【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 小沢一郎「引退発言」を重く受け止める | メイン | 参院選・野党勝利のために(その1) »


2007年07月10日

とくらたかこさんの戦い

とくらたかこ

 人気blogランキング ランキング投票をお願いします

各種「世論調査」によると、参院選山口選挙区では現職の林芳正議員が「本命」だそうです。
「磐石」という評価さえあるらしい。

「ほぉ~」と思います。
そんな風に決めつけてもいいのですかねえ。
まったくの「無印」であった候補が「奇跡の勝利」を得る例など珍しくもなんともありませんよ。

宮崎県の東国原英夫知事。
千葉県堂本暁子の知事。
滋賀県の嘉田由紀子知事。

まだまだ他にも大勢いらっしゃいます。
「大穴候補勝利」の実例は事欠きません。
まさに選挙ばかりは「蓋を開けてみないと分からない」のです。

林芳正陣営が「本命」という風評の上に胡座《あぐら》をかいていれば面白いことがおきそうですね。
いや、きっとおきるでしょう。

私(喜八)には林芳正議員が、とある戦国武将と重なって見えてしかたありません。

その戦国武将とは?
今川義元」です。

あえて解説するまでもないと思いますが、今川義元は戦国時代「天下一統」最有力候補の1人と見なされていました。
けれども、織田信長による桶狭間の奇襲であっけなくその首を獲られました。

名門今川氏の9代目にして公家文化に精通した教養人だった今川義元。

曽祖父・祖父・父親・本人と四代続く世襲政治家にして東大・ハーバード大学大学院を卒業している林芳正議員。

今川義元・林芳正の両者は共通する点が結構ある。
と、私(喜八)は思ってしまうのです。
お2人はなんだか容貌も似ていそうです(完全な「偏見」ですが。笑)。

ところで「林芳正」でググってみたら、以下のようなページが3番目と4番目にヒットしました。

 「林芳正代議士の車が当て逃げ

 「下関署が被害者を執拗に取調べ

いやはや、なんとも香ばしい・・・。
これこそ今川義元的な「驕《おご》り」の証左。
そう感じてしまうのは私だけでしょうか?

今回の参院選はまさに「天下分け目の戦い」です。
もし、ここで我々が負けたら祖国日本はどうなってしまうのか?

  • 「アメリカ様」の手先に成り下がり、侵略戦争を「させられる」国。
  • 秘密警察が肩をそびやかして跋扈《ばっこ》する、北朝鮮のような国。
  • 貧富の格差が「意図的に」拡大・固定され、「貧乏人は勝手にしろ」という棄民の国。
  • 祖父や父の「七光り」を持つ者は十二分に報われるが、そうでない者は頑張っても報われない国。

こんな国になるのが目に見えているのです。
大袈裟でもなんでもなくて、ごくごくリアルな予想です。
「そんなことあるわけない」と思う方がいらっしゃいましたら、申し訳ありませんが、相当な「極楽トンボ」と言うしかありません。

だから何が何でも「この一戦」に負けるわけにはいかない。

もし、我々が負けたら?
祖国日本は底なしの泥沼に沈んでゆくことになります。
日本人の名誉と尊厳は地に落ちます。
子供や孫、未来の日本人に巨大な「負の遺産」を残すことになります。

ただし「光明」はあります。

まず何と言っても「敵」の総大将は実力にも実績にも決定的に欠けた「暗愚の貴公子」です。
あんなものを担いで命がけの「合戦」に勝てると考えるとは、どうかしている!
敵側が凡将・愚将揃いであることは間違いありませんね。

エリート気取りのお歯黒ボンボン議員ども。
私利私欲で凝り固まった宦官官僚ども。
「敵」の実態はこんなものでしょう。
こんな「奴ら」に負けるわけにはいかない!

「敵」総大将安倍晋三の「股肱《ここう》の臣」林芳正。
林[今川義元]芳正の首を、我らが「先鋒」とくらたかこが獲る。
このとき、日本の未来が見えてくると私は思う。

とくらたかこさんの戦いは山口県民だけに関わるものではありません。
日本の未来が、とくらさんの戦いにかかっていると言っても過言ではない。
だから、私(喜八)はとくらたかこさんを応援します。

ただし、私は山口県民ではありませんので「一票」を投じることはできません。
「政治資金」をカンパすることをメインに応援させていただきます。
文字通り「貧者の一灯」です(笑)。

(※カンパ方法に関してはとくらたかこさんのホームページをご覧ください。以下のバナーをクリックすると解説ページに移動します)。

応援者募集中!

いま、ここで我々「真の愛国派」は戦わなければなりません。

すでに、とくらたかこさん、尾辻かな子さん、多原かおりさん、上原公子さん、糸数慶子さん、天木直人さんを始めとする、多くの方が全国各地で「世直しの義兵」を挙げています。

日本を「カネ儲けのための戦争」に荷担することのない、道義ある国にするために。
赤ちゃんの平和」を守ることができる国にするために。
正直者の努力が報われる公正な国にするために。
すべての人の名誉と尊厳を重んじる、本当の意味で「美しい国」にするために。

我々ひとりひとりが、それぞれの場所で立ち上がり、それぞれの戦闘を開始する。
いまが「そのとき」です。


人気blogランキング ランキング投票をお願いします

応援ありがとうございます!


関連ページ


日本の笑顔をまもりたい! とくらたかこ

みんな自分らしく! 尾辻かな子

女ムネオ 多原かおり

勇気ある女性候補の戦いを支援します!


投稿者 kihachin : 2007年07月10日 12:37

« 小沢一郎「引退発言」を重く受け止める | メイン | 参院選・野党勝利のために(その1) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/1552

このリストは、次のエントリーを参照しています: とくらたかこさんの戦い:

» “欲ボケ”と“知識ボケ”、それらを背後で操る「大不況歓迎派」 from 晴耕雨読
厖大な借金をしてまで財政支出を増やすことは平気で行うくせに、「生産コストの上昇なし」・「財政支出の必要なし」(銀行救済策は必要だがこのままずるずる「デフレ不況」... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月10日 13:40

» 誰が『異常な円安』にした from 関係性
 ブログを開設して以来、1年と2ヶ月が経った。そして、エントリーの中でかなりの割合を占めてきたのが、「円安」問題である。  意図的な政府の円安誘導は大手製造業を... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月10日 16:21

» 坊主も医者も政治の季節 from うみおくれクラブ
 7・7赤旗4面記事にふたつの記事が並ぶ。  ひとつは「自民と民主 宗教票争奪」と題して、宗教団体の政治活動を批判。  自民・民主はそれぞれ「参議院自民党全日... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月10日 17:28

» 今の時代に真実を述べることは革命的行為となるのか? from 薫のハムニダ日記
トニー・ブレアとブライアン・ヒュー/高橋哲哉 6月下旬の2週間ほど、英国のロンドン大バーベック・カレッジに滞在した。マスコミの主要関心事は、トニー・ブレア... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月10日 17:38

» 今日のTVは年金審査の判定問題 from 津久井進の弁護士ノート
 今日は,兵庫の地方局サンテレビのニュースシグナルの当番の日です。  今回の話題は,   「年金の第三者委員会の判定の解説」 です。  ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月10日 20:33

» 赤城山の光熱費は月800円=タコヤキ6個100円だから、48個分だ。(゚∀゚)アヒャヒャ from 晴天とら日和
^    ◆◆◆2007年:参院選投票日◆◆◆      < 公示日 7月12日(木) >       < 投票日 7月29日(日) > ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月10日 20:49

» この国の行方…なぜ世襲が問題なのか… from Smenaな日々・裏版…Know your role
せい‐じ【政治】 主権者が、領土・人民を治めること。まつりごと せいじ‐か【政治家】 政治を職業とし、専門的にこれに携わる人。議会の議員をさしてい... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月10日 20:57

» 天木直人さん頑張って! from Dendrodium
今日は7月10日、後2日で選挙の公示日となる。 今日の天木さんのブログは、いちいち同感させられるものであった。 やはり年齢が近いから、アメリカに対する感じ方... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月10日 21:00

» ほとんど日本を乗っ取ったつもりです。お灸程度じゃダメです。 from あんち・アンチエイジング・メロディ
人気blogランキング←政治カテゴリーに参議院選まで移動しました。よろしくお願いいたします。 個人名を書けるのも明日まで。 上原ひろ子さん、頑張って下さい... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月10日 21:11

» 悪魔の経済思想! from どーゆーこっちゃ! 私は絶対にだまされないゾ
現在の日本は、 アメリカ主導の市場原理主義に基づいて、 新自由主義経済路線をまっしぐらに突き進んでいます。 事の発端は、 前内閣総理大臣である小... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月10日 21:38

» ウハウハ右派対談 from 村野瀬玲奈の秘書課広報室
(人気blogランキング参加中。応援クリックお願いします。) 村野瀬玲奈(司会): 2007年、テレビで言われていることを全部信じていらっしゃる視聴者のみ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月10日 22:46

» 米国の威信が怖い? from とむ丸の夢
人気blogランキングへ ← 参院選まで頑張ります。ご協力をお願いいたします。       ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月10日 22:59

» おまいらはとくらたかこの凄さを知るべき from 美しい季節とは誰にも言わせまい・・・・
 ←(参議院選まで期間限定 お願いします) ヤバイ。とくらたかこヤバイ。まじでヤバイよ。マジヤバイ。 とくらたかこヤバイ。 まず安倍と無縁、もう無縁なんて... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月11日 00:16

» それぞれの場所で、それぞれの闘いを from とくらBlog
 告示日まで、あと1日を残すのみとなりました。先ほどまで、各種アンケート用紙に記入する作業をこなしていましたが、すべてに応えることはできません。申し訳ないです。... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月11日 02:23

» 「教育三法が駄目なわけ」(1)…そも、教育とはなんぞや from dr.stoneflyの戯れ言
 自殺の防止に力を入れると言った政府の内閣から自殺者を出し、教育再生で道徳を教えなければならないとノタマう政府の内閣で新たに入閣した人間が税金の横領をしたうえに... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月11日 08:32

» 未来を from A Tree at Ease
 人が時間を意識するとき、大部分を「過去」という時間にとられる。いい思い出に浸ることもあれば、くよくよすることもある。次に「未来」。わくわくして眠れないこともあ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月11日 21:45

» 【日記】参議院議員選挙までブログ休止のお知らせ from 散策
参議院議員選挙まで、またブログを休止します。またトラックバック、コメントも表示させません。都知事選挙で、浅野さんが良いなあと思ったときと、同じようにしようと思い... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月11日 23:07

» 安倍晋三の化けの皮! from どーゆーこっちゃ! 私は絶対にだまされないゾ
増税、増税、増税…、 政府の人間は、 如何に国民から多くの税金を吸い上げるか、 そのことばかりに腐心しているようです。 税金を徴収する目的は主に... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月12日 12:54

» 安倍晋三による悪魔の囁き…! from どーゆーこっちゃ! 私は絶対にだまされないゾ
やっぱり我慢がなりません。 哲学者の中島義道氏は、 誰も耳を傾けない 「公園での歩きタバコは止めましょう」 という公共アナウンスがうるさくて我慢... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月13日 21:40

» 虐殺大国アメリカの恐怖! from どーゆーこっちゃ! 私は絶対にだまされないゾ
‘キューマ危機’によって、 日本人の原爆に対するスタンスが 変わってきている事実が伺えます。 宮崎哲弥氏も言及したように、 私自身も学校教育の場... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月14日 18:39

» 「選挙に行け」と言われたって…! from どーゆーこっちゃ! 私は絶対にだまされないゾ
松岡農相自殺や年金問題、 キューマ危機などが立て続けに起こったことで、 参議院選挙へ向けて、 いま民主党への期待が高まっています。 私自身もこの... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月15日 14:58

» 政治家を信じるな! from どーゆーこっちゃ! 私は絶対にだまされないゾ
参議院選挙に向けて、 各党とも政策アピールが強まってきました。 自民・民主両党における 政策マニフェストの大枠を見てみましょう。 まず、... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月18日 23:38

» 米・朝接近の裏事情! from どーゆーこっちゃ! 私は絶対にだまされないゾ
2006年11月8日の中間選挙の結果を受けて、 辞任されはしましたが、 私はどうしてもこの人間を許すことができません。 その人物の名は、 ドナル... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月19日 21:10