしき先生様方へ »


2007年07月22日

サヨナラ、殿様政治(2)

衆議院議員 赤城徳彦ホームページ


赤城氏政治団体、退去後も事務所費経費 7年で1215万円

2007年07月21日22時42分
 赤城農林水産相(衆院茨城1区)の事務所関係者が会計責任者を務め、04年に解散した政治団体「つくば政策研究会」が97~03年の7年間、すでに退去していた東京都内のビルを事務所として政治資金収支報告書に記し、事務所費などの経常経費計約1215万円を計上していたことが分かった。赤城事務所は「退去後は茨城県内で事務をしていたが、所在地の異動届を怠っていた」と不備を認めた。
 官報などによると、同研究会は89年2月に設立され、04年2月に解散するまで、港区西新橋2丁目のビルを「主たる事務所」として収支報告書に記載。しかし、実際は96年中にこのビルから退去し、97年以降はこの場所に事務所は存在していなかった。
 一方、同研究会は97~03年の7年間の合計で、人件費約757万円▽光熱水費約111万円▽備品・消耗品費約122万円▽事務所費約225万円の計約1215万円を経常経費として総務省に届け出ていた。
 この支出について、赤城事務所は「研究会は地元の有力者らが設立した政治団体。96年に新橋の事務所を退去した後は茨城県下妻市内の事務所や会計責任者の自宅で事務を行い、かかった経費を計上していた」と説明。そのうえで、「会計責任者が異動届を怠っていた。同じ過ちを起こさないよう会計責任者を厳しく注意した」とコメントした。
 同研究会の解散当時の代表だった元町長は「祖父の代からの支援者が集まり、選挙の応援や政治活動の助言をしていた。メンバーが高齢になり、区割りも変わったため、解散前にはほとんど休眠状態だった」と話した。
 赤城氏をめぐっては、茨城県筑西市の実家を主たる事務所として多額の経常経費を計上していた問題が発覚。詳細な説明を求める声が上がっているが、赤城氏は領収書や明細の公開を拒んでいる。

 (「朝日新聞」より引用。文中一部太字化は喜八による)

うわ~、赤城徳彦先生やってしまいましたね。

会計責任者が異動届を怠っていた。同じ過ちを起こさないよう会計責任者を厳しく注意した

悪いのは「会計責任者」であって、赤城さん、あなたではないと仰るのですね?
なるほど、全責任を「下」の者に押し付けて自分は「知らん顔」ですか・・・。

よ~く分かりました(笑)。

これまでにも政治の世界では、あまりにも度々《たびたび》見られた光景です。
「秘書のやったことです。私は知りません」
こう言って政治家が責任逃れをする姿を我々は幾度となく見せられてきた。

しかしですねえ。
「この手」をつかってしまった政治家は概《おおむ》ね「オシマイ」なのですよ。

大将が責任をひっかぶらないで「下」の者にすべてを押し付ける。
そんな大将についていくほどオメデタイ人など、世の中にはそれほどいないからです。

赤城さん、あなたは今後「存在的な敵」に囲まれていると思ったほうがいい。
いま現在は「忠義者」のような顔をして仕えている者であっても、いつなんどき寝首を掻きにくるか分からない。

でも、それも仕方のないことですね。
部下を守れないような大将など「乱世」にあっては何の価値もない存在なのですから。

戦後、「宗主国」アメリカの保護下にあった日本は「平時」が長く続きました。
その「平時」は1991年のソ連邦崩壊、冷戦の終結とともに終わりを告げ、現在の日本は大きな変化の真っ最中にある。
つまり「乱世」です。

「乱世」における大将の資質とはなにか?
「自らに付き従う一族郎党を、どこまでも守る」です。
これができる者だけが、大将の座についていられるのです。

この「喜八ログ」でも応援している鈴木宗男さん。
ムネオさんは日本中を挙げての総バッシング・逮捕・長期拘留・裁判において、部下に罪を押し付けたことなど、ただの一度もなかった。

それどころか、癌で治療中の女性秘書を慮《おもんぱか》って、「ぜんぶ鈴木の責任だと供述して保釈にしてもらって治療に専念しなさい」と弁護士を通じて女性秘書に伝えたこともある。
そのために自身の立場が悪化することを承知の上で・・・。

辻元清美さんも同様です。
彼女も「秘書給与流用疑惑」における全ての責任を自分1人で引き受けた。
「秘書のやったことです。私は知りません」なんてことは口が裂けても言わなかった。

だからこそ、ムネオ氏と清美氏は「ゾンビのごとく」と形容されるくらいシブトク復活できたのです。
もし、2人が(多くの政治家のように)責任を「下」の者におっつけていたなら、彼らはいまごろ「地獄」にいるでしょうね。間違いなく。

翻《ひるが》って、赤城徳彦氏は「会計責任者が異動届を怠っていた。同じ過ちを起こさないよう会計責任者を厳しく注意した」という禁じ手を切ってしまった。
あまりといえばあまりの「悪手」だ。

なぜ「自分(赤城)が不注意でした。すべての責任は自分にあります。国民の皆様には心よりお詫び申し上げますとともに、今後は『政治とカネ』問題に全身全霊をもって取り組みます」と言えないのだろう?

ところで、私(喜八)はいわゆる「道徳漢」などではありません(笑)。
赤城徳彦氏の言動が「許せない」とか、そういうことを述べているのではありません。
「あまりにも稚拙な対応だ」と呆れているのです。
自ら「破滅へ、破滅へ」と進んでいるようにしか見えない赤城氏の姿に、心配さえしているのです(お人好しなものですから)。

おそらく、その昔の「戦国時代」にも「悪手」を連発して滅びていった「殿様」などいくらでもいたのでしょう。
戦世《いくさよ》にあってはそれも「仕方がない」こと。
現在進行形の「乱世」においても、凡庸な「殿様」を抱いた勢力は次々と滅亡していくに違いない。

個々の勢力や個人が滅びるのはしかたないとしても・・・。
日本そのものが駄目になってしまうのだけは困る!
国民の1人として、それは勘弁して欲しい。

安倍晋三首相とその取り巻きの世襲「殿様」議員たちに日本国の運営をまかせておくのは、あまりに危険だ。
彼ら彼女らには「大将」として「一族郎党を、どこまでも守る」という覚悟も能力も決定的に欠けているのだから。

サヨナラ、殿様政治」というのは薄っぺらな「皮肉」や「冷やかし」などではありません。
日本の未来を左右しかねない、きわめて重要な問題に対する、これ以上はないほどの真剣な「提起」なのです。


 「世襲政治家一覧


関連ページ


投稿者 kihachin : 2007年07月22日 20:19

« 「財政赤字」報道を疑う | メイン | 素晴らしき先生様方へ »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/1603

このリストは、次のエントリーを参照しています: サヨナラ、殿様政治(2):

» いよいよラスト一週間!!! from 現政権に「ノー」!!!
7/29 参 議 院 選 挙 候 補 者 一 覧 いよいよ参議院選挙も残り一週間。改選議席数121を巡っての攻防。 ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月22日 21:32

» 「冷房病」という自律神経失調症に注意! from Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
あなどらないで! 冷房病 - goo ヘルスケアについて.  また汚穢な話で申し訳ないが,私が利用している近鉄系の路線バスはあまりにも冷房がきつすぎる.運転... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月22日 21:40

» コイズミ改革・アベシ政策の破綻が北九州市に強烈にみえる。 from 晴天とら日和
●2006年5月26日(金)「しんぶん赤旗」 電気・ガス止められ孤独死生活保護申請させず 北九州市 ●「NNNドキュメント”07」2007年2月25... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月23日 00:49

» こんな筈はないはずなのだ!危険警報発令! from kimera25
わたしはありえないと思う!?そんなに自民の基盤というのは軟弱なの?******「時事通信」********http://www.jiji.com/jc/c?g=... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月23日 01:04

» 故・松岡農相の「光熱費」は芸者の花代? from 平和のために小さな声を集めよう
梅雨明け間近!日本の梅雨明けも!! 記事の前に、「ネットビラ」をご覧ください。参院選まで続けます。 http://abehaiboku1.... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月23日 03:47

» 選挙を制限する発想はオカシイぞ from 津久井進の弁護士ノート
 連日,自民党の苦戦が報じられているところですが,与党に対する支持は,決して地に落ちているわけではないと思います。  昨日行われた各所の地方選では,自公が強く... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月23日 08:03

» テレビも「改革」を叫んでいるのか? from とむ丸の夢
人気blogランキングへ ← ランキングに参加しております。ご協力をお願いいたします。      &... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月23日 11:04

» 怪談にほん狂惨党「死人に口なし」(1) from うみおくれクラブ
 ふふふふふ・・・  広島瀬戸内新聞さん「命落すな!自民落せ!」の記事で、  <b>「複数区での民主党候補による「票のとりすぎ」で,自民党が落ちなか... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月23日 11:45

» 赤城徳彦事務所費問題は続く from zara's voice recorder
<赤城農相>退去後事務所費問題は「会計責任者の怠慢」 赤城徳彦農相の関連政治団体「つくば政策研究会」(04年に解散)が、東京都港区西新橋のオフィスビルを退去... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月23日 22:34

» 成長を実感に!と言われれば言われるほど...(4) from はじめの一歩
今日もブログを更新するぞぉと思って帰ってきたら,ココログはメンテナンス中だそうで...参院選まで人気ブログランキングに参加しています.かなり面倒で済みませんが,... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月24日 23:19