【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 雨宮処凛さん | メイン | 怪談エントリ »


2007年08月17日

「政権担当能力」に騙されるな!

安倍晋三内閣 問題点まとめ集

謎の憂国者「」さんのメディア批判です。

 人気blogランキング ランキング投票をお願いします


★引用開始★

「政権担当能力」に騙されるな! -読売新聞よ、「二大政党制」は何処に行った?-

新聞テレビが得意になって叫ぶ「政権担当能力」
新聞テレビが得意になって叫ぶ「民主党の政権担当能力を疑う」

新聞テレビ「全国紙とその配下のテレビキー局」の言う「政権担当能力」とは何なのか?

結論から言います。

「対米売国推進に全力を尽くす事」
年次改革要望書を確実に実行する事」
「日本国民の財産をアメリカ合衆国に捧げる事」

これらを忠実に且つ速やかに実行する事が読売新聞(に限らず全ての新聞テレビ)の言う「政権担当能力」なのですね。

先ずは下記記事をお読み下さい。

 「大連立 民主党も「政権責任」を分担せよ(8月16日付・読売社説)

読売新聞は「自民党・民主党」の大連立を呼びかけています。
即ち「平成版:大政翼賛会」の結成を呼びかけているのですね。
しかし、これまで読売新聞(に限らず全ての新聞テレビ)は「二大政党制」を呼びかけていたのではないでしょうか?
大連立してしまったら「二大政党制」ではなくなるではないですか!

それ以前に何故に「民主党」は先の参院選で大勝利を収めたのか。
言うまでもなく…

「自民公明連立政権」の「政権担当能力」
安倍晋三政権」の「政権担当能力」
「小泉~安倍の竹中型構造改革」

が国民に疑われた結果でしょうが。

「『年金安心100年プラン』~『消えた年金問題』」
「『イラク戦争支持』~『イラク戦争の正当性崩壊』」
「『郵政民営化』~『地方の郵便局崩壊』~『米国資本による乗っ取りの可能性』」

などなど「無数」とも言える「自民党による『失政』」の露呈。
小泉純一郎竹中平蔵「構造改革」の売国性の露呈。
それらを継承した「安倍晋三政権」の事実上の「崩壊」寸前の体たらく…

全て「自民党の『政権担当能力』の欠如」を物語っているではないでしょうか?

読売新聞は国民が参院選で「ノー」を突きつけてもまだ「自民党の『政権担当能力』」を信じているのでしょうか?

政権担当能力は誰が判断するのか。
それは「日本国民」でしょう。
その為に「公職選挙制度」がある。

読売新聞社は「選挙」を否定するのであろうか?

読売新聞社(に限らず全ての新聞社)は「二大政党制」を煽ってきた。
そのくせ、いざ自民党が崩壊しそうになると「大連立」を煽動する。
それでは「自民党」の腐った部分そのままに継承される事になり永遠に「政権交代」が生じないではないか。

まあ、読売新聞(に限らず全ての新聞テレビ)は所詮、米国の「植民地メディア」である。
宗主国「アメリカ合衆国」の国益に適《かな》わない「二大政党制」「政権交代」を希望していないのですね。

以前、読売新聞(に限らず全ての新聞テレビ)が「二大政党制」「政権交代」に拘《こだわ》ったのは「旧・自民党」が「対米売国推進」に積極的ではなかったからである。
だから「旧・自民党」を「新自由主義型政党」に変換する為に「二大政党制」を煽動した。
結果「小泉純一郎」と言う日本史上最悪の「総理総裁」が誕生して「旧・自民党」が「新自由主義型政党:新・自民党」に生まれ変わった。
そして「新自由主義政策」が読売新聞・朝日新聞・産経新聞・毎日新聞・日本経済新聞・テレビ朝日・日本テレビ・フジテレビ・よみうりテレビ・TBS・テレビ東京の後押し、即ち「偏向報道」によって強引に加速された。
その結果…
憲法違反の可能性を抱えた「郵政解散総選挙」において「郵政民営化」が強引に可決成立。
そして「その他」諸々の「ネオリベ(新自由主義)政策」が実行された…

結果…

地方が疲弊し、都市部の底辺層が拡大し、自殺が増加した。
その他諸々の社会問題勃発。
新聞テレビが煽動する「景気回復」の欺瞞性に気づいた国民は決起した。

「自公連立与党、参院選大惨敗」

全て、何もかも「自公連立与党」の「政権担当能力」の欠如がこの結果を生んだのではないのか?

読売新聞よ、あんたらには「恥」と言う言葉はないのか?

もっとも「対米売国推進勢力」には恥も外聞も何もない。

だってそうでしょう。

「日本をアメリカに売る輩《やから》」
「祖国を外国に売る輩」

即ち「売国奴」には良心など最初から存在しないのだから!!!!!

皆さん!
何としてでも「民主党 with 野党共闘」を継続させるべく全力でバックアップしましょう!
民主党には「前原誠司グループ&長島昭久」といった獅子身中の虫が存在します。
彼らは「小泉竹中構造改革」を促進加速させる為に、「新・自民党」の存続を図るために、全ての全国紙&テレビ局と連携し「世論誘導」を行ってくる可能性「極大」です!
全力で「前原誠司グループ&長島昭久」を批判し、新聞テレビを黙らせましょう!

民主党に政権担当能力が在るのか否か
野党各党に政権担当能力が在るのか否か

それは私たち「日本国民」が判断する事であって「米国の手先であるとしか思えない『新聞テレビ』」が判断する事ではない!

新聞テレビ「全国紙とその配下のテレビキー局」が煽動する「政権担当能力」に惑わされず、そして「大連立」にも惑わされず、一人でも多くの国民に訴えかけましょう!

「新聞テレビに騙されるな!」

★引用終了★


人気blogランキング ランキング投票をお願いします

応援ありがとうございます!(r)


【広告: r のおすすめ雑誌】

「紙の爆弾」 「ZAITEN 財界展望」


関連ページ


投稿者 kihachin : 2007年08月17日 12:01

« 雨宮処凛さん | メイン | 怪談エントリ »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/1716

このリストは、次のエントリーを参照しています: 「政権担当能力」に騙されるな!:

» 「国家破産」−少し説明します。上 from 晴耕雨読
>まず、あっしらさんの主張は「支配階級は『なんとしてでも、既得権を維持しようとするので国家破産は無い』」と言う事だろうと思います。 支配層は、自分たちの不利益... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年08月17日 13:51

» 「靖国問題」の本当を問う! from どーゆーこっちゃ…!! 私は絶対にだまされないゾ
今回は、 「靖国問題」を、 哲学的な観点から考察する第2篇です。 ところで、 そもそも何故 多くの論者の間では政治問題とされている「靖国問題」... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年08月17日 16:08

» 国を護る――イラク石油労組の力 国軍の良心 from とむ丸の夢
久しぶりに、ちょっとホッとするニュースです。 昨日の日刊ベリタの記事。「米英の占領はやはり石油収奪目的だ、とイラク人労組告発 ストで政府を譲歩さす」 私と別に関... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年08月17日 16:46

» 159181 米国CIAやFBIが「ウィキペディア」を検閲してイラク戦争等に関する記事を編集 from サラリーマン活力再生
159181 米国CIAやFBIが「ウィキペディア」を検閲してイラク戦争やグアンタナモ収容施設に関する記事を編集していた   猛獣王S ( 30代 営業 ) ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年08月17日 21:35

» マスコミの「自民延命大作戦」を跳ね除けよう! from 広島瀬戸内新聞ニュース(主筆・さとうしゅういち)
マスコミは「政権担当能力」「政局の安定」などを叫んでいます。 しかし、自民党の「政権担当能力」は、参院選で否定されたのではないでしょうか? そのこと... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年08月17日 22:06

» これが「靖国」の本質だ! from どーゆーこっちゃ…!! 私は絶対にだまされないゾ
さて今回は、 「靖国問題」を、 哲学的な観点から考察する第3篇です。 外界は記録的な猛暑に見舞われていますし、 ここは一つ静かな心持で部屋に篭り... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年08月18日 18:49

» 小池“国防相” 沖縄県と密約!? from JUNSKYblog2007
小池“国防相”と守屋事務次官との確執で、ひとたび内閣改造後に先送りされていた事務次官人事で、急転直下官邸が動き、後任に増田好平人事教育局長(56)を起用すること... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年08月19日 11:46

» 何故靖国神社があるのか? from どーゆーこっちゃ…!! 私は絶対にだまされないゾ
さてさて今回は、 「靖国問題」を、 哲学的な観点から考察する第4篇です。 もう一度前提を確認しておきますと、 哲学的な観点から「靖国問題」を問う... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年08月21日 14:38

» 靖国神社の信者は誰か? from どーゆーこっちゃ…!! 私は絶対にだまされないゾ
さてさてさてさて、 今回は、 「靖国問題」を、 哲学的な観点から考察する第5篇です。 もう一度、 前回のブログの末尾で触れた大前提を確認してお... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年08月22日 12:52

» 靖国神社でないとダメなのか? from どーゆーこっちゃ…!! 私は絶対にだまされないゾ
いよいよ、 今回は、 「靖国問題」を、 哲学的な観点から考察する第6篇(完結篇)です。 これまでにご紹介してきた靖国論の ポイントを整理してお... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年08月23日 14:02

» 年次改革要望書ついて-拒否できない日本 アメリカの日本改造が進んでいる とは? from 年次改革要望書の達人
建築基準法の改正や半世紀ぶりの商法大改正、公正取引委員会の規制強化、弁護士業の自由化や様々な司法改革…。これらはすべてアメリカ政府が彼らの国益のために日本政府に... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年08月31日 01:23