【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 『自民党はなぜ潰れないのか』 | メイン | NHKを全力で守ろう »


2008年01月20日

適切なタイミングで黙する技術(あるいは、心の強さ)

猫
(※猫の画像は「EyesPic - フリー画像素材」さんよりお借りしました)


ふと、思い出した結城浩さん(コンピュータ・プログラマ、著述業)の言葉を以下に引用させていただきます(引用文中「」は結城浩さんです)。

私は常々、ネットワークのコミュニケーションで最も大事なのは、「語るべき時に語り、黙すべき時に黙す」ではないかと思っています。特に後半。なにかひとこと言い返したいときであっても「黙る」というのはエネルギーをとても使いますけれど、とても大事。
騒動が起きた時、場が荒れるのは多くの人が余計なことを語りすぎるからです。騒動の当事者も熱くなってしまって、「最後に一言だけ言っておきますが」「これを最後にもう書くのをやめますが」といいつつ、語るのをやめられない。「いままで黙っていましたが、一言だけ言わせてもらいましょう」となってしまう。最後の一言を「相手」に取られると負けたようなくやしい気分になるからかもしれません。これでは、軍拡競争のようなものですね。
自分が誤解されたり、自分に不当な言葉が投げかけられたとき、適切なタイミングで黙する技術(あるいは、心の強さ)を身につけるのは難しいものだと思います。
最後に、覚えておく価値がある教訓を1つ。 ネットに出す文章は、よく読み返すこと。 公にされるその文章は、今後何年も、何十年も、もしかしたら何百年も、残るかもしれないんですよね。

う~む、たしかに結城浩さんの言われる通りです。

私(喜八)自身も自省すべき点があまりに多いですね(汗)。
特に他の方のブログ・コメント欄での発言など「つい、うっかりモード」で書いてしまうことが多いようです(猛省)。

お互いに「今後何年も、何十年も、もしかしたら何百年も、残るかもしれない」と想定して、文章を綴《つづ》っていきましょう~!(ボチボチと・・・)


郵政民営化凍結!

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。ご協力をお願いします!

(※上のバナーはSOBAさん作成です)



人気blogランキング

それぞれ意見は異なるけれど、平和を愛する点では共通している「お玉」「Mew」「ぶい」「とむ丸」「村野瀬」「ココロ」「喜八」の応援をお願いします!


関連ページ


投稿者 kihachin : 2008年01月20日 14:46

« 『自民党はなぜ潰れないのか』 | メイン | NHKを全力で守ろう »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/2124

このリストは、次のエントリーを参照しています: 適切なタイミングで黙する技術(あるいは、心の強さ):

» すぐれ書評の紹介 from うみおくれクラブ
 夫が息子を連れ出して外出してくれて(そのことに感謝)、ひととき静かな時間を、新聞を読んで過ごした。  ゆっくり新聞を読んだのは、何日ぶりかしらね。  今日の毎... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年01月20日 15:54

» 元エコノミック・ヒットマン、ジョン・パーキンスさんのHP from とむ丸の夢
『エコノミック・ヒットマン』の著者、ジョン・パーキンスさんのHPがありました。  Dedicated to Changing the World ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年01月20日 18:58