【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 姫井由美子議員をあえて擁護する | メイン | 「不倫」は犯罪なのか? »


2007年09月04日

「世界陸」開会式前に予防拘束?

世界陸上 開会式前に予防拘束? ホームレス支援者なぜ逮捕
(「東京新聞」2007年08月28日朝刊記事)

 人気blogランキング ランキング投票をお願いします

 世界陸上大阪大会開幕前日の今月二十四日、メーン会場の長居陸上競技場がある長居公園(大阪市東住吉区)などで野宿者の支援をしてきた活動家が、道路運送車両法違反で逮捕された。支援者らは開会式に伴う「別件逮捕による露骨な事前拘束」と批判を強めている。

 (「東京新聞」2007年08月28日朝刊より一部引用)

この件について報じているブログは「新左翼」系の方々が多いように感じました。ということは、逮捕された方も「新左翼」の方なのか・・・。

と、このように思ったため「ノンポリ下翼《げよく》」系ブロガーの私(喜八)は、つい二の足を踏んでいました。正直なところ「新左翼は怖い!」という気持ちが大変に強いものですから(※)。

(※中学1年生のとき連合赤軍による「リンチ12名殺害事件」の報道を目の当たりにして激しいショックを受け、その後も数々の「内ゲバ虐殺事件」報道に接してきた私にとって「新左翼」セクトは恐怖の対象です)

けれども、このような乱暴な「予防拘束」に対して、いつまでも「見て見ぬ振り」を続けるわけにもいきませんね。「予防拘束」や「微罪別件逮捕」のような手法が恒常化したら、我が祖国日本は「北朝鮮」とおなじような圧制国家になってしまう可能性が高いからです。

「左翼だから」「右翼だから」「外国人だから」「ヤクザだから」「カルト信者だから」。このような理由の下に警察・検察の「予防拘束」や「微罪別件逮捕」を許していたら、いつかは「ごく普通の日本人市民」も拘束・逮捕の対象になるでしょう。人間の社会とは、そういう性質を持っていると思います。

以下は「在日コリアン3世」辛淑玉《しん・すご》さんの発言です(『司法の崩壊―やくざに人権はないのか』目森一喜・斎藤三雄、現代人文社、2002より引用、189頁)。

 今、権力は、その力を拡大しようと躍起ですよ。二級市民、三級市民を作ることで支配の体制を完成しようとしている。
 今まで、他人事だ、「やくざ」の話だ、朝鮮人の話だと思っていたことが、今度は「日本人」にも降りかかってくる時代になったんです。
 とんでもないことになりますよ。
 盗聴法や住民基本台帳ネットワークなどによって、朝鮮人や「やくざ」が仕打ちを受けてきたのと同じように、市民すべてが犯罪者予備軍として扱われる時代がきたのです。
 朝鮮人の人権が確立するのではなく、一般の日本人も朝鮮人並に扱われるようになるのです。
 そして、オウム真理教の問題で端的に出ているように、マスコミや権力が悪ときめ付けた者に対して市民社会がリンチをするという役割分担も定着してきています。

オウム真理教」事件以来、日本の警察(および社会)は「タガが緩んできた」印象があります。オウムの信者が「(文房具の)カッターナイフを持っていた」「よその駐車場を歩いて横断した」といった理由で微罪別件逮捕されるのを黙認したのは、我々自身の大きな誤りでもありました。結局のところ誤りは自分自身の不利益となって返ってくる・・・。

このごろでは都会の盛り場などで、警察官による「職務質問」が、相当に無理な形で行なわれているようです。たとえば、元衆議院議員で「国家公安委員長」をつとめたこともある白川勝彦さんが、東京渋谷で「職務質問を受けた体験と法的問題点」を綴った以下の記事を読んでみてください。

 「忍び寄る警察国家の影

大阪長居公園問題に戻ります。おそらく行政・警察関係者一同は「外国の人たちがホームレスを見たら日本の恥になる」と考えたのでしょう。たしかにそうかもしれません。が、「ボロ隠し」のためにホームレスの人たちを強制排除し、その支援者を予防拘束したなんてことが知れ渡ったら、そちらの方が遥かに「日本の恥」です。

「日本は北朝鮮のような全体主義圧制国家」だと、世界中の人たちから思われてしまうわけですからね。こういった「悪い国家イメージ」がひとたび定着したら・・・、回復はきわめて困難でしょう。想像するだに恐ろしい事態です。「ホームレス強制排除は行政の恥、予防拘束は警察の恥、ひっくるめれば日本国民の大恥」。こういった「良識」を備えた方が行政や警察の幹部であって欲しいと思います。

なにはともあれ、警察による不当な「予防拘束」への抗議の意を表するため、弊ブログでは「東京新聞」の素晴らしい関連記事画像をアップしておきます。ほとんどのマスコミが「スルー」を決め込む中、このような記事を挙げた「東京新聞」の皆様のジャーナリスト魂には敬意を覚えます。今後も私(喜八)は「東京新聞」を応援させていただきますよ! 「東京新聞は日本のクオリティ・ペーパーや~!


人気blogランキング ランキング投票をお願いします

「核武装・徴兵制推進派ブロガー」に囲まれながらも奮闘する「お玉」が「アブナイ!」「らんきー」「喜八」の応援をお願いします!


関連ページ


投稿者 kihachin : 2007年09月04日 12:04

« 姫井由美子議員をあえて擁護する | メイン | 「不倫」は犯罪なのか? »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/1776

このリストは、次のエントリーを参照しています: 「世界陸」開会式前に予防拘束?:

» クローズアップ現代「”キレる大人”の謎」(後編) from 現政権に「ノー」!!!
(前編の続き) そもそも、人というのは、不浄極まりない存在であり、不完全な存在であって、マナーを平気で破る輩も、世界を見渡せば星の数ほどいるのが当たり前だ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月04日 13:09

» 姫野や横峰の事は書かないけれど〜 from お玉おばさんでもわかる 政治のお話
小沢さんが断言してます。 東京新聞より 新法論、小沢氏が批判 『主張を分かってない』 「われわれの主張は、国連ではっきりオーソライズ(承認)された平和活動... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月04日 14:02

» 大臣辞任〜時代の変化に要注意 from 津久井進の弁護士ノート
1 新しい農水大臣は,社会の空気を読んで速やかに辞任した。  さすがに何度も失敗を重ね,迅速な対応の必要性だけは学んだようだ。  辞任は当然の結末だし,任命... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月04日 14:15

» ベルリンの差別?豚肉とイスラム from 田村伊知朗政治学研究室
 ベルリン、そしてドイツはハム、ソーセイジの本場である。世界的に有名なハム、たと [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月04日 17:51

» 金刷り妖怪の欺瞞を許すな! from どーゆーこっちゃ…!! 私は絶対にだまされないゾ
欺瞞の総合商社である舛添要一の入閣騒動や、 相次ぐ閣僚の辞任問題、 小沢一郎政策秘書の公職選挙法違反など、 今政界では、 何かとブログの記事ネタにもって... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月04日 19:29

» TV嫌いの私が朝ナマテレビをウン年ぶりに見ました。「イラクの自由作戦」を考えよう!+いやぁ〜、掛値無しに民主党にスゴイ勢いを感じました! from 晴天とら日和
  大島監督と野坂が出なくなって、   「朝ナマ」も、そしてTV自体も   見る気を無くし、見なくなって、   もう、ウン... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月04日 22:08

» 国民をしあわせに導く「憲法」への思い・・・ from わんばらんす
人気blogランキング   いつも応援クリックありがとうございます。 1ページ目継続中・・・。(笑) 今日は、すみませんが長いです。(爆) ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月04日 22:44

» N君不当逮捕-拘留理由開示裁判の報告 from ブログ「旗旗」
 今日は午後からN君不当逮捕事件の拘留理由開示裁判(西野牧子裁判官)がありました。  大阪地裁には平日の昼間にもかかわらず、N君の友人・知人ら約50人ほどが... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月05日 04:15

» グローバリズムと対テロ戦争の先に見えるもの from 愚樵空論
小沢民主党が先の参院選で圧勝して以降、当たり前のことだけれども、小沢民主党の存在感が大きくなってきている。遠藤農相が辞任に追い込まれたのだって参院民主党の存在が... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月05日 07:50

» 『シッコ』で描く医療の現実(上) from 関係性
[画像]  マイケル・ムーア監督の『シッコ』(SiCKO)(=“ビョウキ”)の全国上映が始まった。  ブッシュ政権はムーア監督に、取材でキューバへ不法入国容疑を... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月05日 09:32

» この国はここがおかしいんだ! from どーゆーこっちゃ…!! 私は絶対にだまされないゾ
右翼を自称されている方は、 近隣諸国への反感を露わにしたり、 議論のテーマが、 憲法9条や安全保障に関するものになると、 俄然声のトーンを強める傾向にあ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月08日 14:05

» 天木直人、その可能性の中心。 from どーゆーこっちゃ…!! 私は絶対にだまされないゾ
反省…。 鈴木宗男&佐藤優両氏の著作ではありませんが、 私はいま深く反省しております。 先週、 私は遅ればせながら、 天木直人氏が書い... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月12日 13:54

» 舛添要一(ますぞえよういち)厚生労働大臣が刑事告発断念 年金横領に時効…野党「今さら」 from 厚生年金国民年金年金対策口座
舛添要一(ますぞえよういち)厚生労働大臣が刑事告発断念 年金横領に時効…野党「今さら」http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=200... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月12日 16:57

» これが安倍辞任の真相だ! from どーゆーこっちゃ…!! 私は絶対にだまされないゾ
安倍晋三が辞任した理由として、 いろいろな憶測が飛び交っています。 まずはそれを整理しておきましょう。 とはいうものの、 現在、各種マス... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月14日 18:16

» 消費税の嘘に騙されてはならない!<前編> from どーゆーこっちゃ…!! 私は絶対にだまされないゾ
安倍晋三首相があまりにも突然に辞任表明をしたので、 国会議員を紹介する 「国会議員要覧」の5万部が廃棄処分されるそうです。 出版元の国政情報センタ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月18日 20:00

» 消費税の嘘に騙されてはならない!<後編> from どーゆーこっちゃ…!! 私は絶対にだまされないゾ
とある番組で、 中国人ジャーナリストの葉千栄氏が、 「自民党には‘小泉チルドレン’と呼ばれる人たちがいますが、  本当の‘チルドレン’だったのは安倍晋三の... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月20日 14:59

» 福田康夫は何故総理大事になれるのか? from どーゆーこっちゃ…!! 私は絶対にだまされないゾ
今日は敢えて身も蓋もない話をいたしましょう。 福田康夫は何故、 日本の総理大臣になれるのでしょうか? 答えは簡単。 日本では‘権... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月24日 16:36

» 何故日本人は福田首相を受け入れるのか? from どーゆーこっちゃ…!! 私は絶対にだまされないゾ
自民党の福田康夫総裁は25日、 衆参両院の首相指名投票を経て、 めでたく第92代内閣総理大臣に選出されました。 その後すぐに、 「政治不信の解消... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月27日 16:20

» 福田首相、甘い囁きの罠! from どーゆーこっちゃ…!! 私は絶対にだまされないゾ
舛添要一厚生労働大臣が9月19日、 千葉県の消防本部や病院を視察し、 「医師不足の抜本的な解決のためには、  消費税の引き上げを含めた財源対策を議論する必... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年10月01日 19:51