【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« さあ、政権交代だ! | メイン | 鳩山由紀夫さん »


2007年11月08日

情報テロリストの正体

渡邉恒雄(ナベツネ)

郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。ぜひとも、ご協力ください。

 人気blogランキング ランキング投票をお願いします


謎の憂国者「」さんのメッセージです。

★引用開始★

情報テロリストの正体

読売新聞社…
この新聞社の「情報操作」の凄まじさ、そして露骨さを読者の皆さんは改めて痛感した事でしょう。

郵政解散総選挙報道」における情報操作…
小泉純一郎氏」を徹底的に守る情報操作…
竹中平蔵氏」を徹底的に擁護する情報操作…
中曽根康弘氏」を徹底的に英雄化する情報操作…
「日本の新自由主義化」を徹底的に推し進める情報操作…

そして!

「宗主国・アメリカ合衆国」の国益追及の為に「日本国民」を欺瞞《ぎまん》する情報操作!

私「r」は読売新聞社・主筆「渡邉恒雄(ナベツネ)氏」を絶対に許しません。
その盟友たる「中曽根康弘氏」も同様です。
この二人は本当に「日本人」なのでしょうか?
そして「愛国心」を本当に持っているのでしょうか?
甚《はなは》だ疑問に思います。

読売新聞社と言えば戦前は「マイナー新聞社」だったとか…
それが戦後になって「急成長」しました。
民間初のテレビ放送局「日本テレビ」を立ち上げ…
巨人戦チケットを「エサ」に読売新聞発行部数を飛躍的に拡大させ…
強引な新規勧誘で様々な「社会問題」を発生させ…
「押し紙」と称する新聞紙押し付けを「販売所」に行い…

「インテリが作ってチンピラが売る」

それを率先して行っていたのが「読売新聞」である、私「r」にはそうとしか思えません。

私「r」が学生時代住んでいた下宿に「●●新聞社」の勧誘員が来ました。
彼のシツコサは尋常ではありませんでした。
断ったのに何度も何度もベルを鳴らすのです。
私「r」はドアスコープ越しに…

「新聞は読まないから帰ってくれ!」

そう言ったのに勧誘員は引き下がらない。
それどころか…

「新聞も読まない学生に明日はない! 社会で出世出来ないぞ! だから新聞を読んで勉強しろ!」

私「r」は性格が悪い卑怯者です。
されど見知らぬ第三者の悪口は言いたくありません。
しかし、この勧誘員に対しては別です。
ハッキリと言ってやりました。

「アンタは『●●新聞社』の正規社員ではないだろうが。新聞販売所、即ち『専売所』を点々と渡り歩く『新聞拡張団』の末端構成員だろうが! もし、新聞を読んで出世するのならば、アンタは今頃『●●新聞社』のデスクかなんかになって記事を推敲する身分、即ち年収2000万円クラスの生活を送っているはずだろうが! しかし現状はどうなんだ? 食うや食わずのその日暮らしに近い不安定な生活を余儀なくされているのではないか? 借金も相当あるんじゃないの? 『反面教師』としてアンタの人生は参考になるかも知れないが、ハッキリ言ってアンタに私『r』の人生を左右される言われはない。アンタのその強引な勧誘スタイルは、ハッキリ言って、他の良心的な『勧誘員』の迷惑になるだろう。とっとと帰れ!そして職安に行ってマトモな職に就いて社会に貢献しろバカヤロウ!」

私「r」はこんな調子で「強引」で悪辣な勧誘員を罵倒しました。

(それにしてもチト言い過ぎでしたね…若気の至りとは言え…反省してます)

当然、この「勧誘員」はブチ切れました…
そりゃそうでしょう。
「19~20歳」そこいらの「クソガキ」にここまで言われたら…
そこから先、どうなったのか。
もう時効でもありますし、諸般の事情でご想像にお任せします。

(この「●●新聞社」とは何処の新聞社か気になりますね♪ ヒントは読者の皆さんが今現在、イッチバン頭に来ている新聞社です。おまけで「米国諜報機関」と入魂《じっこん》の間柄にある、と専《もっぱ》らの噂の新聞社ですね! ここまで書けばお分かりになりますね♪)

今振り返ると「オトナ気」なかった…
好きで「勧誘員」になる人はそう多くないと思います。
私「r」も高校時代に新聞配達のバイトをした事があります。
配達だけでも結構キツかったです。
しかし専売所の「社員」の方は「集金」と「新規勧誘」もしなければなりません。

「専売所社員の仕事は『配達』『集金』『新規勧誘』の三点セット」

こう考えて差し支えありません。
それでは何が一番キツいのか…
それは言うまでもなく「新規勧誘」なのですね。
想像して下さい。
今、読者の皆さんの家に「新聞勧誘」が来たらどうするかを…
まず百人中百人までが…

「ウチは間に合ってます」

そう言って「お断り」をする事でしょう。
特に「喜八ログ」読者の皆さんは「新聞不信の極み」にあるでしょうから尚の事…

そう言った「お断り」の「アウト」が延々と続くのです。
どうですか?
もし読者の皆さんが「勧誘員」だったら耐えられますか?
気が滅入る事受けあいですね。
そんな「地獄」が延々と続くのが「新規勧誘」のお仕事なのです。
唯単に「いらないよ」って言われるだけならまだマシです。
中には「前述」のような「罵倒的アウトトーク」を浴びせられる事もあります。
それでも「忍耐」を要求されるのが「新規勧誘」なのです。

その次にキツいのが「集金」なのです。
専売所によって「ルール」は異なるようですが「未収」即ち「集金不能」の場合に「身銭」を切らされる事も多々あるのです。
しかも「専売所社員」が「自己勧誘」した顧客の「未収分」は特にそうなのです。

「新規勧誘で罵倒され…」
「苦労して契約を取った顧客に新聞代を踏み倒されて…」
「自腹を切らされ損失補填させられて…」

どうですか、読者の皆さん。
新聞専売所の社員の皆さんはこのような「苛酷な環境」に置かれているのです。
当然これらは…

「労働基準法」

この「法律」に完全に抵触します。
通常ならば「労働基準監督署」に通報すれば速やかに「調査」に入ってしかるべし。
そして「業務改善命令」や「違法徴収金の返還命令」「未払い残業代の支払命令」など、労働者が本来持つ「権利」が保証されますね。
されど実態はどうか…

「全国紙による『攻撃(口撃)』を恐れる関係当局は見て見ぬフリ?」

をしているらしいです。
でも考えてみて下さい。
確かに「見て見ぬフリ」をしているらしい関係当局にも問題はあります。
されど、そんな「違法労働」を事実上強いている「新聞社」に問題はないのでしょうか?
問題アリアリですね。

実際、新聞テレビの「企業攻撃」「役所攻撃」は凄まじいです。
家にまで押しかけ、通勤通学途中の家族まで追い回し、連日連夜の「夜討ち朝駆け」「ピンポンアタック」「電話攻勢」「FAX攻撃」などなど…

たまったものではありません。
それどころか「テレビ局」のワイドショーなどと「メディアスクラム」を組んだらば…

『テレビに影響されやすい思慮浅薄な人々による嫌がらせまで受けてしまう!』

そんな状況がここ数年続いていますね。
それを目の当たりにしたら「正義感に燃える監督官庁現場職員」も萎縮してしまうでしょう。
ましてや「違法労働」の監督官庁は新聞テレビがメディアスクラムを組んで過剰なまでに叩き捲くっている「厚生労働省」です。

こんなんじゃあ…

話は逸れました。

「新聞専売所」の正規社員は苛酷な労働を強いられています。
かと言って「専売所経営者」はどうなのか。
経営者もまた、苛酷な経営を強いられています。
経営者は「広告チラシ」の仕事を取ってこなければなりません。
事実上「広告チラシ」によって生活する、と言っても過言ではありません。
でも、この事実上の「不景気状態」において「広告チラシ」の仕事を取るのは容易ではありません。
経営者が苦労して「広告チラシ」の仕事を取ってきました。
これで「月末」が乗り越えられるかといったらさにあらず…

「全国紙サイドから押し紙」

即ち「発行部数」をデッチ上げる為の「新聞押し売り」の仕打ちを専売所経営者は受けるのです。

※「押し紙」の件に関しましては「告発サイト」や「人権派弁護士」など有志の方が多数糾弾しています。
実際、裁判において「専売所経営者」の勝訴判決もあります。
是非とも「検索」して見てください。

そんな「苛酷な新聞販売業界」の実態の中で「読売新聞」を始めとする全ての「全国紙」は…

全国紙本社は「談合主義的既得権益:再販制度」に守られてヌクヌクと「社員の平均年収1500万円超」を享受し…
全国紙本社は「外資系金融資本」の莫大な広告料収入を享受し…

郵政民営化偏向報道を始めとする国政を歪める報道を行っている!」

即ち「国政」を著しく歪めている実態があるのですね。

『末端の新聞専売所には「新自由主義的過当競争」を強いて、全国紙本社はヌクヌクと談合主義で甘い汁を吸っている』
『末端の新聞専売所を「派遣社員の新聞版」とも言える「拡張団」に新規勧誘営業を頼らざるを得ない状況に追い込みながら、自らは甘い汁を吸い続ける全国紙本社』

これってどう思いますか?

全国紙の事実上の「悪事」はこれだけではありません。
前述「新聞拡張団」の問題は読者の皆さんも経験しているようにトンでもないですね。
当然周囲と軋轢が生じます。
当然、新聞専売所の経営者に「苦情」が殺到します。
それが元で「専売所閉鎖」に追い込まれた経営者も多数います。
そんな時「全国紙本社」はどうするのか…

「新規勧誘の問題は誠に遺憾であります。されど現場の『専売所』が独断専行で行った問題であり当社は関係ありません。今後も厳しく監視しますので…」

大なり小なりこのような戯言を言ってお茶を濁すのですね。

「新聞テレビは日本国民の敵である!」

益々実感する今日この頃です…

★引用終了★


郵政民営化凍結!

 「郵政民営化凍結

(※猫の画像は「ImageChef イメージクリエーター」で製作しました)


人気blogランキング ランキング投票をお願いします

皆様の応援に勇気をいただいております(r、喜八)


関連ページ


TAMA猫 Shop

多摩川の野良猫支援」をお願いします!


投稿者 kihachin : 2007年11月08日 12:11

« さあ、政権交代だ! | メイン | 鳩山由紀夫さん »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/1975

このリストは、次のエントリーを参照しています: 情報テロリストの正体:

» プッツン親分「さる人の名前は言えネェ」 from うみおくれクラブ
 ゆみちゃんは、オザワ親分が辞意を撤回することは絶対ないと思っていた。  しかし親分の友人たちの「お前の長年の政治信条はどうなるんだ」、子分たちの「親分とともに... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年11月08日 15:01

» 恥の上塗り 読売新聞 from zara's voice recorder
小沢氏は真実を語れ 実に理解に苦しむ発言である。 民主党の小沢代表は4日の記者会見で、辞任表明に続けて報道機関への批判を展開した。「私の方から党首会談を... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年11月08日 15:41

» 小沢さんと読売新聞 from 無党派日本人の本音
[小沢さんの復帰声明後の記者会見] 小沢さんの復帰後の記者会見は報道機関の質疑応答の形で行われた。 その大半は予想されたことばかりで特に目新しいものはなかった。... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年11月08日 15:47

» 原発を考える(下) from 関係性
―地震と原発事故がもたらす報道の                   二つの流れ(2)―  前回は報道の... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年11月08日 16:07

» 敵は「自公合体政権」にアリ! from らんきーブログ
人気ブログランキング ← に参加中です! いつも応援ポチっ有難うございます♪  ↑上記リベラルブロガーへのポチっと応援をそろそろお願いしま〜す^^【選挙は近い... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年11月08日 17:07

» 政党は政権を目指す from そもそも どーなの?
民主党の小沢代表が正式に辞意を撤回しました。結局、大連立から始まった一連の騒動は、何事もなかったかのように終わりそうです。マスコミは民主党のイメージダウンは避け... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年11月08日 18:18

» 都民の我慢!大いなる浪費を許す寛大な心?石原の無駄遣い!! from kimera25
小沢のはめ殺し読売社主ナベツネの陰謀は書き飽きた!今日は石原だ!自分の金にはセコイが、都税はジャブジャブ使う石原。利権が絡むと楽しくなってくるようだ。 食の安... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年11月08日 20:39

» 創価学会マネーにたかる新聞に公明党批判ができるのか(寺澤有氏) from dou
SAPIOの特集「大新聞社の「余命」」より [試算]年間200億円!? 創価学会マネーにたかる新聞に公明党批判ができるのか/寺澤有 を引用しているブログ(D... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年11月08日 21:06

» 自Endへ、さらに先へ from なごなぐ雑記
民主党の小沢代表の続投(辞任撤回)が濃厚のようだ。 民主党の中からは、「小沢氏 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年11月08日 21:28

» [日記][政治]小沢代表 「不器用で」「プッツンした」会見で弱さ訴える(毎日新聞) - Yahoo!ニュース from ΩBloger chan3or1の極私的日記
医者は、一人の尊い命をすることができるが、政治家は国家国民の多くの人を救える可能性がある。アメリカは本当にテロと戦うことを行えているのだろうか。日本は、テロと... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年11月08日 22:53

» NOVAの経営破綻と労働組合 from アッテンボローの雑記帳
 先月28日付の「今日、考えたこと」さんの所でブログ版「労働情報」の記事を読んだ [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年11月08日 23:04

» ほんとうの優しい社会とは −「丈夫で長持ち」がキーワード! − from 鳥居正宏のときどきLOGOS
先日、建築史を専門にしている友人と法隆寺を訪れました。 私は、法隆寺の五重塔を見るたびに、鳥肌が立つぐらいに、とても感動します。 諸説はあるにせよ、少なくと... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年11月08日 23:57

» 民主党小沢代表の抗議(緊急記者会見より) from なんで屋-驀進劇-
民主HPで無編集のそのまんまビデオを見ればいいじゃん。(笑)雑談日記(徒然なるままに、。)より以下引用http://soba.txt-nifty.com/zat... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年11月09日 00:04

» 小沢一郎民主党代表は、辞任会見及び辞意撤回を謝罪・説明し両院議員懇談会、記者会見を行い、続投を決めた経緯を述べた。 政党相互が切磋琢磨する日本になってもらいたいものですね from チョクのブログ
民主党の小沢一郎代表は、一連の辞任会見及び辞意撤回に至った経緯を謝罪・説明し両院議員懇談会、続いて記者会見を行い、続投を決めた経緯を述べた。 .。゚+.(・∀... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年11月09日 00:17

» 前原!自民へ行け! from kimera25
いらない!のしつけて腐れ自民にあげてやる!いやなら読売か産経が引き取れ!****ゴミ箱「読売新聞」******http://www.yomiuri.co.jp/... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年11月09日 01:40

» 一番のダメージは読売新聞社でしょ from Dogma and prejudice
民主・小沢氏、早い段階から連立に前向き…自民関係者  民主党の小沢代表が、首相から連立の打診を受ければ、民主党内を説得する考えを首相に伝えていたことが2日、明ら... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年11月09日 03:27

» 悪質荒らしを無視することの難しさと条件(2):荒らしの人質作戦 from 嗚呼、負け犬の遠吠え日記(新館)
 「悪質荒らしは無視が一番」とかよく言われます。  しかしながら、実際にはこれが意外と難しかったりするのです。  ネット工作員や熟練した悪質行為の常習者... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年11月09日 06:19

» フジモリ大統領裁判と、頼りにならない日本政府 from 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
 アメリカで、なぜ日本の立場を代弁する人々の影が薄くなってきているのか。その原因のひとつに、日本政府が在外の日本人や日系人を守る意思が弱いという問題があると思い... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年11月09日 07:52

» ご近所の風物詩(商魂)!VSアウン・サン・スー・チーさん! from kimera25
空を見上げるとあら!ライティングが違うわ!美味く撮れないのでプロのモノをお借りしました!11/8クリスマスバージョンに変わった東京タワー!毎日新聞様http:/... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年11月09日 11:21

» 「大連立!」否定?けど「阿吽?」&混沌・・0〇 from いわいわブレーク
――『阿Q正伝』の主題・微考。或いは『格差』論の続き。 結論を云えば、前ログ「不気味な静けさ」で書いた懸念は、ほぼ確実なものとなった。 要するに、民主党は小... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年11月09日 12:09

» ナベツネ大連立構想の真相 動画あり from zara's voice recorder
大連立 陰の仕掛け人 ナベツネ・シナリオ大崩壊 ▼「小沢副総理」「大臣6ポスト」を割り振り ▼小沢と福田が「西郷と勝海舟」だってさ 福田・小沢党首会談が... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年11月09日 16:53

» 【速報】「2ヶ月前に」渡邉恒雄から「大連立構想」小沢さん明かす from 国会傍聴記by下町の太陽・宮崎信行
(写真は産経=ファイル) 民主党の小沢一郎代表は11月7日午後5時10分頃、大連立構想に関して「2ヶ月ほど前にさる人から呼び出された。断れる人ではないので、出向... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年11月09日 23:42

» きゃっはっは、老害ダンゴ3兄弟 from ミクロネシアの小さな島・ヤップより
わたしがこんな感じで鬱々としていたこの1週間のあいだにニホンで起きた騒ぎの元凶を、「kojitakenの日記」にインスパイアーなごなぐさんがこんな感じの串ダンゴ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年11月10日 06:06