【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 石原バッシング?(4) | メイン | 「亡国」の小泉 »


2008年03月17日

中国政府に抗議する

tibet080315.jpg

郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。

人気blogランキング ランキング投票をお願いします


以下は鈴木宗男さん(衆議院議員、「新党大地」代表)の「ムネオ日記」2008年03月16日付け記事よりの一部引用です。

 チベット騒乱に対して町村官房長官は「双方自制を」と言っているが、「チベットの地位をめぐる問題は中国の内政問題だ」と中国政府の主張を支持してきた政府が、ここに来て中国に自制を求める発言をするとはどうしたことか。ダライ・ラマ14世が昨年11月に来日した時は、相手にしなかった日本政府である。国民にどういう経緯でこうなったのかも説明責任を果たすべきである。
 日中首脳会談でもチベット人権問題を取り上げなかった日本である。是非ともきちんとした情報開示と説明をして戴きたいものだ。


「まったく、その通りだ!」と、ムネオさんの「尻馬」に乗って、言わせていただきます。
チベットにおける中国政府の虐殺と人権抑圧に対して、我々日本人(および地球人)は断固抗議するべきでしょう。

今回の件に限らず、中国・アメリカ・ロシア・ビルマなどが行なっている暴政に対して敢然と「ノー」を突きつける。
これこそが望ましい日本の姿勢だと私(喜八)は思います。
日本のような「強い」国こそが、世界各国に正義と平和を求めていくべきだと思う。

しかし、現実の日本政府(自公政権)は「ことなかれ主義」に徹して、世界に蔓延する不正義に目をつむるばかり。
それどころか、虐殺者たちに媚を売ることまで辞さない。
まさに究極の「土下座外交」。
一個の日本人として恥ずかしい限りです・・・。

世界の「あまり強くない国々」の人たちは、日本にもっと毅然とした態度をとってほしいと内心思っているのではないでしょうか?
「あまり強くない国」の政府が米中露のような「大国」に正面切って文句をつけるのは難しい。
しかし、日本のような強国であれば、米中露に対して堂々と批判を行なえるはずだ、と。

もし、日本が「大国」にきっぱり「ノー」を言える国だったら?
世界中の人たちが日本に対して深い敬意を抱くでしょうね。
「日本人は素晴らしい。世界平和と正義の実現のために汗を流してくれている」という評価を得ることこそが、最高の「安全保障」につながるはずです。

とはいえ、現実には米国・中国・ロシアに対して言葉の本質的な意味での「土下座外交」を繰り返すのみ。
もちろん、そんな姿勢が世界中の人たちから評価されるはずもなく、大いなる侮蔑を買うばかり。
まさに究極の「亡国外交」としか思えません。

なお、私は「反米」でも「反中国」でも「反ロシア」でもありません。
ダメなもの(虐殺)はダメだと言うだけです。

日本の政府がヘナヘナして使い物にならないのであれば、そんな政府はさっさと代えるべきでしょうね。
無気力で怠惰な政治を続けていれば、子供や孫の世代に巨大な「負の遺産」を残すことになります。

どこの政府がやっていることであっても、「虐殺」を容認したり「見て見ぬふり」をしてはいけないと思う。
私(喜八)はチベットにおける中国政府の暴政に断固抗議します


郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
ご協力をお願いします。


人気blogランキング クリックお願いします。

それぞれ意見は異なるけれど、祖国を愛する点では共通している「城内」「浪人」 「高橋」 「早雲」 「三輪」 「山崎」「喜八」の応援をお願いします。


関連ページ


TAMA猫 Shop

TAMA猫Shop」の売上は野良猫・野良犬支援に使われます。


投稿者 kihachin : 2008年03月17日 12:52

« 石原バッシング?(4) | メイン | 「亡国」の小泉 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/2258

このリストは、次のエントリーを参照しています: 中国政府に抗議する:

» アムネスティ・インターナショナルが中国当局のチベット弾圧を非難 from 鳥居正宏のときどきLOGOS
本日(2008年3月17日)、アムネスティ・インターナショナル日本から以下の声明が配信されて参りましたので、お知らせいたします。 アムネス... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年03月17日 14:00

» 日本の保守メディアによる‘セカンド・レイプ’ from 薫のハムニダ日記
日本の保守メディアによる‘セカンド・レイプ’/高橋哲哉 今さらのように、私が嘆かずにいられないのは沖縄の米軍基地問題だ。先月11日、沖縄駐屯米軍の海兵隊員... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年03月17日 17:46

» 訴えるのはメーカーではないの? from 新三ログ
本当は、日銀総裁人事と日本経済の行方について書こうと思ったのだが、朝から体調が優れないので、頭を使うことは避けて、携帯について書く... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年03月17日 21:06

» 【緊急速報】中国分裂シナリオがついに始まった!? from 途転の力学
きました! ついに「山」が動き始めました。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年03月18日 09:32

» 争乱で殺される命の周りにはどれだけの人の思いがあるだろう from とむ丸の夢
  17日の朝刊を見れば、毎日の第1面が「ラサで80人の遺体」で東京新聞も同様のようですし、朝日は「争乱イラク 夫奪った」。 BBCニュー... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年03月18日 10:07

» チベット騒乱 死者500人以上?動画あり from zara's voice recorder
チベットにおける中国軍や公安による虐殺を衛星写真が写し出している。チベット人抗議者 の500人以上が死亡、1万人以上が負傷している。 中国の国営通信社新華... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年03月18日 18:21

» 「中露vs米」から「米露vs中」の構図に変わった!?+チベット続報他(Nウォッチ08/03/18) from 途転の力学
「中露が手を携えて米国に対抗するフェーズ」 から 「米露が手を携えて中国に対抗するフェーズ」 に変わったと見てよさそうな気がするのですが い... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年03月18日 22:42

» チベットで暴動激化 from 虎哲徒然日記
この地域からの情報、というのは開放がある程度進んだ現在でも、断片的にしか入ってこない。しかし、最近も不穏なニュースが伝えられていたので、今回の事態も突然、ではな... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年03月19日 00:18

» チベット問題に物申す from 新三ログ
1980年にモスクワオリンピックを日本はボイコットした。ソ連が前年にアフガンに侵攻したからである。チベット問題で、日本は高村外相が早々に... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年03月19日 21:50

» チベットの弾圧に抗議する! from 本当のことが知りたい! そして日本の未来を語りたい
 先日書かせて頂いた記事「チベットの暴動に関して、これではオリンピックどころではないでしょう!」の続編です。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年03月20日 01:24

» チベット大虐殺に対して、何も行動しないのは、荷担したのと同じ。 from ウォーキングと日常の思い
 平和・反戦・人権の団体は、支那のチベット大虐殺に対して無視を決め込んでいるところが多いようです。また、反戦・平和にうるさい政党も沈黙したままです。( 「チベッ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年03月20日 05:35

» 『中国はいかにチベットを侵略したか』 from 手当たり次第の本棚
チベットという国は、長い間、ちょっとした憧れの地であった。 人々は仏心が篤く、柔和で、その背景には世界中のさまざまな植物の原種にあたるたくさんの花々が咲き、 ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年03月20日 22:20

» チベット弾圧抗議デモに行って来ました! from 本当のことが知りたい! そして日本の未来を語りたい
 チベット・サポート・ネットワーク・ジャパン(TSNJ)主催の3/22 チベット武力弾圧に対する中国大使館周辺デモ開催決定に参加して来ました! [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年03月22日 21:03

» 中国はチベットの人たちを死刑にするな! ― アムネスティ最新声明 ― from 鳥居正宏のときどきLOGOS
※当ブログは、ダライ・ラマ法王およびチベットの人たちを支持します。 【以下の記事は、このままのかたちであれば、全文転送・転載歓迎で... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年04月23日 14:05