【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 城内実さん情報 | メイン | 「静岡新聞」の訂正記事 »


2008年02月15日

「彼」の人物像

謎の憂国者「」さんの考察です。

★引用開始★

とある新人政治家氏、「チンピラ弁護士」の本性丸出しですね。(笑)
あーいう奴って銀座や六本木、赤坂などの「高級クラブ」や「高級バー」にたまにいるんですよ。

店内では我侭《わがまま》放題でして、何かと言うと…
「俺を誰だと思ってるんだ?」
みたいな感じで店員(黒服)を威嚇するのですね。
でも女の子(ママ含む)には異常に優しい。
で、他の酔客の顔色を読むのに長《た》けている。
要するに弱いもの苛《いじ》め(この場合黒服イジメ)が大好きなんです。
で、やたらと金持ってて支払いは意外といいんです。
しかも話がやたらと面白いから店の子たち(ママ含む)に人気があったりする。
女の子の前だと黒服に「万札チップ」を渡したりしますが、影では「返せよ」みたいなことを平気でぬかしたりもする。
黒服がこういった奴の「本性」を女の子に言っても誰も何も信じてくれない…
なまじ「上客」だから始末に負えないんですね。

「成金」
「成り上がり者」
「苦学して努力して出世した者」

これらの中から突然変異で発現するのが「某チンピラ弁護士タイプ」だと思います。

「彼」の子供時代は生活が相当苦しかったらしく、家庭環境はよくなかった。
そんな中で必死に努力して有名私大に合格して、それなりに勉強して司法試験に合格した…

「努力家」

これである事は間違いありません。
そして自分の女房子供に対する愛情は半端じゃないらしい…

「バカ親」
「女房バカ亭主」

に類するらしいです。
でも幼少時からストイックな生活を就職まで続けたストレスと年食ってから「遊び」を覚えた副作用で「遊び」の度が過ぎるらしいです。
しかもカネに対する執着心が強く、関西方面の「金貸し」の顧問弁護士やアドバイザーなどを歴任しまくっていた。
で、その方面の「腕前」は素晴らしかったそうです。

なーんて見てきたようなことを書きました。(笑)
が、あらゆるメディアの情報をもとにすると「彼」の人物像はこうなります。

結構当たってるような気がします…


関連ページ


投稿者 kihachin : 2008年02月15日 12:08

« 城内実さん情報 | メイン | 「静岡新聞」の訂正記事 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/2197

このリストは、次のエントリーを参照しています: 「彼」の人物像:

» 竹中平蔵的「小さな政府」論のまやかし……。 from マチコの日記ー「こんな女に誰がした・・・。」
←この記事を読んだら、ついでに応援のクリックもヨロシクね。 今頃は刑務所の中で臭い飯でも食っているべき平成の悪代官・竹中平蔵が、またまた怪しい動きを始めている... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年02月15日 13:30

» 混迷する政局と世論調査 from 無党派日本人の本音
11日、NHKが最近の混迷する政局についての世論調査の結果を発表した。 [ガソリン税など暫定税率の取り扱い] 維持すべき     25% 維持すべきでない  ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年02月15日 16:48

» 石原都知事、またもや妄言炸裂! from 薫のハムニダ日記
「お願いだからもう口を開かないでくれ」と、某都民から切望されている石原都痴事ですが、またまた妄言が炸裂したそうです。 元ネタがAFP通信とのインタビューだ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年02月15日 16:55

» 首長選挙と知名度 from 思い付くまま雑感文
過去たびたび問題発言(?)もあった橋下氏が予想外の大差で圧勝。 勝因について「知名度」を挙げる声が多いようです。確かに他の候補に比べて抜群の知名度が有利に作用し... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年02月15日 20:08

» さらに「ネット工作員 = スパム屋」説について。またもやネット工作員が尻尾を出したようです。 from 嗚呼、負け犬の遠吠え日記(新館)
 前回に続いて、ネット工作員(特に政治がらみの話題に関連して、ネットで様々な嫌がらせや言論妨害を行う人たち)の正体について、考えま... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年02月15日 20:10