【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 「R25」の「年次改革要望書」批判 | メイン | 民主党が裏切る日 »


2007年12月22日

長谷川憲正議員

長谷川憲正

郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。

人気blogランキング ランキング投票もお願いします!


謎の憂国者「」さんのメッセージです。

★引用開始★

長谷川憲正氏という国会議員がいます。
綿貫民輔代表率いる「国民新党」の大幹部であります。
空手の達人だそうで日々鍛錬を怠らない硬骨の人物でもあります。

小泉純一郎氏に真っ向からケンカを売る度胸。
アメリカにノーを突き付ける度胸。

これは日々の空手の鍛錬からくる「強靭な精神力」の賜物《たまもの》ではないでしょうか?
そんな長谷川憲正氏のホームページに気になる情報がありましたので引用させていただきます。


★長谷川氏のHPより引用開始★

長谷川憲正氏

BSジャパンテレビ「こちら編集長」で長谷川憲正議員が、郵政民営化をズバリ切る<11月11日>

11日(日)12:00からのBSジャパンテレビ「こちら編集長」で、山口編集長が「郵政民営化の光と影」というテーマで、「郵政民営化はどちらかというと問題点が多い」とズバリ指摘されました。長谷川憲正議員も郵政民営化反対派として現状を訴えました。

山口編集長は、
郵政民営化の影の部分として「(1)無集配化、(2)総合担務の廃止、(3)手数料の大幅値上げ」を指摘。
光の部分として、余り見つからないがと前置きし、「(1)24時間営業、(2)地域コミュニティーの中核施設、(3)民間企業のサービス向上」を上げられていましたが、これは公社時代と何ら代わりのないところのようでした。

郵政民営化反対派として長谷川憲正議員が登場し「民営化は失敗だった。何も良くならない。サービスは悪くなるし、料金も上がる。三事業で一緒にやっていたからうまくいっていた。簡易局もやめる所が多い。今出ていることはまだ小さなこと。地方の人には大変不便になっている。」と現状を話し民営化は見直さなければいけないと訴えました。
また、賛成派からは片山さつき議員が「民営化して良かったか悪かったかは、民営化会社の損益もまだ出ていない。結果が出てから考えるならいい。実績をみてからだ」と話され、山口編集長も「長谷川憲正議員の主張は具体的だったが、賛成派の片山議員のは抽象的で、一旦決めたんだからぐずぐず言うなよというようだ」とコメントされていました。

次に「何のための民営化だったのか」当時の議論で何が問われていたかを検証し、
(1)郵便事業のユニバーサルサービスは維持できるのか?
(2)資金は「官から民」にながれるのか?
(3)行政改革は進むのか?
だったがということで、この論点について山口編集長は、「民営化しても実現できない」とズバリ切り捨てられていました。
海外の郵政民営化の話も出て、海外では「民営化はほとんど失敗している。ドイツでは民営化後郵便局数が激減し、国民から非難され、政府は困って2002年『ユニバーサルサービス法』という、『2000メートル歩いたら郵便局があり、それより減らしてはいけない』という法律を作った。郵便貯金も民間に売り払ったが買い戻した。ニュージーランドでも郵便局数が激減し、郵便貯金は外資が買い取って好き勝手なことをやった。それで新しく会社の下にキュウイ銀行を作った」などと海外でもすべて失敗し、やり直していることを指摘されていました。
そしてアシスタントが「それではなぜ日本は民営化したのですか」とつっこむと、編集長が「強引にとにかく行けと言ってやったのが郵政民営化だ。推進派にしても問題点をみてみることが大切」と言われていました。

最後に、「今日のこれが言いたい」のコーナーでは、
「しっかりウオッチ、だめなら『見直し』を」が字幕に出て、山口編集長が、「民営化法に投票した国民にも責任がある。国民もこの後これがどうなるかをみて、これは問題だということだったら、軌道修正し、見直すべきだ」と正論を主張されていました。

★長谷川氏のHPより引用終了★


地上波テレビから完全に追放されてしまった長谷川憲正氏です。
されど長谷川節はまだまだ健在です。
口から先に生まれた感のある「片山さつき」センセイにひけをとるどころか、(言葉によって)叩きのめしていますね(笑)
さすがは「国民新党」の大幹部です。
「気迫」が違いますね。

私「r」は長谷川憲正氏を応援します!

★引用終了★


郵政民営化凍結!

郵政民営化凍結」TBキャンペーンをよろしくお願いします~!

(※猫の画像は「ImageChef イメージクリエーター」で製作しました)


人気blogランキング ランキング投票をお願いします

日々の応援ありがとうございます(r、喜八)


関連ページ


投稿者 kihachin : 2007年12月22日 20:00

« 「R25」の「年次改革要望書」批判 | メイン | 民主党が裏切る日 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/2070

このリストは、次のエントリーを参照しています: 長谷川憲正議員:

» 政治とカネの問題 ― 公明党と支持母体との不可解な関係 ― from 鳥居正宏のときどきLOGOS
せっかく、国会会期末が再延長され、越年国会となったわけですから、政治とカネの問題を、野党にはさらに厳しく徹底的に追及してもらいたいものです。いままで、この問題で... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年12月23日 01:36

» 防衛省のコスト削減努力 from とむ丸の夢
数日前のNHKニュースで、無駄遣いを指摘されている防衛省が、コストの削減努力を促進す るため具体的な数値目標を設けて、今後5年間で15%の削減を目指すことになっ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年12月23日 13:39

» 夜八時の願い! from kimera25
夜8時ちょうど!冬用照明が消えてこの展望台に大きなハートが出る そしてこのハートが消えストロボの点滅になり9時頃には通常点灯に・・・!************... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年12月23日 16:21

» 年収ン百万円世帯を敵視しては自エンドはできない from うみおくれクラブ
 口が悪くて頭の悪い女カウンセラーのことは、このままスルーしようと思ったが、生活保護の問題は資本主義体制の本質に迫るものがあり、また読者の皆さんも、このまま女の... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年12月23日 19:43

» 左翼なみんなへ・・ from お玉おばさんでもわかる 政治のお話
 クリスマスには毎年、何かお玉な話をすることを決めてますので・・  一つ告白しておくと、クリスチャン家庭で育ってはいますが、お玉は実はクリスマスは嫌いです。... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年12月23日 20:29

» 「首相は決断を」したのか。 from 新三ログ
突然、薬害問題の政治決着がされた。なんとなく後味が悪いのは私だけだろうか。ここに来て支持率が40%台を割った。それを重く見て政治決着がされたと思うのは考えすぎで... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年12月23日 22:12

» 政府案が駄目だから議員立法?それ野党がやることでは?! from kimera25
これ何か変????俺の頭が悪いのか?イグアナ福田の頭が壊れているのか?**************http://www.asahi.com/politics/u... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年12月24日 00:37