【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 年次改革要望書 | メイン | 河野太郎「ふざけるんじゃねえ」 »


2007年10月29日

八百長増税論議

郵政民営化凍結!

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。ぜひとも、ご協力を!(上のニャンコ画像をクリックしてください~)

 人気blogランキング ランキング投票をお願いします


謎の憂国者「」さんの緊急メッセージです。

★引用開始★

八百長増税論議、その先にあるものとは…

与謝野馨氏:
「どうせ選挙に負けるのならば、ドーンと消費増税『17%』だ!」

竹中平蔵氏:
「上げ潮路線に水を差す『増税論議』は怪しからん!」

こんな論議が新聞テレビを賑わせております。

小泉純一郎政権下における…

「抵抗勢力」VS「改革勢力」

この図式をそのままトレースしたかのようですね。
簡単に示せば、下記のようになります。

「与謝野」VS「竹中平蔵 with 小泉チルドレン」

しかも決起した「小泉チルドレン」のリーダーが「山本一太センセイ」なのも凄過ぎます。
そう言えば山本一太センセイと世耕弘成センセイは「小沢一郎氏のおかげで当選した」なる説があります。
私「r」が愛読しているブログ「ぬぬぬ?」さんが指摘しています。

ぬぬぬ?
最新版「対日指図書」年次カイカク要望書に呼応する「カイカクカクカクまだいってんの軍団」竹中組、始動。 @小泉エルダーチルドレンだと自分では思い込んでる参院選「小沢チルドレン」というBC兵器、トロイの木馬が発症し出しましたとさ

この中で「イチタ&セコウ」両センセイが…

「小泉チルドレンではなく小沢チルドレンだ!」

と詳細に解説してあります。
私「r」は爆笑しつつも…

「成る程!スルドイ!こういう考え方もあるなあ!マジで私『r』もそう思う!」

どうですか読者の皆さん!
妙に説得力があると思いませんか?

「イチタ先生」が騒げば騒ぐほど…
「セコウ先生」が情報操作をすればするほど…

「自民党内が混乱する!」

正しくそうなのですね。
最早、日本の新聞テレビの「信用度」は低下の一途を辿っています。
そりゃ「郵政解散総選挙」であれだけの「洗脳報道」を行えば…
そしてあれだけ「安倍晋三氏マンセー」をやっておきながら最後は…

誰だって「新聞テレビ」に疑問を持ちますね。
特に「朝日新聞」「産経新聞」の読者などは疑問を持つでしょう。
この両新聞は「ネオリベ:新自由主義」即ち「小泉竹中構造改革」を徹底的に偏向支援した。

ネオリベは「朝日」が従来唱えてきた「弱者の味方路線」(インチキだったけど)と対立します。
即ち「ネオリベ」と「左派思想・市民派思想」は対立します。

ネオリベは「産経」が従来唱えてきた「愛国保守路線」(インチキだったけど)とも対立します。
即ち「ネオリベ」と「愛国思想・保守思想」は対立します。

思慮浅薄な人々は「小泉改革」に騙されるけれども、朝日新聞や産経新聞の読者は必ずしも「思慮浅薄」ではありません。

従来の朝日新聞の読者は「市民派」「左派」の視点から社会を考える知性を持っており…
従来の産経新聞の読者は「愛国派」「右派」の視点から社会を考える知性を持っており…

それぞれ真剣に社会を考え論じているのです。
にも関わらず、両新聞ともに本来受け入れられる筈のない「ネオリベ:新自由主義思想」を受け入れるどころか積極的に「偏向・洗脳報道」を行った…

「良心的読者は朝日・産経両新聞を見限る」

これは極自然で当たり前の事ですね。
早い話、日本の新聞テレビの「本性」が「対米売国推進」の「植民地新聞」である事が露呈した瞬間でもあります。

さて、話を本筋に戻します。

参院選「自公敗北」は間違いなく「ネオリベ:新自由主義路線」の否定であります。
それは即ち「郵政民営化の否定」にも繋がると思うのです。
安倍前総理は「伝統保守」に限りなく近い「ネオリベ:新保守主義者」であった、と私「r」は思います。
安倍氏は「郵政民営化の凍結」を真剣に考慮していた「フシ」が垣間見えるのです。
その証拠が「郵政民営化絶対反対派」であり「伝統保守の重鎮」でもある「平沼赳夫氏」の「無条件の自民党復党」画策であります。

平沼氏に…

「郵政民営化賛成の念書を書かせない」
「郵政反対派落選組の同時復党」

これを行った上に「臨時国会」で「国民新党・民主党・社民党・共産党」が共同で「郵政民営化凍結法案」を提出したらどうなったか。
間違いなく自民党内の「心情的郵政民営化反対組」が決起して法案は可決成立して「郵政民営化」が凍結され、ヘタをすれば「小泉純一郎・竹中平蔵」両氏の「証人喚問」が実行されたかも知れません。
だからこそ危機感を感じた「売国奴」としか思えない「新聞テレビ:全国紙とその配下のテレビキー局」は全力を挙げて「安倍晋三氏バッシング」を矛盾を承知で強行したのだと思います。

私「r」は安倍氏を徹底批判してまいりましたが、それは「小泉改革を継承する安倍氏」を完全否定していたのであり、安倍氏の全てを否定してきた訳ではありません。
されど、安倍氏は若すぎる上に「お人好し」の「世間知らず」のお坊ちゃま…
とてもじゃないが「総理総裁」の器ではありません。
されど、安倍氏が身を挺して日本国民を対米売国推進勢力から守る決意を持ってそれを実行するのであれば、協力は惜しみません。

重ね重ねあの「最後」は残念であり情けないです…

そんなこんなで「ネオリベ:新自由主義路線」崩壊の危機を感じた「買弁()勢力」が決起したのが先の…

「竹中平蔵with小泉チルドレン」

の血気漲る決起なのですね。

※買弁=自国の利益を顧みず、外国資本に奉仕して私利をはかること

そんな訳で、昨日の「サンプロ」に竹中平蔵氏が出演しました。

テレビ朝日「サンデープロジェクト」(2007.10.28放送)

この番組で竹中平蔵氏は「世論喚起」もとい「世論操作」の為に田原総一朗氏と一緒になって「好き勝手」を言いたい放題行っています。

(内容はアップするまでもないですね、読者の皆さんの想像通りです)

この番組は言うまでもなく「買弁行為」を露骨に行う「悪質番組」です。
その件に関しましては書き尽くした感がありますので、今回は省きます。

さて…

既に多数の「ブログさん」や「2ちゃんねるの良識派」が仰っている事ですが…

「与謝野」VS「竹中平蔵 with 小泉チルドレン」

これは「自民党内の対立」を恣意的に演出、即ち「自作自演」する事によって「野党」の存在を隠す狙いの「古い手法」です。
インターネットが発達する以前(ブログがここまで成長する以前)までなら「有効な手段」でありました。
しかし、この手法は「小泉純一郎氏」の「郵政解散総選挙」における「情報操作」で使い尽くされました。
今ではもう通用しないでしょう。

しかし「自公連立与党」も「新聞テレビ」これを使うしかないのです。

宗主国である「アメリカ合衆国」政府は国際的にも国内経済的にも追い込まれています。
米国の「国家体制維持」の為には「日本国民の生命・財産」を食い尽くす以外に生き残りの道がない。
だからこそ、無理を承知で動いたのではないでしょうか?

余談ですが…
竹中平蔵氏が「小泉総理勇退」に合わせて「参院議員」を辞職した際に「激怒」した人物が「自民党衆院」にいます。
その人の名は…

河野太郎氏」

そうなのですね。
河野太郎氏はテレ朝「TVタックル」など民放の「偏向洗脳番組」の常連タレントでもあります。
野党側の発言を徹底的に妨害するそのスタイル…
「イチタ」先生始め、自民党の「ネオリベ組」お得意のスタイルですね。
しかし、何があったのか「自民党ネオリベ組」の師匠であり「親玉」の竹中平蔵氏を批判するとは…

当時、私「r」は不思議に思いました。
そして以下のように思いました…

「河野太郎氏は竹中平蔵氏の『逃亡的行為』に激怒したのかな?」

でもどうやら違っていたようですね。
やっぱりコレも「小泉自民党」お得意の…

「自作自演のヤラセ行為」

だったようです。
その証拠が…

「自民党有志の勉強会:プロジェクト日本復活」(別名:「竹中平蔵 with 小泉チルドレン」)

【メンバー】(敬称略)

なのですね。
河野太郎氏はあれだけボロクソに自身のブログや各種情報番組などで竹中平蔵氏を批判していたのにアッサリと徒党を組んだ。

「河野太郎氏が如何に口先だけで理念も何もない証左」

私「r」はそうとしか思えないのです。

先日「上梓」した…

喜八ログ
「小泉洗脳報道」再始動!

に私「r」は以下のように書きました。

「…果たして『新しいトリックスター』とは誰なのか? それは『前原誠司氏』なのか?…」

その「新しいトリックスター」とは…

スバリ「竹中平蔵氏」なのではないでしょうか?
そう思った理由ですが…

「竹中平蔵氏は『ネオリベ:新自由主義者』であり『ネオコン:新保守主義者』ではない」
「故に「創価学会:公明党」にも抵抗が少ない」
「故に「前原誠司氏」も合流しやすい」
「民主党が『竹中平蔵日銀総裁』誕生に徹底反対している」
「郵政民営化の目玉である株式公開が怪しくなってきた」
年次改革要望書の全貌が国民に周知徹底されるのは時間の問題」
「小泉純一郎氏が再登板出来る可能性は消滅した」

となれば「宗主国・アメリカ合衆国」政府は小泉政権におけるボスキャラ「竹中平蔵氏」の内閣総理大臣就任を熱望してもおかしくはありません。
しかし、竹中平蔵氏は今現在「慶應義塾大学」の教授であり、国会議員ではない。
内閣総理大臣は国会議員しかなれない。
となれば…

「次の衆院選で『竹中新党』を結成させ、小泉チルドレンの大半を移籍させる」

そして…

「竹中新党は単独過半数を獲る必要は必ずしもない。小泉自民党&公明党&前原グループで衆院過半数を獲ればよい」

私「r」は以下のようにも考えます。

「小泉純一郎氏の『自民党離党』は考え難い…その理由は『自民党』を『反ネオリベ政党』に変質させたくないからである」

「小泉自民党」
「創価公明党」
「竹中新党」

この「与党連合政党」が結束して次期衆院選を戦えばどうなるか。
必ずしも「野党連合」が勝てる保証はありません。
しかも…

「米国政府は竹中平蔵氏の手腕を非常に高く評価している事実がある!」

となれば、言うまでもなく…

「米国政府」

つまり…

「米国中央情報局:CIA」
「米国連邦捜査局:FBI」
「米国国防情報局:DIA」

など米国政府の「情報当局」は総力をあげて「竹中平蔵氏」の支援に回る事、必定です。
言うまでもなく「米国情報機関」は世界最強です。

「盗聴できない電話回線はない」
「調査できない人物は存在しない」
「神の目と耳と鼻と口と手足と頭脳を持つ存在」

それが「米国情報機関」なのです。
諸外国の組織や人物に対しても調べ上げる凄まじい能力を持つ「米国情報当局」です。
ましてや「事実上の植民地国家」日本の政治家や政党の情報入手などお茶の子サイサイでしょう。
だってそうですね。

「検察庁」
「警察庁」
「公安調査庁」
「国税庁」
「防衛省」

など日本の「官公庁」全てが「米国情報機関」に協力するに決まっています。
そして「新聞テレビ:全国紙とその配下のテレビキー局」を使えば…

「小泉自民・創価公明・竹中新党で衆院過半数は不可能ではない!」

しかも…

「民主党の『前原誠司グループ』(凌雲会・郵政民営化研究会・松下政経塾)など」

が大量「離党」してくっつけばどうなるか…

「ほぼ確実に小泉自民・創価公明・竹中新党は衆院過半数を握れる!」

これは恐怖ですよ。
読者の皆さんはひょっとしたら以下のように仰るかも知れません。

「参院は野党が過半数を握っているし、参院民主党の大半が『労働組合関係者』だよ?しかも『護憲的色彩』が強いし…それって『r』の杞憂だよ!」

果たしてそうでしょうか?
小泉純一郎氏は「改憲論者」を名乗ってきました。
そして「靖国神社公式参拝」を朝日新聞と産経新聞の事実上の協力の下、強行してきました。

※朝日新聞の「靖国反対」が欺瞞工作である、と考える理由は…

喜八ログ
ガス抜きの「八百長合戦」
【追記】ガス抜きの「八百長合戦」
【続】ガス抜きの「八百長合戦」

などを参照して下さい。

要するに「小泉純一郎氏」の「右派的行動」は全て「伝統保守勢力」を始めとする日本の「愛国保守勢力」を欺瞞する為の「情報操作」であった、と私「r」は思っています。
だってそうでしょう。
「ネオリベ:新自由主義」は左派思想とも愛国思想とも右派思想とも対立しますし、日本国民の多数を占めていた(過去形)中流階級の利害と前面衝突するのですから。

よって…

『テレビ朝日を始めとする全ての新聞テレビの協力の下、情報操作で小泉純一郎氏は竹中平蔵氏とともに今現在、日本の「新自由主義化」に成功した…』

しかし、無理して嘘付いて洗脳報道して創り上げた「日本の新自由主義化」が崩壊の危機を迎えている。
だからこその「竹中新党」誕生の可能性なのですね。

ですから、米国政府とその意向を受けた日本の「官公庁」と「新聞テレビ」はありとあらゆる手段を使って「参院民主党」を攻撃するかも知れません。

「米国政府&日本政府&新聞テレビが束になった参院民主党を攻撃したらどうなるか…」

屈強なる「参院民主党議員」と言えども自分自身の「政治生命」「生物的生命」及び家族親族の「それ」を考えたらどうなるか。

「アッサリと転向する」

その可能性大ですね。

以上は私「r」の「仮説」ですが、読者の皆さんは如何お考えでしょうか?

「朝日新聞と産経新聞の『論調』が一致したら危険信号」
「テレビ朝日の報道で『世論操作』の傾向と対策がわかる」

この二つのセオリーに則って注意深く観察して下さい。

本日の「サンプロ」のように新聞テレビが「竹中平蔵氏」を過剰にフューチャーし始めたら…
そして「小泉チルドレンの決起」を礼賛し始めたら…

「与謝野」VS「竹中平蔵 with 小泉チルドレン」

は間違いなく「自作自演」のヤラセです。

「増税を争点にしたら選挙に負ける」

これは選挙の「鉄則」です。
増税を否定する「竹中平蔵軍団」を新聞テレビが「ヒーロー」扱いしたら要注意!

読者の皆さん!

「警戒警報全開です!」

本日も私「r」の駄文をご覧いただきありがとうございます。

★引用終了★


郵政民営化凍結!

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。ご協力をお願いします!

(※上のバナーはSOBAさん作成です)


人気blogランキング ランキング投票をお願いします

ご声援有難うございます!(r、喜八)


関連ページ


護憲派アマゾネス軍団

護憲派アマゾネス軍団!


おやすみなさい、柏崎刈羽原発

柏崎刈羽原発停止への署名をお願いいたします。


投稿者 kihachin : 2007年10月29日 20:22

« 年次改革要望書 | メイン | 河野太郎「ふざけるんじゃねえ」 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/1948

このリストは、次のエントリーを参照しています: 八百長増税論議:

» [政治]母屋ではおかゆ食って、辛抱しようとけちけち節約しておるのに、離れ座敷で子供がすき焼き食っておる from ΩBloger chan3or1の極私的日記
消費税は本当にあげる必要があるのであろうか、単純に上げれば15%でも追いつかない。単純に考えても30兆円もの赤字国債を発行している国が2011年にプライマリー... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年10月29日 22:24

» ”ブッラクストーン”日本上陸 from 現政権に「ノー」!!!
米投資ファンド ブラックストーンが日本法人 “御三家”勢ぞろい ≪来月に記者会見≫  世界最大の投資ファンド、ブラックストーン・グループが東京・丸の... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年10月30日 00:08

» これはすごい! from ミクロネシアの小さな島・ヤップより
左←も→みぎも夕日ですみません。きょうは時間がないけれど、どうしても記録しておきたいブログ記事があったので、リンクだけ紹介します。 ところで、exblog... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年10月30日 00:42