【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 自作自演サプライズ | メイン | カマヤンさんへの「手紙」 »


2007年09月23日

お隣りブログ記事拝見(2)

薫のハムニダ日記

郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。ぜひとも、ご協力ください。

 人気blogランキング ランキング投票をお願いします


よそ様のブログおよびHPで「う~む、これは興味深い!」と感じた記事を紹介するエントリ第2弾です(初回はこちら)。

以下、記事タイトルとブログ名、喜八による「ミニ解説」です(順不同、敬称略)。

なお「お隣り」にはあまり意味はありません。親近感の表現くらいに思ってください・・・。


安倍氏辞任のかげに何があるのだろう?(教育基本法を読み学ぶ市民の会 in 滋賀)

今回の安倍氏の辞任劇の意味を考えると、やはりそこには米国、そして米国に従う日本のマスコミ・財界の意向が強く働いているように見えて、「アメリカはこわい」という思いを新たにしています。

私(喜八)もおなじ思いを抱いています。安倍晋三氏の失脚には「宗主国アメリカ」および「日本人エージェント」が大きな働きをしたのではないか? こんな疑惑が拭いきれないのです。私が「安倍氏に対して甘い」と言われるのも、この辺りの思惑が原因になっているかもしれませんね(言い訳ですが・・・)。


百年河清を待つ? (Dendrodium)

アメリカの意のままにさえなっていれば、失敗がばれそうになったときにも、与野党力を合わせて全力で、守ってもらえるけれど、国の為にアメリカの意向に楯突こうとしたら、比較にならないくらいに小さい事であっても、大恥をかかされた上に,馘になるとあっては、政治家が堕落していくのも、無理からぬ所があるとさえ思えてきます。

田中角栄鈴木宗男辻元清美・そのほかの「民権派」議員たちが「国策報道・国策捜査」の対象となったのも、結局「アメリカにとって都合の悪い」日本人であったからではないか? こういう思いが常にあります。国民のためにモーレツに働いている議員たちが、「宗主国アメリカ」および「日本人エージェント」による攻撃を受ける。そして「尻馬に乗った」大衆によりリンチにかけられる。こんなことを繰り返していたら、それこそ「百年河清を待」ってもダメでしょうね。


「郵政民営化凍結」を即時に行なうべきだ!!(神州の泉)

 我々は、郵政民営化の凍結にあらゆる努力を傾注しなければならない。これを放置しておくと、我が国は経済大国から凄惨な貧窮国家に転落する。その時になって気付いても、這い上がる余力は残されていないかもしれない。日本民族には驚くべき復元力が備わっている。かつて日本は敗戦の焦土から立ち上がった。しかし今日、日本が経済戦争、金融戦争に敗北した場合、再びそこから這い上がる道程を歩めるとは限らないのだ。郵政資金には戦後の努力の血と涙、そして巨大なパワーと将来への可能性が蓄積されている。それをむざむざアメリカに貢ぐほど馬鹿らしい自殺行為はない。

「まったくその通りだ!」と思います。小泉・竹中政権による「郵政民営化」の悪辣《あくらつ》さは、いくら強調しても足りないでしょう。実際に数百兆円の簡易保険・郵便貯金を抜かれた後になって、大部分の日本人はとんでもない目に遭ったことを悟り愕然《がくぜん》とするでしょう。でも、そのときでは「遅すぎる」のです。


六回目の9・11 @ 不条理な支配の現実を直視しよう(2)(嗚呼、負け犬の遠吠え日記)

 多くの日本人が現在も抱いているであろう「アメリカ信仰」。
 「アメリカのすることは常に正しい、日本のためになる」という考え方です。
 あのアメリカの同時多発テロ事件の後、私の身近な人たちの中でも、そのような考え方を抱く人が結構居たことに、驚かされました。

日本人の熱烈な「アメリカ信仰」。「アメリカ様にひたすら従っていれば、アメリカ様がよきにはからってくれる」、「日米は一心同体」というような「信仰」はどのようにして生まれたのか? これをいつも考えています(「下手の考え、休むに似たり」ですが・・・)。事実の裏づけを欠いた、幻想にすぎない「アメリカ信仰」は日本を亡国に導く可能性が高い。私の直感はそう告げています。しかし、おなじように考えている日本人はまだまだ少数派のようです・・・。


2007年8月29日(ムネオ日記)

 私は「心」を失った今の日本、モノ・カネ優先で来た政治のツケが社会をおかしくしていると考える。政治家自ら、俺が俺がの「我《が》」の世界ではなく、おかげおかげの「下《げ》」の世界で生きることが大事である。一片の思いやり、慈しみ、優しさ、愛情を持って毎日を送りたいものである。

俺が俺がの「我《が》」の世界ではなく、おかげおかげの「下《げ》」の世界で生きることが大事」。鈴木宗男さんの素晴らしい言葉です。「下翼《げよく》」の私(喜八)には「うってつけ」なので今後は座右の銘にさせていただきます。思えば、この「喜八ログ」も「謎の憂国者 r」さん、友好ブロガーの皆様の「おか下《げ》」でもっているのは明らかです。管理人より優秀な共同執筆者がいるブログというのも珍しいかもしれません(笑)。素晴らしい友好ブロガーの皆様にも、この機会に心より感謝を申し上げます(照れくさいのですが・・・汗)。


定員オーヴァー。(薫のハムニダ日記)

これは政治とはまったく関係ないエントリです。お茶目な犬たちの、とっても可愛い写真をお借りしました(当エントリ、トップの画像)。フルサイズ版はハムニダさんのブログでご覧ください(こちらにもあります)。


以上は「素晴らしい記事」リストでした。
各リンクを辿《たど》って全文を読まれることをお勧めします!


郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。ぜひとも、ご協力ください。


人気blogランキング ランキング投票をお願いします

「核武装・徴兵制推進派ブロガー」に囲まれながらも奮闘する「お玉」が「アブナイ!」「らんきー」「喜八」の応援をお願いします!


関連ページ


TAMA猫 Shop

多摩川の野良猫支援」をお願いします!


投稿者 kihachin : 2007年09月23日 12:21

« 自作自演サプライズ | メイン | カマヤンさんへの「手紙」 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/1837

このリストは、次のエントリーを参照しています: お隣りブログ記事拝見(2):

» 農村の再生のために from 無党派日本人の本音
 今地方格差が大きな問題となっている。 然し、小沢さん提案の民主党案は、農村、山村、漁村の所得格差に対する保障と言う手っとり早い具体策しか提案していない。 これ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月23日 15:52

» お前らみたいなのに表現の自由はない!!ですか・・ from お玉おばさんでもわかる 政治のお話
今日はお玉が目撃した、ちょびっと過激な話です。 JR大阪駅前で若者が必死に訴えている姿を目にしました・・そのまわりを警察官が10人ほどでしょうか、取り囲んでい... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月23日 23:36

» ‘剛腕?’桝添厚労相の行く手は from とむ丸の夢
アブグレイブ刑務所での虐待写真を告発した元米兵の記事が小林恭子さんのブログに載ったのが先月の8日、告発者ジョー・ダービーさんのインタビュー記事がBBCのweb版... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月24日 00:16