【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 女子中学生暴行事件について | メイン | 「トロイのネズミ」計画 »


2008年03月22日

冷水を浴びる

郵政民営化凍結!

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。

人気blogランキング ランキング投票をお願いします!


冷水《ひやみず》を浴びせる」という日本語表現は「広辞苑 第六版」によると「意気込んでいる人に、傍から元気を失わせるような言動をする」という意味で使われるようです。

ただし、当エントリでこれから語ろうとしているのは、文字通り「冷たい水を浴びる」習慣についてです。格好よくいえば「冷水行」。私(喜八)はこの冷水行を1ヵ月前ほどから毎朝行なっています(正直にいうと二日酔い気味のとき1日だけサボりましたが・・・)。

もちろん、ヘタレで怠惰な私が自《みずか》らこんな厄介なことを始めたりはしません。「同志」城内実さん(前衆議院議員・拓殖大学客員教授)が「毎朝、風呂場で冷水をたらいに3杯浴びる」と聞いて、単純にマネしてみましょうと思ったわけです。

おそらく城内実さんの冷水行は神道の「禊《みそぎ》」として行なわれているのでしょう。でも、私(喜八)の場合はそれほど神聖なものではありません。一種の健康法として実施しています。それに加えて次期総選挙における「城内実さん当選祈願」の意味合いもあります。

しかし、始めてみて気づいたのですが、これは「死ぬまで止めるわけにはいかない」性格のものですね。城内実さんにしても次回だけ当選すればいいというものではない。「国民生活を守る政治家」城内実には今後バリバリ働いてもらわなければなりません。また、私自身のタメにもなることですから、冷水行は止めるわけにはいかない!

と大きくでましたが・・・実際のところヘタレな私はヘタレなやり方で冷水行に取り組んでいます。まず、いきなり「冷水をたらいに3杯浴びる」ようなことは断固として回避しました(笑)。最初の最初は「コップ1杯」分の冷水を洗面器に入れて頭から浴びる。翌日は「コップ2杯」分、翌々日は「洗面器に1/4杯」というように少しずつ水の量を増やしていきました。

そうして今朝は「洗面器2杯」の冷水を頭から浴びました。「コップ1杯」からようやくここまできたわけです。で、当初は「1杯水を浴びて濡れてしまったら、2杯目以降はどうってことないだろう」なんて思っていたのですが、これが大違い。2杯目を頭から浴びると全身が冷えて思わず鳥肌がたちます。冷え込んだ朝は、結構キツイ。

この後しばらくは今の「洗面器2杯」を続ける予定です。「毎朝、洗面器2杯の冷水を浴びる」ことに身体も心も完全に慣れてから、「洗面器2杯+1/4杯」というふうにまたノロノロと水の量を増やしていく。これが私の「メソッド」なのです。城内実さんのように「3杯」に達するのは何時になるやら・・・分かりません(汗)。

城内実さんに聞いたことはありませんが、たぶん城内さんは最初っから「冷水をたらいに3杯浴び」たのでしょう。しかも、始めたのが1年でもっとも冷え込む「大寒」のころでしたから、まさに荒行というしかありません。この辺が城内実さんと私(喜八)の「人間としての格の違い」でありますね。

ところで「コップ1杯」分から徐々に水の量を増やしてゆくというやり方は「筋力トレーニング」において身につけたものです。筋トレではいきなり実力以上の重いバーベルを持ち上げようとしても、それはムリというもの。軽いウエイトから始めて身体(と心)を慣らしてから、一定以上の期間をかけて慌てず無理せず重量を増やしていく、というのが筋トレ的な思考法です(違う考え方もあります)。

一般に筋力トレーニングでは、特別な才能の持ち主以外では「頑張れば頑張るほどいい」ということはなくて、無茶なやり方をすれば筋肉・関節・腱などを傷めてしまうことが非常に多いのです。その結果、トレーニングの続行が不可能になり、結局「元の木阿弥」なんてこともしばしばです。トレーニング自体をすっかり止めてしまうケースも少なくありません。

というわけで「冷水行においても無理はしないのだ!」と思わずリキんでみましたが、実際には単なる「ヘタレ喜八」という気がしないでもありません。なにしろ城内実さんは(おそらく)いきなり「たらい3杯の冷水」から始めて、もう2年以上も続けられているわけですから・・・。でも、まあ城内さんと私を比べるのはヤボというもの。ヘタレな自分は無理をするのはやめておきましょう(笑)。

浴びる水の量を漸進的に増やす、という以外にも様々な手を打っています。起き抜けに空きっ腹で冷水を浴びるのはなんとも剣呑なので、まずは熱いお茶を1杯飲んでから浴室に向かいます。先に朝食を済ませてからというのも試してはみたのですが、これはこれでまたキツイものがあります。おそらく身体にも良くはないでしょう。それで「熱いお茶を1杯」に落ち着きました。

浴室に入ってからも、いきなり冷水を浴びたりはしません。ごくごく普通にシャワーで顔・頭・全身を洗います。しかる後、浴室からでる直前に冷水を浴びるようにしています。あらかじめ近くにバスタオルを用意しておいて、2杯目の水を浴びたら間髪入れず身体を拭きます(ついでに乾布摩擦をします)。

さすがに冷たい水を浴びるときは躊躇《ためら》いの気持ちが生じます。正直言って「嫌だなあ、今日は止めておこうかなあ」と。そんな惰弱な心を超克するため、じつは私なりの「秘訣」があります。それはなにか? 映画「燃えよドラゴン」のテーマを心の中で鳴らすのです!

伝説のカンフー俳優(故)ブルース・リーの代表作「燃えよドラゴン」。あれは私くらいの世代の男性には格別な存在なのです(世界中の年齢が近い男性に共通することだと思います)。それで「燃えよドラゴン」のテーマが流れると気迫があふれてきて、洗面器の水を頭から浴びるのもどうってことなくなる! と原理的にはそういうことです。

じつはこれも筋力トレーニングで身につけた手法です。はたして自分に持ち上げられるかどうか分からない未知の重量に挑戦するとき、心の中で「燃えよドラゴン」のテーマを鳴らす。すると、あら不思議? 結果がよくなる(傾向がある)。これは紛れもない私の実感なのであります。ちなみにシルヴェスター・スタローンのボクシング映画「ロッキー」のテーマが大層効くと仰るトレーニング仲間も少なくありません。ついでに書いておくと、マラソン愛好家にはレース中(特にフルマラソン時)「心の中で『水戸黄門』のテーマを歌う」という人が結構います。

というわけで、毎朝「燃えよドラゴン」のテーマとともに冷水を浴びているわけです。人様から見たら、結構おバカな有り様でしょうね。でも、なんといっても気合が入るし、ボケ面が(少しは)キリッとするように思えるし、二日酔いの予防になるし(二日酔いの状態で水を浴びるのは拷問に近い)、なんだか精力増強になりそうだし、と様々な正念・邪念(?)とともに日々「冷水行」に励む私なのでありました。


郵政民営化凍結!

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。ご協力をお願いします!

(※上のバナーはSOBAさん作成です)


人気blogランキング 応援お願いします!

それぞれ意見は異なるけれど、平和を愛する点では共通している「お玉」「Mew」「ぶい」「とむ丸」「村野瀬」「ココロ」「喜八」の応援をお願いします!


関連ページ


城内実応援団

城内実応援団」TBキャンペーンにご協力をお願いします。


城内みのるオフィシャルサイト


投稿者 kihachin : 2008年03月22日 10:31

« 女子中学生暴行事件について | メイン | 「トロイのネズミ」計画 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/2272

このリストは、次のエントリーを参照しています: 冷水を浴びる:

» 高齢化社会で生きるために from 無党派日本人の本音
 春分の日に久しぶりに娘夫婦と墓まいりにでかけた。 前にも書いたが娘は新任教頭として某小学校に赴任と聞いて、その学校が荒れてないかと聞いて、良い学校だと聞いて安... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年03月22日 12:06

» 【日記】児童ポルノでFBIがインターネットを利用したおとり捜査 from 散策
RSSリーダーがまた壊れてしまって、個々に拝見に行くほど積極的でもないので、しばらくあまりブログを見ずにいました。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年03月22日 20:26

» 日米安全保障体制の虚実 from 晴耕雨読
>安全保障のほぼ全てを米国に依存している日本としては、やはり攻撃支持しか選択肢が無いような・・・。 日米安全保障体制は、「安全保障のほぼ全てを米国に依存してい... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年03月22日 23:13

» まぁ相当(馬総統)大変かも!! from 新三ログ
駄洒落で申し訳ないです。いきなり謝って始まるブログも良いのでは?ということで、台湾総統選挙はおおよその想像通り、馬英九候補が台湾総... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年03月22日 23:56

» 米中ダブル崩壊の日は来るか(2)〜 from 日々是勉強
  ●前回は、アメリカを国際貿易の中心とする仕組み(いわゆるブレトン・ウッズ体制)が、日本や西ドイツといった国々の産業競争力の向上... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年03月23日 01:15

» 政治の停滞を防ぐために from 無党派日本人の本音
[停滞する予算関連法案の審議] 22日の読売新聞は福田さんをあくまで話し合い路線で関連法案の修正を提示しようとしているのに対して、 民主党の鳩山幹事長は22日朝... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年03月23日 15:35

» 「裁判員制、違憲のデパート」 批判本人気 元裁判官語る⇒こんなひどい米国猿まね制度、「小泉改革」の置き土産を許すな。 from 雑談日記(徒然なるままに、。)
 問題だらけの裁判員制度が始まるのは来年の5月です。去年10月29日の東京新聞こちら特報部の記事をご紹介しておきます。出だしを紹介し、その後ろのところで記事全文... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年03月23日 19:00

» 円高・株安・外貨準備高1兆ドル・消費低迷 from 関係性
 すごい勢いで対ドルで円高が進んでいる。そして、サブプライム問題に発してアメリカ経済の低迷が始まり、そこに頼る経済構造を持つ日本の株価も急落している。さすがに、... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年03月24日 10:15