【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 謹賀新年 | メイン | 城内実さん応援サイト »


2008年01月04日

続・佐藤優氏と城内実氏

ミニ集会の城内実さん

(我らが「同志」城内実さん)

郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。

人気blogランキング ランキング投票をお願いします


本年(2008)も相変わらずボンクラ頭を酷使して駄文を綴《つづ》っていくこととします(それしかできないですからね。汗)。
お付き合いしてくださる奇特な「喜八ログ」読者の皆様には心より御礼を申し上げます・・・。

さて、佐藤優さんと城内実さんについてです。

このお2人にとって2008年は「勝負の年」になりそうです。
大袈裟な表現をすれば「生きるか死ぬか」の「切所《せっしょ》」を斬り抜けることになるのではないかという予感があります。

ならば、微力ながら私(喜八)も佐藤優・城内実両氏の「戦闘」に与力《よりき》しましょう。
ひとりの「雑兵」、あるいは「乱破《らっぱ》」として戦場《いくさば》におもむくこととします。

佐藤優さんも城内実さんも、自分の持っているもの総てを賭けるような大勝負に出ているわけですから、援軍の私も生半可な気持ちではいられません。
およばずながら死力を尽くして助太刀させていただきます。

もちろん、佐藤さんも城内さんもシブトイ人たちですから、最後の勝利を手にするのは間違いありません。
そして、私(喜八)もこれで結構シブトイ男ですから(笑)、戦闘が如何《いか》に熾烈をきわめたとしても、きちんと生還を果たすつもりです(太平洋戦争時の水木しげるさんのように)。

ところで、私が佐藤さん・城内さんに与力する理由を再確認しておきますと・・・。

佐藤優・城内実の両氏は「言っていること」と「やっていること」が一致している「ホンモノ」人間なのですね。
そして、強大な敵と対峙することも厭《いと》わない「真の大勇の持ち主」でもある。

そのことに気づいてしまったからには、佐藤さん・城内さんを支援するしかないぞ。
というのが私の「立場」です。
正直な気持ちをいえば「なんだか厄介なことに気づいてしまったなあ・・・」と(笑)。

あとひとつ、付け加えておきますと、私は佐藤優さんと城内実さんが好きなんですね。

理由はよく分からないけれど、佐藤氏と城内氏の「在り方」に強い好意を覚える。
だから、味方をする。
こういった単純な原理で行動する男です。私は。

なんてことを「喜八ログ」でシコシコと書いていたら、城内実後援会員のブロガー「chan3or1」さんから「城内実応援ブログに参加しませんか?」というお誘いをいただきました。

私(喜八)もこれで結構「腰の軽い」男ですから(笑)、ふたつ返事で参加させていただくことにしました。
なんでも、近日中に公開の予定だそうです。
公開の際は「喜八ログ」でも告知しますので、よろしくお願いします。

さて、ここで城内実さんのブログ(2008-01-04)から、非常に印象深い一文を引用させていただきます。

 ただ、ここでひとつ申し上げたいのは、今や「保守系対リベラル」あるいは「右翼対左翼」という単純な図式があまり意味をなさなくなっているということである。私城内実は、日本の伝統と文化を大切にしたいと考えている点では、保守主義者であるが、同時に大企業を中心とする弱肉強食型の社会ではなく、環境問題にも配慮し、中小零細企業の立場に立ち、労働者やサラリーマンの権利をしっかりと守り格差社会を是正したいと考えている点では社会主義的であり、リベラルである。

上で示されている城内実さんの「立ち位置」は、佐藤優さん・雨宮処凛さん・鈴木邦男さん・「謎の憂国者 」さん、そして私(喜八)とも一致しているのではないでしょうか。

でも、こういう「右でもあり左でもある」在り方というのは、意外に大変なんですね。
往々にして「右からも左からも攻撃される」ことになりますから。
単純に「右」あるいは「左」のポジションをとっていたほうが、「楽」なことは間違いありません。

でもそれをしないというのが、城内さんの不器用なところでもあり、誠実なところでもあります。

私(喜八)が城内実さんを応援していると「城内実のような『右翼』をなぜ応援するのだ?」といった「外野の声」が結構ウルサイのですが(笑)、城内さんの側に立ってみると「なぜ、喜八のような『左巻き』を後援会に入れるのだ?」なんて声が多いのかもしれませんね()。

※私自身は「右翼」でも「左翼」でもない「下翼《げよく》」だと思っていますが・・・

答えは城内実さん自身がきちんと書かれています。

今や「保守系対リベラル」あるいは「右翼対左翼」という単純な図式があまり意味をなさなくなっている

まったく、その通りだと私も思います。
いまや祖国・日本は危機的状況にある。
r さんの言葉を借りて言えば「元寇以来の危機」にある。
そんなときに、「同胞」のあいだで「『右』だ『左』だ」「『保守』だ『リベラル』だ」あるいは「あいつの言い方が気に食わない」なんて、争っていても仕方ないでしょう。

でも、「一部の人たち」は争い続けるでしょうね(笑)。
それはそれでしかたない、とも思います。
如何に生きるかは、人それぞれの自由ですから。
それに経験的に言うと、私(喜八)が「同士討ちはやめましょう」と呼びかけても効果はまったくないですから、いらぬ「おせっかい」は控えておきます・・・。

まあ、お互いに「自分の好きなように」やりましょう。
誰にとっても「一度だけの人生」であり、「残り時間」は限られているのですから。

というわけで、私は佐藤優さんと城内実さんを断固として応援し続けます。

もし「それが気に食わない」と仰る方がいらっしゃいましたら・・・それはその方の自由です。
が、たとえ100万回批判されたとしても私が意見を変える可能性はゼロに近いので、おそらくは「時間のムダ」であろうと思います。


郵政民営化凍結宣言

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。ぜひとも、ご協力ください!

(※上のバナーは「或る浪人の手記」さん作成です)


人気blogランキング

それぞれ意見は異なるけれど、平和を愛する点では共通している「お玉」「Mew」「ぶい」「とむ丸」「村野瀬」「ココロ」「喜八」の応援をお願いします!


関連ページ


「M&Aを止めろ!」キャンペーン

「M&Aを止めろ!」キャンペーン


衆議院選挙 野党共闘!

衆議院選挙 野党共闘!


投稿者 kihachin : 2008年01月04日 12:12

« 謹賀新年 | メイン | 城内実さん応援サイト »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/2091

このリストは、次のエントリーを参照しています: 続・佐藤優氏と城内実氏:

» 城内実応援サイト開設 from 新三ログ
このたびめでたく、城内実先生を応援するサイトを開設いたしました。 良かったら一度、おいでください。 メンバーはとりあえず、私と喜八さ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年01月04日 14:27

» 静岡7区に関するアンケート from 城内実先生を応援するサイト
初投稿です。 現在アンケートを行っております。ご協力お願いします。選挙では、静岡7区の方にしか投票いただけませんが、本アンケートはどなたが答えて頂いてもOKです... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年01月04日 14:40

» 日本文化を発信しよう from 無党派日本人の本音
[日本のブ・カルチャーの浸透] 1月2日のNHKの「英語でしゃべらナイト」に麻生太郎さんが出演するとの番組案内に惹かれて覗いて見た。 その内容はNHKの番組案内... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年01月04日 16:41

» 年明け早々・・ from お玉おばさんでもわかる 政治のお話
新年早々重たい話題を取上げて、ゴメンね。 特に常連の方々、お休み中まったりと過ごしたかったでしょうに、お玉につき合わせて、のっけか... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年01月04日 17:09

» 早く選挙をしなさい! from kimera25
正月の明暗!暮れに内閣改造の噂が飛び交い、福田が中国でそれもありと言った。推測スケジュールで言うと臨時国会は1月15日に閉会翌16日に民主党大会17日に自民党大... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年01月04日 20:59

» 分かっていないな… from のり市民の世界観
全く分かっていない人がたくさんいますね。 本当にがっかりです。まだまだ小泉シンパ達は反省しませんね ナゼ選挙に負けたのか?簡単ですよ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年01月04日 22:15

» 改革派知事は何をしたいのか? from とむ丸の夢
東京新聞Tokyo Webでちょっと気になる記事を見つけました。 「『改革派知事』ら新連合 分権推進へスクラム 超党派議員賛同募る」です。 「... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年01月05日 00:09

» 『魍魎の匣』 from 右近の日々是好日。
 明けましておめでとうございます。今回は、K氏による原作・H氏による監督の映画『魍魎の匣』を観て、私が考えたことを書きたいと思います。  この映画の物語は、主... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年01月05日 01:50

» いま、なぜ「護憲」なのか ― 国家の誓いと国民への義務 ― from 鳥居正宏のときどきLOGOS
きょうから、新しい1年が動き出しました。 そこで、何を書こうかと色々と考えていたのですが、やはり「憲法」の話題にすることにしました。 「憲法」を『広辞苑』で... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年01月05日 01:54

» 不正を生む可能性が少しでも残る投開票方法の拙速な導入は民主主義に仕掛けられた時限爆弾です (電子投票をめぐって) from 村野瀬玲奈の秘書課広報室
前回に続いて、選挙制度というか投開票方法を不正や誤りの入りやすいタイプの電子投票にしては絶対にいけない、というお話を続けます。投... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年01月06日 22:30

» 佐藤優氏と城内実氏 from 新三ログ
今日、佐藤優さんのインタビューを読んだ。週間文春の「阿川佐和子のこの人に会いたい」で対談をされていた。非常に面白い人物である。国会... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年01月09日 23:55

» 思想政治サイトマップ from 酒田市
旧政治ネタブログ旧ラサ#lhasaのブログ郵政民営化凍結トラックバックキャンペーン↓↓↓ Powered by BlogPeople 俺ももっと金稼いでゆとり... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年04月07日 17:47