【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 雨宮処凛・森永卓郎対談 | メイン | 民主党と「新自由主義」 »


2007年10月15日

【続】ガス抜きの「八百長合戦」

辺野古の海

郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。ぜひとも、ご協力ください。

 人気blogランキング ランキング投票をお願いします


謎の憂国者「」さんのメッセージです。

★引用開始★

【続】ガス抜きの「八百長合戦」

さきごろ「教科書検定意見撤回を求める」沖縄県民大会の参加者数が「3万人」「11万人」などと揉めていました。
簡単に言うと…

「朝日新聞」→「多目の数字」
「産経新聞」→「少なめの数字」

になっていたようです。

私「r」の勘ですが…

「朝日新聞は故意に『捏造した数字』を出していたのでは?」

と思うのですね。
何故、そう思うのか。
以前「喜八ログ」に書きましたが「朝日VS産経」はガス抜きの為の「八百長合戦」なのです。

米国による「日本植民地支配」から目を逸らさせる為のインチキだと思うのですね。
そういうわけで、何故、朝日がワザと多目の数字を出したか。
それは…

「批判勢力側の信憑性、及び影響力を低下させる為」

だと思うのです。
今、安倍晋三前首相のお陰で「与党支持勢力」はある意味、苦境に立っています。
だからこその「助け舟」的な捏造だと思うのです。
その証拠に「ある種の」(ネオリベ&ネオコン&アメリカ大好き)の方々が「朝日バッシング」「沖縄県民バッシング」「小沢民主バッシング」の三点セットで「元気」になってきてます。

「朝日新聞は故意の『捏造報道』或いはそれに準ずる行為で『与党支持勢力』を助けた」

そう考えた方が自然でしょう。
「沖縄・歴史教科書問題」では何が重要なのか。
それは「参加人数」ではないのです。
「どういった人々が問題提起しているのか」
なのですね。
それでは誰が参加しているのか…

沖縄社会大衆党
そうぞう
民主党
日本共産党
社民党
国民新党

など「野党系の勢力」とその支持者は勿論参加しています。
それに加えて…

「政治色のない無党派市民」

も多数参加しており、そして…

仲井眞弘多沖縄県知事」
「自民党沖縄県連関係者」
「公明党沖縄県連関係者」

までもが「参加」しているのですね。
これは何を意味するのか。

「党派も思想信条も何もかも超越して、各層全てに渡っての総意」

に限りなく近いのですね。
だからこそ「米国」に飛び火する事を新聞テレビは恐れているのです。

そういった訳で「朝日新聞」と「産経新聞」は何をしたいのか。
それは…

「沖縄教科書問題を『参加人数』の話に矮小化して沈静化させる事」

だと私「r」は思うのです。

★引用終了★


郵政民営化凍結宣言

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。ぜひとも、ご協力ください!

(※上のバナーは「或る浪人の手記」さん作成です)


人気blogランキング ランキング投票をお願いします

応援ありがとうございます(r、喜八)


関連ページ


護憲派アマゾネス軍団

護憲派アマゾネス軍団!


TAMA猫 Shop

多摩川の野良猫支援」をお願いします!


投稿者 kihachin : 2007年10月15日 20:30

« 雨宮処凛・森永卓郎対談 | メイン | 民主党と「新自由主義」 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/1900

このリストは、次のエントリーを参照しています: 【続】ガス抜きの「八百長合戦」:

» 事実、証言、人数、部分、全体、報道、歴史 from 村野瀬玲奈の秘書課広報室
(人気blogランキング参加中。) 私のあちこちの記事のコメント欄がにぎわい始めました。(汗)今日は一つお返事しましょう。 再び反響があったのが、ま... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年10月15日 21:13

» 戦争での加害側を免罪しようとする思考におちいらないために (沖縄戦の強制自決問題と従軍慰安婦問題をめぐって) from 村野瀬玲奈の秘書課広報室
(人気blogランキング参加中。) 沖縄戦の被害を忘れないでほしいと訴え、日本軍にいろいろな形で強いられた集団自決のことを削除する教科書検定に抗議する沖縄... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年10月15日 21:14

» ZEROの貧困特集(その2) from 現政権に「ノー」!!!
「new poor 〜新たなる貧困〜」の第2回目。 ◆10月11日(木) 正社員が収入ゼロ目前 うつ病発端 昨日、ZEROでは、こちらの二人がうつ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年10月15日 21:17

» 高貴な精神 (民主国家とノブレス・オブリージュは両立するか その1) from 日比野庵 本館
当日比野庵にも、たびたびコメントをいただくsuzuran様のブログ「まじめ人間のつれづれ日記」 にて、日比野庵9/6のエントリー「独立とはなにか」についてのエン... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年10月15日 22:49

» 精神の自由の確保 (民主国家とノブレス・オブリージュは両立するか その2) from 日比野庵 本館
正義もそうだけど、高貴な精神を作るためには、まず精神が変化可能な状態でないといけない。精神状態が固定されて、動くことができなかったら、高貴さには一歩も近づけ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年10月15日 22:51

» 誰を掴まえてテロリスト? from とむ丸の夢
「長老お元気ですか? ご一家の数種の葡萄は、チャリカール平原のどこのそれよりも美味でしたよね」。 という讃辞で始まるこの絵は、葡萄の穫り入れの季節を喜ぶアフガニ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年10月15日 23:37

» 資本権力に抵抗した序列権力者たちの言葉 from Trend Review
『報道されないアメリカ』に「国際金融資本家達について述べている先人達の言葉」が... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年10月16日 01:20

» TBP話題設定、他のを邪魔しているとか、統一しろとかの、没論理と幼児性を嗤う。カテゴリーのPingとなんら変わらないのに、。(笑) from 雑談日記(徒然なるままに、。)
(サブタイトル、「ぶいっちゃんは現代の坂本竜馬かもな、。」(笑))  例えば、前 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年10月16日 06:40

» ディオゲネスとボヘミアン (民主国家とノブレス・オブリージュは両立するか その3) from 日比野庵 本館
精神の自由を確保するためには、執着から遠く離れていないといけないと言ったけれど、これは多分に主観的なもの。過去には、お金にまったく心が囚われなかった人々がいたの... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年10月16日 22:11

» 文科省はスムーズに沖縄集団自決の検定見直しを!+見る価値なかった真紀子質問 from 日本がアブナイ!
最新記事の一覧は、コチラをクリック。  昨日、やっと12日の衆院決算委員での田中真紀子議員の質問を 衆院TVで見てみたのだが<40分ぐらいしか質問し... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年10月17日 01:35

» より善く生きる (民主国家とノブレス・オブリージュは両立するか その4) from 日比野庵 本館
「大切にしなければならないのは、ただ生きるということではなくて、善く生きるということなのだ。」 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年10月17日 21:59

» フリーターとニートとひきこもり (民主国家とノブレス・オブリージュは両立するか その5) from 日比野庵 本館
Not in Education, Employment or Training。日本語訳は「教育を受けず、労働をおこなわず、職業訓練もしていない人」。通称ニー... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年10月18日 23:53

» 戒と律 (民主国家とノブレス・オブリージュは両立するか その6) from 日比野庵 本館
仏教用語で戒律というのがある。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年10月19日 19:22

» 民主政体とノブレス・オブリージュ (民主国家とノブレス・オブリージュは両立するか 最終回) from 日比野庵 本館
「美しいことを日常のつとめとすれば、徳を所有するほうへ、醜いことを日常のつとめとすれば、悪徳を所有するほうへと導かれるのではないか」 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年10月20日 21:12

» 沖縄集団自決訴訟詳報 from ラサのブログ
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/99444真実から目を背けるなsrc= [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年11月09日 20:40