【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 「静岡新聞」の誤報 | メイン | 千手大観音 »


2008年02月07日

ブログ戦略(3)

郵政民営化凍結!

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。


ふたたびボンクラ頭であれこれ考えてみます。

※以下は過去の思索(?)の跡です。

上記2つのエントリにて開陳した「喜八式戦略」は・・・。

  • ブログの最大の「力」は「人と人をつなげる」ことにある。
  • そのようなブログの特性を活用して「味方」と「中立者」を確保していく。
  • 目指すところは「ゆるネット=ゆるやかなネットワーク」の構築。

ということになります。

キーワードは「多元主義」と「寛容」です。
ある意味では「いい加減」で「テキトー」なところがあるネットワークを実現していきたいと思っております。

ここで誤解なきように申し上げておきます!
以上はあくまで私(喜八)個人の「戦略」です。
ボンクラでグータラな私の性質に特化した「戦略」であります。

だから「頭が良くて」「勤勉な」方にしてみれば「何をトロイことを言っておるのだ?!」と感じられるかもしれませんね。
(批判は甘んじて受けます。スルーしますけど。笑)

もちろん、「ゆるネット=ゆるやかなネットワーク」だけが唯一「正しい」なんて主張をする気は毛頭ございません。

「鉄の規律で統制された組織」も世の中には必要でありましょう。
そういう組織に拠って「社会をよりよくしよう」という方たちもいなくてはならないと思います。

「ゆるネット」志向の私ですが、ときには「鉄の組織」の方々と共同戦線を張ることもあるかもしれません。
それはそのときの状況次第です。
「ゆるネット」だけに拘泥しなければならない理由なんてないですからね。

そもそも論で言えば・・・。
数十億人もの人々がそれぞれの幸福(利益)追求を行なう人類社会において、「絶対的に正しいもの」「唯一正しい方法」なんてそうそうはないでしょう。

佐藤優さん(起訴休職外務事務官・作家)の言説を借りて言えば「絶対的に正しいものはある。ただし、それは複数ある」。

たとえば、キリスト教徒にとっての「絶対的に正しいもの」とイスラム教徒にとっての「絶対的に正しいもの」は違う。
けれども、並存することはできるし、並存するべきだということです。

もし、どちらかの側が「『俺たち』は絶対的に正しくて、『奴ら』は絶対的に間違えている」と主張し始めたら?

人間がいとも簡単に「同種内での殺し合い」を始める動物であることを考えると、「自分たちだけが絶対的に正しい」という言説はきわめて危険であると言わねばなりません。

同様に、「ゆるネット」と「鉄の規律」、どちらか一方だけが正しいなんてこともありません。
世の中にはどちらも必要である。
これが強く私が信じるところです。

・・・なんて、いろいろと屁理屈を捏ねてみましたが、ボンクラでグータラな私には「ゆるくて、いい加減」なのが合っているのですね(笑)。
おかげさまで、「ゆるネット」戦略に基づいたブログ活動を通じ、「お仲間」も増えました。

しかし、ここでよくよく考えてみると・・・。
私がウェブ(およびリアル活動)において知己を得て「同志」的関係となった方々には「ゆるい」人はあまりいません。

ごく一部の方だけお名前を挙げますと、「謎の憂国者 」さん・城内実さん・お玉さんは「しっかりとしていて」「猛烈に勤勉な」方ばかりです。
また、ほかの友好ブロガーの皆様にも同様の傾向が強く見られます。

な、なんと!
「ゆるく」て「いい加減」で「テキトー」で「グータラ」なのは私(喜八)だけではないですか?!
こいつは驚いた!(いまさら驚くのは、いかにもボンクラですが)

ただし、r さん・城内実さん・お玉さんはけっして「ゆるい」人たちではありませんが、「多元主義」と「寛容」という点では共通しています。
理屈で唱えるだけでなくて、「多元主義」と「寛容」を日々実践されている人たちです。

こういう方たちと同志的な関係を結べたことを思えば、喜八式「ゆるネット」戦略もそれほど捨てたものではない。
なんて、いかにも自画自賛的な「結論」ではあります・・・(汗)。

最後にもう一度繰り返しましょう。
「『ゆるネット』だけが正しい」という主張を私はいたしません。
「『鉄の規律組織』もまた世の中には絶対的に必要だ」と考えています。

「ゆるネット」と「鉄の規律組織」、「右」と「左」、「ケインズ経済学」と「古典派経済学」、「フェミニスト」と「アンチフェミ」、さまざまに異なる意見が並存することが、人類全体としてみれば「リスク分散」となっている。
これが私の「世界観」です。


関連ページ


投稿者 kihachin : 2008年02月07日 12:56

« 「静岡新聞」の誤報 | メイン | 千手大観音 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/2175

このリストは、次のエントリーを参照しています: ブログ戦略(3):

» 大きく変わろうとしている世界の中で、岩国もがんばってほしい。 from とくらBlog
 岩国市長選挙については、横一線と報じられている新聞が多いのですが、井原さん、がんばっていただきたいです。このまま、福田さんが勝つようなことになったら、どんなに... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年02月07日 19:24

» 「建国記念の日をお祝いする府民の集い」のご案内 from 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
ご即位二十年を迎え、全国の建国記念の日奉祝式典で奉祝運動のスタートを切ります。 奉祝記念映画の第1巻『慈しみの御心−被災地のお見舞い... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年02月07日 20:17

» 圧力には屈しない!! from 新三ログ
下記に引用したのは、牧原秀樹衆議院議員のポスターが切られたり破られたりと言う被害の記事だが、私が応援している城内実(きうちみのる)... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年02月07日 21:05

» うその説明!暫定税率廃止で from kimera25
写真は「福島民友新聞社」よりhttp://www.minyu-net.com/news/photo/0206/photo_news.htmlありがとうございます... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年02月07日 23:37

» 民主主義とは事実、行為、結論での連帯、団結、社会生活だと理解ができない分裂主義者への反論 from 未来を信じ、未来に生きる。
冥王星でのわくわくコメント (東南西北) 2007-11-16 08:31:05 wakuwaku_44 とわくわく十万歳は同一人物なのでしょうか?... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年02月08日 01:01

» 宗教と科学の峻別と協力 from 未来を信じ、未来に生きる。
 Unknown (imacoco) 2007-11-15 11:15:12 厳密に言うと 宗教も科学なんです・・けどね。 それは、300年前に東京... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年02月08日 01:01

» (元)?改憲派の小林節が何故いま9条を変えたがらないのか? from お玉おばさんでもわかる 政治のお話
わ〜〜憲法や立憲主義取上げてアクセス減らなかったのは、はじめてです〜〜スンゴク嬉しい!!FC2ランキングも何とか1位ですし〜〜調子に乗っ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年02月08日 09:28

» 寄らば大樹のWindowsかな from ファミリー メンタル クリニック
Macネタが続きますが、タイトルとは少し違ったことを。 例えば 日本で一番使われているPCのOSはWindowsだろう、それもXP。必ずしもXPが使いやすいとは... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年02月10日 08:27