【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 怪談エントリ | メイン | 【超・緊急】テレ朝「オーラの泉」を至急監視しよう! »


2007年08月18日

小泉政権復活?

プレスリーの邸宅グレースランドで、サングラス姿でギターを弾くまねをする小泉純一郎首相。右からブッシュ米大統領、プレスリーの娘マリーさん、元夫人のプリシラさん(30日、メンフィス)(EPA=時事)


謎の憂国者「」さんのメッセージです。


★引用開始★

「小泉政権復活?」上等でしょう  

テレビ朝日を「監視」していると皆さんお気づきのように「マダム・スシ」小池百合子先生を盛んにPRしていますね。

テレビ朝日はこれまで大勢の「御用評論家」「御用学者」を育て上げ、その一部を「新・自民党代議士&議員」として国会にまで事実上送り込んできました。
特に「TVタックル系国会議員」なんかそうですね。
舛添要一参院議員」「田嶋陽子元参院議員」などなど…

一般には「左派」と誤解されている田嶋先生ですが、どう考えても「ネオリベ:新自由主義者」としか思えません。
本来ならば「新・自民党」から猪口邦子先生あたりと一緒に出馬すべきだったのですが、田嶋先生は何故か「社民党」から出馬・当選してしまった。
(まあ、猪口先生とは「選挙時期」も違いますから一概には言えませんが)

田嶋陽子先生は何で「社民党」からの出馬だったのか?
疑問ですね。

敢えて言うなれば「非ネオコン:非新保守主義者」だからですか?
でも田嶋先生は「小泉純一郎構造改革:郵政民営化」を支持なさっていましたし、「社民党」の人間ならば条件反射的に「小泉純一郎拒否」になる筈なのですが、そうではなかった…

そういう「田嶋陽子先生」をテレビ朝日は「一人前のテレビ文化人」として育て上げた。
流石《さすが》はテレビ朝日。
「トンデモナイ仕事」をしますね(笑)

さて…

テレビ朝日は8月17日「午前5時47分」頃に「エルヴィス・プレスリー没後30年」をニュースで取り上げました。
その際「若手女子アナウンサー」はこう言いました。

「小泉前首相も好きな…」

そして「午前5時48分」頃には、何と「ブッシュ米国大統領の前で踊る小泉氏」の動画を流していた(トップの画像を参照ください)。
テレビ朝日にはまだまだ「小泉神話」が生きているのでしょうか?

そんなテレビ朝日の各種「ニュース報道」「報道情報番組」などを録画再生してみるとある一定の間隔で「小泉純一郎氏再登板」を暗示するような「報道」を感じるのですね。
上手く説明できませんが、用意周到に計算されている「節」があります。
「小泉動画」を上手く編集して流す。
「御用評論家」「御用文化人」などが絶妙なタイミングで小泉氏を礼賛する。
あからさまではないが、絶妙であり巧妙。

そして「小池百合子先生」の動画垂れ流し…
小池百合子先生と言えば、先の「郵政解散総選挙」にて「小林興起氏」を叩き潰す為の「刺客」として東京10区に送り込まれ、見事その「大役」を勤め上げた。
その際、小林興起氏は何故か「当局」から色々と難癖を付けられ「自由な選挙活動」を事実上妨害された形跡があったらしい…
小林興起氏と言えば「城内実氏」「小泉龍司氏」と並んで「究極の売国政策:郵政民営化法案」に必死で立ち向かった「本物の政治家」であり「国益擁護派」であり「日本国民の味方」でもあり、私「r」が尊敬する人物です。

(私「r」は必ずしも「小林興起氏」の思想信条全てに共鳴しているわけではありませんが、「日本国民を守る」視点から考えて共感できる事があまりにも多い。「自称:タカ派」が「小泉竹中米国連合」との戦いを放棄するところか軍門に下っている最中、あそこまで立派に戦った「小林興起氏」「城内実氏」「小泉龍司氏」彼らを尊敬せずして「誰」を?そして、どの政治家を尊敬できるのであろうか?そんなわけで私「r」は「小林興起城内実小泉龍司各氏」を本気で応援します!)

小池百合子先生はどう考えても「小泉純一郎氏」の側近である、としか考えられません。
小池百合子先生が防衛大臣に就任したのも多分、いや、絶対に「小泉純一郎氏」の意向であろう。

「小池百合子ブーム」

それをテレビ朝日は画策しているのではないか?
小池百合子先生は誰がどう考えても…

「ネオリベ:新自由主義者」
「ネオコン:新保守主義者」
年次改革要望書容認派」

であります。
即ち、思想信条的に…

「小泉純一郎氏」=「小池百合子先生」

と考えるべきでしょう。
恐らく小泉純一郎氏は「小池百合子先生」を「次期首相:依童(よりわら)」として院政をしこうとしているのでは?

もうそんなまどろっこしい事は「安倍晋三氏」と「前原誠司氏」だけで止めてもらいたい。
小泉純一郎氏は大手を振って堂々と「ポスト安倍は俺だ!」と名乗りを上げて「再登板」してもらいたい。

小沢一郎 with 日本国民」VS「小泉純一郎 with 対米売国推進勢力&米国」

の最終決戦を私「r」は真摯にのぞむ!

小泉再登板?
上等だ!!!!!!!

★引用終了★


関連ページ


投稿者 kihachin : 2007年08月18日 10:47

« 怪談エントリ | メイン | 【超・緊急】テレ朝「オーラの泉」を至急監視しよう! »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/1720

このリストは、次のエントリーを参照しています: 小泉政権復活?:

» 喜八さん、事前承認でよいのでコメントできるようにしてください。お願いします。(笑) from 雑談日記(徒然なるままに、。)
 喜八さんのところではコメントができないので、エントリーをアップします。  今日 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年08月18日 11:45