【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 城内実さんを応援します | メイン | 学歴と地アタマ »


2007年08月14日

「自作自演ホニャララ」警報!

2001年9月11日、ニューヨーク、ワールドトレードセンタービル

謎の憂国者「」さんのメッセージです。

 人気blogランキング ランキング投票をお願いします


★引用開始★

「自作自演ホニャララ」警報発令!

米国は目的のためなら手段を選ばない極めて攻撃的な「戦闘国家」です。

言うまでもなく人類の歴史、国家の攻防戦は目的の為なら手段を選ばない無数の争いを展開する「冷酷非情」なものでした。
それは現在進行形、そして未来進行形で永遠に継続されます。
だからと言って私たちの祖国「日本」と私たちの仲間「日本国民」がそんな危機に晒《さら》されるのを正当化する謂《いわ》れはありません。
米国が現在のようになったのは遡れば「独立戦争」の頃にまで行き着くでしょう。
でもそれはあまりにも古すぎる。
そんな事を言ったら日本の「大化の改新」やら「白村江の戦」やら「壬申の乱」やら遥か昔にまで遡《さかのぼ》らねばなりません。
ですから「近代」に限定して考える必要があります。

さて、米国が近代において「自作自演」を行ったと思われるのはいつの事か?
皆さんご存知のようにベトナム戦争の切欠となった「トンキン湾事件」でしょうね。
これを口実に米国は泥沼の「ベトナム戦争」に突入した、と言ってもいいでしょう。
(ベトナム戦争は遡ろうと思えばもっと遡れますがキリがないので…)

日米戦争「太平洋戦争」における「真珠湾攻撃」も「自作自演」と言う方もいらっしゃいますが、あれはちょっと性格が違うでしょうね。
あの戦争は「情報戦」「謀略戦」の象徴と言ってもいいと思います。
「対日石油禁輸措置」「ABCD包囲網」などなど、日本に対して数々の「経済制裁」を加え、日本を追い詰めた。
日本軍上層部で何を話したのか正確にはわかりませんが、間違いなく「何らかの意向」が働いて「対米戦争」に突入したのは間違いありません。
だってそうでしょう。
日本の「官民共同プロジェクト『総力戦研究所』」が出した結論は「日本必敗」だったにも関わらず「対米戦争」に突入したのですから。
勿論「朝日新聞」を始めとする当時の無責任「マスメディア」の煽動によって国民世論が「沸騰」させられたのも事実です。
でも日本政府がその気になれば「朝日新聞」を黙らせる事が出来たのでしょうが、そういった形跡は感じられない。
って事は確実に「何らかの意思」が働いたのだと思うのですが…

前置きが長くなりました。

今、「テロ特措法」の更新が困難な状況になってきました。
この法律は「米国共和党極東支部別班」としか思えない「小泉純一郎内閣&自民公明連立与党」が制定させた「虚飾に満ちた法律」です。
米国による「アフガニスタン戦争」「イラク戦争」が怪しい状況になってきました。
勿論、これらの戦争は「自称:911テロ」が引き金になってます。
911テロを実行したのは一応「アルカイダ」って事になってますが実態が全く見えない。
「ビンラディンは実在するのか?」
「アルカイダは実在するのか?」
そんな疑問が私「r」の脳裏を過ぎります。
正に…
「幽霊は実在するのか?」
「UFOは実在するのか?」
「ネッシーは?」
「ツチノコは?」
「雪男は?」
と同じ次元に感じるのです。
以前も書きましたが、私「r」には「自称:911テロ」を検証する能力がありません。
即ちそれが「米国による自作自演なのか否か」を実証する事が出来ません。
しかし腑に落ちないことがあまりにも多いし、アメリカがロッキード事件以降に日本に対して行ってきた「仕打ち」を考えると、そして「小泉純一郎・竹中平蔵両氏」が行ってきた「対米売国政策」を鑑《かんが》みると「自称:911テロ」に関する米国の主張を「鵜呑み」に出来ません。
「疑わしきは罰せず」
「疑わしきは被告人の利益に」
が近代司法の原則ですが、この件に関しては「疑い」を持ったほうが懸命でしょう。

そういった訳で「米国」は世界局地戦を継続させる為に「日本」を繋ぎ止めたい。
戦費を調達したい。
補給を継続させたい。
せっかく「郵政民営化」や「三角合併」や「日本の銀行&生保乗っ取り」までやったのにここで躓《つまず》くわけにはいかない。
しかし参院選で「小沢一郎民主党」が大勝利してしまった。
勿論、民主党内反乱分子「前原誠司グループ」は米国の国益の為に協力してくれる。
言うまでもなく日本の新聞テレビも米国に協力してくれる。
しかしインターネットの発達によって前原誠司グループ&新聞テレビの信用は地に堕ちている。
米国にとって「不安」である。
世界最強は世界最弱と同義であります。
即ち「世界で最も臆病な国家」がアメリカなのです。
だったらどうするか。
日本国内の「対米売国推進勢力」を側面支援する為に「自作自演のホニャララ」を行う必要があるのではないでしょうか?
そして日本の新聞テレビは「北朝鮮によるホニャララだ!」「イスラム勢力によるホニャララだ!」「だからテロ特措法を延長しろ!」とヒステリックに騒ぎ立て「国内世論」を煽動させる可能性「極大」ではないでしょうか?

皆さん!何が起きても冷静にしましょう!
そして「自作自演」を疑いましょう!

そして「国策捜査」「国策逮捕」「国策報道」の「売国三点セット」を見極めましょう!

全力で「小沢民主党&野党各党」を米国とその手先「新聞テレビ」と「前原グループ」から守りましょう!

★引用終了★


人気blogランキング ランキング投票をお願いします

応援ありがとうございます!(r)


【広告: r のおすすめ雑誌】

「紙の爆弾」 「ZAITEN 財界展望」


関連ページ


投稿者 kihachin : 2007年08月14日 10:10

« 城内実さんを応援します | メイン | 学歴と地アタマ »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/1703

このリストは、次のエントリーを参照しています: 「自作自演ホニャララ」警報!:

» 真実はどちら? from ムルダヴァのように
ドイツの新聞junge Weltのサイトで見つけた記事です。 ペンタゴン製アルカイダビデオ アメリカのコンピューターのエクスパート、Neal Krawe... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年08月14日 13:10

» 見過ごせない暴言 from 反戦老年委員会
 元陸上自衛隊イラク派遣部隊の隊長であった佐藤正久参議院議員の暴言がブログ(下記 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年08月14日 13:22

» 自民党の対米隷従ケツなめ劇場ウォッチング。カギはマダム・寿司(笑)売国奴小泉をバックに最終的に小池の主張が通る気がする。 from 雑談日記(徒然なるままに、。)
 以前のエントリー「原爆投下の8月9日に、小池百合子はライスと会って「私と貴女は [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年08月14日 16:37

» 佐藤正久発言に現れる日本帝国主義の政治目的 戦争と革命の基本問題 番外編 from アッテンボローの雑記帳
 元自衛である佐藤正久参議院議員が、憲法では認められていないばかりか現政権ですら [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年08月14日 19:25

» いよいよ勘違いも甚だしくなったかネオコンオババ”マダム寿司” オ〜、ホホホホホッ! from 晴天とら日和
当分この図柄は使えそうです。キャハハハッ! < 中 央 省 庁 等 改 革 基 本 法 > (国の行政機関の幹部職員の任免についての内閣承認) ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年08月14日 20:51

» 自民党の対米隷従ケツなめ劇場ウォッチング。カギはマダム・寿司(笑)売国奴小泉をバックに最終的に小池の主張が通る気がする。 from 雑談日記(徒然なるままに、。)
 以前のエントリー「原爆投下の8月9日に、小池百合子はライスと会って「私と貴女は [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年08月15日 04:33

» 終戦の日ではなくて from 愚樵空論
本日8月15日は終戦の日だ。“タエガタキヲタエ、シノビガタキヲシノビ...”という、あの玉音放送が62年前に流された、今日はそういう日だ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年08月15日 05:39