【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 「アメリカ様」が憲法だ! | メイン | 「思想戦争」 - 『大和ごころ入門』から »


2008年04月23日

『大和ごころ入門』

『大和ごころ入門』村上正邦・佐藤優
大和ごころ入門』扶桑社(2008)。村上正邦さん(元労働大臣)と佐藤優さん(起訴休職外務事務官・作家)の対談本です。

村上正邦さんは「KSD事件」で、佐藤優さんは「鈴木宗男問題」で「国策捜査」の対象となり、「かなり疑問のある裁判」を経て()、それぞれ有罪となりました。村上正邦さんは先日最高裁で有罪・実刑が確定。佐藤優さんは一・二審で執行猶予付き有罪判決を受け現在上告中です。

※検察官がひとたび「有罪」とスジを書いたら即「有罪判決」となるのが日本の司法なのか?と思ってしまいます

村上正邦さんといえば「憲法改正(大日本帝国憲法への回帰)」を主張し、「元号法制化」「国旗・国歌法制化」に奔走し、天皇を中心とした日本国家を理想とするバリバリの右派政治家です。したがって「リベラル」「市民派」「左派」の方からは頭から忌避されてしまいそうですが・・・。

村上さん自身は「意見が違う他者」を頭ごなしに否定することのない、多元主義と寛容の人でもあります。それは「元・日本共産党幹部」の筆坂秀世さんや「自他共に認める小沢一郎の参謀」平野貞夫さんとの鼎談本『参議院なんかいらない』『自民党はなぜ潰れないのか』を出されていることからも察せられます。筆坂秀世さんは、村上正邦さんが「参院のドン」といわれていたころ、共産党の意見もきちんと聞く、自民党議員としてはきわめて公平な人であったことを証言しています。

佐藤優さんによれば、村上正邦さんはたとえ年下の相手であっても呼び捨てや「~くん」付けにすることなどなく「~さん」と丁寧に応対されるらしい。そして城内実さんから聞くところでは、普段の村上さんは笑顔を絶やさない至って穏やかな方なのだそうです(ただし「いざ」というときは大変な迫力らしい)。城内さんは「村上先生こそ真の国士です」と仰っていました。

一男三女のよき父親で、昭和43年(1968)に生まれた末っ子のお嬢さんはダウン症という障害を持っていました。そのお嬢さん明子さんとは「どこへ行くのも一緒」。パーティでも、コンサートでも、旅行でも、村上正邦さんと奥様とお嬢さんの3人で出かけるそうです。この話を『証言 村上正邦 我、国に裏切られようとも』講談社(2007)で初めて読んだときは思わず涙がこぼれました(私《喜八》は涙もろい男なのです)。

あたかも「兵法家」のようなごつい容貌。南北朝動乱時の南朝武士のような佇《たたず》まいの村上正邦さんですが、その言葉使いには優美なところがあります。自ら詩と俳句を詠む習慣をもつ村上さんが紡《つむ》ぎだす言葉は、たとえ政治分野の発言であっても、叙情的とさえ感じさせる一瞬があります。剛毅にして繊細、繊細にして剛毅。なんとも不思議な印象の方です。

「KSD事件」で逮捕されて以来約6年経ったいまでも、村上正邦さんを慕って多くの人が集まってきます。『大和ごころ入門』で佐藤優さんが指摘しているように「いまの村上先生に直接的な見返りを求める人はいない」(同書177頁)。それなのに立派な人たちが村上正邦さんを応援している。これはまさに「奇跡的な」光景ではないでしょうか。

残念ながら、先にも記したように、村上正邦さんの実刑・有罪は確定してしまいました。日本の国のために精一杯働いてきた村上正邦さん、城内実さんが「真の国士」と呼ぶ村上正邦さんが70代の半ばにして刑務所に収監される。「なんとも無残」というしかありませんが・・・。村上正邦さんは必ずや不死鳥のごとく復活されるでしょう。「憂国の古武士」には「最後の働き場所」が用意されているに違いない。それが「天命」であると私(喜八)は堅く信じます。

大和ごころ入門』における村上正邦・佐藤優対談は大変に興味深い問題を多く含んでいます。村上・佐藤で真っ向から意見が対立することも多々あります。たとえば憲法改正問題では、村上正邦さんは現行憲法はアメリカによる『占領基本法』であるから速やかに自主憲法を制定すべしと主張する改憲論者です()。そして佐藤優さんは現行憲法の全条を護持するべきと主張する自称「かなり強力な護憲派」です。「国旗・国歌」問題でも、法制化に尽力した村上さんに対して、佐藤さんは国旗・国歌は法制化に馴染まないと反論する。お2人とも「自分とは違う意見」を正面から受け止め、大人の態度で議論を進めていく。非常にスリリングな「思想の対決」を見る思いです。

※ただし、村上正邦さんも「今の二世三世の議員」「一般庶民の生活も知らなければ苦労も分からない」「親の財産をそのまま受け継いで努力も何もしない」者たちによる改憲には反対しています。「今は憲法を変える時期ではない」とも発言されています。『証言 村上正邦 我、国に裏切られようとも』237頁

ご興味のある方は『大和ごころ入門』を一読されてみてください。「右・左」「国権派・民権派」「改憲派・護憲派」の違いを超えて、得るところが多い一冊であると思います。私(喜八)の場合は「もっと日本の古典を読もう」「吉野に実際に行ってみよう」と思うようになったのが、本書『大和ごころ入門』の最大の収穫でありました。

(『大和ごころ入門』村上正邦・佐藤優、扶桑社、2008)



付記1

ひとつ奇妙に思うことがあります。
村上正邦さんの有罪・実刑「不当」判決に対して抗議を行なった「保守派」「右派」ブロガーが少数であったことです。
特に「ブログランキング 政治部門」上位にはほとんどいないようです。
もしかしたら村上正邦さんと政治ブロガーの皆様とでは「ジャンル」や「畑」が異なるということなのでしょうか?
「政治の世界は奇奇怪怪」という思いを新たにしました・・・。

Google ブログ検索『村上正邦』


付記2

城内実さんのホームページで「村上正邦・城内実」対談動画を観ることができます。

対談動画


郵政民営化凍結

郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています。
ご協力をお願いします。


【広告: r のおすすめ雑誌】

「週刊金曜日」 「月刊日本」


関連ページ


投稿者 kihachin : 2008年04月23日 12:03

« 「アメリカ様」が憲法だ! | メイン | 「思想戦争」 - 『大和ごころ入門』から »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/2329

このリストは、次のエントリーを参照しています: 『大和ごころ入門』:

» 電子投票法衆院委員中、小泉チルドレン本会議ドタキャン・アルバイトのカリスマ主婦藤野や「靖国」映画で話題の極右稲田とか(笑) from 雑談日記(徒然なるままに、。)
 エントリー、「12月7日衆院、電子投票法の政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員会の議事録、第168回臨時会第2号会議録収録しました。」中、委員の名簿をあ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年04月23日 14:48

» おお、トォイッターが完全に日本語対応になった。我教えてくれた人工樂園のniphoneseと低気温のエクスタシーbyはなゆーに心から感謝す。 from ひなたぼっこ (おじさんのパソコン&IT的情報生活)
 ここ二日ほど、トォイッターにログインしようとすると「12581262.json」ファイルと言うのをダウンロードさせようとするので。これって何?状態でした。  ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年04月23日 15:28

» 郵政民営化真の目的 from 新三ログ
小泉内閣で、アメリカの特使として郵政民営化を成し遂げた、竹中元総務大臣がくりぃむしちゅーの上田さんをホストに向かえ、ダイヤモンド社... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年04月23日 21:51

» 法廷からのレポート(3) ― 2008年4月23日 水曜日 ― from 鳥居正宏のときどきLOGOS
------------------------------------------------------------ 主文 原告の請求を棄却する... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年04月23日 22:18

» 福田支持率19%!&かってにほい!前原出て行け!!!! from kimera25
先日朝日の世論調査で福田支持率が25%と惨憺たる状況を姥捨て山政策批判で紹介した。日経でも数字は29%という安倍の末期と似たような数字である。そして驚愕の数字が... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年04月24日 05:59

» 「傍論で違憲」に文句つけてきたよ・・ from お玉おばさんでもわかる 政治のお話
タマちゃんです〜〜お玉おばさんは、なんだか猛烈に忙しいらしいの。今は、近所のニワトリ小屋から脱走したオンドリの捕獲に追われているら... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年04月24日 15:48

» イラク空輸違憲判決について from 無党派日本人の本音
 天木 直人さんのブログで名古屋高裁のイラク空輸違憲判断に関連して、護憲勢力が沈黙していることを嘆かれていた。 私も9条で国が護れるのかで書いたように、イラクで... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年04月24日 16:41

» 「死刑と裁判員制度」 from 右近の日々是好日。
 こんばんは。今日は、先日行われた学習会「死刑と裁判員制度」に参加して、私が考えたことを書きたいと思います。  私は、今回の学習会に参加して、裁判員制度の制度... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年04月24日 19:13

» ヘパリン製剤問題 : 日本にも問題になった原料が入っていた! from 本当のことが知りたい! そして日本の未来を語りたい
  以前この問題で以下の記事を書かせて頂きました。  1.ヘパリン製剤、国内メーカーが自主回収に関して  2.ヘパリン製剤問題に関連して医薬品の支那依存の現... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年04月24日 22:45

» 人権擁護法案を考える会 in 浜松(再掲載) from がんばれ城内実(きうちみのる)
遠州城内塾(城内実塾長)が主催し 人権擁護法案を考える会が浜松で行われます。再度掲載させて頂きます。人権擁護調査会にも招聘される百地先生が講師です。さらに、西村... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年04月24日 23:46

» 山口2区補欠選挙と後期高齢者医療制度 from 新三ログ
そもそも、山口2区で補選が行われるのは、岩国市長に初当選した福田良彦市長の議員辞職に伴うものであり、はっきりと税金の無駄遣いと言っ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年04月24日 23:49

» 自公政権によって、私たちと私たちの国の状態は向上したかどうか from とむ丸の夢
日刊ベリタによると、4月の世論調査では、就任して1年になるフランスのサルコジ政権の支持率は3月の37%から36%に下がり、不支持が63%か... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年04月25日 00:23