【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« カマヤンさんへの「追伸」 | メイン | 郵政民営化凍結、「r」の決意表明 »


2007年09月26日

「郵政民営化凍結」のための参考書

郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。ぜひとも、ご協力を!(上のニャンコ画像をクリックしてください~)

 人気blogランキング ランキング投票をお願いします

(猫の画像は「ImageChef イメージクリエーター」で製作しました)


小泉・竹中政権による「郵政民営化」とは一体何だったのか?
あれだけ大騒ぎして強行された「郵政民営化」は、我々の生活にどのような影響を与えるのか?
この疑問を解くのに役立つ本を集めてみました。


『主権在米経済』小林興起
主権在米経済
小林興起
光文社ペーパーバックス(2006)。

前衆議院議員小林興起氏が、あますところなく暴《あば》く「郵政営化」の実態。結局、小泉・竹中政権による「郵政民営化」とは実も蓋もない「日本を売り渡します」だった。次に狙われているのは「共済」「国民健康保険」だ!


『奪われる日本』関岡英之
奪われる日本
関岡英之
講談社現代新書(2006)

ノンフィクション作家関岡英之氏による警世の書。「郵政民営化」を始めとする「米国による日本改造」は、ほぼすべてが年次改革要望書によるものである。これほどの重要事実を伝えようとしないマスコミ(新聞テレビ)には、ただただ驚くしかない。


『国富消尽』関岡英之・吉川元忠
国富消尽―対米隷従の果てに
関岡英之・吉川元忠
PHP研究所(2006)

関岡英之氏と故・吉川元忠氏(エコノミスト)の共著。米国が日本を自らにとって都合のいい国にするため内政干渉を重ねてきた事実を指摘し、さまざまな「改革」は、アメリカ政府が自らの「国益」のために日本に要求してきたものだと喝破する。隠れた憂国の名著。


『小泉政治全面批判』森田実
小泉政治全面批判
森田実
日本評論社(2006)

政治評論家森田実氏が、2005年の小泉・竹中政権による「郵政解散総選挙」が如何にいかがわしく如何に有権者を馬鹿にしたものであったかを如実に描く。それにしても日本には「小泉・竹中改革」を、いまだに評価する「識者」があまた存在する。あまりの恥知らずな買弁ぶりには怒りを覚えるしかない。


『亡国 民衆狂乱「小泉ええじゃないか」』平野貞夫
亡国 民衆狂乱「小泉ええじゃないか」
平野貞夫
展望社(2005)

著者の平野貞夫氏は衆議院事務局に33年間勤務した後、参議院議員を2期12年務め引退し、自他ともに認める小沢一郎民主党代表の「側近」「参謀」。国会運営のプロフェッショナルである平野氏の「郵政解散総選挙」批判は容赦がない。憲法を意図的に蹂躙した「憲法停止クーデター」に等しいというのが批判の要諦だ。まさに国家反逆に等しかったのが、2005年衆議院選挙だったのだ。


以上、「郵政民営化とは何だったのか?」を知るためには必読の名著ぞろいです。
究極の買弁法、庶民生活破壊法である「郵政民営化法案」を撤廃するために必要な知識を得ることができる本ばかりです。

ぜひとも手にとってお読みください!


郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。ぜひとも、ご協力ください!


人気blogランキング ランキング投票をお願いします

「核武装・徴兵制推進派ブロガー」に囲まれながらも奮闘する「お玉」が「アブナイ!」「らんきー」「喜八」の応援をお願いします!


関連ページ


おやすみなさい、柏崎刈羽原発

柏崎刈羽原発停止への署名をお願いいたします!


投稿者 kihachin : 2007年09月26日 12:39

« カマヤンさんへの「追伸」 | メイン | 郵政民営化凍結、「r」の決意表明 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/1845

このリストは、次のエントリーを参照しています: 「郵政民営化凍結」のための参考書:

» 小さなものほど大きく見せる そしてスピンについて from とむ丸の夢
like a rolling beanさんで知った、桝添厚労相の過去の発言の数々。  wikipediaによると、「デーブ・スペクターのTOKYO裁判」で、以... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月26日 14:06

» 郵政民営化問題1:「資金の流れを官から民に変える」の検証 from 晴耕雨読
まず、郵政問題でよく使われる「資金の流れを官から民に変える」という表現は、“資金の流れを民間金融機関を通じたものに変える”と言い換えなければならない。 供給活... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月26日 19:12

» 郵政民営化は本当に日本のため? from 生きてゆく派遣社員のBlog
こんばんは、うめたんです。 本日更新されたマガジン9条内の「雨宮処凛が行く!」に 雨宮処凛さんによる「生きさせろ!集会」レポートが出ています。 雨宮処... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月26日 19:31

» 加害者になるかも知れないと感じるとき from お玉おばさんでもわかる 政治のお話
戦場で相手の国のテロリストを殺す。どうしようもなく残虐な方法で・・ヒョッとしたら無関係かも知れない人を、確証もなく殺す。側にいた子供も殺す。女性も殺す。... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月26日 19:36

» 草の根の党員は志位を査問せよ!(8) from うみおくれクラブ
 全小選挙区擁立を止めることは、志位にとっても迷うことであった。  そのことによって表が出るか、裏が出るか、と委員長室で、頭を悩ましたにちがいない。その迷いが以... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月26日 20:09

» 甘利経産相続投にあたり、原子力ルネサンスについてまとめます(郵政の資金も原資とされる?) from Like a rolling bean (new) 出来事録
先日来、書こうと思っていた「原子力ルネサンス 」の背景が、雑誌にまとめられていたので、収集してあった情報とともに現状と背景を紹介します。 「原子力ルネサン... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月26日 21:32

» 郵政民営化の見直しを考えて、国民の声を集めるために・・・小泉、竹中のウソを実感して欲しい from 日本がアブナイ!
最新記事の一覧は、カレンダーの<September2007>をクリック。 10月1日から、郵政民営化が始まるのだけど・・・。  喜八さんから、「... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月27日 12:33

» 平野氏の幻の郵政民営化批判記事 from 大和ごころ。ときどきその他
日刊ベリタ 2005.8.25 幻の郵政民営化批判記事 平野貞夫前参院議員の原稿が毎日新聞で掲載直前にボツ  (引用開始)  毎日新聞は23日... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月28日 12:39

» 郵政民営化がスタート、資産規模300兆円の金融機関が発足 from 時事ねたブログのまとめサイト!
日本郵政公社が1日民営化され、株式会社となる日本郵政グループが発足した。持ち株会社と銀行、保険、郵便局会社、郵便事業会社の4社の事業会社に分社され、銀行と保険の... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年10月01日 22:03

» 2007年10月1日郵政民営化スタート:何時の日か赤い〒ポストを必ず再び国民の手に取り戻す戻すこ... from エクソダス2005《脱米救国》国民運動
全国どこにでも切手一枚で文書を配送できる郵便システムを世界で最初に提案したのは19世紀イギリスの数学者チャールズ・バベッジである.バベッジはイギリス・ロマン主義... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年10月02日 19:25