【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« お隣りブログ記事拝見 | メイン | 日本共産党 »


2007年09月01日

小沢一郎氏を全力で守ろう

小沢一郎氏とモモ

謎の憂国者「」さんのメッセージです。

 人気blogランキング ランキング投票をお願いします


★引用開始★

小沢一郎氏を全力で守ろう

テレビ朝日を中心とした「新聞テレビ」は今、小沢民主党バッシングに必死です。

特にテレビ朝日「スーパーモーニング」のそれは凄まじいの一言に尽きます。
司会者の赤江珠緒キャスターの仕切りっぷりは明らかに異常。
この赤江珠緒キャスターは「鳥越俊太郎氏」が発掘した人材らしいです。
関西準キー局「朝日放送」からテレビ朝日に出向して「渡辺宜嗣」アナと共に「郵政解散総選挙」において小泉自民を偏向報道で支えたのは記憶に新しい所です。
鳥越俊太郎氏の「功罪」を思案すると「功」は皆さんが十二分に知っているでしょうからあえて書きませんが、「罪」の一つが「赤江珠緒キャスター発掘」でしょう。
この赤江珠緒キャスター、悪質報道番組「サンデープロジェクト」の司会でもあります。

「赤江珠緒キャスターは何故にフリーになって『テレビ朝日』に来たのか?」

「サンデープロジェクト」&「スーパーモーニング」
この二つのテレビ朝日「看板番組」は言うまでもなく「世論操作の為の偏向報道番組」ですね。
さて、テレビ朝日は誰の味方でしょうか?

「それは自民党の味方でしょ?」

多くの読者の皆さんはそうお答えになるでしょう。
私「r」もその観点から数々の「訴え」を文章化してきました。
しかしこの「答え」は40点です。
正解は何か…

「テレビ朝日は『ネオリベ:新自由主義者』の味方である」

これが90点の解答ではないでしょうか?
その証左が以下の通りではないでしょうか?

小泉純一郎
竹中平蔵
(「安倍晋三」)
前原誠司
長島昭久

(敬称略)

など…

「ネオリベ:新自由主義者」
「ネオコン:新保守主義者」
「市場原理主義者」
郵政民営化急進派」
年次改革要望書容認派」
「日米同盟堅持の為なら何でもアリ」

これらを「信奉」し且つ「実行」しようとする、或いは正当化する全ての人物をテレビ朝日は「過剰支援」してきた、と思ってよいのではないでしょうか?
私「r」は予てから以下のように思っています。

テレビ朝日は「対米売国推進派」メディア。

この考えは多分、永久に変わらないでしょう。
だってそうでしょう。
テレビ朝日の皆さん方は「日本国民の利益」よりも「米国の国益」を最重視しているとしか思えないのですから。

それはさておき…

私「r」の知人に太平洋戦争経験者の「元米軍将校」がいます。
何分、私が幼い頃のことですから、「彼」のことはあまり覚えていません。
実家には「元米軍将校」の古い写真や手紙などが残っています。
この将校さんは「人格者」で人間的にも尊敬出来る人物なのは間違いありません。
何しろ、私の親戚知人一同、この将校さんを褒める事はあっても批判する事は一切ない。

そして現在の私にも米国人の知人がいます。
非常に立派な人物で将校さんと同じく尊敬できる人物です。
その他にも「留学生」やら何やら…
白人も黒人も…

私「r」が交流を持った米国人で「卑しい人物」は一人もいません。

そういった訳で、私「r」は必ずしも「反米」ではない。
されど、何故に「反米的(に見える)スタンス」をとるのか。
理由は極めて単純です。
私「r」は…

「アメリカ政府」
「アメリカ共和党」
「アメリカ民主党」
「アメリカ財界指導者」
「アメリカ宗教界指導者」

などアメリカの「支配階層」に対して懐疑的だからです。
それは何もアメリカだけに限りません。
私「r」は…

「北朝鮮支配階層」
「韓国支配階層」
「中国支配階層」
「台湾支配階層」

にも「反発」を覚えます。
しかし、今現在、何が問題なのか。
それは「米国支配階層による搾取行為」が現代日本における社会問題の根底にあるのが事実であります。
それが「大問題」なのです。

「年次改革要望書」

この忌まわしき「命令書」は、ある種の方々に言わせると…

「日本官僚が『構造改革』の為に米国に根回しして『外圧』として米国に書かせたものだよ」

だそうですが、何かおかしくないですか?
だってそうでしょう。
何で日本の官僚が「売国命令書」を外国に書かせるのですか。
そんな証拠が何処にあるのでしょうか?
似たような事を「御用学者」「御用評論家」が過去に発言していたような気がしますが、この「年次改革要望書」を正面から取り上げた新聞テレビは過去にあったでしょうか?

小林興起氏の『主権在米経済』や関岡英之氏の「各著作」、城内実氏の「国会質問」、同じく桜井充氏(民主党)の「国会質問」、市田忠義氏(共産党)の「国会質問」を読めば一目瞭然でしょう。
何しろ城内実氏曰く…

「年次改革要望書を知れば知るほど、そして勉強すれば勉強するほど事態の深刻さが伝わってきて恐怖を感じる」

城内実氏は「元:自民党清和会(清和政策研究会)」所属の衆院代議士でした。
自民党清和会と言えば「小泉純一郎氏」の出身派閥。
最近になって暴かれた米国公文書などその他から鑑《かんが》みると清和会発足時に「米国政府」が深く関与していたとか?
早い話「清和会は究極の親米派閥」な訳です。
そんな「米国寄りの清和会」に所属していた城内実氏が「恐怖をおぼえて」郵政民営化に反対した。

それだけでも「年次改革要望書」は問題ではありませんか?

城内実氏は「郵政族」でも何でもない。
特に「郵政利権」があった訳でもない。
にも関わらず「命懸けで反対」した事実が存在する。

これでも「事の重大さ」がヒシヒシと伝わってきます。

さて…
小沢一郎氏は正面から「米国政府」に対して異を唱え始めました。
小沢一郎氏の眼中に最早「安倍晋三氏」はないのでしょう。
その背後にいる「小泉純一郎氏」を通り越して…
そのまた背後にいる「竹中平蔵氏」を通り越して…

ボスキャラである「米国政府」に対して異を唱えた。

その行為は正に「命懸け」以外の何物でもないでしょう。
そんな小沢一郎氏の「胆力」には頭が下がる思いです。
前原誠司氏も小沢一郎氏の「覚悟」に対して「反旗を翻す」のは無理でしょうね。
人間力、器が違い過ぎますから。

そんな訳でテレビ朝日を中心とした「新聞テレビ」が小沢一郎氏を失脚させるべく蠢動し始めました。
特に冒頭に書いた「悪質情報番組」の偏向振りは凄まじいの一言です。

舛添要一厚生労働大臣を究極に「ヨイショ」しまくるテレビ朝日。
何で舛添氏がミニトマトを栽培したり朝のゴミ捨てを報道するのか?
そして「いいこと」ばかり報道するのか?

それに比例するが如く「民主党攻撃」の偏向報道。
おまけの「朝青龍」報道。

おかしいと思いませんか?
「小沢一郎氏失脚」の為の情報操作の匂いがプンプンしませんか?

さくらパパの愛人騒動&賭けゴルフ問題。
この問題は裁判になりました。
裁判所の判断を待つのが常識ではないのでしょうか?
世間一般の常識から考えると大の大人が「賭けナシ」にゴルフをやるとは考えにくい。
(※だが「賭けゴルフ」を商売にすれば問題であると私は個人的に思います)
実態が何なのか。
週刊誌レベルの話なので、何とも言えません。
だからこそ、裁判所の判断を待ちたいです。

そして愛人問題です。
この問題はさくらパパ&姫井由美子議員双方に存在します。
愛人問題に男も女も関係ないので、一緒にして考えます。

愛人関係には必ず「主従関係」が存在します。

「パトロン(所謂『はげパパ』)と愛人女性」
「有閑マダムと愛人男性(所謂『ツバメ』)」

パトロンと有閑マダムはそれなりの「経済力・社会的地位」を持っています。
言わばある種の「権力者」です。
それに付き従い性的サービスを主体として提供するのが「愛人女性」であり「愛人男性」でしょう。
自由恋愛の原則を鑑みてそれを「否定」するのは非常に難しい。
恋愛に絶対の法則はありませんからね。
愛人関係は一種の売春行為と見る向きもあるかも知れませんが「十把一絡」には出来ないでしょう。
(でも褒められたモノでもないですが)

愛人関係も一般的に考えればそうは長続きしません。
いつかは「破綻崩壊消滅」する日が来ます。
だってそうでしょう。
世間体から鑑みればそういうものですから。
だからこそ「大人の判断」で綺麗に「精算」しなければならないのですね。

(この場合における精算とは「金銭」もあるかも知れませんし、「話し合い」もあるかも知れません。しかし一種の主従関係が存在する以上、相手方の生活も考慮した「経済的精算」が理想なのは言うまでもないでしょう)

はっきり言って「どうでもいい問題」なのですね。
さくらパパに関して言えば、「言った言わない」の状況になり裁判中の話ですから裁判官の判断を、待つしかないでしょう。

いずれにせよ新聞テレビの報道振りには悪質なものを感じます。

そして「小沢一郎氏の政策秘書と青木愛参院議員の選挙違反疑惑」ですが…
あくまでも「警察サイド」が情報リークした内容が全てのようですね。
しかも「選挙違反で逮捕された看板業者の自供によると」ですし。
裁判で「公判中」に証言したのであれば別ですが、どう考えてもおかしい。
そういった意味では「小林温(ゆたか)参院議員:自民党清和会所属」の選挙違反事件も同じです。
小林議員もそれも捜査中なのですから。

これからドンドン「民主党」に関する「スキャンダル」らしきものが出てくる事必定でしょう。
何しろ「テロ特措法延長」と「郵政民営化」がかかっていますからね。
ましてや小沢民主党は「米国に反旗を翻した」のですから。

対米売国推進勢力たる「新聞テレビ」は全力で「米国の国益」を守る為に偏向報道をするでしょう。

私たちは思想信条の垣根を超越して「小沢民主党」を守らなければなりません。
小沢民主党が潰れて「前原民主党」が復活したら…
そして「小泉純一郎氏」が再び出現したら…

日本国民は回復不能なまでに追い込まれる事必定です。

今、テレビ朝日は「与党も与党なら野党も野党」的な論調でも偏向報道しています。
恐らく「小泉純一郎氏台頭前夜」の意図的な「森政権バッシング」の変形ヴァージョンだと思うのです。
だってそうでしょう。
落として落として落としまくって…
不安を煽りまくって…
そしてドンって感じで「小泉純一郎氏」が出現した。
そして…
明らかに計画的犯行でしょうね。
だから今度は「与野党共に貶めて…」国民が絶望と諦めに陥ったら「小泉&前原新党」が出現する。
要するに「小泉純一郎氏の夢よ再び」的なものを狙っているのかも知れませんね。

新聞テレビは国民の敵です。

煽られる事なく、そして騙される事なく…

小沢一郎民主党&野党を全力で守りましょう!」

★引用終了★


人気blogランキング ランキング投票をお願いします

応援ありがとうございます!(r)


関連ページ


投稿者 kihachin : 2007年09月01日 20:18

« お隣りブログ記事拝見 | メイン | 日本共産党 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/1768

このリストは、次のエントリーを参照しています: 小沢一郎氏を全力で守ろう:

» ブッシュの歴史認識 from しょういち的こころ リターンズ
昨年の総裁選で「歴史認識は政治家がするべきではない。」と安倍総理は発言しましたが、ブッシュは堂々と自らの歴史認識をぶちまけました。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月01日 21:24

» シンプルに戦争を考える from 反戦な家づくり
こうしたい。 でも、そうできない。 なら、やっちまえ。 一番シンプルに戦争を考えると、こういうことだろう。 理屈はこどものケンカだが、やることは... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月01日 21:28

» 政界ネズミ男華々しくデビューしちゃう+「政治とカネ」問題がボロボロとでまくる自民党。で、アベシ、説明責任まだぁ〜? from 晴天とら日和
< 政界ネズミ男 >      華々しくデビューしちゃう。 舛添要一のイメージ、・・・ 陰気臭くって、屁理屈ばかり言っ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月01日 22:31

» 夜間の街頭演説に関して from 現政権に「ノー」!!!
去る7月29日に某県警に問い合わせて確認できた内容を遅ればせながら紹介したいと思う。それは、選挙期間中の街頭演説は、何時から何時まで可能であって、ビラの配布につ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月02日 00:04

» 麻生式ピーマン論法 from kimera25
まずは読んでくれ!兎に角読んでくれ!特に最後の強調部分を!***「時事通信」**********http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_3... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月02日 00:10

» 矯正統計年報 from 無期懲役刑に関する誤解の蔓延を防止するためのブログ
法務省大臣官房司法法制部より、第一〇八矯正統計年報??が発刊されています。 それに対応して、こちらのデータは既に8月中旬より更新済ですので、私のホームページを... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月02日 03:04

» 「Sicko」の世界はもう目の前 from 権力に迎合したマスコミ人を忘れるな!
 おんぼろビデオに録画した朝ドラを妻と二人で見つつ夕食を摂るのがここ数年の我が家 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月02日 07:20

» 【日記】華氏911(Gyaoで見た)、アクセスジャーナルTV(見た)、シッコ(まだ見てない) from 散策
一昨日にエントリを書いてまた書くのも珍しいのですが、まあ書きたくなってしまったので。 「ほんとなの?SiCKO」(A Tree at Ease)を見たあたりか... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月02日 08:54

» 安倍はやっぱり「美しい国づくり」&「改憲」がお好き!+対する民主は?+世界陸上など from 日本がアブナイ!
 あら??、知らない間に9月になってた??。(・o・)  ということは、安倍っちが首相になって、もうすぐ1年。 あの日本政界の911とも言える小泉総選挙... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月02日 09:10

» 行政・利権都合と硬直化した組織での対応限界を思う(柏崎刈羽原発NHKスペシャル視聴記録) from Like a rolling bean (new) 出来事録
私事で時間がかなり切羽詰っていて、なかなかPCに向かう時間がありませんが、 『NHKスペシャル 想定外の揺れが原発を襲った ??柏崎刈羽からの報告?? 』... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月02日 16:03

» 「価値観を共有する日米関係」の欺瞞-本論-4 from ふしぶじゑ日記
「『価値観を共有する日米関係』の欺瞞??本論-3」からの続きです。  引き続き「やきそばパンの逆襲」 橘川幸夫著 2004年河出書房新社刊から引用します。... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月02日 16:27

» “植民史の象徴”、京都ウトロ地区 from 薫のハムニダ日記
「結局、追い出されるのか」ウトロの眠れない夜 強制徴用村“ウトロ”、明日売買時限 京都府宇治市伊勢田町ウトロ51番地。日帝時代に軍の飛行場建設に強制動員され... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月03日 01:01

» アナウンサー 赤江珠緒 from 女子アナウンサーファンのブログ
私は、女子アナウンサーが好きです。特定の誰がという訳ではなくて、あの知的な美人っていう雰囲気が好きなんですよね。ネットで、いろいろな女子アナウンサーの情報を集め... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月03日 01:43