【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 前原民主党が継続していたら… | メイン | 田原・岸井・屋山と「陰謀論」 »


2007年08月09日

小沢一郎氏を支持する

小沢一郎氏(右)とシーファー米国大使

 人気blogランキング ランキング投票をお願いします

テロ特措法延長に反対=民主・小沢氏が米大使に言明
 民主党の小沢一郎代表は8日午後、党本部で米国のシーファー駐日大使と初めて会談した。席上、シーファー大使は、11月1日に期限が切れるテロ対策特別措置法の延長を認めるよう要請。これに対し、小沢氏は「(米軍などの活動は)国連で直接的にオーソライズした(認めた)ものではない」と述べ、同法延長に反対する考えを示した。
 テロ特措法は、アフガニスタンでのテロとの戦いを支援するため、インド洋で海上自衛隊が米英軍艦艇などへ給油支援を行う根拠法。  会談の中でシーファー大使は、「日本の役割は重要だ。引き続き参加して貢献してほしい。(小沢氏の)決断に必要な情報があれば、機密情報を含め、どんなものでも提供する準備がある」と述べた。
 小沢氏は憲法9条で自衛隊派遣に制約があることを説明した上で、「ブッシュ大統領は国際社会の合意を待たずに米国独自で戦争を始めた。米軍を中心とした作戦には参加できない」などと強調した。
(2007/08/08-20:39 時事通信

もともと「小沢一郎氏は『親米派』」という印象があったので、ちょっと意外に感じた。

が、今回の小沢一郎氏の言動はとことんマトモである。

いまや過半数の米国民が「ブッシュ(子)政権による戦争は誤りだった」「ブッシュ(子)こそ米国史上最低の大統領」と感じている(米国以外の世界中の人はとっくの昔からそう思っていたが)。

米国のいう「対テロ戦争」とは「一部の者がカネ儲けをするための戦争ビジネス」に過ぎないという実態も明らかにされてきた。

世界の弱国アフガニスタンとイラクを相手に「戦争ビジネス」を強行した挙句、敗北しつつある米国。
その威信はいまや風前の灯火である。

米国ネオコンどもの「机上の空論」のために、どれだけ無辜《むこ》の市民の血が流されたのか?
だが、そんなネオコンどもの「世界帝国」への野望は事実上潰《つい》えたといって良い。

こんなときに、我が日本だけが「金魚のフン」のように米国の後をついていったらどうなるか?
道義なき戦争に荷担し続けることを、いったい誰が誉めてくれるというのか?
日本国民にいかなる利益(不利益)をもたらすのか?

世界中の人々から強烈な侮蔑と憎悪を買うのは間違いないだろう。
主体性なき「ポチ」を尊敬する者など何処にもいない。

それだけではない。
米国への隷従は米国民からの軽蔑をも引き出すだろう。
多くの米国民がブッシュ(子)とその追従者への批判を日々強めているからだ。

ただひたすら「アメリカ様」に滅私奉公をしていれば報われる。
こんな期待はするだけ無駄というもの。
米国人(支配層)はそんな「甘ちゃん」ではない。

太平洋戦争敗戦後62回目の夏だ。
このままいつまでも「属国」の立場に甘んじていていいのか?
そんなわけがない。

日本は日本人の手で運営していく。
あえて言うまでもない、当たり前のことにすぎない。

もう屈辱的な「ポチ」でいるのはやめよう。
いつまでも対米隷従を繰り返していれば、世界中の人々からコケにされ憎まれるだけでなく、日本という国の存立すら危うくなる。

祖国日本の真の独立を果たそう。
そして全ての人の名誉と尊厳を重んじる豊かな国をつくろう。
世界に平和と豊饒《ほうじょう》を広め、世界中の人々から尊敬される日本をつくろう。

我々にはそれができるはずだ。


人気blogランキング ランキング投票をお願いします

皆様のご支援に心から感謝します!


関連ページ


投稿者 kihachin : 2007年08月09日 20:28

« 前原民主党が継続していたら… | メイン | 田原・岸井・屋山と「陰謀論」 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/1688

このリストは、次のエントリーを参照しています: 小沢一郎氏を支持する:

» 小沢民主党党首 シーファー米国大使と会談 from しょういち的こころ リターンズ
小沢さんは大使に対して「9条」を持ち出し、テロ特措法の延長に反対すると明言したそうです。 「真の戦後レジームからの脱却」は米国から押しつけられた「日本国憲法... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年08月09日 22:09

» 引き続き税制を含めた、財政問題へのご意見を募集します。 from 「猫の教室」 平和のために小さな声を集めよう
記事更新は、少し一休みです。 夏ばてではありませんが、医師から、「職場復帰早々、がんばりすぎです。ペースダウンしなさい。」と言われたので、今日は新しい【お題... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年08月10日 05:56

» 首相の靖国参拝 from お玉おばさんでもわかる政治のお話
安倍首相は8月15日の参拝をしないそうです。 そういえば、去年の小泉前総理の靖国神社参拝の折・・・お玉は 谷垣さん、加藤さん、麻生さんが靖国参拝にもの申すわ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年08月10日 12:12

» 小沢が勝負に出た・・・シーファー会談は、自公民の議員や国民への大きな問いかけでは? from 日本がアブナイ!
【TBのお返しがうまく届かなかったかも知れない方々、すみません。m(__)m あと、TBは できるだけ最新5日分ぐらいの記事につけて下さい。お願いします。m(... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年08月10日 12:38

» テロ特措法で平行線 シーファー・前原、小沢の術中に嵌る! from JUNSKYblog2007
 きのうは、ゆっくりブログに取組む時間がなかったので、コピペで手抜きをしましたが、きょうは、ちょっとコメントを書きます。  この会談が実現するきっかけとなった... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年08月13日 08:13

» テロ対策特別措置法に対する小沢一郎の主張を支持する from ザ・のじじズム
テロ特措法、延長反対変わらず=イラク法廃止法案再提出も−民主・小沢氏(時事通信)というニュースが流れていましたが、「アフガン戦争はアメリカの戦争... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年08月17日 00:40

» テロ特措法・新法案の与党・野党の対決はどうなるのか? from
安倍晋三首相は同行記者団に給油活動継続に向け、新法案提出を検討していることを認めた。しかし、民主党の小沢一郎代表はすでに新法案に否定的な見解を示しているうえ、仮... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月09日 18:22