【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 細野豪志議員について | メイン | 前原誠司、その支持者の考察 »


2007年08月27日

自由と生存のメーデー

自由と生存のメーデー07──プレカリアートの反攻


自由と生存のメーデー」に関するTBを「雑談日記(徒然なるままに、。)」の SOBA さんから頂きました(ありがとうございます)。

 「憲法『表現の自由』や『異議あり』への安倍自民党の本音、『自由と生存のメーデー07――プレカリアートの反攻』デモ警備を見ればよく分かる。

おぉ! SOBA さんも2007年04月30日の「新宿デモ」現場に行かれたんですね!

って、正直に言うと SOBA さんのこのエントリがアップされた直後に目を通してはおりました。
けれども当時は「自由と生存のメーデー」への関心がそれほど高くはなかったので、情報が「頭の中を素通り」状態だったのです(汗)。

なるほど、読み直してみると SOBA さんの記事はとても参考になります。
私(喜八)も来年の「自由と生存のメーデー」には「デジタルカメラ」と「ICレコーダー」持参で参加することにしましょう!

SOBA さんの記事でも触れられているように、福島みずほさん(社民党党首)もこのデモに参加されました。
「YouTube」にアップされている動画にも、お姿がチラッと映っています。

自由と生存のメーデー07~サウンドデモ」(大きな画面)

福島みずほさんのお姿は「政治家の『先生』がデモに参加されている」という感じではないですね。
「フツーのお姉さん」が一般参加されているような雰囲気です(このエントリのトップ画像、Vサインをだしている白い帽子の女性が福島さんです)。

でも、福島みずほさんがデモに参加された「効果」は大きかったのかもしれません。

2006年の「自由と生存のメーデー」は東京渋谷で行なわれ、3人の逮捕者をだしています(「法の恣意的な運用」という批判があります)。

 「ビバ! 東京新聞!」(喜八ログ記事)

ところが、今年は「ゼロ」。
誰も逮捕はされませんでした。
これは、ひょっとしたら「福島みずほ効果」ではないかと関係者間で囁《ささや》かれているようです。

なんといっても、福島みずほさんは「腕利きの弁護士」ですし、「パートナー」の海渡雄一さんは「凄腕の弁護士」ですからね(関係ないけれど、海渡さんはカレーをつくるのが得意らしい・・・)。

正直なところ、これまで私(喜八)は福島みずほさんに関してあまり良いイメージを抱いていませんでした。
なんとなく、福島みずほさんの喋り方、特に演説のスタイルに違和感を覚えるからです。

なんだか「まどろっこしい」と思ってしまうのですね(笑)。

ところが「自由と生存のメーデー」に福島さんが参加されたことを知った途端に、評価は激変しました。
もちろん、いい方に変わりました。

いまや生存すら脅かされている「派遣労働者」「ネットカフェ難民」「ニート」「ひきこもり」「野宿者」の味方として、デモの現場に足を運ぶ福島みずほさんは格好いい!

しかも、その場にいるだけで皆を助ける「力」となっている。
真《まこと》に素晴らしい・・・。
今後は福島みずほさんの悪口を言うのはやめることにします(これまでも言っていませんが。笑)。

福島さんに続いて、ほかの政治家の皆様も積極的にデモに参加されるといいな、と思います。

よくよく考えると「政治家」って立派な「プレカリアート(不安定なプロレタリアート)」です。
選挙で落ちれば途端に「ただの人」あるいは「失業者」ですから、これくらい不安定な職業もありません。

「明日は我が身」ということもありますから、政治家の先生方にはぜひとも「ネットカフェ難民」「マック難民」「野宿者」を含む全ての貧困者の強い味方になっていただきたいものです。

以下、いつもの「ムネキヨ同盟」の主張をします(笑)。

もし、鈴木宗男さんと辻元清美さんが並んで「自由と生存のメーデー」デモに参加されたら、「絵」になりますよ。
全マスコミがこぞって飛びつくこと請け合いでしょう。

ムネオ:「辻元清美さんが私(鈴木宗男)のことを『疑惑の総合商社』と呼んだことについては今でも許すつもりはありません。根拠のない批判をされ大変な迷惑を私は蒙《こうむ》りました。しかし、社会の中で打ちひしがれている人たち、明日のご飯にも困っている人たちに手を差し伸べるのは政治の大事な役目であります。これは1000年経とうが2000年経とうが変わらない『真理』であると、私(ムネオ)は信じているんです。命《いのち》すら脅かされている人たちを助けるためには『天敵』の辻元清美さんとも手を結ぶ。共闘して政治の役目を果たしていく。それが我々国会議員に課せられた使命なんです。その使命を果たすためには、詰まらないこと細かいことにこだわっているヒマなんかありません。ことは『生きるか死ぬか』の問題なんです。そうでしょう? 皆さん。フリーターも政治家もありません。みんな1人の人間なんです。人間同士ともに力を合わせて、日本を本当の意味で『豊かな国』、誰もが安心して暮らしていける国にしていこうじゃありませんか!(万雷の拍手)」

もちろん、上は私(喜八)の「創作版:ムネオ演説」です。
鈴木宗男さんが実際にこういう発言をしたわけではありませんが、「こうなったら、いいなあ」という強い願望が込められた創作です。

というわけで、辻元清美さん、鈴木宗男さんには「弱き者」の味方としてバリバリと活躍していただきたいと思っています。
及ばずながら、私(喜八)も「必要とあらば地獄の底までお付き合いする」覚悟で応援させていただきます。


関連ページ


投稿者 kihachin : 2007年08月27日 12:59

« 細野豪志議員について | メイン | 前原誠司、その支持者の考察 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/1754

このリストは、次のエントリーを参照しています: 自由と生存のメーデー:

» 安倍政権を支持する? from Dendrodium
先日書きました『参院選自民党大敗の原因は』に対しまして、三輪のレットアラートの、三輪耀山様から、次のようなコメントを頂きましたので、私の返事も合わせて、アップし... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年08月27日 14:42

» 響け、平和と命の太鼓の音(2) from うみおくれクラブ
 都内の米軍基地の返還については、石原都知事も執念を燃やしているようです。  平成18年の、基地に関する知事の発言を引用。 多摩サービス補助施設の返還について... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年08月27日 14:49

» 人命より尊いものはない from そもそも どーなの?
週末に悲惨な事件がありました。携帯電話サイトで知り合った3人組が金銭目的で、面識のない女性を殺害したということです。少し長いですが、以下毎日新聞の記事を引用しま... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年08月27日 16:45

» 日曜討論「荻原博子VS石原伸晃」 from 現政権に「ノー」!!!
← クリックすると拡大します! 昨日の日曜討論で、グローバリゼーションに関して熾烈な議論が展開された。残念ながら、寝ころびながらの視聴... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年08月27日 16:51

» 私の哲学 ひとりひとりの幸せ from 愚樵空論
先のエントリーでの自らのコメントで予告していたことですが、同エントリーに頂いた布引洋さんのご意見に対して、ブログ主の特権を濫用してエントリーをアップすることで反... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年08月27日 18:50

» 自衛隊の海外派遣即応体制を強化 from 薫のハムニダ日記
「視野が狭い」とコメント欄で言われてしまいましたので、日本の読売新聞の記事なぞをベースに書かれた聯合ニュースの記事を翻訳してみました。 読売新聞の記事だけ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年08月28日 03:25

» 「自民党」=「利権漁り集団」をぶっ壊せ。 from 「猫の教室」 平和のために小さな声を集めよう
戦後長い間、自民党が政権を保持し続けてきた。20世紀末に若干の流動はあり、下野した時期もあったが、その勢力はほとんど常に議会での第1党であり、政権を取り戻して... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年08月28日 06:48

» 今日のはてな そして説明不十分のアベ氏  from とむ丸の夢
とむ丸の今日のはてな? ・埼玉県民は上田氏を、再び知事に選んだ。しかも投票率は27.67%。3、4人に1人しか投票場へ行ってない。私もちょっと縁のある... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年08月28日 08:51

» 貧困をなくせ!! 10・28 街頭大行進 from 貧乏人集まれ・名古屋行動のページ
「貧困に反対する」名古屋行動集会・第二弾 貧困なくせ!!! 街頭大行進 日時:10月28日(日)13時集合 場所:三越前・栄広場 主催者:反貧困名古屋... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月08日 12:29

» NO 貧困〜名古屋行動集会(4)「貧困は自己責任じゃない」と街頭で訴え (JANJANの記事) from 貧乏人集まれ・名古屋行動のページ
NO 貧困〜名古屋行動集会(4)「貧困は自己責任じゃない」と街頭で訴え 2007/12/12 http://www.news.janjan.jp/area/0... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年12月12日 11:49