【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« マニフェストの正体 | メイン | 鈴木宗男幹事長 »


2007年11月11日

情報テロとの戦い

田原総一朗

郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。

 人気blogランキング ランキング投票をお願いします


謎の憂国者「」さんのメディア批判です。

★引用開始★

情報テロとの戦い

鳩山邦夫法務大臣は仰いました…

日本にもテロリストはいる!

荒唐無稽に思えるこの発言です。
しかし「別の見方」をすれば瞬時にリアリティが増すと思うのです。
それはどういう事か。

情報テロリストなら日本の新聞テレビに無数とも思える数が生息する!」

そこで非常に気になる人物が複数います。
その人物とは…

渡邉恒雄氏:通称・ナベツネ」(読売新聞社・主筆)
三宅久之氏」(元毎日新聞政治部記者・元テレビ朝日「ニュースレーダー」キャスター)
田原総一朗氏」(テレビ朝日「サンデープロジェクト」討論司会)
辛坊治郎氏」(よみうりテレビ解説委員)

この「情報操作の四天王」こそが「情報●●●●●」の呼称を冠するに相応しいと私「r」は思います。

※上記「●●●●●」に当て嵌まる言葉は読者の皆さんのご想像にお任せします(笑)

小泉純一郎氏は声を大にして言いました。

「『テロとの戦い』をしなければならない!」

それでは小泉純一郎氏が言う「テロ」とは一体何ぞや?
アメリカで発生した「通称911」の事なのか?
それとも今、中東で発生している「事件」なのか?

中東で発生している各種の事件は果たして本当に「テロ」なのか?
私「r」はどう考えても「テロ」だとは思えないのです。
それでは中東の「アレ」は何なのか。

「抗米ゲリラ」
「抗米義勇軍」
「反米レジスタンス」
「反米パルチザン」

これなのではないか?
読者の皆さん、冷静にジックリと考えて見てください。

ある日突然…
「お前の国にテロリストがいる、許せん!」
と外国の国家指導者が絶叫して、ミサイルをぶっ放すは、爆弾落とすは、艦砲射撃するは、で挙句の果てに上陸してきて軍用小銃をぶっ放し…
「お前はテロリストだな!」
と問答無用で外国軍に「祖父・父・兄・弟」を逮捕連行されたら読者の皆さんはどう思いますか?

「ふざけるな!」

と激怒するでしょう。
それだけではなく前述の「各種攻撃」によって家族や親類、隣人、友人、知人が謂《いわ》れもなく殺されたら?

「ふざけるな、仇を取ってやる!」

そうなりませんか?

日本の新聞テレビは中東で戦っている「現地人」をこう呼びます。

「武装勢力」
「テロリスト」

これじゃあ現地の人は浮かばれませんね。
だってそうでしょう。
中東で戦っている現地人が本当に「悪人」ならばあっという間に地域住民に通報されて当局により逮捕、或いは殺害されるでしょう。

よく考えてみて下さい。
現地の住民の協力なくして「米軍」「米国傀儡政権の軍隊」と戦えますか?
現地の人は日本の新聞テレビが言うところの「テロリスト」に協力しているのですよ。
それでは現地の人は何ゆえに協力するのか。
それは単純明瞭です。

「肉親などの仇を討って貰いたい」
「自分の祖国を米国の侵略から守りたい」

肉親など身内の人々が米軍に殺され、祖国が踏みにじられる。
そうなりゃ誰だって怒るでしょう。
どんな国の人だって怒るでしょう。
但し…

「日本の新聞テレビを除いては…」

それでは前述した鳩山邦夫法務大臣のお言葉を別の意味で解釈しましょう。
一体全体、日本人にとって「テロとの戦い」とは何を意味するのでしょうか?
そして何を指すのでしょうか?
それは…

「情報テロリストと日本国民の戦い」

これなのです!
それでは「情報テロリスト」とは誰を指し、どんな組織なのか。
その組織とは…

「新聞テレビ:全国紙とその配下のテレビキー局」

これなのですね。
新聞テレビは「情報テロ組織」でありそこで情報操作に暗躍する全ての執筆人、キャスター、アナウンサー、御用評論家、御用学者は「情報テロリスト」なのです!
彼ら彼女らが24時間365日休む間もなく「情報操作」を行っています。

「日本人の思考能力を奪い…」
「宗主国・アメリカ合衆国に都合のよい情報を垂れ流し…」
「反対意見を黙殺・封殺・圧殺し…」

「偏向報道」「世論誘導」「世論煽動」「世論操作」など悪事の限りを尽くすのが日本のマスメディアの正体、即ち…

「情報テロリスト」なのです!

★引用終了★


郵政民営化凍結宣言

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。ぜひとも、ご協力ください!

(※上のバナーは「或る浪人の手記」さん作成です)


人気blogランキング ランキング投票をお願いします

皆様の応援にココロより感謝申し上げます!(r、喜八)


『主権在米経済』小林興起   『奪われる日本』関岡英之

憂国の名著『主権在米経済』と『奪われる日本


関連ページ


衆議院選挙 野党共闘!

衆議院選挙 野党共闘!


投稿者 kihachin : 2007年11月11日 09:24

« マニフェストの正体 | メイン | 鈴木宗男幹事長 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/1980

このリストは、次のエントリーを参照しています: 情報テロとの戦い:

» 米軍から離脱した独自の軍隊を日本が持つことについて from 日比野庵 本館
日本が独自の軍を持つことに対して、障害となりうる要素を検討してみる。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年11月11日 10:50

» 沖縄自決と大江さんと曽野さん from 無党派日本人の本音
 旧日本軍の梅沢さんたち人が、作家の大江健三郎さんと岩波書店に、大江さんの著書「沖縄ノート」などの出版差し止めや損害賠償を求めた訴訟の第11回口頭弁論が9日、大... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年11月11日 16:13

» 大江さんって本も読まれずに訴えられていたらしい from お玉おばさんでもわかる 政治のお話
首相問責決議可決なら衆院解散も・自民幹事長、民主をけん制 NIKKEI  NETより 法案が採決されないと解散総選挙の可能性がある・・・・・・と伊吹幹事長が民... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年11月11日 17:19

» マスメディアは誰の味方か? 今回は自民党だったね。 それをどう思うかが庶民には大事。 from らんきーブログ
人気ブログランキング ← に参加中です! いつも応援ポチっ有難うございます♪  ↑上記の『らんきー』友好ブログへのポチっと応援を1日1回お願いしま〜す^^ ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年11月11日 18:47

» 年次改革要望書は命令書?! from 人工樂園
 「なるほど♪ママダイアリー」というサイトで共済に関するブログ記事が紹介されているのを読みました(オリジナル記事はこちら)。「簡保以上に相互扶助の役割が強い『共... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年11月11日 19:51

» 北朝鮮のテロ支援国家解除について from 日比野庵 本館
アメリカによる北朝鮮のテロ支援国家指定が解除されようとしている。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年11月11日 20:30

» 舛添大臣、これでいいの? from そもそも どーなの?
「盗人は全員牢屋に入ってもらう」威勢のいいことを言っていた大臣がいました。この大臣の号令のもと、社会保険庁は年金保険料を着服した役所の職員を告発することに決めま... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年11月11日 23:43

» 歴史の記述と政治的中立 from 薫のハムニダ日記
歴史の記述と政治的中立/高橋哲哉 太平洋戦争末期の沖縄戦で発生した住民の”集団自決”問題を4月のコラムで扱った。文部科学省が検定によって、日本軍が集団自決... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年11月12日 03:09

» 「在日特権」が白日の下に!−前市部長、1800万円着服か from 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
中日新聞の記事からの転送です。 記事の内容は「公務員による税金の着服」ですが、「伊賀市が在日韓国・朝鮮人に対し数十年もの間、条例もなしに市民税を半分に減額... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年11月12日 07:50

» 配置換え  資料科? / 03’autumn/winter from パニック障害・抑うつ 心の旅 独り言日記
   「秋風から運ばれた赤く色づいた葉は晩秋を知らせてくれる」     突然の配置換えまで 出勤は妻の付き添いで2ヶ月(9月〜11月... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年11月12日 12:56

» 防衛ロビイストの話 from とむ丸の夢
『サンデー毎日』で話題になっている防衛ロビイスト秋山某氏については、だいぶ前から問題になっていたようです。『アクセスジャーナル』では昨年の5月から6月にかけて、... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年11月12日 13:24

» 悪質荒らしを無視することの難しさと条件(3):荒らしの心理作戦・前編 from 嗚呼、負け犬の遠吠え日記(新館)
 「悪質荒らしは無視が一番」とかよく言われます。  しかしながら、実際にはこれが意外と難しかったりするのです。  ネット工作員や熟練した悪質行為の常習者... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年11月12日 21:05

» 幻の安保政策大転換を惜しむ(マル激トーク・オン・ディマンド) from とくらBlog
 スピンドクターにより、メディアでは、「大連立構想」のことばかり話題にされていますが、「安全保障政策の転換」こそ、今回の重要なテーマではないでしょうか? ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年11月12日 22:52