【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 小泉純一郎を逃がすな! | メイン | テリー伊藤さん、ヒドくないですか? »


2007年09月15日

「カイカク真理教」

城内実さん
辻演説をする城内実さん(中央)


カイカク(改革)真理教」とは城内実さん(前衆議院議員・拓殖大学客員教授)の造語です。まずは城内実さんの次の文章をお読みください。

 最近私はアメリカのグローバリズムや市場原理主義にあまりにも毒された弱肉強食型の日本の構造改革路線に対して大いに疑問を感じております。最近私はこの種の「カイカク」路線のことを、「オウム真理教」、「イスラム原理主義」をもじって「カイカク真理教」、「カイカク原理主義」と呼んでいます。
 構造カイカク路線が本当に日本の国益にかなうのかどうか、ほんの一握りの勝ち組だけでなく本当に日本国民一人一人の生活を良くし、健康で快適で豊かな生活を送れるような改革なのでしょうか。中身をほとんど検証せず、国民に知らせずに、ただ「カイカク、カイカク」とお題目を唱えさせて、国民からお布施ならぬ「負担」や「痛み」を強要している気がしてならないのです。「負担」や「痛み」とは、生活弱者や過疎地域の方々にとって頼みの綱であった「郵貯」「簡保」の廃止、年金、医療、介護といった福祉における負担の増大とサービスの低下、消費税などの増税路線です。
 『奪われる日本』、『「改革」にダマされるな!』の著者の関岡英之氏などは、「改革」を英訳すると「リフォーム」なので、「リフォーム詐欺」と名付けておられます。必要もないリフォーム(=カイカク=改悪)のために多大の時間と金銭と労力をかけているわけです。「リフォーム詐欺」とはまさにぴったりの表現です。

 (「城内みのるの「とことん信念」ブログ」より引用)


たしかに小泉・竹中政権以降の日本では新聞・雑誌・テレビで「耳に胼胝《たこ》ができる」くらい「カイカク(改革)」という言葉が氾濫しています。

なかでも「改革なくして成長なし」は小泉純一郎前首相お得意のキャッチフレーズでしたね。こう書いているだけで小泉氏の昂然《こうぜん》としたナルシスティックな様子が思い起こされます(笑)。

とはいえ、たしかに「改革」は必要ではあります。人間のつくるあらゆる「組織」は必ず腐敗するからです。特に大きな権力をもつ組織ほど急速に腐敗します。

権力には必ず「利権」がともなう。そして、ひとたび「権力=利権」を握った者たちは利権を簡単に手放すはずもありません。権力者たちの最終目的が「自らの既得権益を守ること」に変質する傾向が高いのは言うまでもないでしょう。

こうやって多くの権力組織は「一部の者たちの利権を守る」ためのものと化し、腐敗してゆくのです。そして腐敗の度合いがあまりに酷くなると、組織は自壊を始めることになります。

「政権与党」はもちろん権力組織です。ある国の政権与党が腐敗し過ぎて壊れることは珍しくない。その場合、国家や国民が巻き添えになって壊れてしまうケースもたびたび生じる。歴史的に見ると、腐敗した権力が自壊するとき、多くの人々が苦しむことになることが多いのです(例:旧ソ連の崩壊)。

だから政治・経済システムの「改革」は絶対的に必要なのですが・・・。

小泉・竹中政権の主張した「改革」とは、米国金融資本、ひらたく言えば「カネ持ちアメリカ人」たちが日本で荒稼ぎしやすくするための「改革」、徹頭徹尾「『アメリカ様』のための改革」でした。

日本をアメリカ型の極端な「市場原理主義」社会、酷薄な「弱肉強食型」社会に変えてしまおうということだったのです。アメリカ政府から示された年次改革要望書に従って、日本の社会を粛々と改造していく。

もちろん、アメリカは自分たちの「都合のいい」要求しかしません。アメリカ人のソンになって日本人のトクになるような要求などするわけがない。そんな「お人好し」はどこにもいない。これが世界基準の「常識」というものでしょう。

とはいえ、正面から「都合のいい」要求を突きつけられたら、いくら「お人好し」の日本人といえども、そんなものを簡単に呑むわけもありません。

そこで「カイカク真理教」の出番です。

「とにかくカイカクさえ実行すれば、未来は薔薇色! すべての人が幸せになれる!」「カイカクに賛成すれば、あなたも勝ち組になれる!」というドグマ(教義)を10万回でも100万回でも繰り返す。いまや「権力の広報機関」と成り下がった新聞テレビを使って「カイカク真理教」の宣伝を行なう。

「カイカクを推進する者こそ正義である」「カイカクに反対する『抵抗勢力』は不届き至極の悪人」。こういった(事実とは180度逆の)プロパガンダを垂れ流す。こうやって「カイカク真理教」は大々的に宣伝され、「国民生活防衛派」議員たちは粛清され、「郵政民営化法案」は可決され、「小泉チルドレン」なる珍妙な集団が出現した。これが2005年郵政解散総選挙で実際におこったことの、ごく大雑把な総括です。

まあ、「カイカク」により大部分の人たちがトクをするのであればいいのですが・・・。そんな都合のいい話は滅多にないでしょうね。結局、カネがからんだ話では「一方のトクは一方のソン」となることが多いからです。誰かが儲けるということは、そのぶん誰かが損害を被《こうむ》るいうことであるのが普通です。

それでは「小泉・竹中改革」でトクをしたのは誰か?

ソンをしたのは誰か?

トクをしたのは米国金融資本(カネ持ちアメリカ人)と一部の日本人です。「米国のエージェント」「レンタル大臣」とも言われた竹中平蔵氏などは典型的な「一部の日本人」です。そのほかにも「対米隷従」を唯一のドグマ(教義)とする政治屋・財界人など、あるいは御用文化人・御用学者・御用ジャーナリストなどが含まれるでしょう。

一方でソンをしたのは「上記以外の大部分の日本人」です。特にスポット派遣労働者、ネットカフェ難民、ワーキングプア、プレカリアート(不安定なプロレタリアート)と呼ばれる人たちです。地方在住者や障害のある人、女性や年少者の多くも「ソンをした」グループに含まれるでしょう。

そうして、トクをした人たちが俗に「勝ち組」と呼ばれ、ソンをした人たちが「負け組」と呼ばれることになった。このように考えても、それほど間違いではないと思います。

「小泉改革」とは結局のところ「カネ持ちアメリカ人」とその手先(エージェント)である「一部の日本人」のための改革だったのです。とことん貪欲で酷薄な者たちの「俺(私)たちにもっとよこせ。貧乏人のことなど知ったことか、勝手にしろ。税金? そんなものは、できるだけ払わん」という身勝手な要望に応えた。それが「小泉・竹中改革」の本質です。

それでは「カネ持ちアメリカ人」と「一部の日本人」はどのようにしてカネを稼いだのか? 我々「大部分の日本人」の「取り分」を強奪して稼いだのです。「正社員」をできるだけ少なくして「派遣社員」「アルバイト」「パート」として人件費を圧縮する。さらに阿漕《あこぎ》で恥知らずなピンハネを堂々と行なう、等々・・・。

究極の強奪は「郵政民営化」です。多くの日本人が汗水たらして稼いだ「虎の子」である「簡易保険」資金120兆円を、米国の金融資本家たちがそれこそヨダレを垂らして狙っている。「郵政民営化」とは「郵政営化」であると喝破した小林興起氏(前衆議院議員)はあくまで正しい(『主権在米経済小林興起、光文社、2006)。

ひとたび郵政公社が民間会社化されれば、巨大な資金を動かせる米国金融資本家たちを止める手段はありません。新会社が公開する株式は米国金融資本家たちにより買い占められ、経営権は外国人のものになってしまう可能性が高い。そうなれば「簡易保険」資金120兆円は彼らが自由に動かせるようになるのです。

強欲で酷薄なアメリカの資本家が、日本人の生活や未来のことなど考えてくれると思いますか? 「簡易保険」資金120兆円を日本人のために使ってくれると思いますか? もし、そんなふうに考えるのなら究極の「お花畑」的楽観論と言うしかありません。

安倍晋三総理退陣にともない、「カイカク真理教」の人々、「小泉チルドレン」や小泉人脈につながる政治家たちから「小泉改革を止めるな」「改革を逆行させるな」という声が上がっています。一見もっともらしいそれらの声は、実は「『アメリカ様』のゼニ儲けの邪魔をするな。その『おこぼれ』に預かる俺たち『エージェント』の邪魔をするな」と言っているに過ぎない。そういう疑いは常に持っていたほうがいい。

「大臣や国会議員だからといって、国民のことを考えているとは限らない」「すべての『カイカク(改革)』が良いものであるとは限らない。とんでもない極悪非道の『カイカク』だってありうる」

こういった「常識」を持つこと。それが文字通りの「自己責任」ということなのです。


関連ページ


投稿者 kihachin : 2007年09月15日 12:10

« 小泉純一郎を逃がすな! | メイン | テリー伊藤さん、ヒドくないですか? »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/1812

このリストは、次のエントリーを参照しています: 「カイカク真理教」:

» 【日記】拝見しているブログの一部紹介(2)(★追記あり) from 散策
社内A氏、忙しいようで、アクセスしていないのでは。 やはり私は、時間の使いかたが下手で、せっかくの休みも、ボーとしてしまう。休みだからそれで良いのかもしれない... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月15日 13:15

» 「お前は私の息子じゃない!」 他、住民基本台帳を使ったリクルート from とむ丸の夢
「お前は私の息子じゃない!」  ベトナムの戦場から帰ってきたとき、元海兵隊員アレン・ネルソンさんは、母親にそう言われたそうです。  ニューヨーク、ブ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月15日 15:22

» 安倍さんの研究 from 無党派日本人の本音
 今度突然の辞意表明で日本中を驚かせた安倍さんの研究を、私の現役時代に出会った会社の同僚、上司と比較しながら彼の人となりを考えて見たい。 これは7月4日の私の安... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月15日 16:50

» 自民党総裁選共同記者会見 from 現政権に「ノー」!!!
安倍首相の突然の辞任。そして総裁選への準備。今日、11時から受け付けられていた総裁選候補だが、麻生氏、福田氏の2名ということになり、開かれた自民党という形にはな... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月15日 17:42

» ブログ開設1周年に、思いを新たにする。 from 「猫の教室」 平和のために小さな声を集めよう
1年前の今日、9月15日に、私はこのブログを開設しました。 当時も今と同じように自民党の総裁選挙が行われており、その中で、もっとも危険な復古的改憲思想の持ち... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月15日 17:55

» 政治は金の問題だけではない from 無党派日本人の本音
*****************************************  政治資金管理と政治家の資質************************... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月16日 12:00

» 早くもきしみを生じる郵政民営化 from アッテンボローの雑記帳
 自民党の総裁選挙は福田康夫と麻生太郎の一騎打ちとなり、どうやら派閥の談合によっ [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月16日 23:25

» 勝ち誇れ!小泉信者どもよ! from 復活!三輪のレッドアラート!
小泉カイカクを支持し、郵政民営化に賛同した狂人ども。 早くも成果が出たぞ、喜べ。 神州の泉: 「郵政民営化凍結」を即時に行なうべきだ!! ところで... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月17日 09:24

» 大きな政府が望ましい。 from 政治
官の腐敗は基本的にはシステム上の問題だと思います。良い所も悪い所もあるのが人間でいい加減なシステムだと必ず一部の人々に悪意が芽生えてしまいます。今の官を大掃除す... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月18日 06:32

» 経済のグローバル化と植民地支配・戦争 from 政治
経済のグローバル化が進んでいくと新たな形の国家間の貧富の差 ができてくる。そして、経済を用いた新たな植民地支配ということも 可能です。でも、そんな理屈貧しき国の... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月18日 06:34

» 「改革」って言ってもねえ...。(不定期連載『決まり文句を疑う』) from 村野瀬玲奈の秘書課広報室
「改革」という言葉が安易に使われていることに改めて警戒をうながしたいと思います。 たとえば、最近、安倍首相と新聞記者の間でこんな問答があったそうです。 ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月20日 23:10

» ネットカフェ難民 from キーワード流行ブログ
ネットカフェ難民という言葉を最近ニュースなどでよく耳にするようになりました。ネットカフェ難民とは、住むところがなく漫画喫茶やネットカフェなどを泊まり歩きながら日... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月24日 10:33