【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 直嶋正行氏への「公開書簡」 | メイン | トロイの木馬 »


2007年10月08日

古舘伊知郎さんを国会に呼ぼう

古舘伊知郎

郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。ぜひとも、ご協力ください。

 人気blogランキング ランキング投票をお願いします


謎の憂国者「」さんのメッセージです。

★引用開始★

古舘伊知郎さんを「国会」に呼んで話を聴こう!

「嘗て二年前に我々も『支持』しました」(古舘伊知郎:談)※

※言うまでもなく「郵政民営化」に関しての「支持」です。

序文

(長文ですが必ずお読み下さい)

悪夢の「郵政解散総選挙」がありました。
あれから二年の歳月が流れました。
あの時にNHKを除く全ての「新聞テレビ」で繰り広げられた無数の「偏向報道」…
今思い出しても腸が煮えくり返る思いです。

あの時「古舘伊知郎氏」はテレビ朝日「報道ステーション」で許されざる「暴挙」を行いました。
古舘氏本人は「有耶無耶《うやむや》」になったと思っているのでしょうが、そうは問屋が卸しません。
古舘氏本人が「偏向報道」の謝罪を行い、小泉純一郎政権下における「偏向報道」の真実を暴露するまで私「r」は古舘伊知郎氏に対して疑問を投げかけます。
「テレビ報道」に携わる者は常に「一方的な攻撃」を無責任に加えてきます。
「ムネオ騒動」における「国策報道劇」などは正にそれですね。
勿論、無数の「国策報道」の数々などなど…

(最近では「民主党・姫井由美子参院議員」の「醜聞偏向報道」などですね。本当に姫井議員は不倫をしていたのでしょうか? そしていつから不倫は犯罪になったのでしょうか? 不倫と国政に何の関連性があるのでしょうか? 教えてください、テレビ朝日さん!)

さて…
「古舘伊知郎氏」が行った「郵政民営化・偏向報道」ですが…

喜八ログ
本日の「報道ステーション」を監視しよう!』より抜粋

(★抜粋引用開始★)

「報道ステーション」テレビ朝日(2005年8月31日・放送)

司会:『古舘伊知郎』:元テレビ朝日アナウンサー
出演:『小林興起』 :新党日本(当時、現「国民新党」)
   『市田忠義』 :日本共産党
   『安倍晋三』 :自民党

小林興起』:
「(郵政)民営化はアメリカ政府の要求だ…」

『古舘伊知郎』:(凄い形相で無理やり割って入る)
「340兆円ものおカネを外資に食われるような、そんな愚の骨頂のような事を誰がやるのか。ちょっと安倍さん!」

※(小林興起氏の文章から…)
『古舘氏は、突然強い言葉で私(小林興起)の発言を遮り、自民党の安倍晋三氏に意見を求めようとしたのだ。私(小林興起)は構わず発言を続けたが、古舘氏と安倍氏の発言と重なって場は騒然となった。その後に市田(忠義)氏が…』

『市田忠義』:
「アメリカが日本に(郵政)民営化を要求しているのは事実だ。」

※(…小林興起氏の文章から)
『…(上から続く)…と指摘すると、またもや古舘氏が割って入った。』

『古舘伊知郎』:(より一層「凄い形相」でまたもや割って入る)
「アメリカに食われる為に郵政を民営化するなんて…そんなに国民の目は、騙されるほどバカじゃないんで!」
「まず入り口として、郵政民営化をやらなきゃいけないって考え方がある!」

※(小林興起氏の文章から)
『こうして郵政民営化の「年次改革要望書」に基づいた言論は古舘氏の前にあっけなく圧殺された。』

※詳細は小林興起・著「主権在米経済」をお読みください。

(「r」の感想)
この時の「古舘伊知郎」は正に鬼気迫る、一種異様な「気迫」に満ち溢れていたように私の目に映りました。
何かこう、何者かに追い詰められているかのような…
古舘伊知郎にも立場があるでしょうし、愛する家族など守るべきものが沢山あるのでしょう。
要するに「生活がかかっている」のでしょうね。
でも、それは私たちも同じです。
ですから古舘伊知郎に対する同情は一切無用。
古舘伊知郎は明らかに「あちら側」の人間です。
情け容赦なく「厳重監視」しましょう!

尚、古舘伊知郎がこの「言論圧殺」に対して公式に謝罪したのは「問題放送日」の翌々日でした。
しかも「言い訳」になってない「言い訳」である、と私「r」は思いました。

繰り返します!

「この記事をお読みの皆さん!必ず『録画装置』と『メモ』を用意して『古舘伊知郎』を監視して下さい!」

そして一人でも多くの人たちに本日の放送録画を呼びかけてください!!

お願いします!

(★抜粋引用終了★)

読者の皆さん、如何ですか?
あの時の「怒り」が蘇って来ましたね。
テレビ朝日が行ってきた無数の「国策報道」で最も「悪質」なのがコレなのですね。
折角ですので次の記事もお読み下さい。

喜八ログ
古舘伊知郎氏の「厚顔無恥」』より抜粋引用

(★抜粋引用開始★)

テレビ朝日「報道ステーション」(2007年5月31日放送)

・古舘伊知郎氏の発言(「消えた年金5000万件」に関して)

「本当に今聞いていてもわかるんですが『年金』 『天下り』この二つに関して、我々国民は『騙されて』きたんです。特にバブル弾けてこっち、本当に民間は様々な我慢を強いられてきた筈です。もう我慢の限界ではないでしょうか。」

以上は古舘伊知郎氏の「消えた年金問題」に関してのコメントです。
皆さん、これを聞いて(読んで)どう思いますか?
そして何を感じますか?
私「r」は「怒り」と「笑い(嘲笑)」が同時にこみ上げてきます。

古舘伊知郎氏は強く発言しました。

「我々国民は『騙されて』きたんです」

古舘伊知郎氏に問いたい。

「郵政解散総選挙で私たち国民を騙したのは誰ですか?」

(騙してきたのは「小泉純一郎」「竹中平蔵」両氏ですが…)

古舘伊知郎さん、あなたも「我々国民を『騙して』きたんです。」

古舘伊知郎氏は2005年8月31日放送の「報道ステーション」において「小林興起」「市田忠義」両氏の「年次改革要望書」に関する正当な発言を不当に弾圧し、小泉純一郎氏率いる自民党を不当に偏向報道しました(詳しくは以下のページをご覧ください)。

 「本日の「報道ステーション」を監視しよう!」

そういった「輩(やから)」が、よくもまあ、いけしゃあしゃあと「我々国民は『騙されて』きたんです。」なんて発言出来ますね。

古舘伊知郎氏は自分の事を完全に棚に上げていますよ。
重複しますが、私たち国民を騙してきたのは「テレビ朝日」と全ての新聞テレビ(地方紙を除く「全国紙とその配下のテレビキー局」)じゃないですか。
テレビ朝日に限定すれば「TVタックル」で不当に野党を罵倒し、正論を茶化し「スーパーモーニング」では不当に官僚と一般の国家公務員、地方公務員を諸悪の根源扱いをし、「報道ステーション」では一方的な偏向取材を行い卑しくも国会議員である野党議員の言論を弾圧してきましたね。

(★抜粋引用終了★)

読者の皆さん、如何お感じですか?
私「r」と読者の皆さんが共有する「怒りの炎」にガソリンならぬニトログリセリンを注入した感がありますね。

「古舘伊知郎氏に報道人としての良識はあるのか?」

私「r」は本当に疑問を持ってしまいます。
上記「過去記事」を読み返すと本当に「思い出し怒り」が再燃します。

そんな「古舘伊知郎氏」は嘗《かつ》ての「悪行」を忘れたかの如くまたもや「無責任」で悪質極まりない「発言」を行いました。
それが本日記事の「冒頭」の言葉です。

「(郵政民営化に関して)嘗て二年前に我々も『支持』しました」(古舘伊知郎:談)


【本文】

テレビ朝日「報道ステーション」(2007.10.1放送)

【主な出演者】

・古舘伊知郎(元テレビ朝日アナウンサー)
加藤千洋(かとう・ちひろ:朝日新聞編集委員)

(★発言内容文字起こし開始★)

古舘伊知郎:

「郵便貯金の莫大な金が『市場に出回らずに』ですね、道路公団だ、何だ、いい様に使われて、結果、これは『時代の流れで道路公団も民営化』、郵政も民営化、『時代の必然』だったと思うのですけれども『嘗て二年前に我々も支持』しました。しかし二年経って、さあ、いよいよ、となると不安だらけですね、コレ…」

加藤千洋:

「んー、そうですね…。今日の所信表明と重なりましたけれども福田総理はですね、不便をかけないよう着実に推進します、その一言で終わりですからね…」

古舘伊知郎:

「そこから先なんですよね。これ塩漬けになってる国債200兆円のその分母も不安ですけれどもね、まずは遍《あまね》くサービスは絶対やめない、と言ってますけれども簡易局もなくさない、と言ってるけれども効率化の前に法律とか国会の付帯決議って事すらまだ信用できないところもありますから、過疎の方とかお年寄りの方とか不安だらけでしょうね…」

(★発言内容文字起こし終了★)

※古舘氏及び加藤氏の「発言」をほぼ忠実にテキスト化しました。
古舘氏発言の「分母」表現は何に対しての「分母」なのかは明確ではありません。
されど何度聴き返しても「分母」としか聴こえませんでした。

※文中の『』には不当で悪質な意図を感じさせる表現がある、と私「r」は思っています。
それではその「解説」です。

(★「r」の解説開始★)

『市場に出回らずに』
これは明らかにおかしい。
道路公団に使われるって事は「道路の造成」や「維持管理」に使われるのであり、最終的には「地方の建設業者」とその周辺にお金が「再分配」されるのです。
即ち「雇用の創出」ですね。
古舘氏は聡明な方です。
その事実を知らないはずがないでしょう。
それでも「知らない」とするならば…

『時代の流れで道路公団も民営化』
他の諸外国で「道路」を民営化(私営化)しているところがどれだけあるのでしょうか?
理論上、外国資本による「社会資本(インフラ)」掌握が可能なこの「道路公団『私』営化」…
これを「時代の流れ」で片付けるのですか?
これまた何らかの「意図」を感じさせますね。

『嘗て二年前に我々も支持』
放送法の理念は何処に行ったのでしょうか?
私情を挟んでよいものでしょうか?
そしてその私情の「正体」とは一体何なのか?
「我々」とは一体誰を指すのか?
古舘氏と加藤氏なのか?
それともテレビ朝日全体なのか?
そう言えば加藤千洋氏は郵政解散総選挙時に以下の発言を行いました。

「小泉さんの『夢』叶えてあげたいですね…」

「小泉さん」の夢を叶えて「地方」を滅ぼされたんじゃたまったものじゃないですね。
朝日新聞解説委員ともあろうお方がする発言ではない、と思うのは私「r」だけでしょうか?

(★「r」の解説終了★)

「嘗て二年前に我々も『支持』しました」(古舘伊知郎:談)

この「古舘発言」は非常に「重要」です。
それは何故か。
世論操作の「事実」を認めたに等しいからですね。

「21世紀の『椿』発言」

と言っても過言ではない「問題発言」である、と私「r」は思うのです。
私「r」はこの「古舘発言」を次のように感じとりました。

古舘伊知郎氏は小泉純一郎・竹中平蔵両氏による「買弁的構造改革」の超目玉である「郵政民営化」を支持した事を事実上、明確に表明しました。
あの時、古舘伊知郎氏は「郵政民営化:賛成派」の意見のみを「一方的」に垂れ流し、「郵政民営化:慎重派」及び「郵政民営化:反対派」の意見を聞かないどころか一方的に「言論封鎖」「言論圧殺」「言論弾圧」を行いました。
その「証拠」が前述「喜八ログ」にて紹介されている記事です。
(小林興起氏「主権在米経済」にも詳細に書かれていますね)

「古舘伊知郎氏は何故に『郵政民営化』を支持したのか?」

あの時のテレビ朝日による「郵政民営化報道」は明らかに常軌を逸していました。
勿論、「郵政民営化偏向報道」はテレビ朝日だけが行ったわけではありません。

朝日新聞「テレビ朝日」
産経新聞「フジテレビ」
読売新聞「日本テレビ」(よみうりテレビ)
毎日新聞「TBS東京放送」
日本経済新聞「テレビ東京」

など全ての「全国紙とその配下のテレビキー局」が一方的な「偏向報道」を行いました。

(あの時に「録画記録」を今一度観てみると「思い出し怒り」が再燃します!)

特に「違和感」を感じたのが…

「朝日新聞と産経新聞の論調が完全に一致している!」

事なのですね。
以前の記事でも書きましたが、「朝日VS産経」は「宗主国・アメリカ合衆国」による「日本経済植民地統治」を推進する為の「世論操作」「世論誘導」を行う為の「擬似対立構造」ではないか?
と私「r」は書きました。
今でもその考えにかわりはありません。
っていうか、日毎にそれが「確信」に変わっていきます。

朝日新聞→左派系日本国民欺瞞担当
産経新聞→右派系日本国民欺瞞担当

そして

読売新聞→中道保守系日本国民欺瞞担当
毎日新聞→中道左派系日本国民欺瞞担当

日本経済新聞→知的給与所得者(インテリサラリーマン)欺瞞担当

とも私「r」は考えていますが、読者の皆さんは如何お考えになりますか?

(新聞各社ともに私「r」の考えを「偏見だ!」と非難するかも知れませんね。しかし新聞各社が今まで行ってきた「報道内容」そして「郵政民営化偏向報道」を鑑みると私「r」がそのような「疑念」を抱くのはごく自然だと思うのですね。特に小林興起氏「主権在米経済」を拝読すると、新聞各社ともに事実上「逃げている」としか思えないのです。)

何れにせよ…

「小泉政権発足前夜から現在に至るまでの『新聞テレビ報道』には深い疑問が存在する」

のは間違いありません。
その「突破口」として古舘伊知郎氏を「参議院」に呼んで「報道事情」を聞く必要性があると思うのです。
古舘伊知郎氏はあくまでも「外注スタッフ」です。
報道内容に対する「決定権」はあくまでも「限定的」なもの、と推察されます。
となれば古舘伊知郎氏の「件《くだん》の発言」の背景には「テレビ朝日上層部」の意向が関与した可能性が濃厚である、と考えられます。

「テレビ朝日には過去に『椿発言』という問題ある偏向報道を行った過去がある」

要するに「テレビ朝日」には事実上の「前科」があるわけです。
(「前科」という表現が適切でないとするなら「咎《とが》」ですか?)

テレビ朝日の「最高権力者」は広瀬道貞会長です。
広瀬氏は「自民党清和会(清和政策研究会)」の番記者出身です。
(その事実はテレビ朝日「朝まで生テレビ」において田原総一朗氏が広瀬氏本人を前にして「暴露」しました)

「郵政民営化は自民党清和会出身の小泉純一郎氏が行った政策」

そう考えると広瀬氏の「意向」が働いたのか否か、ハッキリさせる必要がありますね。
特に広瀬氏は「民放連」の会長という「重職」を担っているのですから…

国民新党綿貫民輔代表始め執行部の皆さん!
是非とも「古舘伊知郎氏」を国会(参議院)に呼んでお話を聞く必要があります。
そしてそれを「突破口」にして「郵政解散総選挙における一連の偏向報道」の真相を解明する必要があります。

「民放テレビは何故に『放送法違反』の疑義濃厚な『偏向報道』を行ったのか?」

その真相解明が絶対に必要です。

「外資系保険会社CMシャワーは何故に?」
「外資系保険会社CMに民放テレビアナウンサー経験者が何故大量出演しているのか?」
「外資系保険会社CMに『ジャーナリスト』が何故に出演しているのか?」

郵政民営化に付随する闇はあまりにも濃すぎます。

「巨大広告代理店は如何に関与したのか?」

その「背景」も気になります。

何れにせよ、「小泉改革負の遺産」である「郵政民営化の真実」を解明しなくて「日本国再生」はありえません。

「解明なくして成長なし!」
「解明なくして復活なし!」

(小泉純一郎氏お得意の「改革なくして成長なし!」を転用しました)

国民新党の皆さん!
私たち全ての日本国民はあなた方の「勇気」を応援します!
そして「共産党」「社民党」の皆さんも国民新党を応援して下さい。
勿論、前原誠司氏を除く良識ある「民主党国会議員」の皆さんの「正義感」にも期待しています!

さあ、古舘伊知郎さんを国会に呼ぼう!

★引用終了★


郵政民営化凍結!

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。ぜひとも、ご協力ください。

(※猫の画像は「ImageChef イメージクリエーター」で製作しました)


人気blogランキング ランキング投票をお願いします

日々の応援に心より感謝申し上げます!(r、喜八)


関連ページ


投稿者 kihachin : 2007年10月08日 20:20

« 直嶋正行氏への「公開書簡」 | メイン | トロイの木馬 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/1878

このリストは、次のエントリーを参照しています: 古舘伊知郎さんを国会に呼ぼう:

» 命は懸けても血は流さない海外派兵への道(1) from お玉おばさんでもわかる 政治のお話
三連休も終わるでの、大きめの話題を記事にしておきます。う〜〜怖いな〜〜〜 先日の憲法に触れない国際貢献とは・・のせいで〜〜  なにいってんだこの阿呆!... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年10月08日 20:58

» 実は1万4千人程度 沖縄11万人教科書検定反対集会 from pepsi2001の1兆年日記 〜共産主義者が始めた大東亜戦争〜
左翼団体主催の集会の人数の誇張はもはや当たり前ですが、2ちゃんねるの有志が、琉球日報の「11万人抗議集会」の写真から実数を計算したら、1万3千920人だったそう... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年10月08日 22:12

» 日米核密約&在日米軍の思いやり予算増?・・安易な給油新法成立はアブナイ!+ヒデ・古田 from 日本がアブナイ!
最新記事の一覧は、カレンダーの<October2007>をクリック  7日の夜は、TVに釘付けだった。  何て言っても、大好きな中田ヒデが、ライブで... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年10月09日 00:13

» 「核密約」に見る日本という国の危うさ from 現政権に「ノー」!!!
沖縄返還時に「核密約」示すメモ見つかる 1972年の沖縄返還後に、米軍が有事に際し核を持ち込むことを認めた「密約」が、69年11月に当時の佐藤栄作首相とニ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年10月09日 00:32

» 郵政は誰のものか (郵政民営化を疑い続ける) from 村野瀬玲奈の秘書課広報室
(人気blogランキング参加中。) 「郵政民営化で誰が損をし、誰が得をするのでしょうか。民主党議員のみなさん、よく見てください。」 http://mur... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年10月09日 02:29

» 小沢代表発言の波紋 from 「猫の教室」 平和のために小さな声を集めよう
昨日、再掲として、民主党小沢代表の、アフガニスタンに展開する国連PKO部隊、ISAFへの参加を意図する発言を批判した。 今日はこの発言の及ぼす影響、波紋につ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年10月09日 05:50

» 民営化郵便局のことを、どれだけ知っていますか from とむ丸の夢
昨日の新聞に、民営化された郵便局で定額小為替購入の際の手数料が10倍になっていたことに衝撃を受けた内容の投書が載せられていました。投書の主は40代後半の主婦。 ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年10月09日 11:58

» 日本の不景気&財政赤字脱出法。&好感持てるニュース番組。 from ふしぶじゑ日記
 今日の衆院委員会での亀井久興氏(国民新党)のご発言。いや、普段自分が思ってたことそのまんま、って感じで。特に後半部分(こちらで観れます)。  しかしこう... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年10月11日 02:09

» 古舘伊知郎が「アダルトチルドレン」を間違い、謝罪したそうじゃ from あなたと僕の生でダラダラ時事ニュース
2月14日放送のテレビ朝日のニュース番組「報道ステーション」で、メーンキャスター... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年02月15日 11:23