【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« そのまんま東とビートたけし | メイン | 「和風」を楽しむ »


2007年12月04日

都知事選とオムライス

722六本木緊急行動 折口ちょっと来い!」(大きな画面)

郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。ぜひとも、ご協力ください。

 人気blogランキング ランキング投票をお願いします


謎の憂国者「」さんのメッセージです。

★引用開始★

都知事選とオムライス、そしてお詫び…

「『カレーライス』か『ライスカレー』か…社民党は『オムライス』だ!」

この言葉は「社民党党首:福島瑞穂さん」が「郵政解散総選挙」にて繰り返し語ったセリフであります。

私「r」は当初…

福島瑞穂さんは一体何を考えているんだ?これじゃ小泉自民を利するばかりじゃないか!」

テレビ朝日など東京キー局における「政治討論番組」の全てで福島瑞穂さんは「民主党の批判」を繰り返していました。
小泉自民に対する「怒り」で燃える私「r」は福島瑞穂さんのそういった「一連のスタイル」にあきれを通り越した、何かこう…
言いようのない「何か」を感じました。
しかし…
今振り返ると、以下のように思いました。

「福島瑞穂さんって本当は『頭がいい』のである。例え方もウマイ。しかし、表現の仕方がヘタなだけなんだ!」

言うまでもなく冒頭の「福島瑞穂発言」ですが…

カレーライス → 小泉「自民党」
ライスカレー → 岡田「民主党」
オムライス  → 福島「社民党」

ですね。
当たり前ですが福島瑞穂さんは…

「自民党も民主党も同じ『ネオリベ:新自由主義』政党なんですよ!」

と言いたかったのですね。
私「r」も勿論、当時の「福島発言」の真意はよーく理解していましたが、どうも…
福島瑞穂さんは生真面目な「学者肌」の人物のようです。
勿論、頭脳明晰です。
日本共産党の「志位和夫委員長」に近いタイプの人物ですね。
即ち…

「真面目な学級委員、そして生徒会役員」
そんな感じですね。

でも…

「面白みに欠ける…」

されど、政治とは「人間の生き死に」がかかった大事な「政《まつりごと》」です。
間違っても「お笑い」に転化してはならないのです。
しかし有権者一人一人は「マトモ」でも、集団ともなると…
ましてやテレビ朝日など「東京キー局」は「対米売国推進」の為に「ネオリベ:新自由主義者」を応援するべく政治を「お笑い」に転化して「本質」を見えにくくする…

だから「真面目な正論」が受け入れられにくい風潮が出来る。

これは本当に由々しき問題ですね。
だからこそ、福島瑞穂さんにも「志位委員長」にも…

「シタタカサ」
を身に付けて貰いたいのです…

さて…
冒頭タイトルですが…

先の都知事選にて私「r」は「浅野史郎氏」を支援しました。
それに関して私「r」は読者の皆さんに「お詫び」をしなければなりません。
それでは何に対してのお詫びなのか。
それは…

「浅野史郎氏支援を読者の皆さんに呼びかけた事」

それなのです。

「黙ってればいいじゃん!誰も問題視してないんだからさ!」

などと私「r」を擁護する方たちは仰るかも知れません。
本来ならばそうするべきかも知れません。
しかし、今は「緊急事態」なのです。
現政権、即ち「小泉竹中ネオリベ体制」を擁護する「ある種の人々(ネオリベ&ネオコン&米国大好き)」はどんな手を使ってでも私たち「反植民地体制レジスタンス」を攻撃してきます。
だからこそ、私たちは出来る限り「クリーン」にそして「理論武装」しなければならないのです。

「瑕疵《かし》は少なければ少ないほどいい」

そう言った訳で私「r」はあえて「お詫び」を発表する次第なのです。
それでは何故に「浅野史郎氏支援」がお詫びに値するのか。
それは…

「浅野史郎氏が『ネオリベ:新自由主義者』としか思えない」

からなのですね。
その事は当時から私「r」は知っていました。
しかし「石原慎太郎氏再選」だけは何としてでも阻止したかった。

阻止したい理由は簡単です。
それは石原慎太郎氏が「伝統保守」或いは「憂国派」は勿論の事「盟友:小林興起氏」を始めとする「本物の勇者たち」と「国家国民」を裏切って「小泉純一郎氏」に恭順したからですね。
確かにそれ以前からも「石原慎太郎氏」の言動や行動には問題が多かったです。

「それを言ったらオシマイでしょう」
「言って良い事と悪い事がある」
「心で思っても口に出すとは…」
「弱者を苛《いじ》めて楽しいの?」

などと私「r」は石原慎太郎氏による無数の「暴言」に辟易していました。
されど、かつての石原慎太郎氏の「対米スタンス」には共鳴出来たし共感しました。
だからこそ、私「r」なりに「大局観」を持って見守ってきました。
しかし…
事実上の「売国奴」に恭順するとは…
これではどう考えても支持出来ませんし、見過ごす事も出来ません。
だからこそ…

「石原慎太郎氏再選を断固阻止すべし!」

と私「r」は考えました。

カレーライス → 石原慎太郎氏
ライスカレー → 浅野史郎氏

例えは非常に悪いのですが…
(下品になってすみません)
極論すれば…

カレー味の「ウ●コ」 → 石原慎太郎氏
「ウ●コ」味のカレー → 浅野史郎氏

どっちを選ぶかの「究極の選択」が都知事選だったのです。

「だったら共産党候補の吉田万三さんを選べばいいじゃん!」

確かにそうなのですが、統一候補でなければ民主党支援候補を応援するのが「現実的」だった。
それ故に私「r」は悩んだのです。
その結果…

「カレー味でもウ●コはウ●コ。だったらウ●コ味でもカレーはカレー。そうだったら不味くても『食品であるカレー』を選ぶしかない!」

そんな訳で「浅野史郎氏」を私「r」は選択したのです。

それでは改めて「石原慎太郎氏」「浅野史郎氏」を分析してみます。


石原慎太郎氏

「20世紀」の石原慎太郎氏は「反米極右」だった。
しかも「脊髄反射的な反米極右主義者」ではなく「優秀な頭脳」を持ち「明確な理論」に基いた「論理的な反米極右主義者」であったと思います。
「20世紀」において彼が上梓した政治に関する「書物」を読めば、思想信条に関係なく「共感」出来るものが多々あったように思います。
「民族主義者の持つ独特の毒気」それが石原慎太郎氏にはかつてあった。

それでは「21世紀」の石原慎太郎氏はどうなのか…
「情けない」の一言で片付けられるほど「お粗末」な状況でした。
郵政民営化騒動」即ち「小泉純一郎・竹中平蔵両氏」による「平成の文化大革命」「ネオリベファッショ」「ネオリベクーデター」「新自由主義革命」にあっさりと石原慎太郎氏は「恭順」してしまった。
そればかりか自身の「子息」まで小泉純一郎氏に事実上差し出してしまった…

「反米極右」の石原慎太郎氏
「伝統保守」の石原慎太郎氏
「国粋主義」の石原慎太郎氏

私「r」の知る「ファナティックではあるが共感をある程度は持てた」石原慎太郎氏が死んだ瞬間、それが「2005年」だったのです。

石原慎太郎氏は「変節」「転向」どころか小林興起氏を始めとする「憂国の仲間」を裏切った!
正に石原慎太郎氏の「裏切り」は万死に値します。

私「r」が思うに石原慎太郎氏は「快楽主義者」であったとも思います。
そして弟の「石原裕次郎氏」もそうだったと思うのです。
しかし、慎太郎氏の「快楽主義」と裕次郎氏のそれは似て非なるもの、根本的に違うものと認識しております。
それでは何が異なるのか。
それは…

石原慎太郎氏の快楽主義は「日本民族が本来持つ快楽主義を高度に洗練させ、尚且つ西洋的エッセンスも取り込んだ『和洋折衷的快楽主義』」。そしてそこには「哲学」がある。

石原裕次郎氏の快楽主義は「米国流快楽主義の亜流」。極論すれば「唯の『アメリカかぶれ』」に過ぎない。

と私「r」は思うのであります。

話が逸れましたが、石原慎太郎氏の「反米極右思想」はファナティックであれども「伝統保守」である事に疑いはありません。
その思想は間違いなく「日本民族永遠の繁栄」を志向したものであったでしょう。
それなのに単なる「ネオリベ:新自由主義者」に事実上転向してしまった…

その証拠が私「r」の「前述」した事や「過去記事」にありますし、付け加えるならば「ネオリベ:新自由主義急進派」としか思えない「猪瀬直樹氏」の副知事起用でしょう。

今の石原慎太郎氏は「かつての石原慎太郎氏」ではないのです。

「20世紀の石原慎太郎は死んだ…」
「21世紀の石原慎太郎は亡霊である…」

私「r」は心底そう思う次第なのです。

「ムカつくけど共感が持てた石原慎太郎氏は私『r』の期待を裏切った」

だからこそ許せない。

「伝統保守の面汚し」

それが石原慎太郎氏なのだと私「r」は考えます。
重ね重ね残念です。


浅野史郎氏

浅野史郎氏は宮城県知事でした。
私「r」が知る限り、知人の宮城県出身者(数は少ないですが…)で浅野氏を褒め称える人はいません。
特に私「r」の知人の宮城県出身者で「知的階層」に属する人物が曰く…

「俺の知人でも支持するヤツは聞いた事ないなあ…」

それは何故か。
都知事選において「共産党」が指摘した「浅野史郎氏」の批判に全てが書かれています。
共産党による「浅野批判」はその殆どが事実のようです。
そして付け加えるならば浅野史郎氏は「宮城県の伝統」をかなりの部分で「破壊」してしまったそうです。
即ち「宮城県」をある程度「米国化」「ネオリベ化」したのが「浅野史郎氏」なのだそうです。

そして浅野史郎氏は、私「r」が徹底批判している「田勢康弘氏」(日経新聞論説委員・早稲田大学教授)と共著まで出しています。

政治の出番」日本経済新聞社 (1999-01-18出版)
・浅野史郎・田勢康弘【著】

言うまでもなく田勢康弘氏は「ネオリベ:新自由主義者」であり「小泉純一郎氏」の熱心な「支持者」でもあり「郵政民営化賛成派」でもあります。
郵政民営化偏向報道において「岸井成格氏」(毎日新聞社大幹部)と共に「小泉自民偏向支援」を行った「買弁的ジャーナリスト」でもあります。
謂わば「田勢康弘氏」は日本国民の敵でもあるわけですね。
そんな「田勢康弘氏」が支援した「浅野史郎氏」です。
正直言って…
言い訳のしようがありませんね(苦笑)

そんな浅野史郎氏の現在はどうか。
浅野氏は今「慶應義塾大学」の先生をしています。
そして「竹中平蔵氏」も慶応義塾の先生をしています。
ついでにテレビ朝日「サンデープロジェクト」にて「小泉礼賛」を繰り返し、「ネオリベ人民裁判」の検察官役兼判事役も勤めたとしか考えられない「御用学者:草野厚氏」も慶応義塾の先生です。
そう言えば、以前「森永卓郎氏:獨協大学教授」が「サンプロ」にて草野厚氏を…

「御用学者の先生…」

と名指しで本人を目の前に言い放ちました。
その時スタジオ内は「大爆笑」の渦に巻き込まれました。
皆、そう思っていたのですね。

そんな「慶応義塾」で浅野史郎氏が教鞭を執っている。
それだけでも浅野史郎氏の正体が何なのか…

※慶応義塾の名誉の為に書き加えます。
慶応義塾の教授陣に「ネオリベ」「ネオコン」が多いのも事実。
小泉自民の「私的諮問機関」の委員や関係者が多いのも事実。
そして「対米売国推進」に熱心な人物も多い。
しかし、「金子勝教授」など「市民派リベラル」や一部に「反小泉の伝統保守」を貫く人物も少数ながら存在します。
早い話、慶応義塾に問題があるのではなく「一部の人」に問題がある、と言う事を付け加えます。

ところで…

読売新聞主筆「ナベツネ(渡邉恒雄)氏」はその昔「共産主義者」だったとか?
そして「猪瀬直樹氏」は「全共闘闘士」でその「リーダー格」だったとか?
テリー伊藤氏」も「全共闘闘士」だったとか?

ついでに「社民党参院議員」を辞職した「田嶋陽子女史」…

今現在の彼ら彼女らは「左翼思想」から確実に転向して今や「ネオリベ:新自由主義者」としか思えませんね。

そして「石原慎太郎氏」は「伝統保守?」から「ネオリベ:新自由主義」に転向したとしか思えない…
付け加えて「浅野史郎氏」は根っからの「ネオリベ:新自由主義者」としか思えない…

右派左派関係なく「転向」「変節」して「ネオリベ:新自由主義者」になった無数の人物たち…
彼ら彼女らを私たちは「注視」する必要がありますね。

兎に角これ以上言い訳はしません。

「浅野史郎氏を推薦した私『r』の不徳」

以上を心からお詫びします。
繰り返しますが…
読者の皆さんに遅ればせながらお詫び申し上げます。

「本当に申し訳ございませんでした」


追記

浅野史郎氏は今、TBS東京放送の「偏向情報番組:みのもんた朝ズバ!」に事実上のレギュラーとして出演していますね。
岸井成格氏(毎日新聞大幹部)と仲良く…
それだけでも…

本日もお読みいただきありがとうございます。

★引用終了★


郵政民営化凍結宣言

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。ぜひとも、ご協力ください!

(※上のバナーは「或る浪人の手記」さん作成です)


人気blogランキング ランキング投票をお願いします

皆様の応援に心より感謝します(r、喜八)


【広告: r のおすすめ雑誌】

「週刊金曜日」 「月刊日本」


関連ページ


護憲派アマゾネス軍団


おやすみなさい、柏崎刈羽原発

柏崎刈羽原発停止への署名をお願いいたします。


投稿者 kihachin : 2007年12月04日 12:18

« そのまんま東とビートたけし | メイン | 「和風」を楽しむ »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/2019

このリストは、次のエントリーを参照しています: 都知事選とオムライス:

» 厚生労働省の処分・・軽いですね。 from お玉おばさんでもわかる 政治のお話
なんかこの頃お玉のコメント欄おもしろいです・・右派、左派エール送り合いつつ議論を楽しみ余裕のようなものも感じられたりして・・(^^)ジュークも交えてやり取り出来... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年12月04日 15:12

» 「誰もが運命のいたずらで仕事や住居を失って明日ホームレスになるかもしれないという思いのもとに」(6) (貧困と闘う、フランスのある社会運動) from 村野瀬玲奈の秘書課広報室
7ヶ月半ぶりに、『「誰もが運命のいたずらで仕事や住居を失って明日ホームレスになるかもしれないという思いのもとに」(5) (貧困と闘う、フランスのある社会... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年12月04日 21:39

» [政治][日記]民主、元MBSアナ・近藤氏に大阪府知事選打診…太田氏は断念 from ΩBloger chan3or1の極私的日記
大阪市長選に、元アナウンサーで勝てたので次もアナウンサーで行こうという2匹目のドジョウ作戦ではないのだろうか。さて、西川潔(きよし)氏は立候補を辞退したが、西... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年12月04日 23:47

» 民主主義国家の国益とはいったい何か! −生活保護費減額について− from 鳥居正宏のときどきLOGOS
生活保護費支給額の引き下げが検討されているようです。しかし、これは、はたして国益にかなうものなのでしょうか? そもそも、民主主義国家における「国益」とは「国民... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年12月05日 02:09

» 原油高が、サブプライム問題で収縮危機にあるアメリカの資金流入を下支え中、だそうですが…、しかし。 from ふしぶじゑ日記
買いの材料探しに、アンテナを目一杯伸ばすより ここ数年の(引用者注/アメリカの金融市場の)相場をささえてきた流動性は、 ??アメリカ国内資金のレバレッジ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年12月05日 02:37

» 安田弁護士による報告会 from Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 広島 YMCA ならびに,日本基督教団・西中国教区・社会部では,上のチラシにあるように,安田好弘弁護士を迎えて,光市事件の広島高裁差し戻し審の詳細,並びに死... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年12月05日 19:37

» 【政治】福島さんと浅野さん from 散策
喜八さんのところで、謎の憂国者「r」さんが、福島さんと浅野さんについて書かれています。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年12月07日 14:15