【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 福田「潰し」注意報(笑) | メイン | 「魔苦怒」は聖域なのか? »


2007年12月26日

ブログ戦略(1)

城内実さん
(我らが「同志」城内実さん)


ブログ戦略(1)「中立者をつくる」

相も変わらずボンクラな頭で、つらつらと考えてみました。

いまや、れっきとした「政治ブログ」と成り果てた「喜八ログ」ですが・・・(汗)。
今回は「政治」を「ゲーム」に擬《なぞら》えて考察してみます。

政治とは?

  1. 敵をつくるゲーム
  2. 味方をつくるゲーム
  3. 中立者をつくるゲーム

のように仮定しますと・・・。
このゲームでは「」の設定が絶対的に必要です。
もし「敵」がまったく存在しないのなら、「政治」は不必要でしょう。

具体的に述べましょう。
「喜八ログ」では小泉純一郎竹中平蔵両氏に代表されるような「対米追従型・市場万能主義」者たちを「敵」に設定しています。

つまり「なんでもかんでも『アメリカ様』の仰ることに従って、なんでもかんでも『市場システム』にまかせれば、すべてはバラ色」と主張するような者どもはすべからく「敵」だ!ということです。

彼ら彼女らの本質は「自分や仲間が儲かれば、それでよし。他の人がどうなろうと知ったこっちゃない」という「貪欲」だと見なすからです。
もし、この人たちの欲しいままにさせておけば、社会は弱体化する一方となり、我々「日本列島に暮らす者」たちに未来はない!

というのが我々(喜八、r)の言い分です(向こうには向こうの「言い分」があるでしょうね)。
かくして我ら(喜八、r)にとっての「敵」は「対米追従型・市場万能主義」者たち、と設定されております。

それでは「味方」は・・・。
私(喜八)の立場から言えば、まず第一の「味方」であり「同志」であるのが さん。
次に城内実さん(前衆議院議員・拓殖大学客員教授)。
加えてリアルライフの友人知人・「友好ブロガー」の皆様、となります。

「戦い」において味方が重要であるのは言うまでもありません。
味方・同志を絶対に裏切らない。
不用意に味方を撃たない。
これは絶対に守るべき「最低線」でありましょう。

最後に「中立者」の方々。
この点は見落とされがちだと思うのですが「中立者をつくる」ことは、きわめて重要です。
「中立者」の確保が「戦い」の帰趨《きすう》を決めることも決して少なくないからです。

たとえば、ここに全人口100人の村があり、この村内で権力闘争が行なわれるとします(外部世界は捨象する)。
仮に「敵対勢力より1人でも多くの味方を確保すれば勝利できる」とすると、最低限何人を自陣営に集めればよいか?

51人?

いや、この回答は「中立者」の存在を考慮に入れていません。
もし、「味方」が(自分を入れて)2人、「敵」が1人だけ、そして「中立者」が97人であるとすれば「2対1」で勝利することができるのです。

もちろん、これは諸条件を捨象し極端に単純化した「モデル」に過ぎません。
が、現実の場合でも中立者の存在はきわめて重要です。

たとえば選挙で「投票率」を低下させるのは「中立者の確保」と同義です。
過去の自民党政権および現在の自公政権がやってきた(いる)のは、まさにこれです。
そういえば自民党総理総裁であった森喜朗氏が2000年衆院選挙演説で「無党派層は寝ていてくれればいい」なんて、凄い本音を漏らしたことがありましたね(笑)。

政治闘争においては「中立者=いざ戦いとなったとき、こちらを攻撃してこない者」を意識的に確保していくべきです。
もちろん、味方をつくることは最重要事項なのですが、中立者を確保することは味方の獲得と同じくらいの重要度をもつ「定跡」だと言えるでしょう。

しかし、どうでしょうね。
現実世界を眺めると、「中立者をわざわざ敵側に追いやる」ような振る舞いが多いのではないでしょうか?
これは自戒の念を込めて言うのですが、多くの人たちは「無駄に『敵』をつくること」に妙に熱心であるように思えます。

「無駄に敵をつくる」。
これくらい馬鹿らしいことはありません!
放っておけば中立でいてくれる人たちを、あえて敵陣営に進上しているわけですから。
まさに「利敵行為」「自殺行為」そのものです。

「無駄に敵をつくる」ということについては身近な「具体例」をいくらでも挙げることができるのですが・・・。
それをやってしまうと、自ら角《かど》を立て「中立者をわざわざ敵側に追いやる」振る舞いを私自身がすることになってしまいます(笑)。

というわけで、ごく大雑把な言い方をします。

このところ、反・自公勢力・リベラル派勢力の中でも「ミニ戦争」ともいうべき角逐《かくちく》がいくつか生じているようですね。
でも、これはたとえ「勝った」としても何も得るものもない馬鹿らしい戦いではないでしょうか?

「無駄に敵をつくる」ことは絶対に避けるべきです。
こういう兵法の要《かなめ》が分からぬ人は戦場に赴くべきではありません。

※とエラソーに言いつつ、私自身も同じ過ちを繰り返しているのですが・・・反省

なにはともあれ。

ブログの最大の「力」は「人と人をつなげる」ことにある。
これがブログ運営を通じて得た「確信」です。
個人ブログには新聞テレビのように「不特定多数に訴える力」は(たぶん)あまりないでしょう。
でも、個人と個人を結びつける強い「力」がブログにはあります。

そんなブログの特性をフルに活用していこうと思います。
政治闘争における「味方」と「中立者」をつくることを、常に念頭においてブログを書く。
そして「得るものがない無駄な戦い」は極力避ける。
もし「無駄な戦い」を挑まれたら、スルーするか、逃げる。
これが今後私(喜八)の「ブログ戦略」基本的骨組みとなるでしょう。

というわけで、ボチボチと・・・(「ブログ戦略(2)」に続く)。


郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
ご協力をお願いします。


関連ページ


女性ユニオン東京

女性ユニオン東京


おやすみなさい、柏崎刈羽原発

柏崎刈羽原発停止への署名をお願いいたします。


投稿者 kihachin : 2007年12月26日 12:10

« 福田「潰し」注意報(笑) | メイン | 「魔苦怒」は聖域なのか? »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/2077

このリストは、次のエントリーを参照しています: ブログ戦略(1):

» サンタじゃなくて貞子が東京にやって来る♪・・・恐っ from うみおくれクラブ
 AOLランキング3位貞子ちゃんに7位ゆみちゃん急接近。  この機会をどれだけ待ったことか。  貞子ちゃんは「やっぱり、規制を緩和して、稼げる(稼ぎたい)人や企... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年12月26日 14:32

» 貞子ちゃんにプレゼント♪ from うみおくれクラブ
 貞子ちゃんは、既存古参企業にず〜〜っと有利な市場ではなく、新興企業が市場に参入しやすい環境を整えるべきだと、常々主張しているが、彼女の夫君が創業したトヨタFS... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年12月26日 14:34

» 薬害肝炎で福田謝罪も法案作りは難航?+NHK会長選考に絡む問題+オシム from 日本がアブナイ!
【連休からアクセスがいつもの半分近くに激減。年末年始にかけて、 さらに減少するのではとビクビクしているのですが。^^; 年末年始も どんどん政治は動いている... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年12月26日 15:11

» クリスマスを迎えた中東の二つの光景 from 薫のハムニダ日記
イラクの首都バグダッドの北側にあるバイジ製油工場付近の村で24日、米軍に捕らえられたイラク人が手を上げている(写真上)。イエスが生まれた場所と言われているヨルダ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年12月26日 16:11

» ナベツネさんと読売新聞 from 無党派日本人の本音
 22日付けの読売新聞に大連立構想が浮上した経緯について渡辺恒雄さんとテリー伊東さんの対談の概要がに記載されていた。[大連立構想とナベツネさん] 大連立構想、小... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年12月26日 17:51

» 井原岩国市長が辞職願い from とくらBlog
 さっき、岩国の方と話していた時は、まだ知りませんでした。今日の夕方のニュースでは伝えていたのでしょうね。 井原岩国市長が辞職願―山口  12月26日18時9... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年12月26日 20:03

» 「読む」コト再ビ トぅ眠中の猫[&ペンタ]さんへ from いわいわブレーク
前に「読み書き」シリーズいうのを書いたんは何時やったかなあ、どんなこと「か異端」か、細かいことはもう忘れましたけど・・。 ええと、冬至も??’masも過ぎたし... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年12月26日 22:38

» 特亜による精神侵略と使用兵器分析 from 日比野庵 本館
日本が精神侵略を受けている。もちろん特亜からのもの。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年12月26日 22:51

» 対特亜言論戦争における戦略目標とジェダイの騎士 from 日比野庵 本館
言論戦争での標的は一般大衆。言論戦を戦う双方同士で弾丸を打ち合っているのではなくて、一般大衆に向けて、言論爆弾を投下してる。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年12月26日 22:52

» 古森経営委員長と同様に」アベ氏支援の「四季の会」メンバーの福地氏がNHK会長に就任 from Like a rolling bean (new) 出来事録
宿泊先でNHK総合TVをつけたところ(もともと、薬害肝炎のニュースを見たかったためです)、21:30ごろ、NHK次期会長福地氏が選ばれたというニュースが、「客観... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年12月26日 22:57

» [日記][城内実][政治]めぐみさん拉致:ドキュメンタリー映画上映権買い取る - 毎日jp(毎日新聞) from ΩBloger chan3or1の極私的日記
『拉致被害・未帰還者と家族の写真展』〜許すまじ、忘れるまじ北朝鮮の国家犯罪を見学してきました。 - ΩBloger chan3or1の極私的日記を以前に書かせ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年12月27日 00:04

» 改めて「お金」という権力について考えてみる。 from 本当のことが知りたい! そして日本の未来を語りたい
 以前、【コラム】 お金という権力について考えてみる。で一度書かせて頂きましたが、改めて「お金」という権力について考えてたいと思います。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年12月27日 01:56

» あんまり、乗り気はしなかったんですがUFO談義をまとめてみました。 from どうする日本 北欧の福祉を日本へ
『日本の福祉制度と北欧の福祉制度』へのトラックバックをお願いします。 右サイドにトラックバックのこれがあります。→ あんまり乗り気はしなかったの... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年12月27日 02:36

» もっと素直に解釈してあげれば共産党の得票も伸びますよ from 晴耕雨読
長壁さんの書き込みは欠かさず読み、戦争版で直接のやり取りもしていますので、長壁さんの危機感や苛立ちは理解しているつもりです。 日本国民は“ゆで蛙”状態でまもな... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年12月27日 09:41

» 国際金融家と日本 from 晴耕雨読
>国際**が悪いとは限らないのでは? 文章の印象でそう受け止められるとは思っていますが、ある“生身の人間”の良い悪いの話にはしたくないと思っています。 生存... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年12月27日 09:42

» インナー・サークル from 晴耕雨読
インナー・サークルとは実業界全体の利害を代弁するビジネスリーダーの小集団であり政治的にもリーダーシップを発揮する権力中枢である。インナー・サークルになるためには... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年12月27日 09:47

» 只の人は嫌だ!大変だね!自民の衆院一回生は!deどうするの?ダイゾーchan? from kimera25
ただの人! になるのは嫌だ!公認で四苦八苦いつも話題は岐阜の野田と佐藤の問題! 今日は北海道!その前に一般論から **********「北海道新聞」***... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年12月27日 11:15

» 共闘(協働)していくことで社会は変わる from 疾風怒濤
最近、活発な優良ブログを見ていると、ネット発、ブログ発の社会変革に思考錯誤が見られる。 本当に社会を変えようと想うのならば、共闘(協働)するしか可能性は無... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年12月27日 23:14

» 薬害肝炎で福田謝罪も法案作りは難航?+NHK会長選考に絡む問題+オシム from 日本がアブナイ!
【連休からアクセスがいつもの半分近くに激減。年末年始にかけて、 さらに減少するのではとビクビクしているのですが。^^; 年末年始も どんどん政治は動いている... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年12月28日 04:42

» ドル泣けば、油屋動く。 from ふじふじのフィルター
 今日は、日曜日の東京新聞に掲載された同志社大教授・浜矩子氏寄稿の「時代の風・瀬 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年12月28日 20:34

» まだまだ教育再生会議? from 奥田健次の教育改革ぶろぐろ部
存在意義がないって。 安倍さんが辞めた時点で解散するべきやろ。売名ヤンキー某だか [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年12月31日 11:41